ビジネス英語 英会話フレーズ

ビジネスで抜群に使える「お願いがあります」を丁寧に表す英語表現11選

2020年1月4日

お願いがあります 英語 ビジネス メール

 

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

 

悩みのタネ

  • 「お願いがあります」は英語で何て言いますか?
  • 知り合いに何かお願いをする時はどんな英語表現を使えますか?
  • 最も適切な表現はどれですか?

 

誰かにお願いをしたい時はできるだけ丁寧に失礼のない方法で聞きたいですよね。

 

気持ちよくお願いを受け取ってもらい、やってもらうのが一番お互いにとって良い状況でしょう。

 

皆さんは英語で「お願いがあります」と切り出したい時はどんな英語表現を使いますか?

 

この記事を読むメリット

  • 明日から「お願いがあります」と英語で言えるようになる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 「お願いがあります」を英会話で使い分ける事ができるようになる

 

エレナ先生
今回の記事ではイギリスの大学を卒業した筆者が「お願いがあります」と英語でお願いや頼みを切り出したい時に使える英語表現をまとめて紹介して解説していきます!

 

 

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク



「お願いがあります」英語でお願いを切り出したい時に使える英語表現11選

 

それではお願いがあるときに切り出せる英会話フレーズを見ていきましょう!

 

ビジネスシーンで使える「お願いがあります」を表す英語表現

 

まずはビジネスシーンで使える表現の紹介です。

 

I would appreciate if you could~(~をして頂けると幸いです)

 

Appreciateは「感謝する」という意味がある動詞です。

 

そしてWouldとCouldを使っているので仮定の話であることが分かります。

 

つまりI would appreciate(感謝するでしょう)if you could~(もしあたなが~をできるのであれば)と言う風になります。

 

仮定形にする事で、やってくれるのが当たり前であることを前提として話していない、というニュアンスを伝える事ができる為、非常に丁寧な表現と言えるでしょう。

 

例文

 

ジェームズ先生
I would appreciate if you could send me the document tomorrow morning(明日の朝書類を送って頂けると非常に助かります)

 

 

Of course(もちろんです)
ジョーダン先生

 

 

Would it be possible to~?(~は可能でしょうか?)

 

「~してください!」ではなく「~は可能でしょうか?」と可能性を問う事でよりフォーマルな印象になります。

 

例文

 

ジェームズ先生
Would it be possible for you to change the date?(日にちを変更して頂く事は可能でしょうか?)

 

 

That shouldn't be a problem(恐らく問題ないかと思います)
ジョーダン先生

 

 

Would you be able to~please?(~して頂く事は可能でしょうか?)

 

you be able to~を使う事で「相手が~をしてくれるのが可能かどうか」を問う事ができます。

 

さらに最後にPleaseを付ける事でさらに丁寧になります。

 

個人的に仕事では英語を使ったクライアント対応が99%以上なのですが、私が何かお願いをするときはこのフレーズを毎回使っています。

 

例文

 

ジェームズ先生
Would you be able to deliver it a little bit quicker?(もう少し納品を早くして頂く事は可能でしょうか?)

 

 

I will ask my manager about it(マネージャーに聞いてみます)
ジョーダン先生

 

 

日常会話で使える「お願いがあります」を表す英語表現

 

このセクションでは日常会話で使えるカジュアルな「お願いがあります」を表す英語表現を紹介していきます。

 

I wonder if you could~(~してもらうことはできますか?)

 

Wonderは「疑問に思う」という意味の動詞です。

 

直訳すると「あなたが~してくれるかどうか疑問に思っている」という事になります。

 

これがこの英語表現にあるニュアンスです。

 

例文

 

エレナ先生
I wonder if you could buy some chocolate on your way to work(仕事に来る時にチョコレート買ってきてくれないかしら)

 

 

Sure!(もちろん!)
リンジー先生

 

 

Can I ask you a favor?(お願いがあるんだけどいい?)

 

お願いを直で聞くのではなく、まずお願いがあるんだけど…と切り出すタイプの英語表現です。

 

凝縮した円滑なコミュニケーションが求められるメールなどには向いていませんが、親しい人との会話内で使う際にはおすすめの英語フレーズです。

 

例文

 

エレナ先生
Can I ask you a favor?(お願いがあるんだけどいいかしら?)

 

 

Sure, what's that?(もちろん、何かしら)
リンジー先生

 

 

Do you mind if I~(~してもいいですか?)

 

Do you mind if I~は非常に英語的な表現で、最初は混乱する事があるかもしれません。

 

直訳すると「私が~したらあなたは嫌?」という遠回りした意味になる表現なので、問題ない場合は「No」嫌な場合は「Yes」という答えになります。

 

私たち日本人にとっては慣れない表現ですが、ネイティブはよく使っている表現です。

 

例文

 

エレナ先生
Do you mind if I open the window?(窓開けてもいいかしら?)

 

 

Not at all(全然いいわよ)
リンジー先生

 

 

I have a favor to ask(お願いしたいことがあるんだけど)

 

Favorは「お願い」という意味の英単語です。

 

つまりI have a favor(お願いを持っている)to ask(聞きたい)という表現です。

 

例文

 

エレナ先生
I have a favor to ask(お願いしたいことがあるんだけど)

 

 

Could you please~?(~してもらえませんか?)

 

CouldとPleaseが付いているかなり丁寧な表現なので、目上の人に会話内でお願いをしたい時に使えます。

 

また、おすすめはできない高度な技ですが、わざとこのような丁寧な表現を使う事で嫌らしく皮肉ることもできます。

 

例文

 

エレナ先生
Could you please clean the bathroom?(バスルームを掃除して頂けないかしら?)

 

 

May I~?(~してもよろしいでしょうか?)

 

Could you~などの表現は相手が行動する事に対するお願いでしたが、May Iの場合は自分が起こす行動に対するお願いをする事ができます。

 

例文

 

エレナ先生
May I have this last piece of cake?(最後のケーキ1切れ貰ってもいいですか?)

 

 

Sure, go for it(もちろん、どうぞ)
リンジー先生

 

 

Can you give me a hand?(ちょっと手伝ってくれますか?)

 

Give me a handはそのまま「手を貸す」という意味のイディオムです。

 

つまりCan you give me a hand?で「ちょっと手を貸してほしい」という事を伝える事ができます。

 

例文

 

エレナ先生
Can you give me a hand for a minute?(ちょっと手伝ってくれない?)

 

 

I'm sorry but I'm being busy(ごめんだけど今忙しいの)
リンジー先生

 

 

Do you think you could~(~して頂く事は可能だと思いますか?)

 

Do you think~で「~だと思いますか?」となるので直訳にすると「あなたは~できると思いますか?」という風になります。

 

例文

 

エレナ先生
Do you think you could pick me up at 8?(8時に迎えに来てもらう事はできないかしら?)

 

 

Okay, I will pick you up at 8(分かったわ、じゃあ8時に迎えに行くわね)
リンジー先生

 







おすすめの関連記事

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-ビジネス英語, 英会話フレーズ

© 2021 ライフタイムラーナー