イギリス文化 イギリス生活情報 旅行関係 海外旅行役立ち情報

5年住んだ僕があえてイギリスの定番観光地を淡々と23個紹介します

こんにちは偏差値40台の高校を卒業後イギリスの大学に進学し卒業したJIN(@ScratchhEnglish)です。

僕が5年住んだイギリスは観光大国です。

東京も近年かなり観光都市化してきましたが、イギリスのロンドンの方がもっと凄い。

ロンドンの中心地を歩けば英語を聞く事は全然ありません。

僕はロンドンに住んでいた訳ではなく、別の地方都市に住んでいましたが、今回はなんとなくあえてイギリスのド定番観光地を淡々と紹介していきます。

穴場スポットは1つも載せませんので穴場情報を探している方はここでページを閉じた方がいいかも…

それでは見ていきましょう!

イギリス、ロンドンのド定番観光地

バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)

エリザベス女王が住んでいると言われるロンドン中心地にある宮殿。

赤色と黒色の衣装をまとった近衛歩兵隊の衛兵交代式が非常に有名です。

毎日のようにたくさんの観光客で溢れ、それと同時にスリの被害もかなり多いので注意が必要。

混雑度数:★★★★★

最寄り駅:ヴィクトリア地下鉄駅

スポンサーリンク

ロンドン塔(Tower of London)

テムズ川の近くにある中世の城塞です。

現在も儀礼的な武器などの保管庫、礼拝所などとして使用されています。

ロンドン塔では中世の時代監獄であり処刑が行われていた事でも非常に有名で、多くの有名人物もここで処刑されました。

混雑度数:★★★★☆

最寄り駅:タワーヒル駅

大英博物館(British Museum)

来客者の5割以上が外国人観光客と言われている定番中の定番観光地です。

美術に興味がない人でもロンドンに行ったらとりあえずせっかくだし言っておこう、もしくは見ておこうというフランスで言うルーブル美術館的な立ち位置です。

美術品などが800万点以上展示されており、歴史的に重要な品も多く取り揃えています。

一方で大英帝国時代に植民地から持ってきた美術品もかなり多く保管されており、その中には現代基準ではどう考えても持ってきてはいけないような品もある事から「泥棒博物館」と揶揄される事もあったりします。

混雑度数:★★★★☆

最寄り駅:トッテナムコートロード地下鉄駅

ウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)

数多くのイギリスロイヤルファミリーの王室行事が行われることでも有名。

歴代の王、女王、著名人などが埋葬されており、現在埋葬スペースは満杯状態。

隣には国会議事堂が隣接しており、1987年ユネスコ世界遺産に登録される。

混雑度数:★★★★☆

最寄り駅:セントジェームス地下鉄駅

スポンサーリンク

タワーブリッジ(Tower Bridge)

1894年に完成したロンドン市内を流れるテムズ川に架かる橋です。

開閉式であり、完成当時の開閉技術はかなり最先端のものであった(現在は電力使用)

橋の長さは244メートルで、主塔の高さは65メートル、大戦時は敵軍の目標にもされたこともあります。

混雑度数:★★★★☆

最寄り駅:ロンドンブリッジ駅

アビーロードの交差点(Abbey Road Crossing)

ビートルズのアルバム「Abbey Road」のカバー写真である事から今でも観光客がたくさん訪れています。

St. John’s Wood地下鉄駅が最寄りになります。

ビートルズの真似をして写真を撮りたいが為に時間をかけていると交通の迷惑になるので注意。

混雑度数:★★★☆☆

最寄り駅:セント・ジョンズ・ウッド地下鉄駅

ビッグ・ベン(Big Ben)

英国国会議事堂に隣接するあの超有名な時計台、ではなく時計台の鐘のニックネームです。

完成したのは1854年と歴史を感じますが、現在老朽化により補修工事が行われており2021年までは鐘が鳴らない。

1854年に出来たこんな巨大なものが残っているのは驚きですが自然災害が少ないイギリスにはビッグベンよりも歴史的な建物がたくさん残っています。

Westminster地下鉄駅が最寄り駅でこの辺も観光客であふれています。

混雑度数:★★★★★

最寄り駅:ウェストミンスター地下鉄駅

ロンドンアイ(London Eye)

1999年に始まった比較的新しい観光スポットです。

テムズ川の隣にある超巨大観覧車で、ロンドンを一望できるおすすめ観光スポット。

大きなカプセルの中に大人数で乗るという面白い形で、日本によくある観覧車とは若干異なります。

中国の観覧車に抜かれる2006年までは世界最大の観覧車であり、ギネス認定もされていた。

混雑度数:★★★★☆

最寄り駅:ウォータールー地下鉄駅

9と3/4番線(Platform 9 3/4)

ハリーポッターシリーズでお馴染みの9と3/4番線の駅は実在する「キングスクロス駅」というロンドンの駅です。

それにちなんでキングスクロス駅にはカートのオブジェクトが半分だけ突起した状態で設置されており最近では有名な観光スポットになっています。

マフラーを巻いてしっかりとハリーポッターになり切って写真撮影する人も結構いたりしますよー

ハリーポッターファンにはおすすめですね。

混雑度数:★★★☆☆

最寄り駅:キングスクロス駅

ウィンザー城

この面白い形をした城はイギリス君主の公邸の一つでもあります。

居住者がいる世界最大のお城だとも言われており、11世紀にウイリアム1世が砦を築いたのが始まりです。

歴史の長い王宮ですが、1992年に火災が発生し4年かけて修復されています

混雑度数:★★★☆☆

最寄り駅:ウィンザー&イートン・リバーサイド駅

トラファルガー広場(Trafalgar Square)

トラファルガー広場と言えば猿岩石ユーラシア大陸ヒッチハイク横断のゴールだった場所です。

政治演説や集会がよく行われる広場でもあります。

噴水が印象的な場所で、ハリーポッターの最終章はここでプレミアが行われました。

混雑度数:★★★☆☆

最寄り駅:エンバンクメント駅

ピカデリーサーカスPiccadilly Circus)

ロンドンの中心といったらここかなぁという感じで、少し違うかもしれませんがイメージ的には東京で言う渋谷?

観光やエンタメの中心地と言える場所。

たくさんのショップやパブ、シアターなど揃っているのがこのピカデリーサーカスです。

この大きな電光掲示板がかなり存在感あります。

混雑度数:★★★★☆

最寄り駅:ピカデリーサーカス駅

カムデンタウン(Camden Town)

言わずと知れたロンドンのパンクなエリアです。

5つのマーケットがあったりして、僕もロンドンに行く際はよく訪れていた所です。

個人的にはカムデン駅のすぐ傍にあるワールドエンドというパブの世界観が結構好きで必ず寄っていました。

混雑度数:★★★☆☆

最寄り駅:カムデン駅

バラマーケットBorough Market)

勘違いされがちですが「薔薇市場」ではありません。

バラ(Borough)は行政区画という意味の単語です。

ストリートフード、果物、野菜、肉、魚、ショップなんでもあり。

卸売りも小売りもやる面白い場所です。

僕のようにどんな国、場所に行っても市場が大好きという人にはおすすめです。

混雑度数:★★★★☆

最寄り駅:バラ駅

>>イギリスへの航空券を最安値で探す

イギリス、イングランド中部の定番観光地

コッツウォルズ(Cotswolds

恐らく多くの人が思う「イギリスらしい」イメージがそのまま体験できる観光名所です。

結構勘違いされがちですが、コッツウォルズという村がある訳では無くコッツウォルズは大きなエリアを表しているだけです。

なのでコッツウォルズの中にも超人気の観光名所的な村もあればそうでもない場所もあります。

アクセスはバスが多く、ロンドンからたくさんツアーが出ています。

イギリスらしい田舎の村の雰囲気を堪能したい方にはおすすめしたい「可愛い」場所です。

クライストチャーチ(Oxford University Christ Church)

オックスフォード大学の中にあるクライストチャーチですが、映画ハリーポッター、ホグワーツのロケ地だった事でさらに人気が出ています。

そしてハリーポッターの定番シーンである大広間で行われたクラス分けのシーンはここの食堂がモデルになってセットが組まれました。

雰囲気ある場所です。

イギリス、イングランド南部の定番観光地

ここは僕も行きましたがロンドンからかなり距離があります。

ロンドンからたくさん直通のバスが出ているから近いのかな、なんて思っていましたが片道で数時間もかかりめちゃくちゃ遠かったです。

でっかい石が積み上げられており、パワースポット的な不思議スポットです。

しかしそれ以外にはギフトショップがあるくらいで、本当に興味のある人だけにお勧めしたい場所です。

セブンシスターズ(Seven Sisters)

イングランド南部のイーストボーンにある白亜系チョークからなる海食崖です。

夕暮れ時が一番美しいなんて言われることもあります。

ただこの壁の素材が非常にもろいため、表面をみても結構ヒビが入っているのが分かります。

イギリス、イングランド西部の定番観光地

ローマンバス

イングランド西部にある都市「バース」にある史跡です。

古代ローマの銭湯的な場所で、1年間で100万人以上の観光客を呼び込むイングランド屈指の観光地でもあります。

でも銭湯と違って見学はできても入る事ができないので注意です!

>>イギリスへの航空券を最安値で探す

イングランド北部の定番観光地

湖水地方(Lake District)

イングランド北西部、カンブリア郡にあり湖がたくさんある広大な地域。

イギリス旅行と言うとロンドンの名所ばかりが浮かびますが、実はこういう大自然でのどかなイギリスも凄くおすすめ。

広大な自然の中にあるパブでビール1杯なんて至極ですねー

イギリスの自然って良いんですよね、ただ冬は寒くなるので防寒対策必須です。

オールド・トラッフォード(Old Trafford)

世界的有名なイギリスのフットボールクラブ、マンチェスターユナイテッドの本拠地、別名「夢の劇場」です。

本当にイメージですがマンチェスターユナイテッドはイギリス国外のファンが本当に多いイメージ。

ただロンドンからマンチェスターは結構遠い。

現在新幹線的な高速列車が建設、計画されているらしく、それが完成すればロンドンマンチェスター間は2時間以内で行けるようになるらしい…

いつになる事やらですがね…

リヴァプール(Liverpool)

サッカーチームのリヴァプールFCまたはエヴァートンが好きな人、ビートルズが好きな人がよく訪れる場所がリヴァプールです。

イングランド北部に位置し、活気溢れた街です。

ビートルズの博物館、アンフィールド、キャヴァーンクラブなどが主な観光名所であり、ナイトライフも充実しています。

スコットランドの定番観光地

エディンバラ城(Edinburgh Castle)

イングランドを飛び出してスコットランドへ。

スコットランドの首都エディンバラにある正に要塞と言った美しいお城です。

エディンバラは本当に美しい場所ですが、イングランドよりも天気が悪いとも言われており、そこが欠点でしょうか。

スコットランドにはイングランドと少し違う良い雰囲気があります。

ネス湖(Loch Ness)

日本でもお馴染みネッシーというUMAがいると言われているのがこのスコットランド北部、ハイランド地方にあるネス湖です。

それ以外にもイギリス最大の淡水湖であり、ウナギがたくさん住んでいるらしい(ここにいる超巨大ウナギがネッシー伝説の真相ではないかという説もある)

しかしネッシーの正体はまだ確認されていません。

>>イギリスへの航空券を最安値で探す

あなたにおすすめの関連記事

最近Twitterにもかなり力を入れています!


一時期SNSからすべて撤退していましたが、最近毎日短文での有益な情報発信を目的としてTwitterの活動にも力をかなり入れています。

毎日欠かさず英語学習や留学に関する役立つ情報をお送りしています!

フォローするかしないかはあなた次第!

ツイッターでJINをフォローする

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

偏差値40台のおバカ高校を卒業後奮起し独学でイギリスにある大学に正規入学し卒業。 英語のエの字も知らなかったが今では英検1級も取得。 英会話を教えたり翻訳をしたりブログ書いたり…

-イギリス文化, イギリス生活情報, 旅行関係, 海外旅行役立ち情報

Copyright© ライフタイムラーナー , 2019 All Rights Reserved.