TOEIC

【完全版】TOEICスコアアップを狙うおすすめ勉強方法【何を基準に選ぶ?】

2020年6月19日

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得、TOEICは930点を持っているライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

TOEIC スコア 証明

  • TOEIC対策におすすめな勉強法を教えてください!
  • どのような点に気を付けて対策を進めていけば良いですか?
  • 勉強法はどのような基準で選ぶべきですか?

今回はこのような質問にすべて解答します。

言わずもがなですが、TOEICのスコアアップを目指す上で勉強方法は非常に重要な項目です。

同じ時間勉強していても間違った勉強方法を続けていては結果はついてきませんし、効果的な勉強方法を採用していればTOEICでは効率的にサクサクスコアを稼げます。

そう、TOEICはちゃんとした勉強法をしっかりと行えば結果は必ずついてくるようなテストなんです。

私も17歳から始まった英語人生、数多くの非効率的な勉強をして時間とお金を無駄にして伸びが停滞したり、効果的な勉強法を使って驚くほどのスピードで上達した両方の経験があります。

本記事ではイギリスの大学を卒業した筆者が「TOEIC+勉強法」に完全フォーカスして様々な側面から勉強法を深掘りしていきます。

ボリュームのある記事になっていますが、ぜひ最後まで読んで頂きたいです!

今日の記事内容

  • 初心者、中級者、上級者とレベル分けした目標スコア別おすすめ勉強法
  • 時間を効率的に活用する方法
  • 勉強を継続するコツ
  • 勉強してもTOEICスコアが上がらない原因
  • 目標スコア別のおすすめ参考書・教材・問題集
  • 効果的に問題集を使う為のテクニック
  • 英語の実力を上げる方法
  • 独学で勉強する際に絶対に気を付けなければいけない事

この記事を読むメリット

  • 自分に合った勉強方法が見つかる
  • やってはいけないNG勉強を理解
  • 様々なテクニックで日々の勉強を最適化できる
サーシャ先生
今日は最短でTOEICのスコアアップを目指すためのコツを全部自分のモノにしていきましょう!
よろしくお願いします!
サヤカちゃん

【目標スコア別】TOEICで目標を達成するためのリスニング勉強方法

スポンサーリンク

600点を目指す初心者におすすめのTOEICリスニング対策・勉強法

まずは600点台を目指したい初心者の方におすすめしたいTOEIC勉強法です。

TOEICの受験経験の有り無しに関わらず、最低でも本番の1カ月前には勉強を始めるようにしましょう!

1. TOEIC公式問題集で自分の実力を知る

まずは『公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 6』を解いてみましょう。

公式問題集には予想スコア換算表がついているので、ここから自分現在の実力が把握できます。

また、問題の難易度も本番に近いものとなっており「自分がTOEICリスニングで苦手なパートはどこか?」を知るのにも役立ちます!

公式問題集には全2回分の模試が収録されているので、まずは1回分だけ解けばOKです。

ここがポイント!

  • 初心者はまず公式問題集で実力チェックを
  • 自分の苦手なTOEICリスニングパートを把握しよう

2. TOEICリスニングをパート別に攻略する

次に『新形式問題対応 改訂版 CD2枚付 世界一わかりやすい TOEICテストの授業(Part 1‐4 リスニング)』を使用してリスニングのパート別対策を行いましょう。

本書はパート別に問題形式の解説や練習問題が分かれているので、公式問題集で分かった弱点を中心に勉強するのがおすすめです。

また、予算に余裕のある人は追加で古いバージョンの公式問題集をこなすのもおすすめです。

公式問題集→パート別対策→公式問題集…という繰り返しにより、問題を解く中でスコアや理解力の伸びがより実感できるようになりますよ!

ここがポイント!

  • 苦手パートの対策(『世界一わかりやすいTOEICテストの授業 Part1-4リスニング』)
  • 公式問題集を繰り返し解いて知識の定着率を確認

3. 本番が近づいたら『公式TOEIC Listening & Reading トレーニング リスニング編』で特訓

本書はTOEICリスニングのみの問題を収録しています。

1セット約20問×20日間の構成で、372問の問題をこなすことができます。1日およそ10~20分程の勉強時間でコツコツ続けられる量も嬉しいポイント。

テスト本番まで継続的に毎日1セットずつこなし、「TOEIC勉強をルーティーン化」することが大切です。

ここがポイント!

  • 本番20日前から公式リスニング問題集を投入
  • 毎日のルーティーンでTOEICリスニング問題に慣れよう
サーシャ先生
初心者はまず慣れるところから、そして点が取れそうなところから始めるのがおすすめね!
まずはできるところから!
サヤカちゃん
おすすめ記事
TOEIC600点は難しい?チェックしておくべき参考書や役立つ戦略紹介

続きを見る

次の項ではTOEIC800点以上を目指す中級者におすすめしたいTOEICリスニング勉強法を紹介します。

800点を目指す中級者におすすめのTOEICリスニング対策・勉強法

800点を目指すのであれば、基礎力は事前につけておきましょう。

対策のカギとなるのは公式問題集の継続的利用&スキマ時間の活用です!

1. 引き続き公式問題集に取り組む

初心者の人と同じく、勉強の中心に据えるべきは公式 TOEIC Listening & Reading 問題集です。

800点台を目指すのであれば、「苦手なパートがある…」や「解答時間が足りない…」などの問題は避けたいところですよね。

これらお悩みの解決にも、公式問題集が効果を発揮してくれます!

ここがポイント!

  • 公式問題集は全パート通しで解く(まんべんなく取り組む)
  • 常に解答時間を計って問題を解く(本番のスピードを意識)

上記の2点を守って取り組むようにしましょう。

これにより特定のパートに苦手意識を持つこともなく、また本番での解答スピードにも慣れることができますよ!

2. 勉強場所によって使う参考書を変える

公式問題集にプラスして、「①自宅で使える教材」と「②通勤などのスキマ時間で使える教材」を用意しましょう。

これにより複数の教材を組み合わせることと、スキマ時間を有効に活用することが可能になります!

自宅で使える教材

自宅で使用するなら『八島式 TOEIC L&Rテストの英語が聞こえるようになる本』がおすすめです。

本書では音読や穴埋め式のディクテーションが取り入れられているので、一人の時間に「読む」「書く」といった勉強法を実践することができます。

実際に口に出すとリスニング力は身につきやすいので、自宅での学習で大いに活用しましょう!

通勤通学などで使える教材

通勤中の電車などでは、聞き流しできる『[音声DL付]TOEIC(R) L&Rテスト Part 3&4 鬼の変速リスニング2 TTT速習シリーズ 』がピッタリです。

リスニング音声はダウンロード式なので、携帯などでいつでもどこでも再生可能。

また、本書はサイズもコンパクトで持ち運びにも便利です。

「公式問題集は重いし大きい…」といった悩みも解消してくれる一冊です!

さらにスマホで学習するのに抵抗がない人は「スタディサプリTOEIC版」もコンテンツ盛りだくさんでかなりおすすめできます。

ここがポイント!

  • 自宅と通勤で使う教材を分けてみる
  • 公式問題集+上記の教材で「苦手パートゼロ」のリスニング対策を
サーシャ先生
800点以上を目指すならやはり量も必要になってくるわよ!
さすがに楽して到達はできないって事ね!
サヤカちゃん
おすすめ記事
TOEIC 800 参考書 レベル 転職 就職
【就職・転職に有利?】TOEIC800の割合・レベル・おすすめ参考書を徹底解説

続きを見る

次の項ではTOEIC900点以上を目指す上級者におすすめしたいTOEICリスニング勉強法を紹介します。

スポンサーリンク

900点以上を目指したい人におすすめのTOEICリスニング対策・勉強法

900点以上を目指すのであれば、とにかく問題量をこなすことが大切です。

おすすめの教材をベースに高得点への道を切り開きましょう!

1. 公式問題集以外の問題集にチャレンジする

基本はあくまでも公式問題集ですが、解き終わってしまった人は他のTOEICリスニング問題集を検討してみましょう。

TOEIC(R)テスト新形式精選模試リスニング』は問題数も多く(500問)、難易度も本番より高めなのでやりがいがあります。

500問が多すぎると感じる場合には、比較的苦手なパートのみ解いても問題ありません。

本書は解説の丁寧さも魅力のひとつなので、その際必ず解説を読み飛ばさないように注意しましょう!

また、解説が不要だと感じる人は『TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング700問 』などで問題集重視の対策をどんどん進めていきましょう。

ここがポイント!

  • 公式問題集より難易度の高いリスニング問題集に取り組む
  • 上級者は特定のパートのみの対策もOK

2. リスニングPart 3&4の準備は大丈夫?

900点以上のスコア獲得には、長文リスニングへの対応も必須になります。

「Part3と4はたまに聞き取れないことも…」といった状態で本番を迎えないよう、苦手意識が少しでもある人は『TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 3 & 4』 で最後のひと押しをしてみて下さい。

800点以上を持っていても新形式の図表問題などでうっかり点数を落としてしまう人も多いので、それらへの対処にもピッタリです。

逆に短文リスニングが苦手な人は、同シリーズの TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 2 & 1を検討してみて下さい!

ここがポイント!

  • 高得点に欠かせない長文リスニングへの対策も万全に!
  • 問題数の少ない図表問題も取り逃さない!
おすすめ記事
【TOEIC満点の真実】中級者が知りたい900点以降の世界【参考書も】

続きを見る

3. 900点はリスニングパートだけでは達成できない

ご存知の通り、TOEIC900点はリスニングだけ対策しても達成できるものではありません。

「リスニングに気を取られすぎてリーディングがボロボロ…」なんてことにならないよう、本番直前に公式問題集で最終チェックをしておきましょう。

  • リスニング:5問前後
  • リーディング:10問前後

(※あくまでも目安です)

上記が、900点以上を目指す場合の誤答数の目安です。

これより大幅にミスが多い場合には本番で900点を超えることが難しくなるので、本番直前までそれぞれのセクションのバランスを考えて勉強を進めていきましょう!

ここがポイント!

  • リスニング&リーディングをバランス良く対策する
  • 公式問題集での最終チェックを忘れずに!
サーシャ先生
上級者はとにかく苦手を無くしてミスを極限まで減らさないと厳しいわよ!
ミスをより少なくが大事になってくるのね!
サヤカちゃん
おすすめ記事
TOEICリスニングで着実にスコアを伸ばす対策・勉強法【勝ち抜くヒント】

続きを見る

次の項ではTOEICでスコアを伸ばすためのリーディング勉強法を紹介します。

【目標スコア別】TOEICで目標を達成するためのリーディング勉強方法

600点を目指す初心者におすすめのTOEICリーディング対策・勉強法

1. TOEIC公式問題集を一度解いてみる

まずはTOEIC受験に必須の公式問題集をゲットしましょう。

公式問題集には2回分の模試が収録されているので、手始めに1回分の模試を解いて英語力をチェックしてみて下さい。

使い方のコツは解答時間を試験と同じにすることと、迷った問題には印をつけておくことです。

これにより自分の苦手なパートを事前に把握することができます!

ちなみに、単語学習はおなじみの「金フレ」で毎日行うようにしてください。

ここがポイント

  • まずは公式問題集で現在の英語力をチェック
  • 悩んだ問題には印をつけておく

さらに詳しく

2. 初心者が知るべきリーディングの学習ポイントを押さえる

公式問題集が解き終わったら、『世界一わかりやすいTOEICテストの授業 (Part 5&6 文法)』を用いてTOEICリーディングに必要な基礎知識をつけましょう。

各パートの問題構成や学習のポイントを効率的に抑えることができます。

その際、公式問題集で見つけた苦手なパートについては特に注意して対策を行うようにしましょう!

ここがポイント

  • 初心者向けの簡単なテキストを使い、導入で躓かない学習を
  • 難しすぎる問題より、まずは基礎を完璧に!

3. 持ち歩きにピッタリの特急シリーズでいつでもTOEIC対策!

600点を目指すのであれば、自宅での学習は公式問題集で充分です。

可能なら2~3冊ほど違うバージョンを揃えて、繰り返し取り組めると良いでしょう。

更に通勤などのスキマ時間で『1駅1題 新TOEIC(R) TEST 文法 特急』を使い、Part 5&6への追加対策を行うのがおすすめです。

自宅学習+スキマ時間の活用で、得点しやすいパートを重点的に攻略することがコツです!

ここがポイント

  • 公式問題集は何度も解く価値アリ
  • 特急シリーズで、初心者におすすめのPart 5対策も◎
おすすめ記事
TOEIC600点は難しい?チェックしておくべき参考書や役立つ戦略紹介

続きを見る

続いて、少し高めの800点を目指したい人におすすめのリーディング対策をご紹介します!

800点を目指す中級者におすすめのTOEICリーディング対策・勉強法

1. 「金フレ」だけじゃもの足りないあなたに!上級単語を身につける

TOEIC受験者には必須の金フレですが、もっと難しい単語を覚えたい人は『TOEIC(R)TEST必ず☆でる単スピードマスター上級編』を検討してみましょう。

「①金フレを完璧にする」→「②でる単 上級編で周りと差をつける」という順番がおすすめです。

また、ダウンロード音声を活用して耳から単語を覚えることも大切です。

発音などにも気を配り、リーディングだけでなくリスニングでも使える語彙力を獲得しましょう!

ここがポイント

  • 中~上級スコアに必須の語彙力を強化する
  • 耳からの学習でリスニング力もアップ!

2. 全パートへの対策をバランスよく行う

TOEICで800点を目指す場合、リスニングでも相当の得点を獲得する必要があります。また、簡単すぎる教材を使っていても上級レベルの英語力はつきません。

そこでおすすめの教材が『TOEIC L&Rテスト 860点 奪取の方法』です。

860点という具体的なスコアを目指すための学習ポイントやコツがまとめられており、自分の目標に合った対策を手助けしてくれます。

また、リスニングセクションの対策も同時に行えるのでおすすめです!

ここがポイント

  • スコア別の参考書で無駄のない学習を
  • 800点台に必要な全パートへの対策を実現

3. Part 5は満点解答&スピードアップを目指そう

初心者にも対策しやすいPart 5は、中級者になったら満点をとれるようになるのが理想です。

また、後半のパート(Part 6, 7)に時間を残すために解答スピードのアップも必要になってきます。

『TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問』はPart 5のみに重点を置いた問題集で、「Part 5はこれで完璧!」というレベルまで文法知識を高めることができます。

特急シリーズと同様にコンパクトな参考書なので、持ち歩いて空き時間に取り組むのもおすすめです!

ここがポイント

  • 800点を目指すならPart 5対策は完璧に
  • 問題数の多さで飽きることなく続けられる
おすすめ記事
TOEIC 800 参考書 レベル 転職 就職
【就職・転職に有利?】TOEIC800の割合・レベル・おすすめ参考書を徹底解説

続きを見る

最後に、900点以上を目指したい上級者におすすめのリーディング対策をご紹介します!

900点以上を目指したい人におすすめのTOEICリーディング対策・勉強法

1. 公式問題集より難易度の高い問題集にチャレンジ!

満点近いスコアを目指す人は、公式問題集に加えて更に難易度の高い問題集に挑戦しましょう。

『TOEIC®テスト 新形式精選模試』はリスニングとリーディングそれぞれに問題集が出版されています。

一冊あたり500問という問題数と、より難易度の高い厳選された良問が魅力です!

ここがポイント

  • 上級者向けの問題集をやり込む
  • 公式問題集でカバーできない部分も完璧に!

2. 特急シリーズはTOEIC上級者でも必見

上級者向けの特急シリーズを上手に活用し、特にスコアの伸ばしにくいリーディングセクションを攻略しましょう!

『TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6』では上級者向けの問題に的を絞り、語彙・文法問題の対策を徹底的に行うことが出来ます。

また、『1駅1題 TOEIC L&R TEST 読解 特急』では新形式テストになって大幅な変更が加えられたPart 7に欠かせない長文読解力を養うことが可能です。

ここがポイント

  • おなじみの特急シリーズでパート別の対策も完璧に
  • 高難易度&配点の高いPart 7は重点的に対策を
おすすめ記事
【最新版】TOEIC参考書の後悔しない選び方とおすすめ【スコア別】

続きを見る

次に私が個人的におすすめしたい英単語の覚え方を紹介します。

おすすめの英単語の覚え方

既に自分の中で確立された覚え方がある人はそのままそれを使ってください。

ここではまだしっくりくる英単語の覚え方に出会ってない人向けにここでおすすめの英単語の覚え方を提示させてください。

私が英語の勉強をし始めた時からイギリスの大学を卒業するまでずっと一貫して続けてきた英単語の覚え方です。

例えば皆さんが「この単語帳の単語全部覚えてね!」と言われたら皆さんはどのように覚えますか?

  • 単語帳をそのまま使う?
  • ノートに書きだす?
  • 暗記ペンや暗記シートを使う?
  • とにかく読み込む?

残念ながらこの挙げた4つの方法で覚えている人はとっても損をしています、効率的ではありません。

やり続ければいずれは覚えられるかもしれませんが効率的ではない為莫大な時間を単語学習に費やすことになります。

そしてこれらの方法で覚えた単語は覚えたと思っていたとしてもすぐに忘れます。

「暗記したはずなのに忘れた…出てこない…」

こんな経験はありませんか?

もちろん人間は多少は物事を忘れていく生き物なので忘れる事はありますが、記憶の中により長く刻み込む方法はあります。

推奨する詳しい覚え方はこちらの記事で紹介していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

さらに詳しく

サーシャ先生
まだ英単語の覚え方で迷っている人はぜひ試してみてね!
騙されたと思ってやってみます!
サヤカちゃん
次に忙しい人でも効率的にTOEICのスコアアップを目指すための勉強方法を紹介します。

【時間がない人にもおすすめ】効率的にTOEICを学ぶ勉強方法

毎日のスキマ時間を活用する(平日中心)

仕事などで忙しくまとまった勉強時間がとれない人でも、工夫次第でTOEIC対策を行うことは可能です。

最もおすすめの勉強方法が「ちょっとしたスキマ時間」を活用することです。

こんなスキマ時間はありませんか?

  • 通勤の電車内での時間
  • 昼休みの空いた時間
  • 就寝前のリラックス時間

ついついボーっと過ごしてしまいがちな時間に、少しずつTOEIC対策を行うことがポイントです。

10~15分ほどの短い時間でも構わないので、単語帳や1問1答形式の参考書を開くクセをつけると学習効果がアップします!

スキマ時間にピッタリの教材や参考書

  • 軽くて持ち運びに便利
  • 単語や短文問題が中心
  • すぐに解答がチェックできる

リスニング対策を行う場合には、スマホに音声をダウンロードできる単語帳を1冊は用意すると良いでしょう。

英語の発音と日本語が同時に確認できるように、音声が交互に流れるものがおすすめです。

例:特急シリーズ、スタディサプリなど

さらに詳しく

スキマ時間でのリスニング対策

  • TOEIC頻出単語の聞き流し
  • 日本語訳付きの音声が◎
  • ニュースなどの時事英語も効果的

休日は少し長めにTOEIC対策に取り組む(週末中心)

週末や休日には、比較的時間に余裕がある人も多いはずです。

平日のスキマ時間だけでは対策が難しいパートの対策を効率的に進めるようにしましょう!

週末や休日におすすめのTOEIC勉強方法

  • 時間のかかる問題への対策(長文読解、リスニング)
  • 模擬テストで実力チェック(現在のスコアを確認)

このように、平日には単語や文法問題など短めの問題を中心に練習し、休日にはまとまった時間を利用して長文や模擬テストに取り組むことをおすすめします。

特に、模擬テストを利用しての実力チェックは毎週スケジュールを決めて同じ曜日に行うことがコツです。

これにより毎週の知識の定着度や学習効果をハッキリと確認することが出来ます。

「TOEIC公式問題集」には2回分の模試とスコア換算表がついているので、こちらを利用してスコアの伸びを定期的にチェックすると良いでしょう!

このように忙しい中でも時間を見つけ、目標のスコアに向かって継続的に勉強を行うことが大切です。しかし中には「計画的に学習を進めることが苦手…」という受験者の方もいるはずです。

さらに詳しく

次の項目では、諦めずにTOEICの勉強をコツコツ継続させる方法についてご紹介していきます!

諦めずにTOEICの勉強を継続する方法

学習計画をルーティン化する

TOEICの受験を決めたら、本番に向けて学習スケジュールを立てることが大切です。

学習スケジュールは毎日の生活に無理なく取り入れられるように余裕を持って決めましょう。

TOEIC学習をルーティン化するためのポイント

1.自分のやる気が出る時間帯をみつける

まずは自分にとって学習意欲の出る時間帯を見つけましょう。

朝起きた時、帰宅後、夜寝る前など勉強のスイッチが入る時間は人によって様々です。早起きが得意な人であれば、朝30分早く起床し机に向かう習慣をつけましょう。

朝は脳も活性化しており学習を行うには最適の時間帯です。

朝が苦手な人であれば、帰宅後や就寝前などリラックスできる時間を有効活用してみましょう。

2.サボってしまわないような学習環境を作る

「色々な勉強方法を試してみたけれど、どうしてもサボり癖が出てしまう…」そんな人は強制的に勉強しないといけない環境作りから始める必要があります。

TOEICの学習を継続するための環境

  • TOEIC学習仲間を見つける
  • 目標スコアが達成できなかったら罰ゲーム

一緒にTOEIC受験を目指す仲間がいると、情報共有や励ましあいで学習意欲を持続させることがより簡単になります。また、「サボっていると思われたくない!」という心理から自然と教材に手が伸びる頻度も多くなります。

その他、ちょっと面白い方法として目標スコアが達成できない場合には罰ゲームを課すのも効果的です。

自分一人では守れるかが心配な場合には、事前に協力者を見つけておくと良いでしょう!

3.飽きの来ない勉強方法を取り入れる

勉強が続かない人の特徴として、飽きっぽい性格が影響している場合があります。

参考書を眺めるだけでは単調でつまらない勉強も、やり方次第で楽しく続けることが可能ですよ!

楽しくTOEIC学習を続けるためのコツ

  • TOEIC学習アプリを活用してみる
  • 参考書以外のもので英語力をアップさせる

まずはTOEIC関連のアプリを使った勉強方法です。おすすめなのが【英単語アプリmikan】というアプリです。

TOEIC関連の英単語を、目標スコアに合わせてゲーム感覚で勉強することができます。

学習内容の記録や全国ランキングなどの機能も充実しており、毎日コツコツと続けやすいアプリです!

さらに詳しく

「参考書を開いていると眠気が…」という人であれば、視覚的にも楽しめる動画などを活用した勉強方法を試してみましょう。

そこでおすすめしたいのが、YouTubeで英語関連の動画、今は英語系YouTuberが乱立しているので選びたい放題です!

YouTubeでの動画選びのポイント

  • 聞き取れない速さのものは選ばない
  • 字幕つきの動画がベター
  • 日常会話も学べる内容が◎

タダで質の高いレッスンを受けれる?おすすめのYouTube英語講座10選

楽しいと思える勉強方法は人によって異なります。

「これが正解!」という方法はないので、あくまでも自分が毎日継続できる勉強方法を見つけることが大切です。

サーシャ先生
とにかくルーティーン化して毎日続ける事が最も難しく、最も重要な点です!勉強方法以上に続けることの方が重要なんです!
ストイックにやってみます!
サヤカちゃん

続いて、勉強しているのになかなかスコアが上がらない人にありがちな原因についてご紹介していきます!

勉強してもスコアが上がらないよくある原因

特定のパートばかり勉強している

得意なパートばかり勉強して、苦手なパートは見ないふり…そんな勉強方法になっていませんか?

TOEICでは様々な形式の問題をバランスよく解く英語力が求められます。

初心者のうちは得意なパートに集中するのもありですが、スコアを伸ばしたいのであれば苦手なパートを作らない対策を行うことが重要です。

勉強量は徐々に増やしていければ構わないので、毎日数問ずつでも苦手な問題に取り組む時間を作りましょう!

さらに詳しく

問題を解くだけで復習しない

問題も模試も解いたら終わり…これでは効果的な学習を行っているとはいえません。

問題を解いたら解説をじっくりと読み、間違えた問題は繰り返し解くクセをつけましょう。

時間に余裕があればリスニングのスクリプトや正解した問題にも目を通し、新出単語を丁寧に拾うことも効果的です。

TOEIC本番の形式に慣れていない

どんなに練習をこなしても、テスト本番の形式が頭に入っていないとスムーズに解答することはできません。

基本的なことで見落としがちですが、もう一度テストの構成やパートごとの特徴をしっかりと押さえるようにしましょう。

また、TOEICではパートごとに頻出のテーマやジャンルが決まっています。特に、リーディングのPart 6や7では問題形式に慣れているかが大きなポイントとなります。

頻出テーマには公式問題集を繰り返し解くことで対応が可能になるので、最新のものを購入しじっくりと取り組んでみましょう。

【今更聞けない】TOEICってどんなテスト?難易度や単語レベルはどれくらい?

試験時間を計って練習していない

あたりまえのことですが、TOEICには試験時間が設けられています。

特にリーディングは時間が厳しく、最後まで解答するにはかなりのスピードが求められます。

長文読解などをだらだらと解くのがクセになっていると、正答率は上がっても本番で最後まで辿り着くことが出来ません。

普段の学習から本番と同じ時間で模試や問題を解くクセをつけましょう!

さらに詳しく

サーシャ先生
適当に勉強していても絶対にスコアは上手く上がりません、考えながらしっかり勉強してこそスコアアップにつながるんです!
考えない努力は普通に裏切る…どこかで聞いたような…
サヤカちゃん
次の項ではおすすめのTOEIC用参考書や問題集をレベル別に紹介します。

TOEICで600点を目指す初心者におすすめの参考書・問題集・教材

『新形式問題対応 改訂版 世界一わかりやすいTOEICテストの授業 (Part5&6 文法)』(KADOKAWA)

TOEIC教材として人気の高い「世界一わかりやすい」シリーズから出版されている一冊です。

リーディングのPart 5と6に必要な文法知識や学習のポイントが分かりやすくまとめられています。

問題数は多くありませんが、最初の一冊として気軽に取り組める参考書を探している人には最適です。

また、長文対策を行いたい人には同シリーズの『新形式問題対応 改訂版 世界一わかりやすいTOEICテストの授業 (Part7 読解)』もおすすめです!

おすすめポイント

  • Part 5&6が苦手な人にピッタリの一冊
  • TOEICを初めて受験する人にも◎
  • 基礎的な文法知識を養える

『公式TOEIC Listening & Reading 問題集6』(国際ビジネスコミュニケーション協会)

他の記事でもくり返しご紹介しているTOEIC公式問題集です。

収録内容は本番そっくりの模試が2回分で、問題の難易度もほぼ同レベルです。

TOEIC受験を考えているならば必ず手に入れてほしい一冊であり、特により本番に近い問題を解きたい人や初めてのTOEIC参考書選びで失敗したくない人におすすめです。

まずは最新のものから取り組み、次第に古いものも繰り返し解くくらいやり込むと効果がアップします!

おすすめポイント

  • TOEICを開発するETS作成の問題集
  • テスト本番と同レベルの問題を収録
  • スコア換算表で実力チェックも可能

さらに詳しく

『1駅1題 新TOEIC(R) TEST 文法 特急』(朝日新聞出版)

TOEIC初心者は、得点しやすいパートから対策を行うのが効率的です。

リーディングセクションの場合はPart 5が最も難易度が低く、初心者でも得点が上げやすい傾向にあります。

特急シリーズでも特に人気の高い本書では、Part 5および6の文法問題に着目しており丁寧な解説と取り組みやすい1問1答形式で学習がはかどります。

通勤時間や空いた時間にサクッと対策を取り入れられる便利な一冊です!

おすすめポイント

  • 初心者が狙うべきPart 5と6の対策に
  • 1問1答形式でいつでもどこでも勉強できる
  • 高い評価を得ているTOEIC受験者必須の一冊

『新形式問題対応 改訂版 世界一わかりやすいTOEICテストの授業 (Part1-4 リスニング)』(KADOKAWA)

「リスニングが苦手でTOEIC600点に届かない…」という人におすすめの一冊です。

Part 1~4の学習ポイントが非常に分かりやすくまとめられています。

また、実際の問題の傾向や頻出単語が取り上げられており、リスニングの基礎知識を習得したい人にピッタリの参考書です!

おすすめポイント

  • リスニングが苦手な人へ向けた一冊
  • 初心者にも分かりやすい丁寧な解説
  • 難しすぎない練習問題で実力アップ!

『公式TOEIC Listening & Reading トレーニング リスニング編』(国際ビジネスコミュニケーション協会)

「リスニングのみに特化した公式問題集が欲しい!」という人にはこちらがおすすめです。

音声ナレーターはもちろん本番と同じで、372問のリスニング問題に毎日チャレンジできる構成です。

1セット約20問×20日間で全てのリスニングパートを効率良く対策できます!

おすすめポイント

  • リスニングのみ収録の公式問題集
  • 1セット20問前後でコツコツ勉強できる
  • 和訳やスクリプト付きで学習がしやすい

『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ』(朝日新聞出版)

Amazonなどでもベストセラーに選ばれている単語帳です。

筆者の方は実際のテストで満点を何度も経験しており、豊富な知識に基づき厳選された単語のみが収録されています。

TOEIC書籍の中ではまさに「王道」ともいえる存在で、これから受験される方であれば必ず押さえておきたい一冊です!

おすすめポイント

  • まさに王道の一冊!TOEIC受験を考える全ての人へ
  • 単語ごとに例文や解説つきで、内容が記憶に定着しやすい
  • 音声も無料ダウンロードできるので、通勤などのスキマ時間にも◎

使い方は人それぞれですが、僕が一貫して推奨している英単語の覚え方はこちらの記事で紹介しています。

さらに詳しく

この繰り返しで、少しずつTOEIC頻出単語が定着していきます。

また、金のフレーズが難しいと感じた人にはより基礎的な単語を収録した「銀のフレーズ」もおすすめです!

どちらもコンパクトで持ち歩きやすいので、通勤などのスキマ時間を活用した勉強にもピッタリですよ!

TOEIC L&Rテスト英文法ゼロからスコアが稼げるドリル

おすすめポイント

英文法に焦点を当てた一冊です。

品詞の説明など、初心者にも分かりやすく丁寧な解説がポイントです。

基礎的な内容から始めたい方や文法問題が苦手な方におすすめです!

『はじめて受けるTOEIC® L&R テスト 全パート完全攻略』(アルク出版)

TOEICを初めて受ける人のための情報が満載の一冊です。

試験当日の流れからパートごとの攻略法まで、初心者が知りたいことが全て詰まっています。

目標スコアは600点~となっているので、基礎的英語力に不安がある人はリスニングでご紹介した「世界一わかりやすい」シリーズなどの併用がおすすめです!

『TOEIC® L&R テスト 至高の模試600問』(アルク)

公式問題集以外に本番形式の問題に慣れたいのであれば、こちらの一冊がおすすめです。

本番3回分に相当する600問の問題が収録されています。

また、TOEICベテラン講師陣による分析や詳しい解説が最大の特徴です。

公式問題集と比較しても解説の丁寧さでは上回っているので、初心者あればぜひ検討して欲しい一冊です!

おすすめポイント

  • 圧倒的な問題数!本番さながらの模試が3回練習できる
  • より詳しい解説付きで、初心者でも分かりやすい
  • 音声ダウンロードやマークシート形式の解答用紙つき

効果的な使い方としては、3回分の模試を一定の期間を空けて活用することがおすすめです。

  1. 本番1カ月前:まずは腕試しとして実力をチェック
  2. 本番2週間前:学習内容が定着しているかのチェック
  3. 本番直前:総仕上げとして最後のチェック!

TOEIC初心者の人は何より「問題形式に慣れる」ことが大前提です。

そのために大切なのが、より本番に近い形式の模試を何度も解くことです。この繰り返しで解答スピードがアップし、TOEIC頻出の単語も分かるようになってきます。

おすすめ記事
TOEIC600点は難しい?チェックしておくべき参考書や役立つ戦略紹介

続きを見る

アプリで勉強したい方におすすめは「スタディサプリ」



アプリを使ってTOEICの勉強をしたい人におすすめなのが、TOEIC対策アプリならこれしかないでしょ!という愛用者も多い「スタディサプリ」のTOEICコース。

問題演習だけでなく有名講師の講義で解答戦略などを知れることが大きな特徴的メリットです。

おすすめポイント

  • 講義動画と問題演習が詰め込まれたオールインワンアプリ
  • 目標設定機能
  • 区分けされた分かりやすいTOEIC英単語集
  • 普通は自分で考えなければいけない事をアプリがやってくれる(時短)
  • 月額2,480円~(1日あたり82円)

ぜひアプリでの学習を検討している方にとっては試す価値が大いにある教材です。

スタディサプリ無料体験はコチラ

TOEICで800点を目指す中級者におすすめの参考書・問題集・教材

『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ』(朝日新聞出版)

Amazonなどでもベストセラーに選ばれている単語帳です。

筆者の方は実際のテストで満点を何度も経験しており、豊富な知識に基づき厳選された単語のみが収録されています。

TOEIC書籍の中ではまさに「王道」ともいえる存在で、これから受験される方であれば必ず押さえておきたい一冊です!

おすすめポイント

  • まさに王道の一冊!TOEIC受験を考える全ての人へ
  • 単語ごとに例文や解説つきで、内容が記憶に定着しやすい
  • 音声も無料ダウンロードできるので、通勤などのスキマ時間にも◎

使い方は人それぞれですが、僕が一貫して推奨している英単語の覚え方はこちらの記事で紹介しています。

さらに詳しく

この繰り返しで、少しずつTOEIC頻出単語が定着していきます。

また、金のフレーズが難しいと感じた人にはより基礎的な単語を収録した「銀のフレーズ」もおすすめです!

どちらもコンパクトで持ち歩きやすいので、通勤などのスキマ時間を活用した勉強にもピッタリですよ!

『TOEIC(R)TEST必ず☆でる単スピードマスター上級編』(Jリサーチ出版)

TOEICの単語帳といえば金フレが有名ですが、他の単語帳も気になるところですよね。

単語力=リーディング力に直結する要素なので、自分にピッタリの一冊を見つけたいところです。

「金フレが自分にはあまり合わない…」「もう少し難しい単語帳が欲しい!」という人には、こちらの一冊がおすすめです。

収録単語は上級レベルのものばかりで、例文や派生語、頻出のポイントもまとめられています。

もちろん音声ダウンロード機能もついているので、外出先でも耳から語彙力強化が行えます!

おすすめポイント

  • 上級者向けのTOEIC単語帳
  • 金フレ以外に単語帳が欲しい人へ
  • 単語ごとの情報量が多い

『TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問』(アスク)

Amazonでもベストセラーになったことのある人気のTOEIC参考書です。

Part 5の文法問題のみに特化した問題を1049問も収録しており、毎日継続して新しい問題を解くことが出来ます

問題はテーマ別に分けられているので、苦手な分野だけの学習もしやすいです。

800点突破にはPart 5のスムーズな解答が必須になってくるので、少しでも苦手意識がある人はぜひ取り組んでみて下さい!

おすすめポイント

  • Part 5のみに重点を置いた対策ができる
  • 圧倒的な問題数&丁寧な解説
  • 各テーマに難易度別の問題が用意されている

『TOEIC L&Rテスト 860点 奪取の方法』(旺文社)

あたりまえのことですが、リーディングの対策だけを行ってもTOEICで800点は獲得できません。

リスニングも含めた全てのパートを、バランスよく800点レベルに到達させるとこが大切です。

本書では860点という明確なスコアを目指すためのコツや勉強法が、パートごと収録されているため「実はリスニングにも苦手なパートがある…」といった人にはぜひ検討して欲しい一冊です!

おすすめポイント

  • 700点台→800点への壁を越えたい人に
  • 各パートのバランス重視で800点超えを目指せる
  • 最後に付属のFinal Testで実力チェック!

『公式TOEIC Listening & Reading 問題集6』(国際ビジネスコミュニケーション協会)

初級者のところでもおすすめしましたが、公式問題集は中級者でも必ずチェックしておきましょう。

TOEICの攻略のポイントは何といっても「本番の形式に慣れる」ことが大切です。

最新の問題集はもちろんですが、時間があれば1つ古い問題集にも取り組んで問題の数をこなしましょう!

おすすめポイント

  • 公式問題集=最高のTOEIC参考書!
  • 過去の問題集に取り組むのも◎
  • 中級者であれば時間なども計って挑戦しよう

『八島式 TOEIC L&Rテストの英語が聞こえるようになる本』(旺文社)

英語の音の繋がりや細かな単語が聞き取れない人におすすめなのが本書です。

音読やディクテーションといった学習法を採用し、中級者がつまずきやすいリスニングの壁を攻略するための方法が詰まっています。

単にTOEIC対策だけでなく、「本物のリスニングや発音」を身につけたい人にもピッタリの一冊です!

おすすめポイント

  • 音読&ディクテーションで英語の音に慣れる
  • 英語の発音や語順などの知識もゲット!
  • 音声は3段階のスピードで収録されている

『TOEIC® L&Rテスト Part 3&4 鬼の変速リスニング2 』(アルク)

TOEICリスニングシリーズでは有名な「鬼の変速」シリーズです。

Part 3と4に焦点を当てた本書では、全5段階のスピード変化で音声を聞くことが出来ます。

最速2.5倍までの中から自分に適したスピードを選び、本番で焦らないリスニング力を養うことが可能です。

おすすめポイント

  • 変速スピードで高度なリスニング力を身につける!
  • 解説は全て音声つき!丁寧な解説で理解度もアップ
  • 1日20分ほどの時間でコツコツ学習できる構成も◎
おすすめ記事
TOEIC 800 参考書 レベル 転職 就職
【就職・転職に有利?】TOEIC800の割合・レベル・おすすめ参考書を徹底解説

続きを見る

アプリで勉強したい方におすすめは「スタディサプリ」



アプリを使ってTOEICの勉強をしたい人におすすめなのが、TOEIC対策アプリならこれしかないでしょ!という愛用者も多い「スタディサプリ」のTOEICコース。

問題演習だけでなく有名講師の講義で解答戦略などを知れることが大きな特徴的メリットです。

おすすめポイント

  • 講義動画と問題演習が詰め込まれたオールインワンアプリ
  • 目標設定機能
  • 区分けされた分かりやすいTOEIC英単語集
  • 普通は自分で考えなければいけない事をアプリがやってくれる(時短)
  • 月額2,480円~(1日あたり82円)

ぜひアプリでの学習を検討している方にとっては試す価値が大いにある教材です。

スタディサプリの無料体験はコチラ

TOEICで900点を目指す上級者におすすめの参考書・問題集・教材

『TOEIC®テスト 新形式精選模試 リーディング 1, 2』(ジャパンタイムズ)

公式問題集をやり終えて、他のリーディング教材を探している人におすすめの一冊です。

本書はリーディング問題のみで5回分の模試(合計500問)を収録しています。

また、問題の難易度は公式問題集と比べても高く、上級者でもやりがい充分ですので900点以上を目指すのであれば同シリーズのリスニング版との同時購入をおすすめします!

おすすめポイント

  • 全500問のリーディング問題に取り組める
  • 公式問題集よりも難易度の高い良問を収録
  • 丁寧な解説と&充実の問題数

『TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6』(朝日新聞出版)

600点台のところでもご紹介した、TOEIC教材として人気の高い特急シリーズです。

本書はリーディングのPart 5および6関連の中でも、特にTOEIC上級者が間違えやすい問題を取り上げています。

また、正解の選択肢だけでなく間違いである選択肢への解説も丁寧なので、「なぜこの選択肢ではいけないのか?」といった疑問を解消してくれる点もポイントです!

おすすめポイント

  • おなじみ「特急シリーズ」のPart 5&6専用教材
  • 文法問題や語彙問題への対策に
  • レベルの高い問題で本番前の練習に◎

『1駅1題 TOEIC L&R TEST 読解 特急』 (朝日新聞出版)

900点を目指すのであれば避けて通れないのがPart 7の攻略です。

こちらも上記でご紹介した特急シリーズからの一冊です。

本書ではPart 7の長文読解に着目し、通勤などのスキマ時間でもできる学習スタイルを提供してくれます。

もちろん新形式問題にも対応しているので、参考書の少ないPart 7対策には欠かせない一冊です!

おすすめポイント

  • 最も難易度の高いPart 7の対策に
  • 持ち運びに便利なサイズでスキマ時間に使える
  • 長文読解に慣れたい&解答スピードをアップしたい人に

『TOEIC®テスト 新形式精選模試 リスニング 1, 2』(ジャパンタイムズ)

900点以上を目指したい上級者は、とにかく練習問題を多くこなしましょう。

本書には100問×5回=500問が収録されており、本番よりも難易度は少々高めです。

リスニングだけでこの問題数は貴重なので、高得点を目指すなら是非検討してみて下さい!

おすすめポイント

  • 全500問のリスニング練習問題に取り組める
  • 990点保持の講師陣による厳選された問題
  • 解答の手順や学習ポイントなどの情報も充実!

『TOEIC® L&R テスト でる模試 リスニング700問 』(アスク)

こちらもリスニングに特化した問題集です。

韓国で大人気の著書に対し、日本版として新問題の追加などを行ったものです。

解説などは省略されていますが問題数が多く、上級者を対象とした問題が厳選されています。解説なしでも進められる人、問題数を重視したい人には最適な一冊です。

おすすめポイント

  • 韓国でも大人気のTOEIC問題集
  • 解説はないが日本語訳はしっかり掲載
  • 難易度の高い問題をたくさん解きたい人に!

『TOEIC(R) L&Rテスト 究極のゼミ Part 3&4』 (アルク)

TOEICリスニングの中でも、受験者を悩ませるのがPart 3と4。

本書ではよくあるストーリー展開やパターンに焦点を当て、頻出とされる問題への対応力を養うことが出来ます。

また、新形式の図表問題や意図問題の攻略法も丁寧に解説されています。

Part 1&2対策シリーズも出版されているので、短文リスニングが苦手な人はそちらも検討してみて下さい!

おすすめポイント

  • 長文リスニングPart 3&4専用の参考書
  • 頻出の問題パターンを徹底的に網羅
  • 付属のミニ模試で直前の実力チェックも

『TOEIC L&Rテスト 990点攻略 改訂版』(旺文社)

「最終的には満点も視野に入れて学習したい!」という人に検討して欲しいのが本書です。

パートごとに「990点獲得のポイントと攻略法」が記載されており、次いで練習問題、最後に総合模試と順序を追って学習できる構成です。

「ギリギリ900点を取りたい」というよりも、その後の学習にも役立つ参考書を探している人におすすめです!

おすすめポイント

  • パートごとに満点を目指すためのエッセンスが満載
  • 問題の難易度も高く、解説も丁寧で疑問が残らない
  • 最終的に満点までスコアを伸ばしたい人に
おすすめ記事
【TOEIC満点の真実】中級者が知りたい900点以降の世界【参考書も】

続きを見る

初心者から上級者までおすすめできるアプリ教材「スタディサプリ」



アプリを使ってTOEICの勉強をしたい人におすすめなのが、TOEIC対策アプリならこれしかないでしょ!という愛用者も多い「スタディサプリ」のTOEICコース。

問題演習だけでなく有名講師の講義で解答戦略などを知れることが大きな特徴的メリットです。

おすすめポイント

  • 講義動画と問題演習が詰め込まれたオールインワンアプリ
  • 目標設定機能
  • 区分けされた分かりやすいTOEIC英単語集
  • 普通は自分で考えなければいけない事をアプリがやってくれる(時短)
  • 月額2,480円~(1日あたり82円)

ぜひアプリでの学習を検討している方にとっては試す価値が大いにある教材です。

スタディサプリ無料体験はコチラ

その他にも

  • 参考書や教材を選ぶコツ・ポイント
  • 選ぶ前に必ず考えなければいけない事
  • 実際に売れている人気書籍

このような項目をもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事で深く解説していますのでぜひご覧ください。

さらに詳しく

次の項ではせっかく買った問題集を無駄にしない為の絶対に守らなければならない鉄則を5つ紹介します。

無駄なく効果的に問題集を使う為の鉄則5選

公式問題集や模試は必ず時間を測る事

TOEICの公式問題集や模試を行う時は必ず本番の試験時間に合わせて時間を測りましょう。

TOEICの試験時間は長い?後悔しない理想的な時間配分を解説

初心者でも中級者でも上級者でも時間を正確に測って行うメリットはあります。

  • 初心者→本番の試験時間を体感できる
  • 中級者→どこに時間を割くべきで、どこをスピードアップすべきかを理解できる
  • 上級者→より完璧に解答できる時間配分を詳細に調整できる

できるだけ本番に近い環境で模試や問題集は解きましょう。

TOEIC対策の常識「公式問題集」必須である理由とおすすめの使い方

できればリスニング→休憩→リーディングも全く同じ流れで行うのが好ましいです。

少なくとも最初の1回目だけは小分けにしてやるのはやめておきましょう。

ここがポイント

  • 可能な限り本番の試験時間や流れに合わせて解こう
  • 特に1回目は重要

答え合わせは答え合わせして終わりではない

時間を測ってやるという先ほどのもの以上に重要な項目です。

問題を解き終わって答え合わせをする時にマルバツだけ付けて終わっていませんか?

そうであればせっかく問題を解いたのに効果が半分以下です、とにかく非常にもったいないという事です。

答え合わせをする時にすべき事
  • マルバツを付けて採点
  • 間違った箇所はどこか、なぜ、どのような過程で間違えたのかを分析
  • 正解はどこにあったのかを調べる
  • リスニングのスクリプトを全部読む
  • リスニングのスクリプトで分からない単語があればすべて書き出して覚えなおし
  • リーディングの内容をすべて確認
  • リーディングの中で分からなかった単語もすべて書き出して覚えなおし

少なくともこの7ステップを踏みましょう。

イギリスの大学を卒業した僕が超おすすめする簡単な英単語の覚え方

面倒くさい、時間がかかり過ぎると思う人もいるかもしれませんが、問題集を隅まで有効活用するというのはこう言う事です。

このステップを踏まない場合、次に新しい問題集を買っても全く同じことの繰り返しで身に付くものも身に付きません。

解くだけでは意味がありません、単純に勿体ないです。

ただ単に数をこなせばいいという話では無いのです。

ここがポイント

  • 公式問題集や問題集は隅から隅まで活用しよう
  • 間違えたところの分析は必ずしよう

最低2週、できれば3週行おう

皆さんは模試、過去問を2週、ないしは3週行っていますか?

先ほどの項目で説明した「しっかりとした答え合わせ」や「覚えなおし」を終えた後に必ずもう一度同じ問題、つまり2週目を行いましょう。

得られるメリット

  • しっかりと覚えなおしができているか確認できる
  • 間違えた箇所を比較できる(1週目の正答がマグレだった可能性も)
  • 2週目とはいえ高得点をとって自信につなげる事ができる

主にこの3つがメリットと考えます。

もし1週目と同じ間違いをしたのであればその部分は徹底的に覚えなおす、特訓する必要があります。

また、些細な事と思う人もいるかもしれませんが、例え2週目でも

  • スクリプトの単語さえ分かればリスニングで高得点が取れる!
  • 出てくる単語を理解できればリスニングが耳に入ってくる、聞ける!
  • 単語を知っていればこんなに速くリーディングが進められる!

自信を持つ事は非常に重要で、以後のモチベーションにも繋がります。

ここがポイント

  • 1週目の間違いを解消した時に2週目を行い1回目と比較
  • とにかく研究が重要

目標スコアを必ず設定しよう

皆さんはTOEICを受ける際に明確なスコア目標を設けていますか?

  • 前回より上
  • 大体これくらい
  • 700くらい

漠然とした目標ではなく細かい目標を設定しましょう。

少なくとも10刻み、もしくは50刻みレベルで、客観的に自分の実力や前回の結果を踏まえて夢と現実の中間目標を設定してみましょう。

TOEICの点数(スコア)は何点から凄い?【実際の英語力との関係を検証】

そして模試や公式問題集の答え合わせ、採点する際に設定した細かい目標に届いているか、どれくらい遠いのかに対して一喜一憂しましょう。

目標が無かったり目標があやふやでは模試や問題集を解いても感情は動きません。

  • 焦りやプレッシャー
  • 着実に伸びていて自分がやってきた事が正しかったと思える瞬間
  • 目標に近づけた、達成できた喜び

毎回感じましょう。

このような感情は明確な目標を設けていなければ湧き上がってきません。

ここがポイント

  • 曖昧ではない明確で細かいスコア目標を設定しよう
  • 目標スコアを踏まえて模試や公式問題集の結果に一喜一憂しよう

問題集を解く前に作戦・戦略を立てよう

模試や公式問題集を解くときも本番かのように事前に作戦や戦略を立てましょう。

【TOEIC配点の秘密】各パートの配点を見込んだ試験対策と戦略まとめ

TOEICの試験時間は長い?後悔しない理想的な時間配分を解説

特に時間配分に関する戦略は念入りに立てておきましょう。

そして実際に時間を測って模試を解くときに事前に立てた作戦、戦略を遂行しましょう。

解き終わったら

  1. 作戦、戦略通りに進んだか
  2. 思い通りにいかなかった場合、次回はどのように改善できるのか
  3. 戦略がきつすぎる、緩すぎる場合は微調整を加える

このようなステップを踏みましょう。

これを何度も何度も繰り返していけば自分に最適な時間配分、戦略を見つける事ができます。

ここがポイント

  • 解く前に必ず作戦を立てる
  • 解き終わったら作戦が成功したのか、失敗した場合はどこで失敗したのかどうやって改善できるのかを分析する
サーシャ先生
このような緻密かつ地味な努力を積み重ねてこそ大幅なスコアアップが達成できます
楽して対策なんてできないわね!
サヤカちゃん

さらにリーディングやリスニングの実践テクニックを身に付けてTOEICだけでなく総合力も上げたいという方にはこちらの記事がおすすめです。

おすすめ記事
TOEICリスニングで着実にスコアを伸ばす対策・勉強法【勝ち抜くヒント】

続きを見る

おすすめ記事
TOEICリーディング完全版【見逃せないコツ・勉強法・参考書など解説】

続きを見る

次の項では独学で英語を勉強する際に絶対に肝に銘じておいた方が良い事を解説します。

独学で英語を勉強する際に気を付けるべき事

ほとんどの人が挫折する事実

巷では

  • ダイエット
  • 英語
  • ゴルフ

などが多くの人が始めるものの結局挫折してしまう人がほとんどの物だそうです。

実際独学で英語を始めてみて挫折して止めてしまう人が多いのは事実です。

よくある挫折としては

  1. 他人と比べてしまう
  2. 伸びが感じられない
  3. いつできるようになるのか途方に暮れてしまう
  4. 勉強法や教材ばかりを追い求める
  5. すぐに結果を求めすぎる

などなどでしょうか。

まず独学で英語を勉強するのであれば挫折ポイントを知り、その原因や対処法を事前に知っておく必要があります。

こちらの記事ではよくある挫折ポイント20個とそれに対する対処法を詳しく紹介しているので、興味がある方はぜひどうぞ。

さらに詳しく

自己流は危険だけど他人を信じすぎてはいけない

まず右も左も分からない状態で自己流で始めるのはあまりおすすめではありません。

最初は私も含めですが、勉強法などを発信している人をフォローする事から始めるのが最も効果的です。

しかしながら、一人の人を過信し過ぎて信じ切ってしまうのもまた危険なのです。

それは人間誰しも得意不得意や特徴が違うので、発信者が発信している勉強法があなたに合うという確証はどこにもないからです。

最終的には多くの人の意見を取り入れて実践し、自分に合ったものを見つけて精査しながら自分でカスタマイズしていく勉強法が究極的に最高の独学勉強法になるのです。

  1. インターネット上にある勉強法を色々試してみる
  2. 一定期間経った後自分に合っているのか、成果が出ているか、楽しめているのかを各々精査する
  3. 合っていないものは即切り捨てて違う物を試してみる
  4. 合っている物は続けてみる
  5. 最終的に色々試した中で取捨選択をして自分用にカスタマイズする

この5つは英語の独学で必須のフローです。

英語と独学についてはこちらの記事でもっと詳しく解説しているので、興味がある方はぜひご覧ください。

さらに詳しく







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-TOEIC