元講師がオンライン英会話を25社以上受講して比較!➡

タスク1特化|IELTSライティングで効果的に使える英語表現50+まとめ

こんにちは、当時偏差値40の高校に通っていた18歳の頃に、3ヶ月でIELTSのスコアを4.5から6.5まで伸ばしイギリスの大学を卒業した、ライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

IELTS スコア
※高校3年生だった頃のスコア証明書です
JIN

結論からいうとIELTSライティングのTask1はとくに幅広い表現力が重要です

この記事のまとめ

IELTSを4か月の独学で4.5から6.5にあげ、イギリスの大学に入学して卒業した筆者がIELTSライティングのTask1で使えるフレーズを徹底解説!

今すぐ使える便利な表現を50個以上まとめてご紹介します。

IELTSのライティング対策をしている人はぜひ読んでほしい内容です。

IELTSで多くの人が苦戦しがちなのが「ライティング」分野ではないでしょうか?

英検のように筆記問題の中に組み込まれたライティングではなく、ライティング単体で評価されるため攻略は完全に必須です。

IELTSではライティングができないだけで全体の点数にかなり響きます

とはいえIELTSライティングの攻略はさほど難しいという訳ではなく、とくにこの図やグラフを言葉に置き換えるタスク1は慣れてしまえばとても簡単です。

この記事を読むメリット
  • イギリスの大学で嫌な程エッセイや論文を書いた筆者のおすすめ
  • 明日から使える基礎的なTASK 1ライティングフレーズ
  • すぐに自分で実践できる
アオイちゃん

たとえば どんな表現が覚えておくと便利?

JIN

基本的にはグラフを文章化する際に使うような動詞は細かいところまでたくさん知っておきたいね

初受験の方はぜひIELTS対策完全ガイドからご覧ください

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



IELTSのライティング問題タスク1で使える便利な英語表現50超選

それではIELTSライティングのタスク1で使える便利な表現を見ていきましょう!

数値などの上昇を表す事ができる動詞・表現

Soar上昇する
Leap急上昇する
Climb上昇する、増大する
Rocket急騰する
Surge急増する、急騰する
Rise上がる
Increase増える
Grow成長する、増える
Go up上がる
  • 急に増えているのか
  • 徐々に増えているのか

このような点を考慮して適切な動詞を使うか、副詞を活用して適切な表現ができるようにすることがコツです。

数値などの上昇を表す事ができる動詞・表現

Sink沈む、徐々に下がる
Drop落ちる、低下する
Plummet急落する
Decrease減少する
Fall下落する、減少する
Deline減少する
Dip下がる、落ちる

このような上昇や減少の単語をうまく使う方法を学ぶひとつの方法としてオススメしたいのが、英語で株価に関するニュースを読んでみる。

正しい使い方を実際のグラフと比べて学べます!

オススメの株価ニュースサイト

程度を表す形容詞編

Significant重大な、著しい
Dramatic劇的な
Sudden急な
Substantialかなりの、相当な
Sharp鋭い

名詞(Change、Shift、Riseなど)と組み合わせてグラフ数値をより詳しく正確に説明できるとポイントアップ!

グラフ説明に使える便利な形容詞

Consistent着実な
Steady安定した
Constant絶えず続く
Gradual緩やかな
Slightわずかな
Marginalわずかな
Modest若干の
Upward上向きの
Downward下向きの
Overall全体的な

IELTSライティングタスク1で使える便利な副詞

IELTSのタスク1では、グラフなどをできる限り詳しく表現するのが重要です。

そこで重要になってくるのが「副詞」です。

副詞を使えば表現をより細かく表せます。

Dramatically劇的に
Steadily安定して
Significantlyかなり
Gradually徐々に
Sharply鋭く
Enormously莫大に
Steeply急激に
Moderately程よく
Hardlyほとんど~ない
Marginallyわずかに

IELTSライティングタスク1で使える便利な時間表現

Over the next~次の~で
~later~後
In the following~~のうちに
Over the periodその期間の間
From A to BAからBにかけて
Between A and BAとBの間で
At the beginning of the periedその期間の最初で

関連記事:IELTSライティングにコツはある?カギとなる必須の対策法とおすすめ参考書

初受験の方はぜひIELTS対策完全ガイドからご覧ください

Sponsored Links



IELTS対策にオススメのオンライン英会話ランキング

IELTS オンライン英会話 スピーキング

「自分ではどうしようもできない…」

そんな気持ちになることもありますよね、でも心配しないでください!IELTSで人の手を借りるというのは普通のことです。

実際のところ、ライティングとスピーキングに限ってはひとりでできないのは事実なのです。

なぜなら、間違いを直してもらわなければ、正解がいつまでもわからないから

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる