TOEIC

【就職・転職に有利?】TOEIC800の割合・レベル・おすすめ参考書を徹底解説

2020年8月18日

TOEIC 800 参考書 レベル 転職 就職

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得、TOEICは930点を持っているライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

TOEIC スコア 証明

  • TOEIC800点ってどれくらい凄いんですか?受験者の割合で言うとどれくらいですか?
  • 中級者です、800点を目指す為におすすめの勉強法や教材はありますか?
  • 800点を持っているとどのようなメリットがありますか?

今回はこのような質問にすべて解答します。

TOEIC600点の第一関門を突破したら、次に目指したいのが800点です。

TOEIC800点は中級~上級者へのステップアップであり、TOEC受験者であれば是非達成したい憧れのスコアでもあります。

私も実際に800点は中級者が設定する目標として適切だと感じています。

しかし800点超えは簡単に取れるかと言ったら全くそうでなく、効果的な対策方法、解答のコツ、使える問題集や教材を知っているのと知らないのでは様々な側面で大きな差が生まれます。

今回の記事は、「TOEICと800点」にフォーカスして中級者が目指すために知っておきたい基本情報や学習のポイントをご紹介していきます!

今日の記事内容

  • TOEIC800点の難易度・レベル・割合
  • 800点に必要な英語力
  • TOEIC800点のメリット
  • TOEICで800点を目指す中級者におすすめの参考書と勉強法

この記事を読むメリット

  • TOEIC800点がどれくらいのレベルかを知る事ができる
  • 明日から自分で簡単に対策や勉強をマネして実践する事が可能
  • 目標スコア800点へ近づくことができる
サーシャ先生
今回は私と一緒にTOEICの800点について深掘りしていきましょう!
よろしくお願いします!
サヤカちゃん

全体を見た時のTOEIC800点のレベル・難易度

スポンサーリンク

TOEIC800点の割合

まずはTOEIC受験者のうち、800点以上を占める人数の割合を確認しておきましょう。

こちらは2020年1月に実施されたTOEIC公開テストのスコア別受験者数です。

【第247回 TOEIC 受験者データ】(総受験者数111,093人)

上記のデータを表にまとめると以下のようになります。

TOEICスコア受験者数(人)割合(%)
895~3,9103.5
845~4,4924.0
795~6,3585.7
745~7,5356.8
695~8,6837.8
645~9,9038.9
595~11,11610.0
545~11,47710.3
495~10,8729.8
445~10,2739.2
395~9,1388.2
345~7,5526.8
295~5,3854.8
245~2,9022.6
195~1,2021.1
145~2490.2

(※以下省略)

以上のデータから、最新のTOEICテストでは受験者の約13%が800点以上を獲得しているということが分かります(※795点以上の受験者の割合で算出)

また、こちらは同試験における受験者の平均スコアデータです。

受験者数Listening平均Reading平均総平均スコア
111,093人320.6点260.6点581.2点

(※全てTOEIC公式サイト「平均スコア・スコア分布詳細(247回)」を基に作成)

このデータから、全体の平均スコアが581.2点であることが分かります。

つまりTOEIC800点は平均よりも200点以上高く、上級スコアへの入り口であると言えます!

ここがポイント
  • 受験者のうち約13%が800点以上
  • TOEIC800点は上級レベルへの第一歩
  • 英語中級者がまず目標にすべきスコア

続いて、TOEIC800点が他の英語資格だとどのくらいのレベルに相当するのかを確認していきましょう!

他の英語試験との換算比較

CEFRTOEICスコアその他英語資格必要な単語数
B2800点・英検準1級

・TOEFL 72-94

・IELTS 5.5-6.5

約8,500語

(※更に詳しく知りたい方は文部科学省のHPをご覧ください)

TOEIC800点は英検準1級やTOEFL72~94点に相当する難易度です(資格ごとに形式が違うので多少の誤差はあります)

これらは全てCEFRの「B2」というランクに相当する資格です。

ちなみに、CEFRとは外国語学習の目安としてヨーロッパを中心に幅広く活用されている基準のことです。

CEFRできること・能力
B2自分の専門分野の技術的な議論も含めて、抽象的な話題でも具体的な話題でも、複雑な文章の主要な内容を理解できる。母語話者とはお互いに緊張しないで普通にやり取りができるくらい流暢かつ自然である。幅広い話題について、明確で詳細な文章を作ることができる。

(引用元:ブリティッシュカウンシル公式HP)

また、TOEIC 公式サイトで公開されているスコア別のレベル表を見ても800点台がレベルB~Aという上級クラスに相当することが分かります。

(引用元:TOEIC PROFICIENCY SCALE)

TOEIC800点の難易度まとめ
  • 英検準1級、TOEFL72~94程度
  • 必要単語数は約8,500語
  • 英語上級者への入門レベル

ギリギリ800点の人と800点台後半の人では多少の差がありますが、総合的に見ても中級以上の英語力を持ていると判断して問題ないレベルであることは確かです。

「今は800点を目指しているけれど、最終的な目標は900点台!」という人はこちらの記事もチェックしてみて下さい!

さらに詳しく

サーシャ先生
本当に上級への入り口という表現が的確ね
上級レベルになりたい!
サヤカちゃん

TOEIC800点の難易度が分かったところで、具体的に必要な英語力を項目別に見ていきましょう!

スポンサーリンク

TOEIC800点に必要な具体的な英語力

①語彙力

TOEICで800点を取得するために必要な単語数はおよそ8,500語でしたね。

これはTOEICで満点を取るため必要だと言われている10,000語の8割以上をカバーしていることになります。

頻出の単語だけでなく、上級者が間違えやすい難単語についても対策を行うことが必須です!

TOEIC800点の語彙力
  • 英単語8,500語レベル
  • TOEIC単語の8割以上をカバー

②文法力

TOEIC800点を獲得するには、基礎的な文法はもちろん難易度の高い文法への理解力や対応力も必須です。

高校英語までの内容を完璧にしたうえで上級スコアを目指す人を対象とした模試形式のTOEIC参考書などを活用し、頻出表現や狙われやすい文法を徹底的に頭に叩き込みましょう!

TOEIC800点の文法力
  • 高校までの基礎文法は完璧に
  • 上級向けの実践問題をひたすら解く

また、これら語彙力や文法力アップのためには正しい参考書選びが大きなカギとなります。

参考書を選ぶ際のポイントやおすすめ教材については下記の記事でも詳しく紹介していますので、是非参考にしてみて下さい!

さらに詳しく

③長文読解力

TOEICではPart 6および7で長文読解が出題され、配点は合計で300~350点程あります。

800点を目指す場合には単純に考えてリーディングおよびリスニングの各セクション400点は必要になりますので、長文読解が苦手なままでは達成が難しくなります。

長文問題の攻略には時間内に解き終わる速読力を獲得することと、TOEIC特有の問題形式へ慣れることが大切です!

TOEIC800点の長文読解力
  • 英検準1級の長文程度
  • 英字新聞や雑誌にも挑戦できる

目標スコア別のリーディング対策やコツについてはこちらの記事もチェックしてみて下さい!

さらに詳しく

④リスニング力

TOEIC800点を目指すのであれば、かなり高度なリスニング力が要求されます。

短文問題であるPart 1や2は余裕を持って正解でき、Part 3などの長文にも慌てず対応できる力が必要です。

目安は英検準1級のリスニングが聞き取れる、英語ニュースを聞けるくらいが理想です。

ちなみに英検の過去問は公式サイトで、英語ュースならNHK Worldが無料で視聴可能です。800点レベルの大まかなリスニング力をつかみたい人はチェックしてみて下さい!

TOEIC800点のリスニング力
  • 短文は余裕で、長文も充分に対応できる
  • 英検準1級や海外ニュースが聞ける

世界の英語ニュースでキレイな正統派英語を学ぶ!おすすめサイト10選

目標スコア別のリスニング対策やコツについてはこちらの記事もチェックしてみて下さい!

さらに詳しく

TOEIC800点では何ができる?

TOEICスコア(点数)が705点~800点

TOEICスコア705点~800点のレベル

英検と比較すると準1級より少し低いくらいのレベルで、ここまできて初めて少しだけ「英語ができる」と言えるようなレベルに突入します。

しかしネイティブに近いレベルかと言ったら全くそうではありません。

TOEICスコア705点~800点レベルは日常で何ができる?

日常生活ではある程度困る状況や場面が減ってきて、自分の言いたい事を何とか文を作って言えるようなレベルです。

また、リスニングもコツを掴んで聞き取れるようになる場面が多くなります。

TOEICスコア705点~800点レベルはビジネスで何ができる?

多くの外資企業におけるTOEICスコアの足きりが700点と言われています。

TOEICスコア(点数)が805点~900点

TOEICスコア805点~900点のレベル

805点~900点レベルは英検準1級と同等、または800点後半であれば英検準1級よりも若干高いレベルの英語力になります。

ここが英語上級レベルの入り口と言ってもいいかもしれません。

TOEICスコア805点~900点レベルは日常で何ができる?

スピーキングもリスニングも長文で発信および理解できるようになる人が多いです。

完璧とは遠いものの言いたい事を自分の言葉できちんと言う事ができ、相手の言っていることの多くを理解し、理解できない単語などがあった場合でも意味を汲み取る事ができる。

TOEICスコア805点~900点レベルはビジネスで何ができる?

ここから「英語が自分の強み」と言えるようになり、就労の際の足きり対象となる事もほとんどないでしょう。

TOEICスコア別の英語力について更に詳しく知りたい方はこちらの記事もチェックしてみて下さい!

さらに詳しく

サヤカちゃん
800点でもできる事は意外と限られてるんだねー[/st-kaiwa7]

[st-kaiwa7 r]そうね、あくまで目安だからそこまで深刻に考えなくてもいいわ

TOEIC 800点を持つメリット

①就活で有利になる

まずは大学生なら気になる就活についてです。

現在ではTOEICスコアを選考における必須条件としている企業も少なくありません。

実際にTOEIC公式HPでは、約半数の企業がTOEICを採用活動時に参考にしていると回答しています。

Q. 新入社員の採用時にTOEIC Programを利用していますか?

(出典:TOEIC公式HP 「就職活動の支援」)

TOEIC800点は受験者の中でも上位13%に該当する高スコアですので、大学生で取得している人はなかなかいません。

就活で履歴書に書けば非常に大きなアピールポイントになります!

就活におけるTOEIC活用についてはTOEIC公式ページもチェックしてみて下さい!

②転職や昇進で有利になる

社会人であればキャリアアップの武器としてTOEIC800点を活用できます。

転職サイトでは「TOEIC〇〇点以上」などを応募条件としている企業も多く、800点を持っていればほとんどの求人で対象となります。

TOEIC800点が有利になる職業・業種
  • 外資系
  • 商社
  • 海外進出している企業

例えば楽天ではTOEIC800点を新卒社員全員に入社前に取得するよう義務化しています。

国際的な企業で活躍したい人にとって一つの基準となるのがTOEIC800点なのです。

サーシャ先生
800点からやっとスコアが資格として幅広く使えるわね
だからこそ目指すべき目標なんだね!
サヤカちゃん

③「英語が出来る人」として見られる

TOEIC800点は一般的にみても高スコアです。

TOEIC自体が人気の資格で認知度も高いので、周囲から尊敬の目で見られるようになるでしょう。

一見、メリットとしては小さいような感じもしますが周囲からの期待はモチベーションの維持にも繋がります。

また、自分の英語に自信が持てるのもこのレベルからです。

TOEICのメリットとデメリットについてはこちらの記事もチェックしてみて下さい!

さらに詳しく

続いて、TOEIC800点の英語レベルでは何が出来るのかをご紹介していきます!

TOEIC800点を取ると出来るようになること

英会話が徐々に出来るようになる

個人差もありますが、TOEIC600~700点台ではまだスピーキング力が不足している人が多いのが事実です。

800点台までくれば基礎英語力は安定しており、英会話やコミュニケーションに必要な準備が出来ている状態だと言えるでしょう。

専門的な会話は難しくても、簡単な会話は英語で行えるようになります。

また、リスニング力も向上するのでネイティブの自然な会話スピードにもついていけるようになります。

英語でニュースや記事が理解できる

TOEIC800点台になれば、様々なメディアを英語で理解することが可能になります。

最新のニュースを英語で聞いたり、ネット上の海外記事を英語のまま読んだり出来ます。

800点台だと知らない単語に出会う事はまだ多いですが、意味を予想したり自主的に調べる習慣も自然と身についてきます。

仕事やビジネスで英語が使い始められる

TOEIC800点台を取ると、ようやく仕事で使える英語レベルに達したと言えます。

まだネイティブのようにペラペラとはいきませんが、メールや資料作成で英語を使用したり、会議などで英語を使って発言したり出来るようになります。

また、企業によっては海外赴任者を対象として一定のTOEICスコア基準を設けている所もあります。

企業・団体での活用事例 海外出張や赴任の基準

(出典:TOEIC公式HP 「海外部門に期待するTOEICスコア」)

上記の表から、TOEIC800点を取得していれば海外で仕事をするチャンスも増えることがお分かりいただけるでしょう。

将来の可能性を広げるためにもTOEIC800点を目指す価値は充分にあるといえます。

TOEICスコア別の英語力についてはこちらの記事もチェックしてみて下さい!

さらに詳しく

TOEICで800点を目指す中級者におすすめの参考書・問題集・教材

『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ』(朝日新聞出版)

Amazonなどでもベストセラーに選ばれている単語帳です。

筆者の方は実際のテストで満点を何度も経験しており、豊富な知識に基づき厳選された単語のみが収録されています。

TOEIC書籍の中ではまさに「王道」ともいえる存在で、これから受験される方であれば必ず押さえておきたい一冊です!

おすすめポイント

  • まさに王道の一冊!TOEIC受験を考える全ての人へ
  • 単語ごとに例文や解説つきで、内容が記憶に定着しやすい
  • 音声も無料ダウンロードできるので、通勤などのスキマ時間にも◎

使い方は人それぞれですが、僕が一貫して推奨している英単語の覚え方はこちらの記事で紹介しています。

さらに詳しく

この繰り返しで、少しずつTOEIC頻出単語が定着していきます。

また、金のフレーズが難しいと感じた人にはより基礎的な単語を収録した「銀のフレーズ」もおすすめです!

どちらもコンパクトで持ち歩きやすいので、通勤などのスキマ時間を活用した勉強にもピッタリですよ!

『TOEIC(R)TEST必ず☆でる単スピードマスター上級編』(Jリサーチ出版)

TOEICの単語帳といえば金フレが有名ですが、他の単語帳も気になるところですよね。

単語力=リーディング力に直結する要素なので、自分にピッタリの一冊を見つけたいところです。

「金フレが自分にはあまり合わない…」「もう少し難しい単語帳が欲しい!」という人には、こちらの一冊がおすすめです。

収録単語は上級レベルのものばかりで、例文や派生語、頻出のポイントもまとめられています。

もちろん音声ダウンロード機能もついているので、外出先でも耳から語彙力強化が行えます!

おすすめポイント

  • 上級者向けのTOEIC単語帳
  • 金フレ以外に単語帳が欲しい人へ
  • 単語ごとの情報量が多い

『TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問』(アスク)

Amazonでもベストセラーになったことのある人気のTOEIC参考書です。

Part 5の文法問題のみに特化した問題を1049問も収録しており、毎日継続して新しい問題を解くことが出来ます

問題はテーマ別に分けられているので、苦手な分野だけの学習もしやすいです。

800点突破にはPart 5のスムーズな解答が必須になってくるので、少しでも苦手意識がある人はぜひ取り組んでみて下さい!

おすすめポイント

  • Part 5のみに重点を置いた対策ができる
  • 圧倒的な問題数&丁寧な解説
  • 各テーマに難易度別の問題が用意されている

『TOEIC L&Rテスト 860点 奪取の方法』(旺文社)

あたりまえのことですが、リーディングの対策だけを行ってもTOEICで800点は獲得できません。

リスニングも含めた全てのパートを、バランスよく800点レベルに到達させるとこが大切です。

本書では860点という明確なスコアを目指すためのコツや勉強法が、パートごと収録されているため「実はリスニングにも苦手なパートがある…」といった人にはぜひ検討して欲しい一冊です!

おすすめポイント

  • 700点台→800点への壁を越えたい人に
  • 各パートのバランス重視で800点超えを目指せる
  • 最後に付属のFinal Testで実力チェック!

『公式TOEIC Listening & Reading 問題集6』(国際ビジネスコミュニケーション協会)

初級者のところでもおすすめしましたが、公式問題集は中級者でも必ずチェックしておきましょう。

TOEICの攻略のポイントは何といっても「本番の形式に慣れる」ことが大切です。

最新の問題集はもちろんですが、時間があれば1つ古い問題集にも取り組んで問題の数をこなしましょう!

おすすめポイント

  • 公式問題集=最高のTOEIC参考書!
  • 過去の問題集に取り組むのも◎
  • 中級者であれば時間なども計って挑戦しよう

『八島式 TOEIC L&Rテストの英語が聞こえるようになる本』(旺文社)

英語の音の繋がりや細かな単語が聞き取れない人におすすめなのが本書です。

音読やディクテーションといった学習法を採用し、中級者がつまずきやすいリスニングの壁を攻略するための方法が詰まっています。

単にTOEIC対策だけでなく、「本物のリスニングや発音」を身につけたい人にもピッタリの一冊です!

おすすめポイント

  • 音読&ディクテーションで英語の音に慣れる
  • 英語の発音や語順などの知識もゲット!
  • 音声は3段階のスピードで収録されている

『TOEIC® L&Rテスト Part 3&4 鬼の変速リスニング2 』(アルク)

TOEICリスニングシリーズでは有名な「鬼の変速」シリーズです。

Part 3と4に焦点を当てた本書では、全5段階のスピード変化で音声を聞くことが出来ます。

最速2.5倍までの中から自分に適したスピードを選び、本番で焦らないリスニング力を養うことが可能です。

おすすめポイント

  • 変速スピードで高度なリスニング力を身につける!
  • 解説は全て音声つき!丁寧な解説で理解度もアップ
  • 1日20分ほどの時間でコツコツ学習できる構成も◎

アプリで勉強したい方におすすめは「スタディサプリ」



アプリを使ってTOEICの勉強をしたい人におすすめなのが、TOEIC対策アプリならこれしかないでしょ!という愛用者も多い「スタディサプリ」のTOEICコース。

問題演習だけでなく有名講師の講義で解答戦略などを知れることが大きな特徴的メリットです。

おすすめポイント

  • 講義動画と問題演習が詰め込まれたオールインワンアプリ
  • 目標設定機能
  • 区分けされた分かりやすいTOEIC英単語集
  • 普通は自分で考えなければいけない事をアプリがやってくれる(時短)
  • 月額2,480円~(1日あたり82円)

ぜひアプリでの学習を検討している方にとっては試す価値が大いにある教材です。

スタディサプリの無料体験はコチラ

続いて今紹介した参考書や教材を用いたおすすめの勉強方法を紹介していきます。

中級者がTOEICテストで800点を目指すためにおすすめの勉強法

800点を目指す中級者におすすめのTOEICリスニング対策・勉強法

800点を目指すのであれば、基礎力は事前につけておきましょう。

対策のカギとなるのは公式問題集の継続的利用&スキマ時間の活用です!

1. 引き続き公式問題集に取り組む

初心者の人と同じく、勉強の中心に据えるべきは公式 TOEIC Listening & Reading 問題集です。

800点台を目指すのであれば、「苦手なパートがある…」や「解答時間が足りない…」などの問題は避けたいところですよね。

これらお悩みの解決にも、公式問題集が効果を発揮してくれます!

ここがポイント!

  • 公式問題集は全パート通しで解く(まんべんなく取り組む)
  • 常に解答時間を計って問題を解く(本番のスピードを意識)

上記の2点を守って取り組むようにしましょう。

これにより特定のパートに苦手意識を持つこともなく、また本番での解答スピードにも慣れることができますよ!

2. 勉強場所によって使う参考書を変える

公式問題集にプラスして、「①自宅で使える教材」と「②通勤などのスキマ時間で使える教材」を用意しましょう。

これにより複数の教材を組み合わせることと、スキマ時間を有効に活用することが可能になります!

自宅で使える教材

自宅で使用するなら『八島式 TOEIC L&Rテストの英語が聞こえるようになる本』がおすすめです。

本書では音読や穴埋め式のディクテーションが取り入れられているので、一人の時間に「読む」「書く」といった勉強法を実践することができます。

実際に口に出すとリスニング力は身につきやすいので、自宅での学習で大いに活用しましょう!

通勤通学などで使える教材

通勤中の電車などでは、聞き流しできる『[音声DL付]TOEIC(R) L&Rテスト Part 3&4 鬼の変速リスニング2 TTT速習シリーズ 』がピッタリです。

リスニング音声はダウンロード式なので、携帯などでいつでもどこでも再生可能。

また、本書はサイズもコンパクトで持ち運びにも便利です。

「公式問題集は重いし大きい…」といった悩みも解消してくれる一冊です!

さらにスマホで学習するのに抵抗がない人は「スタディサプリTOEIC版」もアプリコンテンツ盛りだくさんでかなりおすすめできます。

スタディサプリの無料体験はコチラ

ここがポイント!

  • 自宅と通勤で使う教材を分けてみる
  • 公式問題集+上記の教材で「苦手パートゼロ」のリスニング対策を
サーシャ先生
800点以上を目指すならやはり量も必要になってくるわよ!

次の項では800点を目指す為のリーディング勉強法を紹介していきます。

800点を目指す中級者におすすめのTOEICリーディング対策・勉強法

1. 「金フレ」だけじゃもの足りないあなたに!上級単語を身につける

TOEIC受験者には必須の金フレですが、もっと難しい単語を覚えたい人は『TOEIC(R)TEST必ず☆でる単スピードマスター上級編』を検討してみましょう。

「①金フレを完璧にする」→「②でる単 上級編で周りと差をつける」という順番がおすすめです。

また、ダウンロード音声を活用して耳から単語を覚えることも大切です。

発音などにも気を配り、リーディングだけでなくリスニングでも使える語彙力を獲得しましょう!

ここがポイント

  • 中~上級スコアに必須の語彙力を強化する
  • 耳からの学習でリスニング力もアップ!

2. 全パートへの対策をバランスよく行う

TOEICで800点を目指す場合、リスニングでも相当の得点を獲得する必要があります。

また、簡単すぎる教材を使っていても上級レベルの英語力はつきません。

そこでおすすめの教材が『TOEIC L&Rテスト 860点 奪取の方法』です。

860点という具体的なスコアを目指すための学習ポイントやコツがまとめられており、自分の目標に合った対策を手助けしてくれます。

また、リスニングセクションの対策も同時に行えるのでおすすめです!

ここがポイント

  • スコア別の参考書で無駄のない学習を
  • 800点台に必要な全パートへの対策を実現

3. Part 5は満点解答&スピードアップを目指そう

初心者にも対策しやすいPart 5は、中級者になったら満点をとれるようになるのが理想です。

また、後半のパート(Part 6, 7)に時間を残すために解答スピードのアップも必要になってきます。

『TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問』はPart 5のみに重点を置いた問題集で、「Part 5はこれで完璧!」というレベルまで文法知識を高めることができます。

特急シリーズと同様にコンパクトな参考書なので、持ち歩いて空き時間に取り組むのもおすすめです!

ここがポイント

  • 800点を目指すならPart 5対策は完璧に
  • 問題数の多さで飽きることなく続けられる

今日のおさらい

  • 800点超えの受験者は全体の約13%
  • 全体の平均スコアは約580点
  • TOEIC800点はCEFRの「B2」というランクに相当
  • 800点は英語ができる人の入り口のようなレベル
  • しっかりと時間を使って着実に対策する事で800点の大台を越えよう







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-TOEIC

© 2020 ライフタイムラーナー