元講師がオンライン英会話を20社以上受講して比較!➡

「お得」は英語で何ていう?Cheapを使わない安い事を表す英語表現7選

お得 英語

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し、英検1級を一発で取得した、ライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

JIN

結論、安いの度合いによって使い分けると表現力がアップします!

この記事のまとめ

偏差値40の公立高校から猛勉強してイギリスの大学を卒業した筆者が、「お得」として使える英語フレーズを徹底解説!

度合い別に使い分けるべきCheap以外のネイティブ表現をわかりやすく7種類まとめてお伝えします。

英会話表現の幅を広げたい方に、とくに読んでほしい内容です。

誰もが大好きな言葉「お得」ですが、皆さんは英語で「お得」を表現するならどんな英語表現を使いますか?

  • お値打ち
  • 手頃な
  • セール中

このような状態に使われる表現ですよね!

結論からいうと一番簡単に言える英語表現は日本語と同じリーズナブル(Reasonable)です。

しかし他にも若干ニュアンスの異なる英語表現がいくつかありますので、例文を交えながら7パターン解説していきます!

この記事を読むメリット
  • 明日から「お得」と英語で言えるようになる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • Cheap以外の単語も使えるようになる
アオイちゃん

Cheapだけでもいいんじゃないの?

JIN

もちろん間違いじゃないけど、日本語でも「安い」「お得」「リーズナブル」みたいに使い分ける方が表現の幅が広がるよね!

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



「お得」は英語で何ていう?手頃で安い値段を表す英語表現7選

それでは便利に使える英語フレーズをニュアンス解説付きで見ていきましょう!

一番簡単に使える「Reasonable」

日本語でも「お得」を表すときにリーズナブルという単語を使うことがあるので、日本語話者にとって一番使いやすいのがこの英語表現になるでしょう。

少し深掘りするとReasonableには合理的な、妥当な、という意味がありそこから「お得な」という風になっています。

Reasonableは値段以外にも「合理的な人間」「妥当な判断」といった形で使うことが可能。

エレナ先生

I bought two pairs of shoes because the prices were very reasonable.(お得な値段だったから靴を2足も買っちゃったわ)

格安であることを強調する「Bargain」

またしても日本語でも浸透している表現です。

こちらも日本語のバーゲンとほぼ同じ意味で使うことができ、安売り、特売品、掘り出し物といった意味の名詞で使えます。

先ほどのReasonableが形容詞であった一方で、こちらのBargainは名詞です。

ちなみに英語のBargainには

  • 駆け引き
  • 取引

このような意味もあります。

エレナ先生

This is a bargain!(これ掘り出し物だわ!)

手が届く値段という側面が強い「Affordable」

こちらも「安い」という意味を表すものですが、Afford(~を買う余裕がある)という動詞から来ている表現なので「買うことができる」「手が届く値段」という側面が強いです。

Afford:~を買う余裕がある、~を買うことができる

つまり「自分で買う余裕があるくらい手頃である」というのがこの英語のニュアンスと言えるでしょう。

エレナ先生

Hmm…This carpet is affordable.(うーん…このカーペットなら買えそうね)

コスパ的解釈もできる「Good value」

分解してみると

  • Good:いい
  • Value:価値

この2つが組み合わさると「十分な価値」「お値打ち品」といった意味になります。

最近ではコストパフォーマンス(費用対効果)がいいなんて言ったりしますが、このGood valueはまさにそのようなニュアンスを汲んでいる英語表現です。

値段に対して十分な価値があるといったところ。

エレナ先生

This laptop is really of good value for the price.(このノートパソコンは価格の割にはかなりのお値打ち品です)

節約的観点が強い「Economical」

Economicalという単語は「ムダ遣いしない」「安価な」「効率的な」といった意味を持っています。

つまりこの単語はどちらかというと節約的なニュアンスが強いため、服や物というよりは、ランニングコストがかかるものに対して使われがちです。

日本語でも「~は経済的だ」と言えますよね、それとまったく同じです。

エレナ先生

The new air-con is very economical.(新しいエアコンはとても経済的だ)

セール中で値引きがされていることを表す「On sale」

いうまでもありませんね、日本語でもオンセールは所々で使われています。

意味もまったく同じで、セール中、特価を表します。

エレナ先生

This new dress is on sale for $25.(この新しいドレスはセール中で25ドルだ)

予算内に合ったというニュアンスが強い「Budget」

Budgetは名詞の「予算」という意味で覚えている人も多いかもしれませんが、実は形容詞でも使える単語です。

形容詞で使われる場合の意味は「予算に合った」「手頃な」といったところです。

予算内に収まっている値段を表すニュアンスが強い単語ですね。

エレナ先生

What is budget airline?(格安航空会社って何ですか?)

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる