イギリス留学 大学留学 留学 語学留学

イギリスの大学に行った経験者が語る留学のメリット・デメリットまとめ

こんにちは、偏差値40の高校時代から英語に目覚め猛勉強した結果イギリスの大学へ入学して卒業したJIN(@ScratchhEnglish)です。

海外留学は大きな決断であり人生における大きな投資です。

留学した人のの感想としては

  • 「何も身につかなかった」
  • 「英語も思ったより伸びなかった」
  • 「遊んだだけだった」
  • 「英語がかなり伸びた!」
  • 「本当にいい経験になった!」

など本当に様々です。

今留学を考えている人たちは「留学って本当に価値があるのか」「メリットは何なのか」「デメリットは何なのか」そのような事を考えているのではないでしょうか?

留学にはそれなりの勇気も必要なのでデメリットばかりを見ていると気が引けてしまいますが、メリットばかりを見ていると理想と現実のギャップに直面してしまうかもしれません。

もちろんケースバイケースではあるのですが、事前にある程度のメリットとデメリットを知っておくと決断もしやすいのではないでしょうか。

僕は最初にも言った通り偏差値40台の公立高校に通っていましたし、中学時代は最後の最後まで高校には行かないつもりでした。

そんな留学なんかとは全く無縁だった僕が初海外でイギリスに留学し、現地の大学を卒業したから分かるリアルでフラットなメリットとデメリットを今回紹介していきます。

ぜひ留学の決断材料として見て頂けると幸いです。

こんな方におすすめ

  • 海外留学を考えている
  • 留学のメリットを知りたい
  • 留学から期待できる面を知りたい
  • 見えないデメリットを知りたい

今回の記事内容

  • 留学のメリットまとめ
  • 留学のデメリットまとめ
  • 可能な限り留学を成功させるにはどうすればいいのか

留学から得られる主なメリットまとめ

スポンサーリンク

日本国内で勉強するより英語力が飛躍的に伸びる可能性がある

まず言っておきたいのは「留学したから英語が伸びる」という訳ではないという事です。

  • 留学すれば勝手に英語が伸びる
  • 英語環境にぶち込まれれば嫌でも英語は伸びる
  • 英語で人と会話をしていれば英語はできるようになる

これ全部間違いです。

あくまで留学は「英語力が伸びやすい環境」であり「英語力が勝手に伸びる環境」ではないという事です。

ここを事前に分かっているか分かっていないかで語学面の留学成果も大きく変わってきます。

ココがポイント

留学をしたから英語が伸びるのではなく留学中頑張るから2倍3倍のスピードで伸びる可能性がある

さらに詳しく

日本という母国を外から見る事ができる

日本にずっといては気づかなかった事(ポジティブもネガティブも含む)を理解する事ができるようになります。

留学地によってこの部分は色々変わると思うのですが、いわゆる国際感覚というやつでしょうか。

ただこの過程で陥りたくないのが

  • 極端な海外絶賛(例:海外のやってることがすべて正しい!日本は遅れてる!)
  • 極端な日本絶賛(例:やっぱり日本がすべてにおいて最高!)

留学の場合は恐らく前者のすべてにおいていちいち「海外では~なのになんで日本は…」という場合が多いかと思いますが、極端すぎてこれは国際感覚とは言えないですよね。

これって向いてる方向が変わっただけで全体の視野は狭まってますからね。

日本の良いところも悪いところも、留学先の国の良いところも悪いところも見れるようになってはじめて視野が広がるのかなと僕は思っています。

スポンサーリンク

海外旅行がこれまでになくスムーズになる

僕は個人的にイギリスに行ったのが人生初めての海外だったのでもう飛行機に乗るのなんて超大ごとな訳ですよ、ましてや国境超えるなんて本当に夢の世界でした。

ただ一度海外に住んで飛行機にある程度慣れると海外旅行がとてもスムーズになります。

ある意味大ごと感が無くなって若干悲しい面もあるのですが、飛行機の手続きや国境手続き、トラブル発生時でも全く焦らなくなります。

さらに詳しく

世界中の人たちと知り合う事ができる

日本にいるとなかなか出会えないような国籍の人たちと毎日のように知り合う事ができます。

イギリスで言うなら留学先では必ず出会うアジア系、中東系だけでなくヨーロッパ各国からイギリスへ英語の勉強をしにきたり働きに来ています。

僕も寮に住んでいた時は

  • ポルトガル人
  • ポーランド人
  • ガーナ人
  • イギリス人

と僕を含む男性2人、女性3人で一緒にとても狭く距離の近い空間で生活していました。

僕は料理が好きなので特にキッチンで見るみんなが作る料理を見たり、教えてもらったり、作りあって食べたりするのが本当に楽しくていい思い出です。

ただ卒業後に住む国が違えばやはり卒業後は本当に近しい間柄でない限り疎遠になっていくのは事実ですけどね…

コミュニケーション能力が改善される

「コミュニケーション能力が向上する」と言いたいところですが、どちらかというと「コミュニケーションで苦手な部分が改善される」と言った方が適切かもしれません。

誰しも日本では普通にできた会話ができなくなります。

日本にいれば過度に積極的でない人でも良きタイミングで自分の意見を挟んだりする事ができると思いますが、英語になるとそのスタンスでは一切会話に入れなくなってしまいます。

個人的に留学を通してコミュニケーションの部分で改善されたなと思うのが

  • 自分から話題を振って会話をリードする積極性
  • 攻めるときは攻めて引くときは引く柔軟性
  • 相手の話をしっかりと聞く姿勢
  • 言葉と共に気持ちも読み取る能力
  • 「どっちでもいい」は絶対に言わない

他にも色々あると思いますが今思いつくのはこれくらいです。

英語がもし身につけば今後の世界が広がる

ありきたりな表現かもしれませんが、英語ができるようになる一番のメリットは自分の世界が広がる事です。

僕は英語単体では大して役には立たないと思っています。

英語なんて今どき日本国内に出来る人なんてたくさんいます、言うまでもありませんが英語圏で生まれ育った人の英語にはどうあがいても勝てません。

ただ英語ができれば世界は広がります。

英語以外に得意分野があったとすればその得意分野で勝負できるマーケットが日本国内から全世界に変わるからです。

これが英語ができるようになって感じた一番のメリットです。

さらに詳しく

留学に起因するデメリットまとめ

大きな投資であるという事

もう大きなデメリットがあるとしたらこれしかないでしょう。

どんな形であれ大きな投資であることは間違いなく、投資である以上その価値以上の価値を見出す事もできれば、価値以上の価値を見出せない場合もあります。

留学先や形態によって値段は異なりますが、それを生かすも殺すも自分次第といったところです。

成功すればメリット、失敗すればデメリットです。

さらに詳しく

海外にいる以上嫌なことは必ず起こる

生まれ育った日本ではない場所にいれば嫌なことは絶対にたくさん起こります(もちろん日本にいても起きますが)

  • 思ったように喋れない
  • 思ったように英語力が上がらない
  • うまくコミュニケーションを取れない

といった自分に起因するものもあれば

  • 食事が合わない
  • 居住環境が良くない
  • 嫌な言動をされた

など外部的要因で起こる嫌な事もあります。

でも僕は嫌な事もメリットと考えるタイプです(鈍感過ぎて嫌な事も嫌だと思わない側面もありますが)

  • 食事が合わない→合わない中でも美味しいものを探す、料理を勉強できるチャンス
  • 居住環境が良くない→引っ越し手続きを英語でできる経験をメリットと捉える、または修行だと思って我慢する
  • 嫌な言動をされた→原因を考えて自分に原因があれば改善する、単純な嫌がらせなら世界にはこういう人もいるという気づきになる

このように思考を少し変えるだけで何てこと無くなるので特に問題ありませんが、グサッと刺さってしまう人は向いていないかもしれません。

ココがポイント

嫌な事があっても落ち込まないメンタルって意外と大切

可能な限り留学を成功させるためにはどうすればいい?

留学が終わった時を見据えた留学を

先ほども言いましたが、英語ができるようになっても英語単体では大して役に立ちません。

英語は他のものと組み合わせて「利用」する事で初めて大きな価値を生み出します。

つまり留学前には留学後に英語ができるようなった状況を仮定して、その英語をどのように利用していくのかを考える事が非常に重要です。

大まかでもいいのでこのビジョンがないと留学をしても留学しただけで終わってしまいます。

モチベーションという意味でも非常に重要な役割を担いますし、価値に見合った成果を出すためにはまずここから考えてみて損はないと思います。

さらに詳しく

留学期間を楽しむ期間ではなく修業期間と考える

留学を通じて得られるものは必ずトライした数と比例すると僕は信じています。

これは「留学中は楽しむな!」という事では決してなく、とにかくストイックに色々な事をトライしようという事です。

成功体験と失敗体験を嫌なくらい経験して物事は上達するものだと思っています。

語学面でも全く同じで、トライしなければ間違いに気づく事さえできません、指摘さえしてもらえません。

そもそもトライしなければ海外で英語を勉強する意味が一切なくなります。

少なくとも留学している間だけは貪欲にチャレンジし続ける修業期間のように過ごすと見えてくるもの、身に付くものは非常にたくさんあるはずです。

さらに詳しく

留学を決めた瞬間から最大限の努力をして英語の勉強をする

最初にも言いましたが

  • 留学すれば勝手に英語が伸びる
  • 英語環境にぶち込まれれば嫌でも英語は伸びる
  • 英語で人と会話をしていれば英語はできるようになる

これらの考えは全部間違いです。

その代わり留学初日の英語力が高ければ高いほど良いのは間違いありません。

「英語が出来るようになりたいから留学する」ではなくて「英語の勉強をもっとやりたいから留学する」という考え方の方が適切なのではないでしょうか。

留学に行くと決めたならとにかく日本にいるうちから最大限の努力をして英語を勉強しましょう、仮に日本にいるうちから英語の勉強を頑張れないなら海外に行っても頑張れません。

環境が語学力を与えてくれるわけではありません。

さらに詳しく

他の日本人留学生とはどのように接するべき?

4、5年イギリスに住んで最終的に僕が出した結論は「日本人と接しても問題ない」です。

1日他の日本人と過ごしたからと言って英語力が落ちる訳ではありません。

むしろ日本語をたまに話す事で気が晴れたり、やる気が出たり、ストレス発散になるならそれはメリットです。

ただし「節度は守るように」これが全てです。

毎日のように他の日本人と遊んでいては話は変わってきますが、節度さえ守れば日本語を話すくらい全く問題はありません。

さらに詳しく

まとめ:留学という投資をポジティブにするのは自分

ここまでよくある留学のメリットとデメリットを主観を中心にお話させて頂きましたが、結局メリットとデメリットを知ったところで留学を成功に導くか失敗へ導くかは自分次第です。

留学前の行動、留学中の行動、留学後のビジョン、すべてをしっかりと考えて実行していく事で色々なものを身に着ける事ができます。

メリットもデメリットも自分のビジョン次第で変わってきます。

一つだけ誰にでも共通して言えるのは「先のビジョンを考えた上で留学前は最大限に語学勉強をして留学中は最大限にチャレンジするべき」という事です。

ぜひ皆さんが実りある留学を行えることを願っています。







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-イギリス留学, 大学留学, 留学, 語学留学

Copyright© ライフタイムラーナー , 2020 All Rights Reserved.