イギリス生活情報 イギリス留学 留学情報

行く前に知っておこう、イギリスで日本人への人種差別はある?

更新日:

SPONSORED LINK

こんにちは、新一がとてつもない期間帰ってこないのに大して何も疑っていない毛利蘭ちゃんくらい鈍感なJIN(@Jinthelearner)です。

みんな海外留学に行く前に気になる、心配な事ってどんなことがありますか?

  • 「国の治安は実際どうなんだろう」
  • 「その国の国民性やしきたりはどんなものなんだろう」
  • 「ちゃんとその土地の言葉が喋れるかなぁ」
  • 「友達は出来るか心配」

などなど挙げていけばきりがないくらい出てきます。

ちなみに僕がイギリスに行く前心配だったことは

  • 「イギリスで日本人男性はモテるのだろうか?」
  • 「イギリスで人種差別をされたりしないかな?」

の2点でした、日本人男性がイギリスでモテるのかどうかはこちらの記事で書きましたので気になる人はチェック!

今回は後者の日本人とイギリスにおける人種差別についてを書いていきます。

  • イギリスではどれくらいを差別として認識すべきなのか
  • アジア人差別はどれほどあるのか
  • アジア人はどう思われているのか
  • 日本人はイギリスではどんな立ち位置なのか

を紹介していきます。

結局人種差別ってなんぞや?

日本はほぼ単一民族国家と言われているだけあり人種差別というトピックには国として疎いです、僕もイギリスに行くまでは考えもしませんでした。

しかしイギリスは多民族、多人種国家ですのでイギリスの若者の間では人種差別は大きなトピックとして扱われとっても敏感です(特に大学生などの高等教育を受けている/受けた若者)

それではまず人種差別とは何なのかを見ていきましょう。

人種的偏見によって、ある人種を社会的に差別すること。

引用元:goo国語辞典

the belief that people's qualities are influenced by their race and that the members of other races are not as good as the members of your own, or the resulting unfair treatment of members of other races.

引用元:Cambridge English Dictionary

基本的に似たような定義ですが英語版の方が少し詳しく書かれているので簡単に翻訳します。

人々の価値を人種が違うからと言う理由で劣っていると考えたり不当な扱いをすること。

皆さんが考える人種差別の定義と一致していたでしょうか?

もう少し人種差別は何なのかを知りたい方はこちらの書籍が分かりやすくおすすめです。

スポンサーリンク

人種差別なのかそうではないかどうなのか…

結論から言わさせていただくと僕自身はイギリスに住んで4年、5年になりますがあからさまな人種差別は受けたことがありません。

それは僕が毛利蘭並みに鈍感で気づいていないのかそれとも僕がラッキーだったのかもしれません。

しかしあからさまな人種差別、僕が本当に嫌だなぁと思うような人種的区別は今までイギリスで一度も受けたと思ったことはありません。

アジア人を少し見下した態度でいる人は少なからずいます。

そもそもアジア人は英語が全く喋れない人々だと思われており滞在4年、5年になってもこっちの話を聞かずに英語喋れるの?と聞かれることもたまにあります。

でもそういう人たちは悪気があってそういう態度を取っている訳ではない場合が多いんです。

事実イギリスに移住して長く住んでいるアジア人の人たちでも英語が喋れない人たちはたくさんいるのでアジア人は英語が喋れないという思考回路になるのも分かります。

現に皆さん日本で高身長金髪碧眼のいかにも外国人が完璧なこてっこての大阪弁を話してきたならびっくりしますよね。

僕はそれと似たようなものだと終始割り切っていました。

結局JAPは差別用語なのかどうなのか

2015年サッカーのレスターシティがイングランドプレミアリーグを制覇したシーズンが始まる前、のちに大記録を作るエースストライカージェイミーヴァーディーがカジノで日本人客にJAPと叫び差別発言だと言われ問題になりました。

ヴァーディーは謝罪文と共にJAPが差別用語だとは思わなかったという旨の発言をしていました。

僕もイギリスの田舎パブで働いていた頃地元のおじさんやおじいさんと話す機会が毎日のようにありました。

本当に優しくていい人でもJapaneseをJAPと略す人も居て僕も少しずつもしかしたらイギリスではJAPは差別用語と大きく認識されていないのではないかと思い始め今回いい機会でしたので調べてみることにしました。

The term ‘Jap’ – short for Japanese – has been considered derogatory since the 1940s. Dr Ruth Taplin, director for the Centre of Japanese and East Asian Studies in London, said: “It has never been culturally acceptable to use the word “Jap”. It’s a racist term.”

(JAP-Japaneseの短縮版は1940年代から軽蔑的な単語として考えられており、ロンドンの日本文化研究者はいつどんな時でもJAPが文化的にオッケーだという時は無い、これは差別用語だ、としている)

英文引用元:Telegraph

学術的には完全にNGとのことです。

英語言語の日本人にJAPというのは未だに差別だと捉えられるのかというウェブフォーラムでは

Jap is still considered an offensive term in the US. From personal experience, I remember an afternoon in public school where a classmate used the word "Jap" and was scolded by the teacher.

(アメリカではJAPはまだ侮辱的な言葉だよ、学校でJAPと言った生徒が先生にこっぴどく叱られているのを今でも覚えているよ)

英文引用元:English Language & Usage

とアメリカではまだ確実に侮辱的な言葉だと思われている一方でこんな人もいます

Should I feel offended if someone calls me a Brit? If not, why not?

(もし僕がブリット(イギリス人の略語)と呼ばれたら侮辱されたと思うべきかい?そうじゃないならJAPも同じようなものさ)

英文引用元:English Language & Usage

といったようにイギリス人ではJAPが深刻な差別用語だという事を知らない人もいるみたいです。

文脈によるという意見も多々ありシチュエーションによってただ単にJapaneseの略として悪気無く使う人も居ればわざと差別用語っぽく使う事も出来るといった側面があると言ったような感じです。

しかしこの理論で行くとヴァーディーの件は限りなく黒に近いグレーですね、あの動画は日本人観光客にブチ切れてるシーンだったので…

ニーハオなどと言われるのは差別?

日本人の多くの人がイギリスで道行く子供とかにニーハオなど声をかけられることがあります。

知り合いの日本人の人でも居ましたしネットでも見たことがあります。

しかしこれに関しては逆に日本でロシア人が歩いていて日本人の子供にハローと言われるシチュエーションを考えてみると99%悪気はないだろうという事が分かるはずです。

正直4年、5年住んでいても僕は一目見ただけでその人がイギリス人かそれとも他のヨーロッパから来た人なのかという事は話して見ないことには判断が難しいです。

それと同じでイギリスにいる人もアジア人の識別はかなり難しいと僕は思いますイギリスには昔香港が植民地だった経緯もありかなりの数の中国人、香港人が住んでいます、アジア人=中国人という考えに行きつく回路は分からなくもないですし僕自身子供のころ日本でエキゾチックな風貌な方を見かけたときは全員アメリカ人だと思っていました。

いくら顔が濃かろうがハーフであろうがアジア人に見える人は一見ではアジア人だとしか思われないのです。

これは僕は差別だとは思いませんしもしそんなことを言われたら

「私は日本人だよ」

と訂正してあげることでその子供にとっても良い勉強になるはずです。

スポンサーリンク

結局何を差別かと思うのは自分次第

結局何を差別かと思うのはその人次第なところが大きいです。

相手の人に嫌だなぁと思われたらそれは差別になってしまいますし仲の良い友達同士なら差別ジョークを言い合うなんて事もあったりします。

僕はあまりそういうところに敏感ではないのであからさまに言われない限りは気にしない、もしくは気づかないので特に問題はありませんでしたがもし自分が言われて嫌なことを言われたら黙って自分で消化せずにちゃんと言ってあげる事が大切だと思います。

そしてイギリスではアジア人よりももっと差別を受けている人種がいるのも事実です、特に東欧系や中東系への風当たりは強く悲しい思いをしている人も多いです。

私たち日本人も悪気の有無にかかわらず差別する側にならないようにこれからも気を付けていきたいと思うばかりです。

あなたにおすすめの関連記事

一番おすすめできる家で受講可能な英会話レッスン



僕が圧倒的に他と比べられないくらいお勧めしたいのが今となっては様々なインターネット事業を扱いどんどん大きくなっている有名企業のDMMさんが運営している

DMM英会話

です。

なぜこのDMM英会話がIELTSのスピーキング練習に使うべきかと言いますと

  • 2回も無料体験レッスンが出来るので続けるかどうかじっくり見極めることが出来る
  • 入会費完全無料!
  • いつでも自分の時間でレッスンが可能!
  • 世界90カ国以上 6400人以上の講師とマンツーマンレッスンできる(ネイティブ講師を選ぶことが可能!)
  • 講師の採用試験がとても厳しいため質の高い講師が集まっている
  • IELTS資格対策が充実している(IELTS教材の無料使用可能!)
  • マジで破格過ぎる値段(1レッスン当たり150円から!!)
  • 大企業のDMMさんが運営しているという安心感
  • 2017年オンライン英会話サービス評価・満足度調査にて13部門でトップの1位
  • 2017年あの有名ビジネス雑誌「プレジデント」の英会話テキスト・英会話学校の部門で堂々の総合満足度1位

実績と規模、そしてクオリティは他のオンライン英会話とかなり差をつけています。

なによりIELTSの資格サポートが充実していることが一番です、IELTSに特化した講師を選べば本当にスピーキングのスコアの爆上げが可能です。

無料体験レッスンが付いてくるので無料体験を受けてみて自分に合うものを選択するのが一番経済的、効率的です。

こんな素晴らしいキャンペーンがあるなら使わない方が大損ですよ!

DMM英会話を徹底解剖して体験談を含めたレビュー記事を書きました!是非参考までにご覧ください!

英語や留学、イギリスに関する質問はありますか?

  • 英語学習で困っていること
  • 海外留学で不安な事
  • 単純に聞きたいことはありませんか??

英語や留学に関する無料相談受け付けています!お気軽に下記のフォームから送ってください!

英語や留学などに関する無料相談を受け付けています!





  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

偏差値40台のおバカ高校を卒業後奮起し独学でイギリスにある大学に正規入学し卒業。 英語のエの字も知らなかったが今では英検1級も取得。 英会話を教えたり翻訳をしたりブログ書いたり… でも実は一番好きなのは食べ物の事や飲み物の事!いつか店を作ってみせます!

-イギリス生活情報, イギリス留学, 留学情報

Copyright© ライフタイムラーナー , 2018 All Rights Reserved.