単語・熟語辞典

「似合っている」は英語で何て言う?服装から髪型まで便利な表現4選

2020年4月1日

 

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

 

悩みのタネ

  • 「似合ってるね」は英語で何て言いますか?
  • 服が似合ってる友達に「似合ってるね」と言いたいです
  • 最も適切な表現はどれですか?

 

「お似合いだね」「似合ってるね」という表現は

  • 服装
  • 髪型
  • 人物

 

様々な状況で使えますよね。

 

皆さんは英語で「似合っている」と表現したい時はどんな英語を使いますか?

 

本記事ではイギリスの大学を卒業した筆者が服装や髪型など様々な状況で使える英語の「似合っている」を例文付きで紹介していきます!

 

この記事を読むメリット

  • 明日から「似合ってるね」と英語で言えるようになる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 「似合ってるね」を英会話で使い分ける事ができるようになる

 

エレナ先生
友達に似合ってるねって言えるようになろう!

 

 

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク



「似合っている」は英語で何て言う?服装から髪型まで便利な表現4選

 

それでは使える便利な英語フレーズをニュアンス解説付きで見ていきましょう!

 

It looks good on~

 

~の部分には基本的に人物が入ります。

 

例えばIt looks good on youで「それはあなたに似合っています」という意味になります。

 

Itの部分は特定の物に置き換える事が可能です。

 

簡単な例

  • This coat looks good on you:このコートあなたに似合っています
  • This ring looks good on you:この指輪あなたに似合っています

 

また、Lookという単語が使われているのを見ても分かるように、基本的に見た目に関する「似合っている」を表すので「性格がお似合い」といった事を表したい時には使えません。

 

例文

 

リンジー先生
It looks good on you!(似合ってるわよ!)

 

 

Thanks! I bought it yesterday!(ありがとう!昨日買ったの!)
エレナ先生

 

 

It suits~

 

こちらも~の部分には人物が入ります。

 

先ほどのIt looks good on~は見た目に関する「似合っている」を表すフレーズでしたが、こちらのIt suits~はより汎用的に様々な「似合っている」を表現する事ができます。

 

Suitという単語そのものには服のスーツ意外にも「似合っている、相応しい」といった意味があります。

 

メモ

Suit:似合っている、相応しい、スーツ

 

例文

 

リンジー先生
New hairstyle suits you(新しい髪型似合ってるわよ)

 

 

Really? I wasn't sure about that actually!(本当?自分ではちょっと分からなかったのよね)
エレナ先生

 

 

I like your new~

 

こちらは直接的に「似合っている」を表現せずに、間接的に似合っていることを伝える事ができる表現です。

 

例えば友人の

  • 新しい髪型
  • 新しい服装

などに対して「いいね!」という気持ちが伝わります。

 

これまで紹介した2つよりもより「私好きだよ」という感情がこもっている表現です。

 

例文

 

リンジー先生
I like your new shoes(新しい靴似合ってるわよ)

 

 

Thanks!(ありがとう!)
エレナ先生

 

 

It goes well with~

 

こちらはこれまでとは若干ニュアンスが異なる表現です。

 

例えば

  • 「靴とジーンズ合ってるね」
  • 「チーズとパンは合うよね」

 

このように物+物で合っているという事を伝えられる表現です。

 

もちろんこの表現で「あなたに合っている」と言えない事も無いのですが、物と人や人と人が似合っていると伝えたい場合は最初に紹介したIt looks good on youやIt suits~といった表現のが適切です。

 

一方で物+物であればこのGoes well with~の方が自然な感じがします。

 

特に食べ物が合うと言いたい時は絶対にこの表現ですね。

 

例文

 

リンジー先生
Surprisingly, natto goes well with curry(意外なんだけど納豆とカレーって合うのよ)

 

 

Eww, no thanks(えー気持ち悪い、私は遠慮しておくわ)
エレナ先生

 







おすすめの関連記事

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-単語・熟語辞典

© 2021 ライフタイムラーナー