IELTS その他英語学習 イギリス留学 ワーホリ 大学留学 本音エッセイ 留学 英会話 英単語 英語学習 語学留学

海外留学するだけで英語力は上達しない理由と上達のメカニズム

こんにちは、偏差値40台の公立高校に通っていた17歳の頃英語に目覚めて大学に行くつもりすら無かったのにイギリスの大学に行って24歳時に卒業したJIN(@ScratchhEnglish)です。

まず結論から書き出します、海外留学しただけでは飛躍的に英語力は上達しません。

  • 海外に住めば嫌でも英語を使うし嫌でも英語力は伸びるんじゃない?
  • 語学学校に行けば日本より圧倒的な早さで上達するんじゃない?
  • 1年留学してたなら英語はペラペラだよね?
  • 海外の大学を卒業したくらいなら英語力はネイティブと同じくらいなんでしょ?

これ全部正解であり間違いです。

「留学しただけ」で英語力は上達しません、「海外に住んだだけ」では英語力は向上しません。

嫌でも英語力は向上するでしょ、は人によります、人によってはその理論は一切通用しません。

今回の記事ではなぜ「海外留学しただけ」では英語力は上がらないのか、海外留学をする事で英語力が上がるメカニズムを紹介していきます。

海外留学は英語上達のポテンシャルが飛躍的に上がるだけに過ぎない

過ごし方次第というのは簡単だけど具体的にどうなの?

一口に海外留学で英語が上達するかどうかを説明するなら皆さん

「過ごし方次第」

と答える事でしょう、でもそれって凄く広くて抽象的で具体的では無いですよね。

確かに過ごし方次第、おっしゃる通りです。

留学したところで遊んでばっかりだったり現地の人との関わりを持たなかったり日本人の人たちと過ごしていては英語力が上がらないのは当たり前です。

こういうのを一緒くたにして「過ごし方次第」という事ですね。

スポンサーリンク

英語が上達するメカニズム

これは個人的に確立させた法則ですが英語が上達するメカニズムは99%成功体験と失敗体験しかありません。

  1. 新しい単語やフレーズを覚える
  2. 新しく覚えた単語やフレーズを積極的に使ってみて間違える→記憶に残る
  3. 正しい使い方を覚えて使い続ける→その英語を自分のものにする

これの繰り返しです、これのループを繰り返す事によってその英語を自分のものにできます。

スポーツなどでも同じような事を言う選手はたくさんいますが失敗をしないと学べないというのが僕の理論です。

トライして失敗した回数と英語の成長率は確実に比例しています。

失敗して学ぶ事もあると言いますが言語に関しては失敗しないと本当の意味で学べない事だらけだと僕は思うのです。

だから上で紹介した1-3のループを確立させるためにはまず

  1. 新しい単語やフレーズを覚えるという自主的な努力
  2. 失敗を恐れず新しく新しい単語やフレーズを使いまくるトライ
  3. 1回失敗しても正しい使い方を脳に刻み込む為の再トライ

の3つが確実に必要になってきます。

遊んでるばっかじゃ1が欠如してしまいます、外にあまり出なければ2と3が欠如してしまいます、日本人と過ごしすぎては1,2,3全てが欠如してしまいます。

海外留学すれば上達のポテンシャルが飛躍的に上がるという真意

最初に書いた通り海外留学をすれば上達のポテンシャルはグンと上がります。

RPGゲームで言えば敵を倒した時の経験値が国内の何倍にもなるようなイメージです、でも考えてみて下さい、RPGゲームでも敵を倒さなければ経験値はもらえません、敵を倒さなければ経験値が2倍だろうが10倍だろうが100倍だろうが0です。

先ほどの英語上達のメカニズムを今一度確認しましょう

  1. 新しい単語やフレーズを覚える
  2. 新しく覚えた単語やフレーズを積極的に使ってみて間違える→記憶に残る
  3. 正しい使い方を覚えて使い続ける→その英語を自分のものにする

国内にいる場合だと2と3の機会は相当限られてきます、その点英語圏の国に居れば2と3は実行しようと思えば毎日実行できます。

ポテンシャルの違いは一目瞭然な訳ですがRPGゲームの例のように敵を倒さなければ経験値自体は貰えません、すなわち海外にいようが2と3の機会があってもトライしなければ意味が無いという事になります。

更に海外にいるという事実だけにあぐらをかいて留学する場合1の自主的勉強をおろそかにしがちです。

ちなみに2と3だけを実践して生活してるだけで新しい単語を覚えられる!と思っているのは間違いですよ、行く先々で知らない単語を見た瞬間に全部メモして覚える努力をするなら別ですがそうでなければ普通に単語帳なりで知らない単語を覚え続けないと大きな上達は見込めません、日々の生活で目にする単語なんてかなり限られています。

だから留学中でもちゃんと机に向かって自主的に勉強しないと本当の意味の英語の上達はあり得ません。

僕自身が起こした間違い

いや、ここまで読んでくれた方の中には何こいつ上から目線で言ってんだよ、うっとうしいな、と思う方もおられるかもしれません。

間違いないです(笑)自分で読み返してもちょっとこの記事は上から目線になってしまっているなと思いますがこの記事は勘弁してください。

イギリスの大学を完走して時間が経った今だからこそ僕の経験からこれは伝えたいと強く思っているのでこんな書き方になってしまいました。

それは一旦置いておいて…

僕はこのブログで記事を書く際に「偏差値40台から勉強してイギリスの大学に入って卒業して英検1級を取得して…」と自己紹介をする事が多いですがこのように凝縮させると一見すごく華やかな感じもしますがもちろんその期間中に犯した間違いも数知れずな訳です、この紹介ほど順風満帆に来たわけでもありません。

圧倒的な自信と過信から起こした間違い

さぁ偏差値40台から数か月でイギリスの大学へ入る切符を手にした訳です、正直当時はめちゃくちゃ天狗になっていました、元々自信家ではありましたがあの時は完全に過信家になっていました。

実際にその偏差値からイギリス入学の切符を手にするまではめちゃくちゃ勉強しました、ここは間違いありません。

しかし今思うと本当に恥ずかしい話ですが切符を手にした途端スパッと勉強を止めました、ある年の3月に取得してイギリスに渡ったのが9月の終わりでしたので約半年以上一切英語の勉強をやらずにイギリスに行きました。

行ってからというものの自分なら出来る、イギリスに居るんだから嫌でも上達する、俺は数か月であんだけ英語力を上げたんだぞ、という過信を言い聞かせながら初渡英後半年ほどを過ごしましたが正直大して英語力は向上しませんでした、むしろ日本で猛勉強していた数か月の方が圧倒的に英語力は向上していました。

実際にイギリスに行く前にIELTS6.5(TOEIC換算 820~870)だったのですが1年目終了時TOIECを受けたところ830点でした、これだけで上達を見るのは正確ではないのですがあまり英語力が伸びていない事を数値が表していたのは明白でした。

当時は10代でしたし1年目もイギリスに居る間は嫌なくらいいろんな人と関わりました、なのになぜあんまり上達していないのか。

スポンサーリンク

抜けていたのは自主的勉強

今となればその答えは明確です、自主的勉強の欠如です。

最初に話した英語上達の法則をもう一度見てみましょう

  1. 新しい単語やフレーズを覚える
  2. 新しく覚えた単語やフレーズを積極的に使ってみて間違える→記憶に残る
  3. 正しい使い方を覚えて使い続ける→その英語を自分のものにする

1年目は完全に1が欠けていました、そして2年目からは自主的な勉強もグッと増やして分数もまともに出来ない人間がイギリスの大学でも割といい成績で卒業出来ましたし英検1級も取得しました。

僕は留学によって英語力が向上しない時も飛躍的に向上する時も経験しました、だからこそこれから留学する人たちには参考程度でも良いので僕の思う事をお伝えしたかったのです。

最後は自分語りみたいな感じになってちょっと恥ずかしいですが最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたにおすすめの関連記事

最近Twitterにもかなり力を入れています!


一時期SNSからすべて撤退していましたが、最近毎日短文での有益な情報発信を目的としてTwitterの活動にも力をかなり入れています。

毎日欠かさず英語学習や留学に関する役立つ情報をお送りしています!

フォローするかしないかはあなた次第!

ツイッターでJINをフォローする

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

偏差値40台のおバカ高校を卒業後奮起し独学でイギリスにある大学に正規入学し卒業。 英語のエの字も知らなかったが今では英検1級も取得。 英会話を教えたり翻訳をしたりブログ書いたり…

-IELTS, その他英語学習, イギリス留学, ワーホリ, 大学留学, 本音エッセイ, 留学, 英会話, 英単語, 英語学習, 語学留学

Copyright© ライフタイムラーナー , 2019 All Rights Reserved.