勉強法 英語学習

英単語を覚える際に絶対にノートに書いて覚えてはいけない3つの理由

2019年1月5日

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

  • ノートに書いて英単語を覚えるやり方についてどう思いますか?
  • ノートに書いているだけで覚えられるのでしょうか…
  • やっぱり非効率的なんですか?

英単語を覚えるときにこんな覚え方をしていませんか?

  • 中学生時代のようにノートにひたすら書き出す
  • ノートに書きだしたものを暗記シートで隠して覚える
  • 買った英単語帳をそのまま使って覚える

この3つは超非効率的です、今すぐやり方を変えた方がいいでしょう。

今回の記事ではなぜノートに書きだしたり暗記シートを使って覚えるのが超非効率的なのかを3つの理由を基に紹介していきます。

今日の記事内容

  • ノートに書いて英単語を覚えるのをおすすめしない3つの理由

この記事を読むメリット

  • 明日からすぐに自分で実践可能
  • なぜノートに書くのが非効率的なのかを理解
  • NGを知って次に生かせる

順番で覚える事による脳内容量の無駄使い

スポンサーリンク

誰もが経験したノートに書いた時に起こる状況

学生時代に誰もが経験したことがあるでしょう。

英単語を覚えると同時に順番でも覚えてしまっている状況です。

「あーこの単語が来たから次はこの単語だな」

順番が変えられない方法で覚えていると、英単語自体を覚えると同時に覚える単語列の順番もダブルで知らず知らずに覚えていきます。

しかしその順番が役に立つ事はありません。

時間とエネルギーと容量の無駄

英単語自体と単語列の順番をダブルで覚えていると

  • 時間
  • エネルギー
  • 脳内容量

この3つが無駄になると私は考えます。

「この方法でやっていては英単語が覚わらない」と言っている訳では無く、あくまで非常に非効率的だと思うのです。

せっかく時間を使って英語を勉強するのであれば最大限に無駄は省きたいですよね。

スペルや書き順覚えても意味ない

スポンサーリンク

もう小学校に通っている訳じゃない

  • 「スペルはどうするの?」
  • 「スペルを覚えなきゃダメでしょ」

そんな質問を頂くことが多々あるのですが、スペルを覚えたって今この時代あまり役に立ちません

知ってるに越したことはありませんが、私はこれも無駄だと考えます。

極論知らなくても生きていけるからです。

書き順や漢字の書きを学ぶ小学校教育を批判するわけではありません、小学生ならそういう事も学ぶべきだと思います。

もう一度言いますが知ってるに越したことはないんです。

しかし大人になって、学校に毎日朝から夕方まで通ってるわけでも無く割く時間は限られていて…

このような状況でわざわざ時間を書きや正しいスペルの勉強に充てるのは本当にもったいないと私は考えます。

6年間通して毎日学校に行って書き順や漢字の書きを学べる小学生とはもう違います、英語の全要素に時間を使っていたらいつまで経っても進めません。

大人には大人の方法で無駄を省いていかないといけないと思う訳です。

そもそもスペルチェッカーではじかれる

私自身イギリスに4年強住んで大学の論文を書いたり、今は仕事で英語文章を作成しますが、スペルの重要性を身に染みて感じた事は今のところありません。

論文含めて文書作成といっても大体Officeのソフトで作ります。

WordやExcelは既にスペルチェッカーが実装されていてもしスペルが間違っていたらその場で教えてくれます。

そこで指摘されたら調べれば良いんです。

イギリスに住んで手書きで書いたものはクリスマスカードや署名など本当にそれくらいです。

これほど必要頻度が低いものを無理して勉強しても労力の無駄ではないか?というのが私の持論です。

ノートや暗記シートは一夜漬けには効果的かもしれない

確かに一夜漬けの効果はあったかもしれない

学生時代私もノートに書きだしたり暗記シートを使って一夜漬けをして歴史の中間テストに挑んだことは何度もあります。

確かに効果はありました、やらないより全然マシな結果が返ってきました。

でもそこで覚えた事は1週間で忘れました、全く定着しなかったんですよね。

私は当時その場しのぎで赤点を取らないという目標だったので、それはそれで満足な結果だったのですが、英単語では話が変わってきます。

英単語は記憶する事が目的ではない

英語が話せるようになりたい、英語が出来るようになりたくて英単語を覚えている場合、英単語学習の目標は記憶ではありません。

目標にするべきは「記憶」ではなく「取得」であり、記憶したうえで自分が使えるようにならなければ本当の意味でその英単語が覚えて使えるとは言えません。

さらに詳しく

私がおすすめする英単語の覚え方

私は一貫して一つの英単語の覚え方しか推奨していません。

これまで偏差値40からイギリスの大学を卒業して英検1級も取得しましたが、その過程でかなりの数の単語学習法を試してみましたが結局この方法に行きついてからはこれ一本です。

詳しい方法はこちらの記事で全て公開していますので、ご興味ありましたらぜひ!

さらに詳しく







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-勉強法, 英語学習

© 2020 ライフタイムラーナー