ビジネス英語 英語学習

【もう迷わない】英語で住所を書く際に気を付けるべき10個の重要事項

2020年3月2日

 

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

 

悩みのタネ

  • 書き方が分からない
  • 海外旅行のお土産を直接日本の自宅に送りたい!
  • 日本とどう違うのか分からない

 

英語で荷物や手紙を送る時って緊張しますよね!

 

分からないことだらけです!

 

しかし一度慣れてしまえば2回目からスムーズに行う事ができるようになります。

 

本記事ではイギリスに5年近く住んだ私が英語で住所を書く際に気を付けるべき点を10個まとめて紹介します!

 

この記事を読むメリット

  • すぐに英語で住所を書けるようになる
  • 気を付ける点が分かる
  • 日本語と英語の違いが分かる

 

エレナ先生
この記事を読んですぐに荷物や手紙を送ろう!

 

 

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク



【もう迷わない】英語で住所を書く際に気を付けるべき10個の重要事項

 

それでは気を付けるべき点を10個解説します!

 

まずは名前を忘れずに書こう

 

住所を書き始める前に…日本語と同じ感覚で、住所を先に書いてしまっていませんか?

 

英語で郵便を書く際には、住所の前に送り先の相手の名前を書きましょう。

 

「真ん中に大きく書く」のがポイントです。

 

また、相手が友人など親しい間柄でない限り、敬称(Mr.やMs.など)を忘れないようにしましょう!

 

敬称の使い分け

  • Mr. :男性
  • Mrs. :(既婚)女性
  • Miss :(未婚)女性
  • Ms. :女性(未婚/既婚どちらでも)

 

(※女性に宛てて書くのであれば、Ms.が最も使いやすいです。)

 

英語の住所は逆から書く

 

これが英語で住所を書く時の最大のポイントです。

 

日本語では都道府県→市町村→番地→アパート・マンション名…と段々細かくなっていきますが、英語では真逆の順番で住所を書きます。

 

例:日本語の場合(※架空の住所です)

〒123-4567
静岡県 富士市 見本町 3丁目 8番地 1号
ムーンライト 102号室
山田 太郎様

 

例:英語の場合

Mr. Taro Yamada
#102 Moon Light-Apartment, 3-8-1,
Mihon-cho, Fuji-shi, Shizuoka-ken,
123-4567, JAPAN

 

最大のポイントである「日本語とは逆に書く」という点に関してざっくり理解できたと思うので、以下で書き方の詳細について確認していきましょう!

 

部屋番号の前には「#」をつける

 

例えば上記の住所であれば、アパートの部屋番号102の前に「#」をつけています。

 

付け忘れたらからといって郵便が届かないことはありませんが、配達員さんがスムーズに届けられるよう、「#」を付けるように気をつけましょう!

 

参考

102号室→#102

 

アパート、マンション、ビルの書き方

 

日本語では省略されることも多い建物の名称ですが、「〇〇-Apartment」などハイフンで繋いで後ろにつけると分かりやすいでしょう。

 

  • アパート: Apartment
  • ビル: Building
  • マンション: Mansion

 

ここでひとつ注意して欲しいのが、マンション(Mansion)という単語です。

 

日本でも何気なく使う単語ですが、英語では「大邸宅・お屋敷」を指す言葉なので、アパートの類義語として使う際は注意してください。(※住所で使う際は「〇〇-Mansion」とすれば誤解されることはありません)

 

建物の階数まで書きたい時はどうする

 

個人宛てではあまりないですが、会社などに送付する際に建物の階数を書きたい時があると思います。

 

2通りの書き方例

  • 地上〇階: 〇F (FはFloorの略)
  • 地下〇階: 〇B (BはBasementの略)

 

この2つを知っておけば、階数は簡単に表す事ができます!

 

「丁目、番地、号」は不要

 

日本語で住所を書く時にも省略する人がいるように、英語では〇〇丁目などは数字のみで表記できます。

 

簡単な例

3丁目8番地 1号→3-8-1(丁目、番地、号は全て不要)

 

これだけでOKです!

 

これは日本語より簡単で覚えやすいですよね!

 

「都道府県、市区町村」などはローマ字表記でOK

 

都道府県や市町村についても、わざわざ英単語を使う必要はありません。

 

【都道府】対応する英単語がないので、それぞれ省略可

 

都道府県例

  • 東京都: Tokyo
  • 北海道: Hokkaido
  • 京都府: Kyoto
  • 大阪府: Osaka

 

県、市区町村など

  • 県: -ken (Prefecture) (※Prefectureは省略して”Pref.”としてもOK)
  • 市: -shi (city)
  • 区: -ku (ward)
  • 町: -cho (town)
  • 村: -mura, (village)
  • 通り: -dori, (street)

 

海外の住所へ宛てて送る際には宛名には英単語を使うべきですが、「日本国内や自分の住所を書く時」には、ローマ字表記で問題ありません。

 

「〒」のマークは使わない

 

郵便番号の前に書く「〒」のマークは、日本でのみ使用されているので、海外宛てには使わないようにしましょう。

 

郵便番号は数字のみ記載し、国名の前に入れるようにします。

 

参考

〒123-4567→123-4567 (※書く場所は国名の前に来ます)

 

国名は大文字で書く方が自然

 

例えば「日本」であれば、JAPANと全て大文字で書くことが多いです。

 

先頭の文字が大文字になっていれば問題はありませんが、全て大文字の方が自然です。

 

また、「アメリカ」はU.S.A (United States of Americaの略)を使います。

 

国別例

  • 日本→JAPAN
  • 中国→CHINA
  • アメリカ→U.S.A
  • イギリス→UNITED KINGDOM (※U.K.も可)

 

国際郵便では「AIR MAIL」を忘れずに書こう

 

国際郵便を送る際には、「AIR MAIL」と封筒の左下に書くことを忘れないようにしましょう。

 

色は青や黒が好ましく、目立つように少し太めのペンを使うのがおすすめです!

 

完成形の一例としてはこんな感じです!

 

「How to write an address in English」の画像検索結果

出典:JAPAN POST







おすすめの関連記事

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-ビジネス英語, 英語学習

© 2021 ライフタイムラーナー