イギリス イギリス文化

イギリスにルーツを持つ犬種20選まとめ【女王が愛するあの犬種も】

こんにちは偏差値40台の高校を卒業後イギリスの大学に進学し卒業したJIN(@ScratchhEnglish)です。

人間の外見が地域によって特徴が違うように、歴史的に長い間人間の相棒を務めてきた犬も地域によって違う種類がたくさんあります。

もちろんコーギーやヨークシャーテリアをはじめイギリスにルーツを持つ犬種はたくさんいます。

今回の記事では超犬派で下手したら人間よりも犬の方が好きな僕がイギリスにルーツを持つ犬種をまとめて紹介していきます!

イギリスにルーツを持つ犬種をまとめて紹介【女王が愛するあの犬種も】

スポンサーリンク

ウェルシュコーギー

イギリスのエリザベス女王が若き日からずっと愛してきたことでも有名なのがコーギー犬。

名前の通りイギリス、ウェールズで何百年もの間、人間と共に生活し、一緒に生きてきました。

足が短いのが特徴的でとっても可愛いですね!

ヨークシャーテリア

「ヨーキー」の愛称でも親しまれている名前通りイングランドのヨークシャーにルーツを持つ犬種です。

かなり小型の犬種で、その美しい毛質から「動く宝石」などと呼ばれることもあります。

かつては工場などに出るネズミ捕りを仕事にしていました。

スポンサーリンク

ビーグル

ローマ時代はウサギ狩りを仕事としていたのがこのビーグル犬です。

嗅覚が非常に優れている為、現在は空港でも活躍しています。

ちなみにあの有名キャラクターのスヌーピーやウォレスとグルミットのグルミットもビーグル犬がモデルになっています。

ボーダーコリー

世界で最も牧羊犬として活躍している犬種がこのスコットランド生まれのボーダーコリーです。

頭が良いのと同時に運動能力が非常に高い事でも知られています。

ルーツは8世紀~11世紀ごろと言われている非常に歴史ある犬種でもあります!

シェットランドシープドッグ

シェルティーの愛称でも親しまれているこの犬種はイギリススコットランド出身です。

シープドッグという名前が付いているように元々は牧羊犬でした。

スラっとした身体にキリっとした目がとっても上品な雰囲気があります!

ラフコリー

こちらもスコットランド出身の上品な雰囲気のある犬種です。

かつては牧羊犬として活躍していた歴史があり、コリーと呼ばれる犬種は他にも複数いますが、ラフコリーが一番数が多い事もありコリーと言えばラフコリーを指す場合が多いです。

ジャックラッセルテリア

1800年代のイングランド、デボンに起源を持つ犬種です。

かつてはキツネ狩りを仕事としていたと言われ、ジャックラッセルテリアという名前は19世紀に最初にこの犬種を生み出した牧師ジャック・ラッセルから来ています。

ノーリッチテリア

出典:micachorro

僕が長い事住んでいたイングランド東部の街ノーリッチにルーツを持つ犬種です。

1800年頃にはケンブリッジ大学の学生たちの間でよく飼われていたと言われ、1900年代にはネズミ捕りとしても活躍していました。

小型ながら頑丈な身体、機敏で活発と言われています。

ゴールデンレトリーバー

実はこちらもイギリス、スコットランド出身の犬種です。

非常に忠誠心があり賢く、同調能力も高く長い間人間と一緒に時間を共にしてきました。

名前は昔猟師が打ち落とした獲物を「Retrieve(回収する)」する役割を担っていた事からきています。

イングリッシュ・コッカー・スパニエル

名前通りイングランドにルーツを持つ犬種です。

巻き毛と長い耳が非常に特徴的で、鳥猟犬として活躍していました。

鳥猟犬としてはかなり小型の部類ですかなり活発な性格で、運動量が多い犬種のようです。

ブルドッグ

名前は18世紀のイギリスでブル(雄牛)と闘っていたことからきています。

1835年にこのような行事が法律で禁止されてからは番犬やペットとして飼われるようになりました。

フレンチブルドッグはあるイギリス人がこのイギリスのブルドッグと一緒にフランスへ渡った際に交配したものと言われています。

イングリッシュ・グレイハウンド

グレイハウンドの名を持つ犬種は他にもいますが、こちらが一番数が多くポピュラーという事でグレイハウンドと言えばこの犬種を指す場合が多いです。

元々貴族に愛された特別な犬種で、ルーツは紀元前5000年の古代エジプトともいわれています。

ボーダーテリア

イングランド北西部にルーツを持ち、テリア系の中では一番古い姿そのまま残っていると言われている犬種です。

かつてはキツネ狩りに従事しており、穴に潜ってキツネを追い出す役割を担っていました。

友好的でやさしい性格。

カーリーコーテッド・レトリーバー

黒い毛がとても特徴的で、レトリバー系統としてはイギリス最古とされています。

Curly(巻き毛の)Coated(覆われた)という名前から分かるように。色と共に巻き毛なのも特徴的頭脳明晰で泳ぐのも得意、非常に万能な犬種です。

イングリッシュポインター

17世紀のイングランドに起源を持つ犬種です。

米系ポインターもいる一方で一般的にポインターと言えばイングリッシュポインターを基本的には指します。

獲物の方に向かって「ポイント(指して)」して知らせる事からこの名が付けられたウサギ探しの達人です。

ブルテリア

一度見たら忘れられないくらい印象の強い目が特徴です。

18世紀中期まで遡ると言われ、19世紀に小型化されたミニチュアブルテリアも有名です。

特徴的な見た目からマンガやアニメーションにもよくキャラクターモデルとして登場する人気があります。

スコティッシュテリア

名前の通りスコットランドにルーツを持つテリア系の犬種です。

黒い毛色が特徴的で、小さいながら身体はかなり筋肉質で敏捷で活動的愛情深い一方で頑固であることから「ダイハード」というニックネームを付けられています。

ビアデッド・コリー

カタカナだと分かりにくいですが、英語にすると「Bearded Collie(髭の付いたコリー)」と名前の由来が分かりやすいです。

目が隠れるほど長い前髪が特徴的です!

活発で陽気、頭が良い一方で頑固な面もある犬種。

クランバー・スパニエル

出典:The Spruce Pets

スパニエル種では最古ともいわれ、その大きさと気品から「スパニエル界の貴族」と呼ばれることも。

元々はフランスの猟犬をルーツに持つともいわれ、かつてはエドワード7世やジョージ5世などイギリス王室でも愛されていました。

エアデール・テリア

イングランド、ヨークシャーのエア渓谷を発祥とする事からこの名前が付いています。

かつては川の中でカワウソ狩りをしていたともいわれ、猟犬として様々なタスクをこなしていました。

見た目は本当にぬいぐるみのような風貌で特徴的!







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-イギリス, イギリス文化

Copyright© ライフタイムラーナー , 2020 All Rights Reserved.