英語学習

病気の人や忙しい人に「無理しないで」と言いたいときに使える英語15選

2020年2月2日

無理しないで 英語 忙しい 病気

 

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

 

悩みのタネ

  • 「無理しないで」は英語で何て言いますか?
  • 「無理しないでね」と友人に声を掛けたいです
  • 最も適切な表現はどれですか?

 

  • 予定を立てるとき
  • 相手が風邪などで体調が悪そうなとき

 

「無理しないで」と言いたい状況って結構ありますよね。

 

皆さんはそんな「無理しないで」を英語で表現したい時はどんな英語表現を使いますか?

 

今回の記事ではイギリスの大学を卒業した筆者が「無理しないで」と英語で言いたい時に使える英語表現をまとめて紹介して解説していきます!

 

この記事を読むメリット

  • 明日から「無理しないで」と英語で言えるようになる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 「無理しないでね」を英会話で使い分ける事ができるようになる

 

エレナ先生
ぜひ今日学ぶフレーズで声をかけてみましょう!

 

 

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク



「無理しないで」は英語で何と言う?【ネイティブがよく使う15の表現】

 

それではよく使われる15の表現を見ていきましょう!

 

Take it easy

 

ストレートに日本語訳すると「気楽にいこうよ」という意味になりますが、「無理をしないで」というフレーズとしては、もっともよく使われる英語表現です。

 

日常会話でもよく使われますし、簡単なメッセージやメールの中のフレーズとしても便利です。

 

仕事や学業に忙しい人や、病気やケガをしてしまって休養が必要な人に対して「お大事に」という意味でも用いられます。

 

例文

 

ジョーダン先生
I've had 3 cups of coffee today already(今日3杯もコーヒーを飲んじゃったよ)

 

 

Wow take it easy(え?無理するなよ)
ジェームズ先生

 

 

Don't push yourself too hard

 

日本語の「無理をしないで」という表現からの連想としては、もっともしっくり来る表現かもしれません。

 

直訳すると「自分をあまり追い込み過ぎないで」という意味になります。

 

使われている単語一つ一つは、英語初級者にもなじみのある単語ばかりですので、覚えやすいのではないでしょうか。

 

例文

 

ジョーダン先生
Okay I've finally finished working, I will go to gym now(やっと仕事終わったよ、今からジムに行くわ)

 

 

Don't push yourself too hard(あんまり無理し過ぎるなよ)
ジェームズ先生

 

 

Don't be too hard on yourself

 

「Don’t push yourself too hard」にちょっと似ている表現ですが、「自分に厳しくしすぎないように」という意味になります。

 

「be」をその他の動詞に置き換えて、具体的に「○○しすぎないように」と伝えることもできます。

 

例文

 

ジョーダン先生
I really need to get it done today(今日絶対にこれを終わらせなきゃ)

 

 

Don't be too hard on yourself(あんまり無理し過ぎるなよ)
ジェームズ先生

 

 

Take care

英語の教科書などでは「お大事に」と訳されていることが多いフレーズです。

 

体調のすぐれない相手に対して「無理をしないで」といいたいときにはピッタリのフレーズです。

 

メールや電話などの別れ際に使うことも多いです。

 

Take care of yourself

 

「take care of~」で「○○の世話をする」という意味です。

 

「Take care of yourself」で「あなた自身の世話をしてあげて」となり「自分を大切に」というニュアンスになります。

 

「Take care」よりもややていねいな言い方になり、「お大事に(=無理をしないで)」という意味でよく使われます。

 

If you are …, you don’t have to …

 

「もし~なら、(無理に)~しなくていい」という表現になります。

 

「you don’t have to+動詞」は「~しなくてもよい」という基本的な表現になり、何かをがんばり過ぎようとしている人に対して「無理しないで」という意味で使えます。

 

お互いに何について話しているのかはっきり分かっている場合は、「You don’t have to do.」だけでも「無理をしないで」というニュアンスが伝わります。

 

例文

 

ジョーダン先生
Even though I'm not feeling 100%, I will try to get this done today(体調は万全じゃないけど、今日何とかこれを終わらせるよ)

 

 

If you're feeling unwell, you don't have to do that today(体調が悪いなら今日やらなくてもいいよ)
ジェームズ先生

 

You don’t have to go out of your way to …

 

「go out of one’s way」には「わざわざ○○する」という意味があります。

 

これを使って、「You don’t have to go out of your way to …」といえば、「無理をしてわざわざ○○しなくてもいいよ」という意味になります。

 

例文

 

ジョーダン先生
I will need to see my mom tomorrow morning(明日の朝お母さんに会わなきゃいけないんだ)

 

 

You don’t have to go out of your way to come(無理してこなくても大丈夫ですよ)
ジェームズ先生

 

 

Don’t wear yourself out

 

「wear out」には「疲れさせる」という意味があります。

 

目的語にyourselfを盛ってくることで、「自分自身を疲れさせないように」という意味になります。

 

似たような表現に「Don’t kill yourself.」と言い方があり、直訳すると「自分を殺さないで」という、ちょっとぶっそうな意味になりますが、「無理しないで」「やりすぎないように」と友人同士で冗談っぽくいったりできます。

 

Don't strain yourself too much

 

「strain oneself」には「力む」「努力する」という意味があり、「Don't strain yourself too much.」で「無理をしないで」という意味で使用できます。

 

Don't force yourself to …

 

「force」は「強いる」という意味の動詞です。「to+動詞」を持ってきて、「自分に○○することを強制しないで」「無理して○○しなくてもいいよ」という意味で使用できます。

 

例文

 

ジョーダン先生
The party is tomorrow right? I have a feeling that I caught a cold(パーティーって明日だよね?ちょっと風邪ひいちゃったみたいなんだ)

 

 

Oh no, don't force yourself to come!(大変だね、無理して来る必要はないよ)
ジェームズ先生

 

 

No pressure.

 

「プレッシャーに感じないで」という意味で使えるカジュアルな表現です。

 

「無理しないでいいからね」というニュアンスになります。

 

Step by Step./Slow down.

 

何かをがんばらなくちゃ、と意気込んでいる人に使える表現です。

 

「少しずつでいいんだよ」「ゆっくり行こうよ」というニュアンスになります。

 

例文

 

ジョーダン先生
I have too much stuff to do(やる事がたくさんあるよ)

 

 

You should slow down(もうちょっとゆっくりやっていこうよ)
ジェームズ先生

 

 

Relax!

 

こちらも無理に何かをがんばろうと力んでいる人に使います。

 

上に挙げた表現に付け加えて使うことも可能です。

 

You don’t have be so patient.

 

「patient」は「我慢強い」という意味の形容詞です。

 

「そんなに我慢しなくていいよ」という意味になり、「無理しないで」というニュアンスになります。

 

例文

 

ジョーダン先生
I hate my boss so much!(上司なんて大嫌いだ!)

 

 

You don't have to be so patient with him, tell him what you think!(そんなに無理して我慢するなよ、自分が思う事を言ってみたら?)
ジェームズ先生

 







おすすめの関連記事

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-英語学習

© 2021 ライフタイムラーナー