単語・熟語辞典

「準備する」は英語で何て言う?様々な場面で使える英語表現6選

2020年4月23日

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

  • 「準備する」は英語で何て言いますか?
  • 「今支度をしています」と言いたいです
  • 最も適切な表現はどれですか?

「準備する」という単語で連想できる状況って結構ありますよね!例えば

  • 明日のプレゼンの準備
  • 外出するための支度
  • 旅行前のパッキング
  • 調理前の下準備
  • 送迎の手配
  • 物事の計画…などなど

皆さんはそれぞれのシチュエーションでどんな英語を選んで使いますか?

結論から言うと「準備する」という言葉をを純粋に表し、一番汎用的に使えるのは「Prepare」という単語です。

今回の記事ではイギリスの大学を卒業した僕が「準備する」と関連する様々な英語表現を例文付きで紹介していきます!

今日の記事内容

  • 「準備する」として使える英語表現6選
  • 状況によって使い分けられる表現
  • 各ニュアンスの違いを例文付きで解説

この記事を読むメリット

  • 明日から「準備する」と英語で言えるようになる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 「準備する」を英会話で使い分ける事ができるようになる

「準備する」は英語で何て言う?様々な場面で使える英語表現6選

スポンサーリンク

最も汎用的に使える「Prepare」

最初に言った通り、日本語の「準備する」を最も忠実に表し、準備という一般動作を表すのがこのPrepareです。

そのような事から最も汎用的に使えるのが特徴です。

  • パッキングをする
  • 身支度をする
  • 料理の下準備をする

このような状況にはより具体的な単語を使う事もできますが、日本語でも同じように「準備する」と一般的に表現する事も可能ですよね!

例文

エレナ先生
We're preparing for the school show.(私たちは学芸会の準備をしているのよ)

よりカジュアルな「Get ready」

この熟語に限らずですが、基本的に英語では同じ意味を表す単語と熟語がある場合、熟語の方がよりカジュアルな表現であることが多いです。

このGet readyも「準備する」という点ではPrepareとほぼ一緒ですが、よりカジュアルで口語的です。

もっと深掘りするとGet readyはより直近の出来事に対する準備を表す事が多いです(外出の支度など)

例文

エレナ先生
I'm getting ready! I'll be down in 5 minutes!(今準備してる!5分で終わるわ!)

スポンサーリンク

パッキング作業を表す「Pack」

旅行前などの荷物詰め作業を日本語でも「パッキング」と言ったりするのでこの単語は使いやすいかもしれません。

Packは詰める動作を表す動詞なので、荷造りの場面にはピッタリです。

一方で詰める動作を伴わない着替え、料理の下準備、計画準備などには使えませんので注意が必要です。

例文

エレナ先生
I think we should pack our suitcases soon.(もうすぐパッキング始めた方が良いと思うわ)

下準備をするイメージが強い「Do prep」

見て分かる通りPrepはPrepareと関連している単語です。

メモ

Prep:下調べ、準備、準備する


Prepareと若干違う所は、このPrepには「本番の為の下準備」というニュアンスが強い点です。

例えばPrep courseは「予備校」と訳されることもあります。

Prepが使われるシチュエーション例

  • 料理の下準備
  • 試験準備
  • 受験準備など

例文

エレナ先生
I've just started doing the prep, can you help me with the soup?(今下準備を始めたところよ、スープを手伝ってくれない?)

手配するというニュアンスが強い「Make arrangement」

Arrangementは「調整」という意味の名詞です。

つまり直訳すると「調節をつくる」→「手配する」という風になっていきます。

送迎の手配などはこの表現がふさわしいと言えるでしょう。

例文

エレナ先生
I need to make arrangements for my trip to Japan.(日本旅行の準備をしなきゃ)

計画のニュアンスが強い「Plan」

計画を立てるという行為もやはり準備の部類に入りますよね。

プラニングなんて言ったりしますが、もちろんPlanという動詞を「計画する」または名詞としてMake planとして使う事ができます。

例文

エレナ先生
Let's make a plan for the weekend!(週末の予定を立てましょう!)

今回の「準備する」のまとめ

今回の記事では「準備する」のニュアンスを持つ英語表現にスポットを当てて紹介してきました。

今日のおさらい

  • Prepare:最も一般的に使える「準備する」
  • Get ready:Prepareよりもよりカジュアル、直近の準備に対して使われがち
  • Pack:荷造りを表す
  • Do prep:本番への下準備というニュアンスが強い
  • Make arrangement:手配するというニュアンス
  • Plan:計画する







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-単語・熟語辞典

© 2020 ライフタイムラーナー