元講師がオンライン英会話を25社以上受講して比較!➡

訛りが凄すぎる!英国内に存在する主なイギリス英語のアクセント16選

こんにちは偏差値40台の高校を卒業後、イギリスの大学に進学し、卒業したJIN( @ScratchhEnglish)です。

JIN

結論、イギリス英語は東西南北で別の言語かってくらい違います

この記事のまとめ

イギリスに5年住んだ筆者がイギリス国内にある主要アクセントを徹底解説!

もっともスタンダードと言われているイギリス英語から、別言語のように異なるイギリス英語まで、まとめてご紹介します。

イギリス英語に興味がある方に、とくに読んでほしい内容です。

英語の区分を分ける時によく言われるのは

  • アメリカ英語
  • イギリス英語

たしかにアメリカ英語とイギリス英語には大きな違いがたくさんあります。

たとえば 同じ物を表すときに使う単語が違ったり、スペルが違ったり、発音やアクセントが違ったり…

しかしアメリカ英語の中でも、そしてとくにイギリス英語の中ではその中でも多く細分化されます。

地域や階級(かつて)ごとによってアクセント、発音、使う単語や言い回しが全然違うんです

イギリス内で話されている英語の種類をすべて特定、はさすがにできませんが、今回の記事ではイギリスで話されている主な英語アクセントにフォーカスして紹介していきます!

この記事を読むメリット
  • 有名なイギリス英語アクセントを知れる
  • 各英語を話す有名人を紹介
  • 4年イギリスに住んだ筆者が解説
アオイちゃん

日本語の方言や訛りと同じ感じ?

JIN

うーん…そうともいえるけど、隣町に言ったら英語が少し違う、ということはよくあるレベルだね

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



イギリス英語はひとつじゃない!イギリスで話される主なアクセント16選

それでは有名なイギリス英語アクセントを16個ご紹介。

おおまかにカテゴライズしたものとなっていますが、実際のイギリス英語はさらに細分化されています
~を使う有名人を記載していますが、歳を重ねるにつれて話し方が変わる人や、メディア出演の際はニュートラルな標準的なアクセントを使う人もいます

容認発音(RP)

クイーンズイングリッシュ、RPとも呼ばれる王室やBBCアナウンサーが使う発音としても知られる事実上の標準発音です。

とはいえ容認発音が話されているイギリス英語の大多数と言ったらそうではありません。

一般社会では南部の教養がある人や、私立(パブリックスクール)上がりの人が使う印象が強く、Posh accent(上流階級のアクセント)とよく形容されます

日本でいうお嬢様、お坊ちゃま的要素はあります。

多くの人が使っているから標準という訳ではなく、支配層が使っている(かつて使っていた)から一応標準になっているといった感じです。

コックニー(Cockney)

上流英語の容認発音とは真逆のような存在で、ロンドン東部の下町英語といったところ。

押韻スラング(Rhyming slangs)という、隠語のようなスラングがあり、理解するのが非常に難しいアクセントでもあります。

リンジー先生

現在では昔のように完全なコックニーは徐々に薄れてきています

簡単なスラング例
  • Apples and pears=Stairs(階段)
  • Adam and eve=Believe(信じる)
  • Bread and honey=Money(お金)
  • Mince pies=Eyes(目)
  • Lady godiva=Fiver(5ポンド)など
コックニーを使う有名人

エスチュアリー・河口域英語(Estuary)

日本語では河口域英語というようです。

これはロンドンテムズ川周辺で使われるようになったためで、エスチュアリーには河口という意味があります

上流でもない下流でもないロンドンの中間層が作り出したと言われ、RPよりくだけているものの、コックニーより俗感や下町感がない形になっています。

リンジー先生

エスチュアリーと似たような英語を話す人は、RPやコックニーと比べるとかなり多いイメージがあります

エスチュアリーを使う有名人

MLE(Multicultural London English)

マルチカルチュアルイングリッシュ、または

  • ロードマンイングリッシュ
  • ジャフェイカン
  • ゲットーイングリッシュ

などと呼ばれることもあります。

ロンドンのラッパーやストリート界隈で使われがちな英語で、独特の表現は元々イギリスと繋がりが深いジャマイカや東部コックニーの影響を大きく受けている面が多い

私もイギリスに住んでいた頃、MLEを話す友人がいたり、一緒に住んでいたりしたこともありますが、英語からノリまでまったく違っておもしろかったです。

より詳しく知りたい方はNetflixシリーズの「トップボーイ」やイギリスのグライムミュージックで深く掘り下げることができます。

MLEを使う有名人

エセックス(Essex)

ロンドン東部の隣にあるエセックス州で話されている英語です。

セクシーなアクセントという人もいれば、嫌いな人も多い賛否両論があるアクセント。

リンジー先生

エセックス州は大きな州なのでその中でもアクセントの枝分かれがあります

エセックスを使う有名人

ウエストカントリー(West Country)

名前の通りイングランド西部のアクセントをおおまかにまとめたイングリッシュアクセントです。

一応後述のブリストルもこの括りに入ります。

しかしウェストカントリーアクセントというともっと西側のコーンウォールやデボン、ドーセットを表している場合が多いです

ちなみにコーンウォールの人たちは独自のアイデンティティを持っており、自分たちはイングランド人ではない、コーンウォール人だ!という意見の人が多く、実際かつてはコーンウォール語というものがありました。

ウエストカントリーを使う有名人
  • クリス・マーティン
  • ロジャー・タイラー
  • アダム・ララーナなど

ブリストリアン(Bristorian)

名前の通り「ブリストル」で使われている英語です。

2019年に行われたBig 7 Travel社によるアンケート調査によると、ブリストリアンアクセントは、イギリス国内の英語アクセントでもっとも人気がないアクセントに選出されたとのことです。

ブリストリアンを使う有名人
  • ジェームズ・メイ
  • ハンナ・マレー
  • ラッセル・ハワードなど

ノーフォーク(Norfolk)

私も長い間住んでいたイングランド東部のノーフォーク州で話されている英語アクセントです。

田舎もんっぽいという評判もちらほらあったりします

BeerとBearやDeerとDearの違いが薄くもはやわからないレベル。

ノーフォークを使う有名人
  • デリア・スミス
  • マイク・ガスコイン
  • オリヴィア・コールマンなど

スカウス(Scouse)

スカウスはイングランド北部の都市リバプール英語を指します。

聞いたらすぐにわかるくらい北部都市の中でもかなり特徴的な英語です。

リンジー先生

イントネーションなど最初はかなり理解が難しいものの、一旦掴むと意外とわかるアクセントでもあります

スカウスを使う有名人
  • スティーブン・ジェラード
  • ビートルズ
  • ショーン・エバンスなど

ジョーディー(Geordie)

イングランド北部ニューカッスルで使われている難解英語です。

難解レベル的にはイギリス内でもかなり高く、本当に何を言っているのかまったくわからないということもあります。

リンジー先生

そういうところも北部の魅力でしょうか

ジョーディーを使う有名人

マンキュニアン(Mancunian)

イギリス第2または第3の都市という認識のマンチェスターで話されている英語です。

鼻声なところが特徴的!

リンジー先生

個人的な印象ですが、他の北部アクセントと比べると比較的理解しやすい気がします

マンキュニアンを使う有名人

ブルミー(Brummie)

イングランド中部の大都市、バーミンガムで使われている英語です。

ネットフリックスのドラマ「ピーキー・ブラインダーズ」はバーミンガムを舞台にしているので、興味があればオススメ!

リンジー先生

イギリス国内ではあまり人気のアクセントではありません

ブルミーを使う有名人
  • オジーオズボーン
  • ロブ・ハルフォード
  • ジョン・オリバーなど

スコティッシュ(Scottish)

名前の通りスコットランドで話されている英語を指します。

個人的な経験でいうと、もしかしたら数あるイギリス英語の中で一番難解だったかもしれません

スコットランドを舞台にした映画「トレインスポッティング」ではアメリカで字幕付き上映されたこともあります。

スコティッシュ英語と言っても、一括りではなくグラスゴーとエディンバラでは違ったり、そこからさらに分岐します。

スコティッシュを使う有名人

ノーザンアイリッシュ(Northern Irish)

イギリスを構成する1国である北アイルランドで話されている英語です。

地理的にはアイルランド島なので、アイリッシュ英語にかなり近いものがあり、セクシーなアクセントとして評価されることも多々あります。

ノーザンアイリッシュを使う有名人
  • ジョージ・ベスト
  • リアム・ニーソン
  • ヴァン・モリソンなど

ウェルシュ(Welsh)

ウェールズで使われているかなり特徴的な英語です。

もちろんウェルシュアクセントと言ってもウェールズ国内の北部と南部では異なります

ウェールズ語自体がかなり特徴的ということで、ウェルシュ英語も特徴的なのかもしれません。ウェールズ語はアルファベットの並びを見るだけでも難解であることがわかります。

ウェルシュを使う有名人

ヨークシャー(Yorkshire)

イングランド北部のヨークシャー地域の英語を指します。

とはいえ、ヨークシャーは非常に広い地域ですから、ヨークシャー内でも区域によっては結構異なります。

リンジー先生

隣町でも英語の種類が違うなんてこともあるからおもしろいですよね

ヨークシャーを使う有名人

Sponsored Links



プロが厳選して選ぶ!イギリス英語にオススメのオンライン英会話ランキング

イギリス英語 オンライン英会話 おすすめ ランキング トップ5

イギリス英語を学びたいけど、日本の英会話スクールの主流はアメリカ英語…その悩み私も本当に痛いほどわかります。

私も10年前まったく同じ悩みにぶち当たりました。

私はイギリスに5年間住んで、現地の大学を正規で卒業、オンライン英会話講師として働いた経験もあります。

さらに妻はイギリス人で現役の英会話講師として活躍しております。

JIN

自分でいうのもアレですが、ここまでテーマにマッチする人はなかなかいないと思っています

そんな私がイギリス英語を学ぶのにオススメするオンライン英会話ランキングを作りましたので、「イギリス英語を学びたい!」と思っている方はぜひご参考にしてみてください。

スクロールできます
ランキング 1位 2位 3位4位5位
サービス名
※タップでレビュー記事へジャンプ
ELT英会話

ELT Shool of english logo
キャンブリー

Cambly logo
ネイティブキャンプ

Native camp logo
DMM英会話

DMM eikaiwa logo
EFイングリッシュライブ

ef english live logo
オススメ度 (5.0) (4.0) (3.5) (3.5) (3.0)
値段月額 14,300円~月額 3,190円~月額 6,480円~月額 6,480円~月額一律 8,910円
無料体験1回 40分(カウンセリング付)1回 15分7日間1回 25分7日間
特徴・文句なしにイギリス英語ならココ!
・イギリス人講師のみ
・ロンドンにて35年の歴史
当サイト限定割引あり
・ワンタップで即時レッスン
・ネイティブ講師のみ
・イギリス人講師多数
・定額でレッスン受け放題だがネイティブは別
・イギリス英語発音講座あり
・多くはないがイギリス人講師在籍
・国内最大級のオンライン英会話
・多くはないがイギリス人講師在籍
・世界最大の語学学校が運勢
・グループレッスン+マンツーマン
・マンツーマンのみ講師を選択可能
名前をタップするとレビュー記事を確認できます

まず1位~3位の概要をまとめましたので、ぜひチェックしてみてください!

さらなる詳細につきましては以下の完全ランキング記事で解説しています。

ご興味のある方はぜひチェックしてみてください。

イギリス英語オンライン英会話ランキング完全版

ちなみに1位に挙げたELT英会話は、私も28社以上比較したうえで入会してずっと続けています。

少しだけ中身を紹介しておきます!

ELT英会話をオススメすすめする理由
  • 資格持ちのイギリス人に直接担任として教えてもらえる
  • 的を絞った的確な指導で効率的に上達を目指せる
  • 私は今まで気にもしなかった細かいところまでしっかりと気づいて、正しい方向性で対策できるようになった

結論、ここまで継続受講してきて、まったく後悔はありませんし、本会員になる前に見えなかったこともたくさん見えてきました。

ELT英会話 受講
JIN

独学でやっていた時に気づけなかったことをたくさん気づかせて貰えたのが、結論もっとも大きなメリットです

自分ではまったく気にもしなかった基礎固めから解答テクニック、対策法まですべて教えてくれます。

ELT英会話-edmodo

レッスン外でもEdmodoという教育向けプラットフォームで、練習問題や読んでおくべき資料などを送ってくれますし、質問があればいつでもそこで回答してくれます。

ELT英会話 ケンブリッジ英検

宿題に関しても、私の生活に合わせて仕事が忙しいときは少な目、ガッツリやりたいときには多めに出してくれるのでタイムマネジメントも非常にやりやすいと感じます。

elt cambridge

ちなみに、スピーキングだけでなくライティング、リスニング、リーディングとオールインワンで総合対策。

リーディングテクニックやリスニングテクニック、すべて教えてもらっています

さらに、私も実際に利用しているということもあり、当サイト「ライフタイムラーナー」限定割引キャンペーンを実施しています!

当サイト限定割引!

私も実際に継続利用しているELT英会話では、「ライフタイムラーナーを見ました」と無料体験申し込み時にお伝えするだけで、当サイト読者様限定で初月20%割引を受けることができます!

割引条件

  1. 無料体験レッスンお申し込み時フォーム【その他ご要望】箇所に「ライフタイムラーナーを見ました」と入力
  2. 初月20%OFFはおひとり様に対して一度のみの対象
  3. ご入会後、最低2ヶ月ご利用の方限定
  4. 割引適用の場合、プラン変更はご入会から3ヶ月目以降より可能
  5. 月額プランのみ利用可能
  6. 割引を希望した場合でも、無料体験後の入会義務は一切ありません

キャンペーン終了時期は今のところ決まっていません、ご興味のある方は、ぜひ今すぐ無料体験レッスンだけでも受けてみてください!

\ 35年エリート駐在員に選ばれ続ける語学学校 /

※無料体験にクレジットカード入力不要

ELT英会話の受講レビュー記事はコチラ

よかったらシェアしてね!

Sponsored

Sponsored

人気記事:【2021年】元プロがオンライン英会話25社徹底比較|目的別ランキング形式で紹介

あなたにおすすめの記事

英語力の伸びに悩んでいる方へ

オンライン英会話、もう挑戦しましたか?

  • 英語を勉強しているけどアウトプットする機会がない…
  • 英会話スクールやコーチングは高すぎる…
  • オンライン英会話をやっているけど伸びをあまり感じられない…

オンライン英会話選びは自分の英語ニーズや英語レベルに合ったものを選ぶのがとても重要になります。合わないものを選べば伸びを感じられないのも当然です。

この度元オンライン英会話講師でもある私が自ら1年ほどかけて20社以上回り、分野別に徹底比較してランキングを作りました。

オンライン英会話の一歩を踏み出してみたいという方や苦戦しているという方はぜひ参考にしてみてください!総合1位に入れたサービスには私も実際に入会し、継続して続けています!

\ 元講師が全部受講して徹底比較! /

※無料体験できるもの満載です

ラーナーズナビ
-最適なサービスを無料でご提案-

ラーナーナビ

ラーナーズナビ(Learner's Navi)」は20社以上オンライン英会話を実際に受講して比較した元オンライン英会話講師の筆者が作った、最適なサービスを見つけるために役立つ無料ツールです。

タップして5つの質問に答えるだけでニーズに合った1社をご提案します!

\ 5つの質問に答えるだけ /

※登録なしに完全無料で使えます

この記事を書いた人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる