元講師がオンライン英会話を20社以上受講して比較!➡

TOEIC Part 7問題に解き方のコツはある?時間配分や戦略を紹介

TOEIC Part 7

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し、TOEICは930点を持っている、ライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

TOEIC スコア 証明
JIN

結論Part 7はとにかく時間との勝負です

この記事のまとめ

イギリスの大学を卒業したTOEIC 930点の筆者がTOEICのPart 7について徹底解説!

TOEICの中で最難関で間違いないパート7の解き方からコツ、対策方法、無料で使える練習問題までまとめてご紹介します。

TOEIC初心者の方にはとくに読んでほしい内容です。

私はTOEIC以外でもIELTSや英検1級なども受験してきましたが、TOEICの何が厄介かと聞かれれば「長文問題のスピード感」と答えます。

TOEIC長文の時間設定はかなりシビアです。

だからこそ、長文を解くということだけでなく、前のパートであるPart 5、Part 6をいかに時間内でしっかり終わらせられるかもカギなのです。

本記事ではイギリスの大学を卒業した元英語講師の私が、「TOEIC Part 7」の解き方から戦略、対策方法まですべてまとめて解説します。

この記事を読むメリット
  • TOEICパート7対策に必要な情報をすべて網羅
  • 解き方や対策をピンポイントで解説
  • 無料で使える便利な練習問題サイトも紹介
アオイちゃん

初心者はパート7を捨ててパート5や6に注力するのもアリ?

JIN

まったく解かないというのはもちろんダメだけど、前のパートに力を入れるという戦略もレベルによってはアリだと思うよ!

初受験や初心者の方はTOEIC完全ガイドからご覧ください

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



TOEIC Part7 問題形式別の解き方

TOEIC Part 7 問題

まずはTOEICのパート7で出題される問題形式の紹介と、解き方についてお話しします。

シングルパッセージ問題の解き方

シングルパッセージ問題では、ひとつの文章を読んで2問から4問の設問に答えます。

最初の質問のヒントは文章の上部に書かれ、質問が進むにしたがって文章の下部にヒントが書かれていることが多いので、質問を読んで文章を丁寧にスキャンして答え、また次の質問を読んで文章に戻る、という手順を繰り返すといいでしょう。

たとえば 、以下の設問を参考にしてください。

TOEIC Part 7 問題形式
出典:サンプル問題|TOEIC Listening & Reading Test|【公式】TOEIC Program|IIBC

No. 152 What is suggested about Mr. Bach?

(A) He has been to Kansai more than once.
(B) He currently works in Beijing.
(C) He is on a business trip.
(D) He works for Fly Right Airlines.


No. 153 At 12:15, what does Mr. Otani mean when he writes, “Sure thing”?
(A) He has confirmed the arrival time of a flight.
(B) He is certain he will be able to find a parking place.
(C) He agrees to wait at the door near the customs area.
(D) He knows Mr. Bach must pass through customs.

出典:サンプル問題|TOEIC Listening & Reading Test|【公式】TOEIC Program|IIBC

No. 152では、全体的な雰囲気からもすでに感じ取れるかもしれませんが、5行目の「client meeting」といった表現から、(C) He is on a business trip. が正解だとわかります。

続いて、No. 153 では、セリフそのものの周辺を読めば答えがわかります。

直前の「Would you mind meeting me at the door after I go through customs? 」に対する応答なので、答えはCです。

ダブルパッセージ問題の解き方

ダブルパッセージ問題では、2つの文章を読んで5問の設問に答えます。

やはり、文章の最初(ひとつ目の文章の最初)に最初の質問、文章の最後(2つ目の文章の最後)に最後の質問のヒントが書かれていることが多いので、最初から順番に精読し、その合間合間に設問に質問に答えていくという形を取りましょう。

たとえば 、次の設問を参考にしてください。

TOEIC Part 7 問題形式2
出典:サンプル問題|TOEIC Listening & Reading Test|【公式】TOEIC Program|IIBC

No. 176 の正答は「to hear examples」という表現から、(A) To hear voice samples であることが導き出されます。

ただ、この設問では、No. 178までで精読と質問に答える作業は終わりです。

No. 179では文章2の内容全体、No. 180では「Ms. Anneslyは24時間以内に何をしそうか」という内容理解が求められます。

これまでしっかり精読してきたかどうかが求められるので、設問を解くその場限りではなく、そのダブルパッセージ問題を解いている最中は、文章全体の内容をしっかり記憶しておけるようにしておきましょう。

トリプルパッセージ問題の解き方

トリプルパッセージ問題では、3つの文章を読んで5問の設問に答えます。

トリプルパッセージ問題というと、特別難しく聞こえるかもしれませんが、やることはシングルパッセージやダブルパッセージと同じです。

文章を順番に精読しながら合間合間に質問に答えていく作業です。

たとえば 、次の設問を参考にしてください。

TOEIC Part 7 問題形式3
出典:サンプル問題|TOEIC Listening & Reading Test|【公式】TOEIC Program|IIBC

No. 196 In the advertisement, the word “top” in paragraph 1, line 2, is closest in meaning to…

なんと「文章1(の最初の方)のここの単語」と指定がなされています。ある程度文脈を読まなければなりませんが、おそらく(B)のfavoriteだろうと予測がつけられる問題です。

No. 197のヒントは文章1の最後にありますが、No. 198の答えはいくら文章2を見ても見当たらないので、思いきって文章3に移りましょう。

サーシャ先生

しかし、文章2はNo. 199の解答に重要な意味を持ってくるので、「TOEICパート7には、たまに要らない文章がある」というわけではありません

TOEIC Part7の理想的な時間配分

TOEICのリーディングパート(パート5、パート6、パート7)はすべてで75分です。

そしてパート5からパート7の順に難易度が上がっていきます

レベル別時間配分例
  • 初級者:パート5に13~15分、パート6に13分ほど正確に解けるようにたっぷりかけて、パート7は残りで
  • 中級者:パート5は10分程度、パート6も10分程度で終わらせて、パート7に55分程度
  • 上級者:パート5を7分、パート6を8分で解き、パート7に60分かければ安全

巷で言われているTOEIC Part 7 対策法・戦略について

Part 7 この戦略は アリ?

こちらでは、Part 7対策で効果があるとされる対策や戦略について、個人的な見解を書いていきます。

TOEIC Part7対策に音読はアリ?

TOEIC Part7対策に「音読」は効果があるかというと、「一定の効果はあるが、その効果は限定的」だと思います。

まず、「素早い精読力が身につく」というのが一番の魅力と言われる音読ですが、ダラダラと口に出していては、ただ口が疲れてやった気になっただけで終わってしまうのが一番怖いです。

それなら、内容・文法を考えながら黙読するほうが効果的です。

音読は、黙った状態で精読ができるようになってからでもいい

サーシャ先生

ただ、黙読で精読ができるのに、さらに音読をする必要があるか?と聞かれると、次の英文に移って新たに精読をはじめたほうがいいのではないかという気もします

TOEIC part7は設問を先に読むべき?

私は、設問を先に読むというより、本文とサンドイッチ的に読むことをオススメします。

1番目の質問を読んで、そのヒントを本文中から探して見つけ、次に2番目の質問を読んで、本文に戻り…という方法

これが一番ムダなく本文と質問を一度ずつスキャンするだけで問題を解く方法のひとつであると感じます。

TOEIC Part7からリーディングを解きはじめるのはアリ?

私の考えは「ナシ」寄りです。

TOEICのリーディングパートは、Part5<Part6<Part7の順に難易度が上がります。

最悪のシナリオは難易度の高いPart7を解いていて時間切れになり、難易度の低いPart5やPart6を落とす結果

ただし、絶対的な自信のある方であれば「集中力の残っているうちにPart7を解いて、余った集中力でPart5と6を解く」という考え方も合理的です。

サーシャ先生

すでに慣れて絶対的な自信がある受験者以外は、Part7に相当な時間を費やすので、素直にPart5から問題を解いていく方がオススメ

全文読む必要はある?

全文を読む前に運良く各質問のヒントを見つけられた場合は、わざわざ全文を読む必要はないのですが、結果として全文読むことになることが多いです。

そのため、「全文を読まないで済ませよう」とは思わないで、全文を読むつもりで試験に臨みましょう。

TOEIC Part7を解くためのコツ・テクニック

ここでは苦手意識をもつ人が多いTOEIC Part 7を解くためのコツをいくつか紹介します。

時間配分をしっかり守ってPart 7に十分な時間を

中級者~上級者は、Part5・Part6との時間配分をしっかり守って、残った時間をしっかりPart7に使えるようにすることが非常に重要となります。

ただし、時間にシビアなTOEIC長文では、上級者向けの「Part7に60分」という時間配分でもゆったり解ききれるというわけではありません。

集中力の維持は絶対的に必要

意外と大切になってくるのが集中力の維持です。Part7は相当な時間を使う長丁場であり、長いTOEICの最終段階です。

深呼吸をしたり、あるいは小休止をしたりして、集中力を保ったまま問題に臨めるようにしましょう。

サイトのタイトルやメールの送り主などを一応チェック

小技になりますが、本文だけでなく、サイトのタイトルやメールの送り主などは、重要なヒントになることが多いので忘れずにチェックしましょう。

また、問題を解く際、消去法は禁物です。

他のパートはともかく、Part7に消去法は向かない

サーシャ先生

必ず本文中から正しい内容を選ぶようにしましょう

TOEIC Part7を攻略するための対策方法

まず、基本として必要な語彙を身につけましょう。

初~中級者は、英語長文に身体が慣れるよう、普段から英語を読む習慣をつけていきましょう。

ただし読解力のみを鍛えても、TOEICで高得点は望めない

遠回りに思えるかもしれませんが、読む、聞く、書く、話すの四技能をバランス良く鍛えていくことで、TOEIC、とくにPart7のスコアアップが期待できます。

そして、TOEIC Part7に必要な能力は、「一度で英文を読み切ること」「読み直しをしないこと」です。

サーシャ先生

まずは短い英文でいいので、一度で読み切って、大雑把な内容を掴む訓練をしてみましょう

最後に、やはり必要なのは精読と多読です。

まず、TOEICの問題集(「特急」シリーズなどがオススメ)に出てくる長文を何度も精読し、完全に内容を把握したら次の英文に移ることを繰り返しましょう。

【1分でわかる】TOEIC Part 7対策に使える問題集・参考書まとめ

ここからは、TOEIC Part 7の対策に特化してオススメしたい問題集と参考書を紹介します。

スクロールできます
書籍名1駅1題 TOEIC L&R TEST 読解特急
TOEIC おすすめ参考書 900点 リーディング3
TOEIC(R)テスト新形式精選模試リーディング2
TOEIC おすすめ参考書 900点 リーディング
TOEIC L&Rテスト 860点奪取の方法 (目標スコア奪取シリーズ 4)
TOEIC おすすめ参考書 800点 リーディング2
TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ
TOEIC Reading2
公式TOEIC Listening & Reading プラクティス リーディング編
TOEIC Reading 問題集
公式TOEIC Listening & Reading 問題集 7
TOEIC おすすめ 参考書 問題集4
おすすめ (4.5) (4.5) (4.0) (4.5) (4.5) (5.0)
値段・コスパ (5.0) (5.0) (5.0) (5.0) (4.0) (4.0)
特徴・難易度の高いPart 7の対策に
・持ち運びに便利なサイズ
・長文読解に慣れたい&解答スピードをアップしたい人に
・Part 5&6が苦手な人にピッタリ
・TOEICをはじめて受験する人にも◎
・基礎的な文法知識を養える
・「特急シリーズ」のPart 5&6専用教材
・文法問題や語彙問題への対策に
・レベルの高い問題で本番前の練習に◎
・もっとも定番のTOEIC用単語帳
・初心者~中級者に最適
・公式が出版するリーディング問題集
・地味ながら本番に近い設定
・公式作成の公式問題集
・本番と同じ形式
書籍名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます

1駅1題 TOEIC L&R TEST 読解 特急

TOEIC おすすめ参考書 900点 リーディング3
内容・評価
概要読解問題に特化した上級者向け参考書
オススメ度/重要度 (4.0)
料金/コスパ (5.0)
対象中級者~上級者
期待できる効果Part7を攻略してリーディング高スコアを目指す

900点を目指すのであれば避けて通れないのがPart 7の攻略です。

こちらも上記でご紹介した特急シリーズからの一冊です。

本書ではPart 7の長文読解に着目し、通勤などのスキマ時間でもできる学習スタイルを提供してくれます。

サーシャ先生

新形式問題にも対応しているので、参考書の少ないPart 7対策には欠かせない一冊です!

ポイント
  • もっとも難易度の高いPart 7の対策に
  • 持ち運びに便利なサイズでスキマ時間に使える
  • 長文読解に慣れたい&解答スピードをアップしたい人に

TOEIC®テスト 新形式精選模試 リーディング 1, 2

TOEIC おすすめ参考書 900点 リーディング
内容・評価
概要TOEICリーディング特化の大容量参考書
オススメ度/重要度 (4.5)
料金/コスパ (4.0)
対象中級者~上級者
期待できる効果リーディング問題をたくさん解いてスコアアップ

公式問題集をやり終えて、他のリーディング教材を探している人にオススメの一冊です。

本書はリーディング問題のみで5回分の模試(合計500問)を収録しています。

サーシャ先生

問題の難易度は公式問題集と比べても高く、上級者でもやりがい充分ですので900点以上を目指すのであれば、同シリーズのリスニング版との同時購入をオススメします!

ポイント
  • 全500問のリーディング問題に取り組める
  • 公式問題集よりも難易度の高い良問を収録
  • 丁寧な解説と&充実の問題数

TOEIC L&Rテスト 860点 奪取の方法

TOEIC おすすめ参考書 800点 リーディング2
内容・評価
概要800点超えを目指す人のために作られた参考書
オススメ度/重要度 (4.5)
料金/コスパ (4.0)
対象中級者
期待できる効果800点を超えるためのノウハウを手に入れて実現を目指す

あたりまえのことですが、リーディングの対策だけを行ってもTOEICで800点は獲得できません。

リスニングも含めたすべてのパートを、バランスよく800点レベルに到達させるとこが大切です。

本書では860点という明確なスコアを目指すためのコツや勉強法が、パートごと収録されているため「実はリスニングにも苦手なパートがある…」といった人にはぜひ検討して欲しい一冊です!

ポイント
  • 700点台→800点への壁を越えたい人に
  • 各パートのバランス重視で800点超えを目指せる
  • 最後に付属のFinal Testで実力チェック!

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ

TOEIC Reading2
内容・評価
概要超定番のTOEIC用単語帳
オススメ度/重要度 (4.5)
料金/コスパ (5.0)
対象全レベル
期待できる効果頻出単語に絞った単語帳を使って効果的に語彙力を鍛える

まずは王道の単語帳で語彙力を強化しましょう。

「金フレ」の愛称でおなじみの本書は、徹底的な過去問分析に基づいた単語が厳選されています。

サーシャ先生

TOEIC受験者であれば必ず手に入れたい一冊です

公式TOEIC Listening & Reading プラクティス リーディング編

TOEIC Reading 問題集
内容・評価
概要公式が出版するリーディング問題集
オススメ度/重要度 (4.5)
料金/コスパ (4.0)
対象全レベル
期待できる効果リーディング問題に特化して本番に近い問題を解ける

こちらはリーディング特化した公式問題集です。

公式が出しているということで、本番のレベルと形式に近い問題を解けます。

サーシャ先生

リーディングを重点的に対策したい人にオススメ!

公式TOEIC Listening & Reading 問題集

TOEIC おすすめ 参考書 問題集4
内容・評価
概要公式が出版する唯一無二の問題集
オススメ度/重要度 (5.0)
料金/コスパ (4.0)
対象全レベル
期待できる効果もっとも本番に近い問題を解いてスコアアップを目指す

TOEIC受験を検討するのであれば、公式問題集は必ず手に入れましょう。

実際にテストを開発しているETSが作成した本書では、本番と同じ形式の問題を解くことが出来ます。

問題数は200問×2回=400問で、本番の点数が予測できる参考スコア換算表つきです。

ポイント
  • ETS作成の公式問題集
  • 本番と同じ形式
  • 多くの練習問題が解ける

関連記事:TOEIC対策の常識「公式問題集」の効果的な使い方・勉強法を徹底解説

TOEIC Part 6の模試・練習問題を無料で解ける有益サイト

TOEIC パート1 対策 おすすめ 模試 サンプル問題 サイト

最後になんと無料でTOEICの模試やサンプル問題が掲載されている有益サイトを、2つピックアップして紹介します。

TOEIC公式サイト

TOEIC part 7 練習問題

TOEIC公式サイトではパート7のサンプル問題が複数用意されています。

数は少ないですが、公式サイトが掲載している問題なので使わない手はありません!

サーシャ先生

すべて無料で解けるのでオススメ!

English Club

TOEIC part 7 練習問題2

TOEICの模試を一通りウェブで解けるサイトです。

なぜ不正解なのかなどを説明する簡単な解説付きなのが特徴的。

サーシャ先生

簡易的ですが無料で実践を積めるのでオススメ!

初受験や初心者の方はTOEIC完全ガイドからご覧ください

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる