元講師がオンライン英会話を20社以上受講して比較!➡

「時間がかかる」と英語で言いたいときはTakeを使いこなす!6つの方法を解説

時間がかかる 英語 Take

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し、英検1級を一発で取得した、ライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

JIN

結論、かなりシンプルなのでこの記事だけで結構網羅できます!

この記事のまとめ

偏差値40の公立高校から猛勉強してイギリスの大学を卒業した筆者が、「時間がかかる」として使える英語表現を徹底解説!

基礎的な使いやすい表現から応用編をわかりやすくシンプルにご紹介します。

さまざまな文法を駆使して「時間がかかる」と言いたい方に、とくに読んでほしい内容です。

皆さんもさまざまな場面で「~するのにはちょっと時間がかかります」と言いたい時ありますよね!

皆さんなら英語でどんな表現を使ってこの状態を表しますか?

今回の記事では「時間がかかる」を表すシンプルな英語表現を例文付きでサクッと紹介していきます!

この記事を読むメリット
  • 明日から「さまざまな」と英語で言えるようになる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 「さまざまな」を英会話で使い分けられる
アオイちゃん

一番シンプルなのはなんですか?

JIN

そうだね、It takes time to~はかなりシンプルで使いやすいよ

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



「時間がかかる」は英語で何という?6表現を状況別・例文付きで解説

それではよく使われる6つの表現をニュアンス解説付きで見ていきましょう。

It takes time to~

~には動詞の原形を置きます。

不定詞で学ぶ表現で、大学入試問題などの整序問題や英作文問題としてもよく登場します。

たとえば この構文を使い『学校へ行くのに時間がかかる』と表現する場合「It takes time to go to school」となります。

この表現で使われているIt は形式主語で、仮主語とも呼ばれています。

本来はTo go to school takes time. となり、takesの前までが主語です。

どこまでが主語なのか分からなくなってしまう為、英語には主語が長くなるのを嫌う性質がある為省略されているのです。

また、Timeの後に何も付けずに「It takes time」ということで「時間がかかるよ」という風に表現することも可能です。

リンジー先生

How’s your injury?(怪我の具合はどう?)

エレナ先生

It takes time to heal(治るには時間がかかるよ)

It takes 時間 to~

先ほどご紹介した構文のアレンジバージョンです。

timeの代わりにさまざまな時間を表す言葉を置くことができます。

どれくらい時間がかかるのかもっと詳しく相手に説明したい時に使える表現です。

簡単な例
  • It took three hours to get to the destination.(目的地に着くのに3時間かかった)
  • It took a long time to get used to new school.(新しい学校に慣れるのに長い時間がかかった)
リンジー先生

How was your journey?(来る道はどうだった?)

エレナ先生

It took ages to get out of the traffic(渋滞を抜け出すのにとても時間がかかったわ)

It takes 人 時間 to~

誰が〜するのに時間がかかると表現したい時に用いる表現で、人の部分にheなどの代名詞を置く場合は目的格を用います。

彼が〜と表現する場合はhimとなります。

たとえば 「彼がその問題を解決するのに20分かかった」と表現する場合は次のような形になります。

  • It took him twenty minutes to solve the problem.

人の名前はそのまま置くことができます。

  • It took Ken two months to reach the village.(ケンがその村にたどり着くのに2ヶ月がかかった)
リンジー先生

You’re late!(遅いじゃない!)

エレナ先生

It took me 3 hours to get out of the traffic!(渋滞を抜け出すのに3時間かかったの!)

It takes 時間 for 人 to

先ほど紹介したIt takes 人 時間 to V.の書き換えバージョンです。

実際に書き換えてみると

It took him twenty minutes to solve the problem.→It took twenty minutes for him to solve the problem.

この2つはイコールで同じ意味です。

不定詞の前に置かれたfor人は不定詞の意味上の主語と呼ばれており、意味上の主語がない場合は、話し手が自分のこと話している表現となります。

リンジー先生

You’re late!(遅いじゃない!)

エレナ先生

It took 3 hours for me to get out of the traffic!(渋滞を抜け出すのに3時間かかったの!)

主語 require 時間 to~

Requireは『〜を必要とする』との意味をもつ他動詞です。

require 時間で時間を必要とする(時間がかかる)という意味になり、「出かける準備をするのに1時間かかった」と表現する時はこのように表現します。

主語 take 時間

レストランなどでよく使われる表現です。

  • My order hasn’t come yet.(頼んだ料理はまだですか?)
  • Your order will take some time.(もうしばらく時間がかかります)
  • Your order will take a while.(もうしばらく時間がかかります)
  • Your food will take about 20 minutes.(あと20分くらいかかります。)

takeを使わずにbe動詞を使って表現することもできます。

  • Your order will be a while.

willの代わりにbe動詞+going to を使う場合もあります。

  • Your order is going to be a while.

会話の状況から主語を言わなくてもわかるため主語をitにして表現することもあります。

  • It will take some time.
  • It is going to take some time.

同じ意味なのに英語にはさまざまなバリエーションがありますよね!

エレナ先生

My laptop is doing an update again!(パソコンまた更新してるわ!)

リンジー先生

It will be a while…(時間かかるわね)

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる