元講師がオンライン英会話を20社以上受講して比較!➡

知っておくべきIELTSのスコア目安・換算|はじめての人が目標にすべきスコアは?

ielts 初めて スコア、ielts スコア 換算、ielts スコア 目安、ielts バンド スコア

こんにちは、当時偏差値40の高校に通っていた18歳の頃に、3ヶ月でIELTSのスコアを4.5から6.5まで伸ばしイギリスの大学を卒業した、ライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

IELTS スコア
※高校3年生だった頃のスコア証明書です
JIN

結論からいうとはじめての人はまず6.0~6.5を目指しましょう

この記事のまとめ

IELTSを4か月の独学で4.5から6.5にあげ、イギリスの大学に入学して卒業した筆者がIELTSのスコア目安に関して徹底解説!

初心者の方がまず目指すべきスコアから別テストとの比較、採点の仕組みなどまとめてご紹介します。

IELTSをこれからはじめたい方にはぜひ読んでほしい内容です。

  • IELTSのスコアってどれくらいあれば凄いんですか?
  • はじめて受験します、どれくらいのスコアを目標にするべきですか?
  • IELTS 6.0って世界的に見ていい点なのでしょうか?

今回はこのような「IELTSスコア」に関する質問にすべてお答えします。

日本においてIELTSはそこまで認知のあるテストではないので、どれくらいのスコアがどれくらいのレベルかというのはわかりづらいですよね。

心配いりません、私もまったく同じでした。

本記事はIELTS初心者からスコアを取ってイギリスの大学に行き、卒業した筆者がIELTSスコアに関する疑問をすべて解決する形で解説します。

この記事を読むメリット
  • 実際にIELTSを取ってイギリスの大学に行った筆者が執筆
  • IELTSのスコア目安丸わかり
  • はじめての人がまずどこを目指すべきなのか明確になる
アオイちゃん

なんで6.0なの?

JIN

英語圏における多くの教育機関でボーダーラインとされているのが6.0だからだよ

初受験の方はぜひIELTS対策完全ガイドからご覧ください

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



IELTSスコアと採点(スコアリング)の仕組み

IELTSスコア 採点方法 基準 採点基準

IELTSはリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのスキルで構成されており、それぞれのスキルをはかります。

この章では、IELTSスコアはどのように採点されるのかはじめての人にもわかりやすく、細かく説明します。

JIN

目指すスコアの目安となりますので、参考にしてください

IELTSに合否はない|スコアベースのテストです

まず、IELTSに合格不合格はなく、結果はスコアで判定されます。

IELTSは、厳しい審査を通り試験官の資格を持った人が採点を行っています。

JIN

世界中すべての審査官が同じ基準を持ち、公正と一貫性のもとにIELTSの採点を行っています

バンドスコアの決まり方

IELTSのスコアは、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングごとのバンドスコアと、全体のオーバーオールバンドスコアによって評価されます。

スコアは0.5刻みで、1.0からつけられ一番高いスコアが9.0となります。

おおまかな目安
  • バンド9:エキスパート
  • バンド8:かなり優れたユーザー
  • バンド7:優れたユーザー
  • バンド6:能力のあるユーザー
  • バンド5:平凡なユーザー
  • バンド4:限定的なユーザー
  • バンド3:かなり限定的なユーザー

大きくわけると、1.0は完全な初級、3.0初級(簡単な単語が少しわかる)、5.0中級、7.0~上級レベルです。

また、オーバーオールバンドスコアは、4つのスキルの平均から算出されます。

しかし、平均値が0.5にならない時は繰り上げ、繰り下げが行われます。

  • 平均が5.125の場合は繰り下げて5.0に
  • 5.250の場合は繰り上げて5.5に

それでは、スコアの評価基準や算出方法はどのようになっているのでしょうか?

JIN

各スキルごとにみてみましょう

リスニング

リスニングは40問あり、1問正解すると1ポイントとして計算されます。

  • 穴埋め問題
  • 地名のスペルの聞き取り
  • 説明された場所は地図上のどこにあたるかなど

このような問題が出題されます。

JIN

IELTSスコア5.0~8.0を取るためのおおよその正解数と正解率への換算はこのようになっています

スコア必要な正解数の平均正解率
5.016~1740~42%
6.023~2557.5~62.5%
7.030~3175~77.5%
8.035~3687.5~90%

関連記事:IELTSリスニング対策が難しい?失敗しない勉強法・コツとおすすめの教材5選

リーディング

リーディングは3つの長文があり、各長文に13~14問あります。

合計40問出題され、1問正解するごとに1ポイント加算されます。

  • 穴埋め
  • 正誤(記載なし)問題
  • タイトルや要約はどれかなど

リーディングはアカデミックとジェネラルは問題が分かれており、同じスコアを取るにも必要な正解数は若干異なります。

関連記事:IELTSのアカデミックとジェネラルにはどこに違いがある?難易度は違う?

IELTSアカデミックモジュールのスコアとそのスコアに必要となるおおよその正解数は以下のとおりです。

JIN

6.0であれば大体65%前後の正解率が必要となることがおわかりいただけると思います

スコア必要な正解数の平均正解率
5.015~1837.5~45%
6.023~2657.5~65%
7.030~3275~80%
8.035~3687.5~90%

IELTSジェネラルトレーニングモジュールは、アカデミックと比べて同じスコアを取るのに必要な正解数が多く設定されています。

JIN

アカデミックの問題に比べてジェネラルの問題の方が若干わかりやすいため、7.0以上の高いスコアは、より高い正解率が要求されます

スコア必要な正解数の平均正解率
5.015~1837.5~45%
6.023~2657.5~65%
7.034~3585~87.5%
8.038~3995~97.5%

関連記事:IELTSリーディングは難しい?解き方のコツ&効果的な勉強法を経験者が伝授

ライティング

ライティングの評価には2~4名の審査官が採点を行い、公平性が保たれています。

IELTSライティングは、リスニングやリーディングと異なり1問1ポイントではありません。

アカデミックとジェネラルの異なる問題が出題されますが、どちらもタスク1とタスク2があり、どちらも4つの項目に沿って採点がされます。

JIN

スコアごとに基準があり、おおまかにはこのようなところが見られています

タスク1の問題

グラフや絵図の情報を説明、比較、まとめる。

評価項目概要
課題の達成度課題の要件を理解してカバーができているか、適切に情報が選択され、記述されているか
一貫性とまとまり情報や意見に一貫性やまとまりがあるか、接続詞を効果的に適切に使えているか
語彙力課題に対しての語彙がどの程度あるか、難しい類義語も使えているか。スペルは正確か
文法知識と正確さ簡単な構文から複雑な構文まで、どの程度使えているか、文法や句読点が適切に使われているか
参照:IELTSバンドスコア・採点方法 | 英語検定・試験のIELTS公式サイト
タスク2の問題

ある意見に対して同意、不同意するかや自分の考えを述べる。

評価項目概要
課題の達成度課題全体に対し取り組めているか抜けている部分があるか、結論や関連性の詳細を記載できているか
一貫性とまとまり情報や意見に一貫性があるか、論理的に整理ができまとめられているか
語彙力十分な語彙で課題をカバーできているか、一般的でない語彙や単語を正確に使えているか
文法知識と正確さ文法や句読点がどの程度正確に使えているか、複雑な構文や簡単な構文を幅広く使えているか
参照:IELTSバンドスコア・採点方法 | 英語検定・試験のIELTS公式サイト

関連記事:IELTSライティングにコツはある?カギとなる必須の対策法とおすすめ参考書

スピーキング

IELTSのスピーキングテストは試験官と1対1で行われます。

スピーキングテストでは、パート1~パート3まで3つのパートがあります。

  • 自分自身の学校や仕事に対して説明する
  • テーマに対して自分の考えをまとめて2分間話続ける
  • 質問に対して適切に答えたり会話を続けるなど

いかにネイティブのように自然に話しができ、適切な単語や構文が使えているか、発音の明瞭さなどが採点基準となっています。

関連記事:IELTSスピーキングで沈黙は最悪の選択!決定的な理由と時間稼ぎフレーズを紹介

具体的には以下の4つの項目を基準に採点がされます。

評価項目概要
流暢さと一貫性ためらい、繰り返し、途切れなどがあるか、対話標識や連結詞がどのくらい使えているか、理路整然と話がすすめられているか
語彙力テーマに対し適した豊富な単語や熟語が使えているか、意見をどの程度正確に伝えられているか
文法知識と正確さ簡単な構文以外にも難しい構文や言い回しが柔軟に使えるか、自然で適切な構文で話せるか
発音特性の発音やアクセントが正しくできているか、どのくらい幅広い発音ができるか

関連記事:IELTSスピーキング対策にコツはある!スマートに6.0~6.5を狙う勉強法

まず目標とすべきスコアは6.0~6.5

海外の大学や大学院に留学する場合、最低でもIELTSアカデミックモジュールのスコア5.5~6.5が求められます。

「各スキルのスコアがすべて5.5以上」というような基準が設けられていることもあります。

5.5は中級、6.5は中上級レベルといったレベル感です。

6.0のレベル目安
  • 複雑な構文はまだまだではあるものの
  • 伝えたいことを簡略化して話せる
  • 日常生活にはそこまで困らない

スキル別の正解数にもあるとおり、約65~70%の正解率で6.0~6.5がとれることになります。

6.0と聞くと難しそうですが、テストで65点だったら何とかなりそうと思いませんか?

日本人が苦手とするスピーキングやライティングで、オーバーオールバンドスコアが下がってしまうことも考慮すると、全体的にバランスよくスコアが伸ばせるように対策をすることが大切です。

関連記事:【完全版】IELTSで初心者が6.0~6.5を目指すためのイチオシ勉強法まとめ

IELTSスコアがわかる日と有効期限

IELTSの試験結果は郵送で届きます。

  • ペーパー試験: 筆記試験の13日後に発送
  • コンピューター試験: 3日~5日前後に発送

スコアは試験後28日間であればオンライン上でも確認できますが、正式なスコアは郵送されたものだけです。

FAXやe-mailでの通知もできません。

なお、スコアは2年間有効です。

スコアは1枚しか発行されませんので紛失しないようにしましょう。

JIN

ただし、大学に提出しなければならない等の理由がある場合は、直接発送してくれるサービスもあります

世界で見るIELTSスコア分布|日本人受験者の平均も紹介

IELTSスコア 平均 分布 世界 日本人

IELTSは世界中で認められている英語の試験のひとつです。

日本では英検やTOEICが一般的ですが、世界で見るとIELTSやTOEFLの方が圧倒的に使われています。

信頼性がある理由
  • IELTSは4技能の能力を個別にはかる
  • 全体のスコアがでる
  • 正確に英語能力を測れると考えられている

さらに、アカデミックとジェネラルと分けてあり、そのスコアを使う用途に対しても必要な英語力があるかどうかを見れます。

海外の大学留学、永住権申請、看護師などの医療関係の資格取得など幅広く認められているのがIELTSなのです。

IELTSの公式サイトでは、IELTSを受ける目的とそれに対する平均スコアが発表されています。

JIN

それでは公表されている中で最新の2019年のデータをみてみましょう

目的別のIELTSスコアの目安

IELTSアカデミックモジュールを受けた人の目的と一番高いスコア分布はこのようになっています。

就労目的
  • 18%が6.0
  • 22%が6.5
  • 21%が7.0

就労目的の場合は、全体の6割がスコア6.0~7.0を持っていることになります。

海外で英語を使った仕事につきたい、世界中の人と働きたいという人は、この位のスコアが最低限必要ということになります。

留学目的→全体の約半数~6割が5.5~6.5
医療関係の資格取得→IELTSスコア6.5~7.5が半数以上

永住権申請目的→6.0~7.0が約半数以上

IELTS Demographic data 2019を参考に抽出

以上を考えてみると

  • 海外留学
  • 海外就職
  • 海外で医療関係の仕事につく
  • 永住権申請をしたい等
JIN

どんな目的であっても、まずは目標を6.0~6.5に定めるのが適切です

日本人のIELTS平均スコア

日本人は世界と比べても英語があまり得意ではないと言われています。

IELTSでも同じことが言えるのか、公式が発表している国別データを見て確認してみましょう。

日本人の平均スコア

IELTS公式によると、日本人の平均スコア分布はこのようになっています。

スクロールできます
4.0以下4.04.55.05.56.06.57.07.58.08.5
0%2%6%17%25%23%15%8%1%0%0%

この結果をみると、日本人はスコア5.0~6.0を取った人が6割以上を占めています。

意外と高いですよね!

しかし、IELTSは英検やTOEICと違い、力試しに受験する人はほとんどおらず、留学などの目的のために勉強をしている人が受けているというのが理由として考えられます。

言ってしまえばまだ初級レベルという人でもIELTSの対策をしっかりとすれば、6.0は十分目指せるスコアですので、頑張って勉強をしましょう!

JIN

私も10年前超初心者の状態から半年間ほぼ独学で6.5を取れています

関連記事:【完全版】IELTSで初心者が6.0~6.5を目指すためのイチオシ勉強法まとめ

世界で見る日本人のIELTSスコア

次にIELTSを受験した日本人や、その他の国々の人の平均スコアはどのようになっているのでしょうか?

JIN

今回は、比較のために日本以外の国々をエリアごとに2か国ずつ選択してみました

スクロールできます
リーディングリスニングライティングスピーキングスコア
日本6.15.95.55.55.8
韓国6.36.35.65.86.0
中国6.25.95.55.45.8
インドネシア6.76.85.86.36.5
タイ6.16.45.55.96.0
サウジアラビア5.25.45.05.85.4
アラブ首長国連邦4.85.04.75.45.1
スペイン7.37.26.06.86.9
ドイツ7.77.96.37.47.4

日本人のオーバーオールバンドスコアの平均は5.8、一番強いリーディングは6.1でした。

主な比較
  • 中国も日本とほぼ同じ結果
  • 韓国とタイは少しだけ日本よりも高く平均が6.0
  • それよりも若干高めなのがインドネシアで6.5
  • アラブ首長国連邦はIELTS公式が発表している中では一番下の5.1、サウジアラビアも5.4
  • 英語を話せるのが当たり前と言われている西側ヨーロッパは全体として高く7.0前後が多く、一番高いドイツは7.4

英語力の高い国と低い国の違い

発展している日本なのになぜ日本人は英語が話せないの?という疑問にもつながりますが、

英語力が高い国とそうでない国には、いくつかの理由が考えられます。

母国語の言語がアルファベットかどうか

タイ語や中東2か国もアラビア語はアルファベットではありませんが、インドネシア語はアルファベットを使った言語です。

スペイン語やポルトガル語もそうですがアルファベットを使った言語の国は、英語への抵抗力が低いのではないかと考えられます。

国の発展

もうひとつが国の発展が要因と考えられます。

日本も含めてですが、国が発展しているとその国の言語で生活するのに十分で英語を必要としません。

日本では、大学進学、研究、仕事、エンターテイメント、サービスすべてにおいて日本語で充実しているため、英語が分からなくても生活できますよね。

逆にその国での情報やサービスが十分でない場合、勉強するために英語の論文を読んだり、海外の大学で勉強したり、海外のサービスを使うために英語を勉強する必要があります。

JIN

途上国では英語を習得することが生活の充実度につながってくるのです

ヨーロッパはバイリンガル以上が多い

ヨーロッパは陸続きですが、母国語の異なる国が混在しています。

その中で隣接する国の言葉を喋れたり、共通の英語を話せるのは若い世代では珍しくありません。

以上のようなことから、日本人が英語があまり得意ではないと考えられますが、実際にIELTSを受験している日本人の約半数が5.5前後のスコアを取れています。

JIN

正直なところしっかりと勉強すれば誰でも英語力は伸ばせます

IELTSスコアはどれくらいで履歴書に書ける?

IELTSスコア 履歴書

履歴書にはできるだけ英語ができることをアピールしたいですよね。

ではどれくらいのスコアがあれば履歴書に書いても大丈夫なレベルなのでしょうか?

国内の就職でのアピールに使うのであれば最低限5.5は欲しい

IELTSスコアであれば、オーバーオール5.5以上であれば書くのが好ましいと言えます。

5.5は英検で準1級程度とされていますので、十分英語力のアピールになります。

IELTSを受験した理由は留学のことがほとんどかと思いますので、留学で得た経験を英語力とからめてアピールするとさらに効果的です。

海外留学をして英語を使って現地の人とボランティアも経験し、そこから学んだことや自分が今後活かせることを書くなど

英語力は日本で必死に勉強すれば、留学をしなくてもあげることもできます。

しかし海外でしか得られない経験や学んだスキルはしっかりとアピールしましょう。

JIN

また、スコアの有効期限は2年間ですので、いつ取得したかもあわせて書きましょう

海外就職を目指すならIELTS

日本でメジャーな英検やTOEICは実は海外ではほとんど認知されていません。

海外で就職する場合、世界で通用するIELTSやTOEFLであれば履歴書に書けますが、TOEICや英検はほとんど使えません。

海外就職を目指したいという人は英検ではなくIELTSの勉強をしましょう。

JIN

オーストラリアやカナダでの永住権申請でもIELTSは使われていますので、将来的に海外で働きながら生活がしたいという人にもIELTSはおすすめの試験です

【一瞬でわかる】別テストとの換算で見るIELTSスコア目安

IELTSスコア 目安 目標 比較 TOEIC 英検 TOEFL 換算

ここでは皆さんも気になる他テストと換算してみるスコア目安を紹介していきます。

JIN

CEFR換算表を見れば一瞬でわかります

他の英語テストと比較するIELTSスコア

コレが結論!CEFRで見るIELTSスコア目安

文部科学省 CEFR ケンブリッジ英検 CPE 難易度 レベル
出典:各資格・検定試験とCEFRとの対照表|文部科学省

CEFR(セファール)というのは、ヨーロッパ全体で外国語の学習者の習得状況を示す際に用いられるガイドラインです。

一番下はA1から最高レベルのC2まで区分化されています。

この数値からわかること
  • IELTS 8.5~9.0は最高レベルのC2(ケンブリッジ英検CPEと同等)
  • IELTS 7.0~8.0はC1(英検1級、TOEIC満点、TOEFL高得点などと同等クラス)
  • IELTS 5.5~6,5はB2(英検準1級~1級、TOEIC900点あたりと同等クラス)
  • IELTS 4.0~5.0はB1(英検2級やTOEIC 600~700あたりと同等クラス)
JIN

IELTS 8.5以上というのは世界の中でもトップクラスに評価されるレベルという訳です

CEFR能力レベル別に「何ができるか」を示した熟達度一覧
C2
  • 聞いたり読んだりした、ほぼすべてのものを容易に理解することができる。
  • いろいろな話し言葉や書き言葉から得た情報をまとめ、根拠も論点も一貫した方法で再構築できる。
  • 自然に、流暢かつ正確に自己表現ができる。
C1
  • いろいろな種類の高度な内容のかなり長い文章を理解して、含意を把握できる。
  • 言葉を探しているという印象を与えずに、流暢に、また自然に自己表現ができる。
  • 社会生活を営むため、また学問上や職業上の目的で、言葉を柔軟かつ効果的に用いることができる。
  • 複雑な話題について明確で、しっかりとした構成の詳細な文章を作ることができる。
B2
  • 自分の専門分野の技術的な議論も含めて、抽象的な話題でも具体的な話題でも、複雑な文章の主要な内容を理解できる。
  • 母語話者とはお互いに緊張しないで普通にやり取りができるくらい流暢かつ自然である。
  • 幅広い話題について、明確で詳細な文章を作ることができる。
B1
  • 仕事、学校、娯楽などで普段出会うような身近な話題について、標準的な話し方であれば、主要な点を理解できる。
  • その言葉が話されている地域にいるときに起こりそうな、たいていの事態に対処することができる。
  • 身近な話題や個人的に関心のある話題について、筋の通った簡単な文章を作ることができる。
出典: CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)

世界や日本の平均はCEFRでどれくらいなのか

CEFRの数値を出されてもあまりピンとこない人も多いかもしれません、ここでCEFRの数値をわかりやすくするために世界各国や日本の平均を考察してみましょう。

スウェーデン発祥の語学を中心にした国際教育機関であるEF Education Firstが独自に算出した数値であるEPI/CEFR換算を見るととてもわかりやすいので紹介します。

CEFREF EPIスコア
Pre-A11-199
A1200-299
A2300-399
B1400-499
B2500-599
C1600-699
C2700-800
第2020版 世界最大の英語能力指数ランキングを基に作成
EF Education First EPI CEFR 日本 平均
出典:第2020版 世界最大の英語能力指数ランキング

EF Education Firstの公式ではこのように結論付けられています。

この数値からわかること
  • 日本における英語学習者の平均英語力をCEFR換算で算出するとB1レベル
  • 世界1位のオランダはCEFR換算でC1レベル
  • ヨーロッパ平均B2レベル
  • アジア平均B1レベル
JIN

このデータを見てみると日本の英語学習者の平均はIELTS換算で4.0~5.0のようです

海外大学留学に必要なIELTSスコア目安

IELTSスコア 目安 大学 大学院

ここからは実際にある英語圏にある大学のIELTS要件をいくつかチェックして、どれくらいのIELTSスコアが必要とされているのかを見ていきましょう。

あくまで英語力単体での最低要件ですので、大学入学には他にも多くの要因が絡みます。

JIN

IELTSスコアを取っただけで大学に入学できるというものでは一切ないのでそこはご理解ください

イギリスの大学・大学院留学でみる必要なIELTSスコア

まずは私も実際に卒業したイギリスの大学に必要なIELTSスコア目安を見てみましょう。

大学名IELTS要件  (大学)IELTS要件 (大学院)
オックスフォード大学7.07.5
ケンブリッジ大学7.07.0
インペリアル・カレッジ・ロンドン7.07.0
ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン6.56.5
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス7.07.5
英国の大学で必要とされるIELTSスコアを参考に作成
JIN

表にあるのはトップ大学の例ですが、全体的に低くても6.0~6.5が多いです

カナダの大学・大学院留学でみる必要なIELTSスコア

次はカナダにある大学のIELTS要件の例を見てみましょう。

大学名IELTS要件  (大学)IELTS要件 (大学院)
トロント大学6.57.0
ブリティッシュコロンビア大学6.56.5
マギル大学6.56.5
マクマスター大学6.56.5
アルバータ大学6.56.5
カナダの大学で必要とされるIELTSスコアを参考に作成
JIN

6.5がボーダーラインである場合が多いですね

オーストラリアの大学・大学院留学でみる必要なIELTSスコア

次はオーストラリアにある大学のIELTS要件の例を見てみましょう。

大学名IELTS要件  (大学)IELTS要件 (大学院)
メルボルン大学7.07.0
オーストラリア国立大学6.57.0
シドニー大学6.56.5
クイーンズランド大学6.56.5
モナシュ大学6.56.5
オーストラリアの大学で必要とされるIELTSスコアを参考に作成
JIN

こちらもおおよそ6.5が基準点です

アメリカの大学・大学院留学でみる必要なIELTSスコア

最後にアメリカにある大学のIELTS要件の例を見てみましょう。

大学名IELTS要件  (大学)IELTS要件 (大学院)
シカゴ大学7.07.0
マサチューセッツ工科大学7.07.0
カリフォルニア工科大学7.07.0
ハーバード大学7.07.0
イェール大学7.07.0
米国の各大学で必要とされるIELTSスコアを参考に作成
JIN

やはりアメリカのトップ校は基準も高いです

IELTSスコアは国内外の就職にも使える理由

IELTSスコア 就職 就活 履歴書 転職 海外就職

IELTSスコアは国内外で就職する際に使える資格です、間接的メリットおよび直接的メリットの両方がありますので簡単に説明します。

国内就活だけの為にIELTSはあまりおすすめできない理由

皆さんもご存じの通り、日本における英語試験、資格といえば英検かTOEICの二択と考える人も多いです。

つまりIELTSの一般認知度はかなり低いのが現状。

IELTSスコアを提示したところで「理解されない」という状況は十分に考えられます。

相手側からしたらTOEICでスコアを出してもらった方が単純に理解しやすいという側面はあります。

しかし、IELTSを勉強することによりTOEIC勉強では身に付かない総合的な英語力は付きます、「TOEICより使える英語」なので間接的にメリットとして働く場合はあるかもしれません。

JIN

目的が国内就職の為だけならTOEICの方が手っ取り早いです

関連記事:【保存版】絶対に知っておきたいTOEIC対策の基本ステップを総まとめ

海外就職を目指す場合はIELTSがかなり使える

日本とは真逆で、海外、とくに英語圏に出てみると英検やTOEICという日本で有名なテストはまったく認知がありません。

たとえ「英検1級」「TOEIC満点」持っていますと言ったところで役に立つことはほとんどないと言えます。

IELTSはイギリスやオーストラリアなどの移民要件としても使われるようなテストなので、信ぴょう性や認知度はTOEICや英検と比べれば圧倒的に高いでしょう。

将来的に海外就職や転職を目指したいという方は、IELTSを勉強しはじめるのは英語力の為にもよい選択肢です!

関連記事:IELTSを受ける意味はある?実際に受験する私が解説する3つのメリット

初受験の方はぜひIELTS対策完全ガイドからご覧ください

IELTS対策にオススメのオンライン英会話ランキング

IELTS オンライン英会話 スピーキング

IELTSというテストは、実践的なスピーキングやライティングが求められる、英検やTOEICとはまったく異なるテストです。

  • ライティングやスピーキングのアウトプット技能は練習に必ず相手が必要
  • ライティングはとくに添削やフィードバック以外の上達方法はほぼない
  • スピーキングは場数を踏んで慣れることが非常に大切

現代で最も手軽かつ安く、IELTSのスピーキングとライティングを同時に鍛えられるのがオンライン英会話なのは事実です。

そこでド素人からIELTSを猛勉強した経験があり、元オンライン英会話講師でもある私が、IELTS向けに特化してオンライン英会話ランキングを作りました。

スクロールできます
ランキング 1位 2位 3位4位5位
サービス名ELT英会話
ELT Shool of english logo
ベストティーチャー
Best teacher logo
スパトレ
Supatore logo
キャンブリー
Cambly logo
ユニバーサルスピーキング
Universal speaking logo
おすすめ度 (5.0) (4.5) (4.5) (4.0) (4.0)
無料体験レッスン1回レッスン1回7日間レッスン1回1000円相当
値段月額 14,300円~月額 16,500円(資格対策コース)月額 4,900円~月額 3,190円~月額 3,300円~
講師有資格イギリス人のみネイティブ含む世界50ヶ国以上非ネイティブネイティブのみフィリピン人、カナダ人、フィリピン人
IELTSの専門性
ポイントIELTS試験官が在籍!ライティング指導がイイ!安さを求めるならココ!ネイティブオンリーの人気オンライン英会話単発で使いやすいコイン制
サービス名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます

さらにサービスを選ぶ際に気をつけるべき点や、ランキング外のIELTSサービスを提供しているオンライン英会話については、コチラの記事で詳しく解説しています。

IELTS向けオンライン英会話完全ランキング記事はコチラ

ELT英会話は、今でも実際に継続受講しているので、少しだけ中身を紹介しておきますね!

結論、ここまで継続受講してきて、まったく後悔はありませんし、本会員になる前に見えなかったこともたくさん見えてきました。

私はIELTSと同じケンブリッジが主催する、ケンブリッジ英検CPEの合格を目指し、ケンブリッジ英検試験官のベテラン講師、ローラ先生にオーダーメイドカリキュラムの担任制(レッスン時間固定)で教えてもらっています。

ELT英会話 受講
ELT英会話をオススメすすめする理由
  • 資格持ちのイギリス人に直接担任として教えてもらえる
  • 的を絞った的確な指導で効率的に合格を目指せる
  • 私は今まで気にもしなかった細かいところまでしっかりと気づいて、正しい方向性で対策できるようになった
JIN

独学でやっていた時に気づけなかったことをたくさん気づかせて貰えたのが、結論もっとも大きなメリットです

自分ではまったく気にもしなかった基礎固めから解答テクニック、対策法まですべて教えてくれます。

ELT英会話-edmodo

レッスン外でもEdmodoという教育向けプラットフォームで、練習問題や読んでおくべき資料などを送ってくれますし、質問があればいつでもそこで回答してくれます。

ELT英会話 ケンブリッジ英検

宿題に関しても、私の生活に合わせて仕事が忙しいときは少な目、ガッツリやりたいときには多めに出してくれるのでタイムマネジメントも非常にやりやすいと感じます。

elt cambridge

ちなみに、資格対策の場合、スピーキングだけでなくライティング、リスニング、リーディングとオールインワンで総合対策。

リーディングテクニックやリスニングテクニック、すべて教えてもらっています

さらに、私も実際に利用しているということもあり、当サイト「ライフタイムラーナー」限定割引キャンペーンを実施しています!

当サイト限定割引!

私も実際に継続利用しているELT英会話では、「ライフタイムラーナーを見ました」と無料体験申し込み時にお伝えするだけで、当サイト読者様限定で初月20%割引を受けることができます!

割引条件

  1. 無料体験レッスンお申し込み時フォーム【その他ご要望】箇所に「ライフタイムラーナーを見ました」と入力
  2. 初月20%OFFはおひとり様に対して一度のみの対象
  3. ご入会後、最低2ヶ月ご利用の方限定
  4. 割引適用の場合、プラン変更はご入会から3ヶ月目以降より可能
  5. 月額プランのみ利用可能
  6. 割引を希望した場合でも、無料体験後の入会義務は一切ありません

\ 35年以上ロンドンで語学学校を運営 /

※無料体験にクレジットカード入力不要

当サイト限定割引の詳細はコチラ

ELT英会話の受講レビュー記事はコチラ

スクロールできます
ランキングサービス名値段無料体験オススメ度ひと言メモ
1位ELT英会話月額 14,300円~レッスン1回ロンドンの語学学校
2位ベストティーチャー月額 12,000円レッスン1回徹底したライティング指導
3位スパトレ月額 4,900円~7日間業界最安値
4位ステップフォワード月額 7,040円~レッスン1回マニラの語学学校
5位ユニバーサルスピーキング月額 3,300円~1000円相当コイン制
サービス名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる