インタビュー取材 オンライン英会話

中上級者向けオンライン英会話SOLO(ソロ)グループの代表者とインタビュー

SOLO Language インタビュー

 

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJINです。

 

悩みのタネ

  • SOLO (ソロ) 英会話ってどんなサービス?
  • IELTSやTOEFLを短期間でスコアアップしたいです
  • 本質的な英語学習っていったいどういう事?

 

今回ご縁がありまして中上級者向け英会話、TOEFL、IELTSコーチングで有名なSOLO (ソロ) グループの代表、ルークさんと本音でサービスについて、そして深い英語学習についてインタビューしました。

 

私なんかが言うのも非常に恐縮ではありますが、ルークさんが掲げる言語学習における本質的な考え方は非常に共感できる部分が多く、1時間の濃いインタビューをさせて頂きました。

 

インタビュー内容

  • SOLO (ソロ)サービスについて
  • 提供するIELTS、TOEFL対策について
  • 本質的な英語学習とは

 

この記事を読むメリット

  • SOLO (ソロ)グループについて深く知ることができる
  • 代表者であるルークさんの英語学習感を垣間見ることができる
  • 最後まで読めば自分がSOLO (ソロ) に合っているか必ずわかる

 

JIN
1時間終始本音で語りました

 

 

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク



SOLO (ソロ) 英会話って何?簡単に概要を説明

 

インタビューに入る前にまずはSOLO (ソロ) 英会話がどのようなサービスなのかを簡単に説明します。

 

ポイント

  • 中上級者特化のオンライン英会話サービス
  • IELTS、TOEFL、OET短期対策コースあり
  • 本質的な英語学習を促す密な完全サポート体制
  • 実戦で使える英語能力を重視
  • 無料カウンセリングあり

 

それではインタビュー内容に移っていきましょう!

 

SOLO (ソロ) 英会話代表のルークさんとのインタビュー内容

Solo Language インタビュー

 

ここからは1時間に及ぶ濃いインタビュー内容のダイジェストを皆様にお伝えします。

 

 

SOLO (ソロ) 英会話のバックグラウンドについて

 

ーーこの事業を始められた理由は何ですか?

 

5年も前なので途中で理由は変わったりしていますが、今でも変わらない気持ちとして持っているのは英語を通して、英語以外の学びを得て欲しいなということですね。

 

例えば、企業のマーケティング部門で働いている人であればいきなりマーケティングについてディスカッションするのではなく、マーケティングに関する新しい学びを「英語で」得た上で、英語でディスカッションする。

 

そうすると背景知識が日本語でなく英語でできるので、自信を持って表現することができます。

 

英語ばかり勉強していてもずっとコンプレックスを抱き続けると思っています。 英語ができると思われている中上級者の人達で自信がない人は全員これです。

英語「を」勉強している。

 

ーー確かに私も英語だけ勉強してもしょうがないというのは常々思っています

 

小さな枠で「本日はこのダイアログを学びましょう」といった具合で学んでいては終わりがないですよね。

 

だからこそ1つのトピックについて英語で深く掘った上で論理的に英語を話そうとする事こそ中上級者の方が次のステップに進める解決策になるのではと思っています。

 

結局英語だけをやっていてもコンプレックスは消えないのだと思います。

 

ーールークさん自身は言語習得で挫折した経験はありますか?

 

挫折しかないですね。

英語と日本語に関しては、日本と豪州を幼少期から行き来して育ったので、15歳ぐらいまで周りと比べると常にどちらかが遅れている状態でした。

 

ーー周りからはバイリンガルと思われているけれど自分の中ではそうではないという感覚でしょうか?

 

正にその通りですね。

また24から26歳まで台北と上海にも住んでいたため、ゼロからの中国語でものすごく苦労しました。

 

ーー中国語を勉強したときはどのようなアプローチを取ったのですか?

 

始めの3か月は音声だけをやりました。

当時は自分の中で体系的なアプローチを持っていなかったので、自分を実験台にしたという側面もありました。

 

さらにオーストラリアで働いていた頃には日本から出張で来る人のトレーニングをしていたのですが、その時音声教育が凄いなと思ったのがキッカケです。

 

弊社ではソリューションを3つ提供していて

  1. ロジック
  2. 表現・知識
  3. 音声

この3つを鍛えると相当レベルは上がると思っています。

 

SOLO (ソロ) 英会話のサービスについて

Solo IELTS TOEFL

 

ーー資格対策コースをIELTS、TOEFL、OETに絞っている理由は何ですか?

 

もともと始めたSolo Languageは中上級者向けですので、こちらで IELTS、TOEFL、OETのような難易度の高い資格対策をやってもらえるかと連絡が来ていたことがキッカケです。

 

実際OETのオンライン対策を提供しているのは弊社だけですね。

 

全ての理由は単純に中上級者の英語を伸ばすノウハウを持っているからというところに行きつきます。

 

ーー教材はどのように選定していますか?

 

英会話のSolo Languageに関しては、教材はオンライン上に存在する生の英語です。

オンライン上の英語の記事やニュース、ブログやドラマを事前課題として読んだり聞いたりしたものに対して、あらかじめ考えをライティングで述べてもらっています。

 

その上でツッコミを入れてディスカッションしていくという形です。

 

IELTS TOEFL OETに関しては、模擬テストもしくは過去問です。

テストを作成している機関が提携をしている教材作成会社から模擬テストを購入しています。

 

ーー資格対策や海外進学においてライティングはスピーキングと同等かそれ以上に重要かと個人的に思いますが、オンラインでのライティングレッスンはどのように行っていますか?

 

問題の解き方やコツを直接教えるようなレッスンは提供していません。

試験のライティングに必要な知識やテクニックは、事前に弊社ブログにて学んでもらいます。知識やテクニックは直接教える必要はないと思うんですね。

 

でも知っている事と書ける事って別次元だと思っているので、事前知識の上で書いてもらう所からスタートします。

 

そして提出してもらったものをGoogle Docs上で直接表現や論理についてツッコミを入れて突き詰めていきます。その後この文章では○○点ですよというのを伝えています。

SOLO IELTS2

 

最後に改善点のフィードバック、サンプル回答を提供してもう一度書き直してもらいます。このまま放置してもスコアは上がらないので書き直して貰うことが重要だと考えています。

 

SOLO IELTS

 

ーー添削だけで終わらずキャッチボールが続く点が素晴らしいと感じました

 

やはりキャッチボールをしないと伸びないです。

結局高スコアが取れていないということはナチュラルな文章ではないということですが、生徒自身でそのズレを認識することは困難です。

 

コミュニケーションのキャッチボールが無ければ100回書いても伸びないと思うのでこのような仕組みにしています。

 

ーーちなみにリーディングはどのような形ですか?

 

復習の仕方を細かく伝えることと、質問し放題という形式です。

リーディングに関しては一文ずつきちんと読める事がスコアアップにつながります。

 

1文ずつきちんと読めるというのは「文章に対する背景知識がある、単語が分かる、構文がとれる」の3つが揃っていることを言います。

 

この三つをきちんと理解できるように復習の仕方を細かいステップに区切って指示して、その上で出てくる質問に対して全て答えるというアプローチをかけています。

 

ーーIELTSやTOEFLの場合、初心者の方がいきなり入り込むのは困難なレベルの試験だと思いますが、もし初心者が入会された場合はどのようなレッスンスケジュールで進んでいきますか?

 

IELTS、TOEFLは95%が留学に行くために必要というパターンです。

 

初心者の方でも対応可能ですが、最低限中高レベルの英語ができるレベルを前提としています。

中高レベルの英語力があれば何とかできます。

 

基本的にコース期間は3ヶ月です。

例えば、TOEFLで30点ぐらいの方が入会されると、学習量によっては3ヶ月後には60点くらいまで上がることが多いです。

 

ーー3ヶ月でそこまでの伸び幅は凄いですね

 

その際、カリキュラムのフォーカスをスピーキングとライティングにおきます。

 

30点ぐらいの方は、難易度の高いリーディングやリスニングは短期でスコアを上げきることは難しいです。一方で、スピーキングやライティングは評価基準の関係で20点/30点満点ぐらいには上げられます。

 

ーーまずスピーキングとライティングに手を付ける考えはなかったです…勉強になります

 

また、スピーキングやライティングにもリーディングやリスニングの要素が入っているのがTOEFLの特徴です。

 

スピーキング、ライティング問題の中にあるリーディングとリスニング要素は、リーディング、リスニング問題よりも 理解しやすいコンテンツになっているので、そちらで読む、聴くの練習も兼ねてやっていきます。

そうすれば挫折しないですよね。

 

ーー学習サポートの範囲はどこまで行っていますか?

 

サポートに関してはかなり徹底的にしているかと思います。

特にコーチと生徒の皆さんの関わり方に関してはこだわりを持っています。

 

IELTSやTOEFLは短期でスコア上げるのは難しい試験です。ですので1日1日やることが明確で、目標スコアに向かってそれがどういう役割を果たしているのかを双方が理解しておく必要があります。

 

負荷が高いコースですので、コーチからの声かけなどは重要な要素のひとつだと認識しています。

 

ーーコーチの方というのはどのような基準で選んでいるのですか?

 

これは凄くシンプルで自分よりも教えるのが上手かどうかという点です。

 

あとは対人間のサービスなのでCompassionate(思いやりがある、共感ができる)な人を重視しています。

 

Solo Language講師

 

ーー日本語ができるコーチの方もいるのですか?

 

戦略的に日本語ができる人とできない人をあえて混ぜて採用しています。

 

例えばTOEFL 90点以上、IELTS 7.0以上のレベルがある人は日本語でサービスを受ける必要はありませんが、TOEFL 70点以下、IELTS 6.0以下になると英語だけだと認識にズレが必ず生じるのでその場合はバイリンガルのコーチを適切に配置しています。

 

ーーここまで密にコミュニケーションを取るサービスって珍しいですよね

 

多分他社でもここまでやっているサービスはないのではないかと思います。

 

生徒1人に3人コーチを付けるというのはさすがにコストが高すぎると当初心配だったのですが、結果的に各コーチの負担も軽減されてポジティブな結果になっています。

 

一方生徒の方は常に3人のうち1人のコーチとは繋がれるという環境を作り出しています。

 

ルークさんの英語学習論について

Solo Language3

 

ーー私は英語学習においてテクニックや勉強法以上に自分で考えながら継続する自律的側面が重要であると考えていますが、ルークさんは英語習得で最も重要だと思うことは何ですか?

 

熱くて鋭い良い質問ですね!

 

まずテクニックは必要ないですよね。テクニックを学んでも実際にスコアは上がりません。

ですので弊社ではレッスンというスタイルをとっておりません。

 

レッスンをしてしまうとどうしても学んだ気にさせることが大切になってしまうのでテクニックやコツに走ってしまいがちです。

 

一方で、本人自身が気づいていないことをきちんと指摘をしてあげるというのは非常に大切だと思っています。

 

ーー将来の課題を先回りして指摘するというイメージでしょうか?

 

正にその通りです。

勉強に関しては全くJINさんと同じ意見なんですね。最終的には自分のための勉強法を編み出すというところです。

 

巷で出ている方法はすべて自己体験なので、本人以外に合わない可能性は十分にあると思います。

 

一方で弊社のポジショニングは「早くスコアをあげる」ですので、どうしても解像度の高い勉強をしてもらわないと困ります。

 

例えばリーディングを読めたと思っている人に対して「じゃあ口頭で要約してみて」と聞いて要約できなかった場合、自分ができたと思った勉強法が全然できていないということを意味します。

勉強の解像度を上げるためにズレの指摘は非常に大切です。

 

ーー勉強法というよりは勉強の仕方の部分での指摘は重要ですよね

 

正にそうです。

例えばシャドーイングが良いとあちこちで言われているけれど、シャドーイングをしてもリスニングが上達しませんという人がいるとします。

 

でもその場合シャドーイング自体をちゃんと理解できていない場合が多いです。

そこの解像度のズレは致命的だと感じます。

 

ーーなるほど!ルークさんが英語学習という大枠で見たとき最も重要な事は何だと思いますか?

 

実はこれに対しては明確な答えを持っています。

それは、他者との協働経験です。つまり一つ大きな目標を自分以外の人と一緒に成し遂げる経験が大切であると思っています。

 

誰かと英語を介して共同作業をして深くつながる経験があることが重要で、そういった経験をすると必ず継続的に自分で英語を勉強していきます。

 

子供だったら何かしらの課外活動であったり、短期での留学経験、逆ホームステイかもしれませんし、大人だったら共同プロジェクトなど、大きな仕事を一緒にやり遂げる、共通の趣味に基づくディスカッションする、何でも構わないんです。

 

一旦多言語を通して他者と深く繋がるとヤミツキになると思っています。

 

ーーそういう経験から本当の意味で英語学習がスタートするという感じでしょうか?

 

そうです、言語はその人そのものじゃないですか。

 

母語以外で他者と深く繋がったことがある人は皆こう感じるはずです「きちんと英語を話せたら、相手をもっと理解できたかもしれない、きちんと意見を伝えられたのに、より自分を理解してもらえたかもしれない、悔しい」

 

ーー確かに悔しいという感情は一番必要な感情かもしれません

 

結局そういった経験や感情があるかどうかが最も大きな推進力になると思っています。

 

インタビューを終えて

 

1時間のインタビューを通してSOLO (ソロ) のサービス内容だけでなく、代表であるルークさんの英語学習感についてもお伺いできたのではないかと思います。

 

私が最もグッと来た部分

  1. 英語だけ勉強をしていてもコンプレックスは消えない
  2. 実践とフィードバックの繰り返して英語を伸ばす
  3. 初心者のIELTS、TOEFLは比較的取りやすいスピーキングとライティングを徹底
  4. 3人のコーチが1人の生徒に密着
  5. 勉強の解像度を上げるための指摘はとても重要
  6. 英語学習で最も重要なのは他者との協働経験
  7. 自由に話せない悔しさが将来の糧になる

 

ルークさんの英語学習に対する熱い思いが伝わる私にとっても非常に為になるインタビューでした。

 

そんなルークさんが運営するSOLO (ソロ) では無料カウンセリングを提供しています、もしこのインタビューを読んでルークさんやSOLO (ソロ) が気になった方はぜひカウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか。

 

無料カウンセリングはコチラ







おすすめの関連記事

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-インタビュー取材, オンライン英会話

© 2021 ライフタイムラーナー