単語・熟語辞典

「うるさい」は英語で何て言う?形容詞から注意の仕方まで7選【例文付き】

2020年6月23日

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

  • 「うるさい」は英語で何て言いますか?
  • 「うるさい!黙って!」と言いたいです
  • 最も適切な表現はどれですか?

「うるさい」

基本的には音が大きくてうるさい時に使う言葉ですが、最近では「ウザい」という形でも使われるようになりましたよね。

本文では「ウザい」には触れないので、ここで簡潔に説明しておきますが「ウザい」を表す最も適切な英語は「Annoying」です。

今回の記事ではイギリスの大学を卒業した筆者が「うるさい」を表す形容詞から「うるさい!」と注意したい時に使える英語表現まで7つ例文付きで紹介していきます!

今日の記事内容

  • 「うるさい」として使える英語表現7選
  • 状況によって使い分けられる表現
  • 各ニュアンスの違いを例文付きで解説

この記事を読むメリット

  • 明日から「うるさい」と英語で言えるようになる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 「うるさい」を英会話で使い分ける事ができるようになる

「うるさい」ことを表す形容詞

スポンサーリンク

騒音がうるさい事を表す「Noisy」

最初に紹介するのは「騒音がうるさい」というニュアンスのNoisyです。

主なニュアンスとしては

  • 騒々しい
  • うるさい
  • 騒がしい
  • 雑音が多い
  • 派手な

日本語でも「服の色がうるさい」「ファッションがうるさい」みたいに派手で疲れるようなものに対してうるさいを使う人もたまにいますが、そのようなニュアンスでも使えるのがこのNoisyです。

例文

エレナ先生
You guys are being too noisy, I can't concentrate!(あなたたちがうるさいから集中できないわ!)

単純に音量が大きくてうるさい「Loud」

先ほどのNoisyには「雑音でうっとうしい」という「ウザい」に近いニュアンスも含む形容詞でした。

しかし一方このLoudはNoisyに比べればそのような精神的なニュアンスは少なく、単純に音が大きくてうるさい事を表しています。

ただもちろん音がうるさくてうっとうしい時にも使えます。

例文

エレナ先生
He's so loud and rude.(彼って本当にうるさくて失礼な人ね)

スポンサーリンク

おしゃべりな人を形容する「Talkative」

「うるさい」は時としておしゃべりな人を表すときにも使われますよね。

そんな時に使われるのが「Talkative」です。

しかし、Talkativeを使ったからと言ってネガティブな表現かと言うとそうではなく、陽気でおしゃべりな楽しい人というポジティブなニュアンスでも使えます。

例文

エレナ先生
He's very talkative, isn't he?(彼ってとてもおしゃべりな人じゃない?)

「うるさい!」と注意する時に使える英語表現

ドストレートに「Shut up!」

一番ストレートな「黙れ!」を表す命令形の英語表現です。

トーンによっては非常に怒っている雰囲気を醸し出せる表現となっています。

その一方で、からかわれたときに冗談っぽいトーンで「Shut up」と言えば「もうやめてよー」みたいなニュアンスでも使えます。

例文

エレナ先生
Shut up! She's making a speech!(彼女が話してるんだから黙って!)

静かにして!を表す「Be quiet!」

学校では全く同じような扱いですが、実はShut upとBe quietは若干ニュアンスが異なります。

Shut up!:黙れ!

Be quiet!:静かにして!

これを見るとShut up!の方が若干強烈なイメージである事が分かるかと思います。

例えば先生が生徒に黙って欲しい時にShut upはそうそう使わないでしょう、どちらかというとBe quietを使うはずです。

例文

エレナ先生
Please be quiet. This class hasn't finished yet.(静かにしてください、授業はまだ終わっていません)

音量下げてもらえる?を表す「Can you turn it down?」

例えば誰かが音楽を聴いていてうるさい時や誰かが大声で話していてうるさい時などに使えます。

つまりは「ボリュームを下げてください」という事です。

例文

エレナ先生
Can you turn it down? I can't hear anything.(ボリューム下げてくれる?何も聞こえないんだけど)

もう少し静かな声でしゃべってくれる?を表す「Can you keep your voice down?」

先ほどのCan you turn it down?は「音量を下げてくれる?」でしたが、こちらは声に特化して「静かにしてくれる?」を表す英語表現です。

他にも公衆の場で恥ずかしい内容や言葉を話している人に対しても「Can you keep your voice down?」はよく使われます。

例文

エレナ先生
Can you keep your voice down? Everyone is watching us.(もう少し静かに喋ってくれない?みんな見てるわよ)

今回の「うるさい」のまとめ

今日の記事では「うるさい」と「うるさい!」にフォーカスして様々な英語を紹介してきました。

今日のおさらい

  • Noisy:うるさい、雑音が多い、うるさくてうっとうしい
  • Loud:音が大きくてうるさい
  • Talkative:おしゃべりな(ネガティブとは限らない)
  • Shut up!:黙れ!
  • Be quiet!:静かにして!
  • Can you turn it down?:もう少しボリュームを下げてくれる?
  • Can you keep your voice down?:もう少し静かに喋ってくれる?







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-単語・熟語辞典

© 2020 ライフタイムラーナー