イギリス英語

【イギリス英語×アメリカ英語】スペルが違う英単語40選+基本的な法則

2019年10月22日

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

  • イギリス英語とアメリカ英語で綴りって違うんですか?
  • 法則はありますか?
  • どんな単語の綴りが違うんですか?

イギリスに住んでみると文章を読むときになんとなく違和感がある事がありました。

そう、日本で習ったアメリカ英語とは綴りが違う単語が存在しているのです。

アメリカ英語とイギリス英語は同じ英語とは言えかなり違う点がたくさんあります、特にスペル違いはめちゃくちゃ違うものも結構あります。

今回はそんなアメリカ英語とイギリス英語で綴りが異なる単語40個の紹介と、その簡単な法則について話していきます!

今日の記事内容

  • イギリス英語とアメリカ英語でスペルが違う単語一覧
  • スペルが変わる基礎的な法則解説

この記事を読むメリット

  • イギリス英語とアメリカ英語の違いを知れる
  • どの状況でスペルが変わるのか理解
  • イギリス英語の理解が深まる
  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク

 

 

アメリカ英語とイギリス英語でスペルが違う単語40選

イギリス英語アメリカ英語意味
ColourColor
HumourHumorユーモア
NeighbourNeighbor隣人
OrganiseOrganize整理する
RecogniseRecognize認識する
AnalyseAnalyze分析する
TravelledTraveled旅をした
TravellerTraveler旅人
ManoeuvreManeuver誘導する、軍事演習
OestrogenEstrogenエストロゲン
PaediatricPediatric小児科
DefenceDefense防御
LicenceLicenseライセンス
AnalogueAnalogアナログ
CatalogueCatalogカタログ
CentreCenter中心
TheatreTheaterシアター
FibreFiber繊維
BehaviourBehavior行動、態度
LabourLabor労働
FuelledFueledFuelの過去形
ArmourArmor
EndeavourEndeavor努力
OdourOdor匂い
KilometreKilometerキロメートル
LitreLiterリットル
SpectreSpecter亡霊
FoetusFetus胎児
CancelledCanceledキャンセル済み
EnrolEnroll入会する
FulfilFulfill果たす
MementoesMementos思い出の品
GynaecologyGenecology婦人科
ParalyseParalyze麻痺させる
ViceVise万力
TyreTireタイヤ
ProgrammeProgramプログラム
ChequeCheck請求書
PyjamasPajamasパジャマ
JudgementJudgment判断
AgeingAging加齢
MouldMoldかび

アメリカ英語とイギリス英語のスペル違いに関する法則

スポンサーリンク

アメリカ:~ze イギリス:~se

アメリカ英語で語尾がZEで終わる動詞はイギリスではSEである事が多いです。

  • Realize-Realise
  • Recognize-Recognize
  • Analyze-Analyse
  • Personalize-Personalise
  • Organize-Organise

アメリカ:or イギリス:our

アメリカではorなのにイギリスではourになる単語も多々あります。

  • Behavior-Behaviour
  • Neighbor-Neighbour
  • Favorite-Favourite
  • Color-Colour
  • Humor-Humour

スポンサーリンク

アメリカ:l イギリス:ll

数は少ないですが、特定の単語でアメリカ英語ではlなのに対してイギリス英語ではllに変化する場合があります。

  • Traveled-Travelled
  • Traveling-Travelling
  • Traveler-Traveller

しかしTravel単体はどちらもTravelなのが難しいところ。

アメリカ:Ense イギリス:Ence

アメリカ英語ではEnseなのに対し、イギリス英語ではEnceとなる単語です。

  • Defense-Defence
  • License-Licence
  • Offence-Offense

上記4種類以外にももちろん他の法則もありますが、比較的よく見られるのがこの4種類です。

特にzeとseの違いはかなり多くの単語で共通しています。







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-イギリス英語

© 2020 ライフタイムラーナー