イギリス文化

【世界史】イギリスの歴代首相をまとめて全員紹介!現在の首相は誰か分かる?

2020年3月9日

イギリス 首相 歴代

 

こんにちは、正直なところ政治自体にはあまり詳しくないJIN(@ScratchhEnglish)です。

 

悩みのタネ

  • イギリスの歴代首相を知りたいです
  • どの首相が人気あったんですか?
  • 日本と交流のあった人はいますか?

 

あえて細かいところまで見ないようにしているというのも無きにしも非ずです…

 

余談は置いておきまして、皆さんはイギリスの歴代首相と言ったら何人くらいの顔や名前が思い浮かべる事ができますか?

 

あまり多くないのが実際のところでしょう。

 

今回の記事では日本国内ではそこまで知名度のないイギリスの歴代首相をもれなく全員簡単な経歴と共に紹介していきます!

 

リンジー先生
皆さんは現在の首相、第1代の首相がだれか分かりますか?

 

 

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク



21世紀のイギリス歴代首相の一覧

 

それでは最新の首相順に全員見ていきましょう!

 

 

第77代:ボリス・ジョンソン(Boris Johnson)

「Boris Johnson uk politics」の画像検索結果

出典:BBC

  • 生年月日:1964年6月19日
  • 出生地:アメリカ、ニューヨーク
  • 所属政党:保守党
  • 議員初当選:2001年
  • 首相在任期間:2019年7月24日~現在

 

ロンドンオリンピック時にはロンドン市長を務め、キャメロンやメイとは異なり国民投票時から離脱派のキャンペーンを行っており、総選挙を行った結果EU離脱を確実のものにしている。

 

一方昔からスキャンダルに事欠かさない面があり、現在はアメリカのトランプ大統領と比較されることも。

 

ちなみにロンドンの様々な場所に置かれているレンタル式の自転車はジョンソンがロンドン市長時代に導入したもので「ボリスバイク」というニックネームで呼ばれています。

 

第76代:テリーザ・メイ(Theresa May)

出典:BBC

  • 生年月日:1956年10月1日
  • 出生地:イングランド、イーストボーン
  • 所属政党:保守党
  • 議員初当選:1997年
  • 首相在任期間:2016年7月13日~2019年7月24日

 

国民投票を公約にし、結果的に離脱が上回ったことを受けて辞任したキャメロン首相の後を受けて首相に就任。

 

混乱の中、さらに自身は残留派であったにも関わらず離脱手続きを進めるというある意味ババを引かされたといっても過言では無かったと思います。

 

一方で残留派の国民からは相当に叩かれ、総選挙を行った結果ハングパーラメント状態になったため離脱交渉が全く進まなかった。

 

結果的にこの行き詰まりを受けて辞任。

 

第75代:デーヴィッド・キャメロン(David Cameron)

出典:PoliticsHome.com

  • 生年月日:1966年10月9日
  • 出生地:イングランド、ロンドン
  • 所属政党:保守党
  • 議員初当選:2001年
  • 首相在任期間:2010年5月11日~2016年7月13日

 

EU離脱の是非を問う国民投票を行った首相として今後も歴史的に語られていくであろう首相です。

 

国民投票を公約にしたものの、キャメロン自身は離脱派ではなく、結果的に離脱派が上回った事を受け首相を辞任しました。

 

第74代:ゴードン・ブラウン(Gordon Brown)

出典:Daily Express

  • 生年月日:1951年2月20日
  • 出生地:スコットランド、グラスゴー
  • 所属政党:労働党
  • 議員初当選:1983年
  • 首相在任期間:2007年6月28日~2010年5月11日

 

スコットランド、グラスゴー出身でトニー・ブレア首相の後を受けて首相に就任。

 

リーマンショック時の素早い対応は大きく評価されたものの、任期中最後の総選挙では100議席近くを失い、結果的に退陣しました。

 

第73代:トニー・ブレア(Anthony Blair)

出典:Politicoscope

  • 生年月日:1953年5月6日
  • 出生地:スコットランド、エディンバラ
  • 所属政党:労働党
  • 議員初当選:1983年
  • 首相在任期間:1997年5月2日~2007年6月27日

 

この人も世界的に高い知名度があるイギリスの首相です。

 

私の世代だとイギリスの首相=トニー・ブレアみたいなイメージすらまだあります。

 

10年も首相の座に就くも最後は戦争、テロなどにより支持率が大幅に下落してしまいました。

 

目次へ戻る

 

20世紀のイギリス歴代首相の一覧

 

ここからは20世紀の首相です!

 

20世紀の首相

  1. 第72代:ジョン・メージャー(John Major)
  2. 第71代:マーガレット・サッチャー(Margaret Thatcher)
  3. 第70代:ジェームズ・キャラハン(James Callaghan)
  4. 第69代:ハロルド・ウィルソン(Harold Wilson)
  5. 第68代:エドワード・ヒース(Edward Heath)
  6. 第67代:ハロルド・ウィルソン(Harold Wilson)
  7. 第66代:アレック・ダグラス=ヒューム(Alexander Douglas-Home)
  8. 第65代:ハロルド・マクミラン(Harold Macmillan)
  9. 第64代:アンソニー・イーデン(Anthony Eden)
  10. 第63代:ウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)
  11. 第62代:クレメント・アトリー(Clement Attlee)
  12. 第61代:ウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)
  13. 第60代:ネヴィル・チェンバレン(Neville Chamberlain)
  14. 第59代:スタンリー・ボールドウィン(Stanley Baldwin)
  15. 第58代:ラムゼイ・マクドナルド(Ramsay MacDonald)
  16. 第57代:スタンリー・ボールドウィン(Stanley Baldwin)
  17. 第56代:ラムゼイ・マクドナルド(Ramsay MacDonald)
  18. 第55代:スタンリー・ボールドウィン(Stanley Baldwin)
  19. 第54代:アンドルー・ボナー・ロー(Andrew Bonar Law)
  20. 第53代:デビッド・ロイド・ジョージ(David Lloyd George)
  21. 第52代:ハーバート・ヘンリー・アスキス(Herbert Henry Asquith)
  22. 第51代:ヘンリー・キャンベル=バナマン(Henry Campbell-Bannerman)
  23. 第50代:アーサー・バルフォア(Arthur Balfour)
  24. 第49代:ロバート・ガスコイン=セシル(Robert Gascoyne-Cecil)

 

第72代:ジョン・メージャー(John Major)

出典:Daily Express

  • 生年月日:1943年3月29日
  • 出生地:イングランド、サットン
  • 所属政党:保守党
  • 議員初当選:1979年
  • 首相在任期間:1990年11月28日~1997年5月2日

 

サッチャー政権下では様々な大臣を歴任し、サッチャーの後を継いで首相に就任。

 

6年半もの間首相の座に就いたものの、どっちつかずの政策が多かったことや相次ぐ政治家スキャンダルもあって最終的に労働党に大敗してしまいました。

 

第71代:マーガレット・サッチャー(Margaret Thatcher)

出典:Daily Express

  • 生年月日:1925年10月13日
  • 出生地:イングランド、グランサム
  • 所属政党:保守党
  • 議員初当選:1959年
  • 首相在任期間:1979年5月4日~1990年11月28

 

ウィンストンチャーチルと並んで恐らく歴史上最も知名度が高いイギリス首相の1人です。

 

保守的に強硬姿勢で政治を行う姿から「鉄の女」と呼ばれ、保守党史上初の女性党首葬儀にはエリザベス女王など各界の著名人が駆け付けました。

 

第70代:ジェームズ・キャラハン(James Callaghan)

出典:BBC

  • 生年月日:1912年3月27日
  • 出生地:イングランド、ポーツマス
  • 所属政党:労働党
  • 議員初当選:1946年
  • 首相在任期間:1976年4月5日~1979年5月4日

 

イングランド南部の港町ポーツマスに生まれ、中学を卒業してすぐに税務署職員として働き始める。

 

首相任期中は「英国病」などの煽りにより社会が不安定な状況になり、政権自身も有効な解決策を打ち出せませんでした。

 

第69代:ハロルド・ウィルソン(Harold Wilson)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第68代:エドワード・ヒース(Edward Heath)

出典:Mirror

  • 生年月日:1916年7月9日
  • 出生地:イングランド、ブロードステアーズ
  • 所属政党:保守党
  • 議員初当選:1950年
  • 首相在任期間:1970年6月19日~1974年3月4日

 

大工の息子として生まれ、オックスフォード大学を卒業。

 

卒業後はヨーロッパをヒッチハイクするも直後に第二次世界大戦が勃発し入隊をします。

 

戦後に政界入りを果たし、1970年には下馬評を覆して保守党が勝利し首相に就任しました。

 

第67代:ハロルド・ウィルソン(Harold Wilson)

出典:UK Parliament

  • 生年月日:1916年3月11日
  • 出生地:イングランド、ロンドン
  • 所属政党:労働党
  • 議員初当選:1945年
  • 首相在任期間:1964年10月16日~1970年6月19日

 

イングランド北部のハダースフィールドに生まれ、オックスフォード大学を卒業後、弱冠21歳でオックスフォード大学の講師となりました。

 

最初の政治家挑戦は大敗に終わるも、2回目の挑戦で当選、首相まで最終的に上り詰めました。

 

第66代:アレック・ダグラス=ヒューム(Alexander Douglas-Home)

出典:Geni

  • 生年月日:1903年7月2日
  • 出生地:イングランド、ロンドン
  • 所属政党:保守党
  • 議員初当選:1931年
  • 首相在任期間:1963年10月18日~1964年10月16日

 

この人もイートンカレッジからオックスフォード大学に進んだエリートです。

 

保守党党首として首相を務めるも、経済面で弱く、総選挙で結果を残せず任期は1年も経たず終わりを迎えてしまいました。

 

第65代:ハロルド・マクミラン(Harold Macmillan)

出典:Pinterest

  • 生年月日:1894年2月10日
  • 出生地:イングランド、ロンドン
  • 所属政党:保守党
  • 議員初当選:1924年
  • 首相在任期間:1957年1月11日~1963年10月19日

 

有名な出版社を運営するマクミラン家に生まれ、イートン校、オックスフォード大学とエリート街道を進む。

 

チャーチル政権時に閣僚入りし、スエズ動乱を巡り1957年にイーデン首相が引責辞任した後に首相となりました。

 

第64代:アンソニー・イーデン(Anthony Eden)

出典:Britannica

  • 生年月日:1897年6月12日
  • 出生地:イングランド、ダラム
  • 所属政党:保守党
  • 議員初当選:1923年
  • 首相在任期間:1955年4月7日~1957年1月10日

 

ダラムに生まれ、イートンカレッジ、オックスフォード大学とエリート街道を突き進む。

 

第一次世界大戦では従軍しているチャーチル引退後に首相の座に就き総選挙で圧勝しました。

 

当時は「Peace comes first, always(常に平和が優先)」をスローガンに掲げていました。

 

第63代:ウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第62代:クレメント・アトリー(Clement Attlee)

出典:The Telegraph

  • 生年月日:1883年1月3日
  • 出生地:イングランド、ロンドン
  • 所属政党:労働党
  • 議員初当選:1922年
  • 首相在任期間:1945年7月26日~1951年10月26日

 

史上2人目の労働党出身の首相で、今でも続くイギリスの国民保健サービスNHSはこの人の政権時に作られたものです。

 

それ以外にも多くの福祉分野で基礎を築いた人物。

 

首相退任後は西洋諸国の要人としては初めて毛沢東と会見した事でも有名。

 

第61代:ウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)

出典:Historic UK

  • 生年月日:1874年11月30日
  • 出生地:イングランド、オックスフォード
  • 所属政党:保守党→自由党→保守党
  • 議員初当選:1900年
  • 首相在任期間:1940年5月10日~1945年7月26日

 

ここで超大物の登場です。

 

やはり第二次世界大戦時の首相なのでおのずと教科書にも載る存在ですよね。

 

日本に対しては一定の親近感を持っており、最後まで日英開戦を避けるよう尽力したと言われています。

 

第60代:ネヴィル・チェンバレン(Neville Chamberlain)

出典:BBC

  • 生年月日:1869年3月18日
  • 出生地:イングランド、ハンプシャー
  • 所属政党:保守党
  • 議員初当選:1918年
  • 首相在任期間:1937年5月28日~1940年5月10日

 

バーミンガムに生まれ、父親はバーミンガム市長などを務めたジョセフ・チェンバレン、異母兄はノーベル平和賞を獲得したオースティン・チェンバレン。

 

実業家として名を上げたのちに政界に進出しました。

 

第59代:スタンリー・ボールドウィン(Stanley Baldwin)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第58代:ラムゼイ・マクドナルド(Ramsay MacDonald)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第57代:スタンリー・ボールドウィン(Stanley Baldwin)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第56代:ラムゼイ・マクドナルド(Ramsay MacDonald)

出典:Time

  • 生年月日:1866年10月12日
  • 出生地:スコットランド、モレイシャー
  • 所属政党:労働党
  • 議員初当選:1906年
  • 首相在任期間:1924年1月22日~1924年11月4日

 

近代でイギリスの政党と言えば保守党か労働党といった形になっていますが、この人が労働党出身初の首相です。

 

第一次世界大戦時には非戦論を訴えてたことでも有名です。

 

1924年1月に首相となるものの同年に総選挙で敗れ退陣。

 

第55代:スタンリー・ボールドウィン(Stanley Baldwin)

出典:Daily Express

  • 生年月日:1867年8月3日
  • 出生地:イングランド、ウスターシャー
  • 所属政党:保守党
  • 議員初当選:1908年
  • 首相在任期間:1923年5月22日~1924年1月22日

 

保守党の党首として3度も首相を務めた大物人物です。

 

中規模の鋳鉄業を営む家庭に生まれ、ケンブリッジ大学が学んだ後に父親の会社に一度就職しています。

 

ここで働いた経験が後の政治運営にも反映されている面があるとしている。

 

第54代:アンドルー・ボナー・ロー(Andrew Bonar Law)

出典:The British Empire

  • 生年月日:1858年9月16日
  • 出生地:カナダ、ニューブランズウィック州
  • 所属政党:保守党
  • 議員初当選:1900年
  • 首相在任期間:1922年10月23日~1923年5月20日

 

1922年に自由党と保守党による大連立政権が崩壊した後に首相に就任しました。

 

しかし健康状態が思わしくない事を理由に1年も持たず辞任し、その退任からたった数カ月後に亡くなってしまいました。

 

第53代:デビッド・ロイド・ジョージ(David Lloyd George)

「David Lloyd George uk politics」の画像検索結果

出典:History of Government

  • 生年月日:1863年1月17日
  • 出生地:イングランド、マンチェスター
  • 所属政党:自由党
  • 議員初当選:1890年
  • 首相在任期間:1916年12月6日~1922年10月19日

 

1916年の第一次世界大戦の真っただ中に首相に就任し、強力な体制を敷いて指揮、そしてパリ講和会議などの戦後処理にも尽力した人物です。

 

8年近くという長い政権を築いたものの1922年に保守党の離反により総辞職しました。

 

第52代:ハーバート・ヘンリー・アスキス(Herbert Henry Asquith)

出典:Britannica

  • 生年月日:1852年9月12日
  • 出生地:イングランド、ウェストヨークシャー
  • 所属政党:自由党
  • 議員初当選:1886年
  • 首相在任期間:1908年4月5日~1916年12月5日

 

1908年から1916年まで長期で政権を務め、数多くある第一次世界大戦を招いた原因の1つを作った人物でもあります。

 

ちなみに子供は映画監督のアンソニー・アスキスで、曾孫娘はヘレナ・ボナム=カーターです。

 

第51代:ヘンリー・キャンベル=バナマン(Henry Campbell-Bannerman)

出典:National Portrait Gallery

  • 生年月日:1836年9月7日
  • 出生地:スコットランド、グラスゴー
  • 所属政党:自由党
  • 議員初当選:1868年
  • 首相在任期間:1905年12月5日~1908年4月5日

 

自由党政権最初の首相となったが、在任中は保守党が法案を阻止する対策を取ったため在任中行ったことは非常に少ないものとなっています。

 

3年間ほど首相を務めたものの病に倒れ辞職し、辞任した同月に亡くなっています。

 

第50代:アーサー・バルフォア(Arthur Balfour)

出典:Arab News

  • 生年月日:1848年7月25日
  • 出生地:スコットランド、ホィッティンガム
  • 所属政党:保守党
  • 議員初当選:1874年
  • 首相在任期間:1902年7月12日~1905年12月4日

 

保守党の党首として3年間首相の座に就いた人物です。

 

バルフォア報告書やバルフォア宣言、バルフォア教育法など歴史的な出来事に名を残しています。

 

第一次世界大戦時には海軍大臣、外務大臣などを歴任した。

 

第49代:ロバート・ガスコイン=セシル(Robert Gascoyne-Cecil)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

目次へ戻る

 

19世紀のイギリス歴代首相の一覧

 

ここからは19世紀の首相です!

 

19世紀の首相

  1. 第48代:アーチボルド・プリムローズ(Archibald Philip Primrose)
  2. 第47代:ウィリアム・グラッドストン(William Gladstone)
  3. 第46代:ロバート・ガスコイン=セシル(Robert Gascoyne-Cecil)
  4. 第45代:ウィリアム・グラッドストン(William Gladstone)
  5. 第44代:ロバート・ガスコイン=セシル(Robert Gascoyne-Cecil)
  6. 第43代:ウィリアム・グラッドストン(William Gladstone)
  7. 第42代:ベンジャミン・ディズレーリ(Benjamin Disraeli)
  8. 第41代:ウィリアム・グラッドストン(William Gladstone)
  9. 第40代:ベンジャミン・ディズレーリ(Benjamin Disraeli)
  10. 第39代:エドワード・スミス=スタンリー(Edward Smith-Stanley)
  11. 第38代:ジョン・ラッセル(John Russell)
  12. 第37代:ヘンリー・ジョン・テンプル(Henry John Temple)
  13. 第36代:エドワード・スミス=スタンリー(Edward Smith-Stanley)
  14. 第35代:ヘンリー・ジョン・テンプル(Henry John Temple)
  15. 第34代:ジョージ・ハミルトン=ゴードン(George Hamilton-Gordon)
  16. 第33代:エドワード・スミス=スタンリー(Edward Smith-Stanley)
  17. 第32代:ジョン・ラッセル(John Russell)
  18. 第31代:サー・ロバート・ピール(Sir Robert Peel)
  19. 第30代:ウィリアム・ラム(William Lamb)
  20. 第29代:サー・ロバート・ピール(Sir Robert Peel)
  21. 第28代:アーサー・ウェルズリー(Arthur Wellesley)
  22. 第27代:ウィリアム・ラム(William Lamb)
  23. 第26代:チャールズ・グレイ(Charles Grey)
  24. 第25代:アーサー・ウェルズリー(Arthur Wellesley)
  25. 第24代:フレデリック・ロビンソン(Frederick Robinson)
  26. 第23代:ジョージ・カニング(George Canning)
  27. 第22代:ロバート・バンクス・ジェンキンソン(Robert Banks Jenkinson)
  28. 第21代:スペンサー・パーシヴァル(Spencer Perceval)
  29. 第20代:ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク(William Henry Cavendish-Bentinck)
  30. 第19代:ウィリアム・ウィンダム・グレンヴィル(William Wyndham Grenville)
  31. 第18代:ウィリアム・ピット(William Pitt)
  32. 第17代:ヘンリー・アディントン(Henry Addington)
  33. 第16代:ウィリアム・ピット(William Pitt)

 

第48代:アーチボルド・プリムローズ(Archibald Philip Primrose)

出典:National Portrait Gallery

  • 生年月日:1847年5月7日
  • 出生地:イングランド、ロンドン
  • 所属政党:自由党
  • 議員初当選:1871年
  • 首相在任期間:1894年3月5日~1895年6月22日

 

スコットランド貴族を家系に持ち、オックスフォード大学へ進学。

 

任期は1年と少しと短期政権で終わった自身も首相の職に嫌気がさし「自分はゴミ箱のようなもの」という言葉を残していました。

 

第47代:ウィリアム・グラッドストン(William Gladstone)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第46代:ロバート・ガスコイン=セシル(Robert Gascoyne-Cecil)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第45代:ウィリアム・グラッドストン(William Gladstone)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第44代:ロバート・ガスコイン=セシル(Robert Gascoyne-Cecil)

出典:National Portrait Gallery

  • 生年月日:1830年2月3日
  • 出生地:イングランド、ハットフィールド
  • 所属政党:保守党
  • 議員初当選:1853年
  • 首相在任期間:1885年6月24日~1886年1月26日

 

保守党の大物、ベンジャミン・ディズレーリの後に保守党の党首となり首相になった人物です。

 

生涯を通じて3度イギリスの首相を務めました。

 

外交面では帝国主義を推し進め当時の大英帝国をさらに拡大させた経歴を持ちます。

 

第43代:ウィリアム・グラッドストン(William Gladstone)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第42代:ベンジャミン・ディズレーリ(Benjamin Disraeli)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第41代:ウィリアム・グラッドストン(William Gladstone)

出典:Daily Mail

  • 生年月日:1809年12月29日
  • 出生地:イングランド、リヴァプール
  • 所属政党:保守党→ピール派→自由党
  • 議員初当選:1832年
  • 首相在任期間:1868年12月9日~1874年2月16日

 

生涯を通して4度もイギリスの首相を務めた超大物です。

 

イングランド国教会の熱心な信者で、この教えを政治に組み込もうと尽力。

 

帝国主義には批判的な立場を取り、自由主義的な政策を進めていきました。

 

第40代:ベンジャミン・ディズレーリ(Benjamin Disraeli)

出典:The spectator

  • 生年月日:1804年12月21日
  • 出生地:イングランド、ロンドン
  • 所属政党:保守党
  • 議員初当選:1837年
  • 首相在任期間:1868年2月27日~1868年12月3日

 

苗字を見ても分かるようにイタリア系、さらにはユダヤ系(幼少期にキリスト教へ改宗)でありながらトップに上り詰め、2回に渡って首相を務めた元小説家。

 

1回目の任期は1年以内と短命な政権に終わってしまいます。

 

全階級の女性に人気だった事でも知られています。

 

第39代:エドワード・スミス=スタンリー(Edward Smith-Stanley)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第38代:ジョン・ラッセル(John Russell)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第37代:ヘンリー・ジョン・テンプル(Henry John Temple)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第36代:エドワード・スミス=スタンリー(Edward Smith-Stanley)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第35代:ヘンリー・ジョン・テンプル(Henry John Temple)

出典:Gov.uk

  • 生年月日:1784年10月20日
  • 出生地:イングランド、ロンドン
  • 所属政党:トーリー党→カニング派→ホイッグ党→自由党
  • 議員初当選:1807年
  • 首相在任期間:1855年2月8日~1858年2月20日

 

生涯を通じて2度の首相を務めた議員です。

 

ホイッグ党から自由党に党名が変更されて以降初の首相であり、外務大臣時代から外交を非常に得意としていました。

 

2度目の首相期間は6年近くと長い政権を築いた首相です。

 

第34代:ジョージ・ハミルトン=ゴードン(George Hamilton-Gordon)

出典:History of Government

  • 生年月日:1784年1月28日
  • 出生地:スコットランド、エディンバラ
  • 所属政党:トーリー党→ピール派
  • 議員初当選:1814年
  • 首相在任期間:1852年12月28日~1855年1月31日

 

元々保守党の議員だったものの穀物法をめぐる党内の混乱から保守党から離脱。

 

連立政権の首相となり、在任中にはクリミア戦争が勃発した在任期間2年ほどで首相の座を降りる事になる。

 

第33代:エドワード・スミス=スタンリー(Edward Smith-Stanley)

出典:Britannica

  • 生年月日:1799年3月29日
  • 出生地:イングランド、ランカシャー
  • 所属政党:ホイッグ党→ダービー派→保守党
  • 議員初当選:1820年
  • 首相在任期間:1822年7月30日~1826年6月15日

 

イングランド、ランカシャーに生まれ、生涯で3度もイギリス首相を務めた大物です。

 

オックスフォード大学在学中の1820年には既に議員に当選しているのも凄い。

 

作詞が趣味でなかなかの実力だったと言われています。

 

第32代:ジョン・ラッセル(John Russell)

出典:The Telegraph

  • 生年月日:1792年8月18日
  • 出生地:イングランド、メイフェア
  • 所属政党:ホイッグ党→自由党
  • 議員初当選:1813年
  • 首相在任期間:1846年7月6日~1852年2月20日

 

ホイッグ党の改革派として頭角を現し、1846年に首相に就任し、6年ほどの任期を務めた人物です。

 

1865年には再び首相となったものの、2度目の政権は1年も経たずに終わっています。

 

オックスブリッジではなく、エディンバラ大学で学んだ当時では珍しい首相でもあります。

 

第31代:サー・ロバート・ピール(Sir Robert Peel)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第30代:ウィリアム・ラム(William Lamb)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第29代:サー・ロバート・ピール(Sir Robert Peel)

出典:History Extra

  • 生年月日:1788年2月5日
  • 出生地:イングランド、ロンドン
  • 所属政党:トーリー党
  • 議員初当選:1809年
  • 首相在任期間:1834年12月10日~1835年4月8日

 

イギリス最大の紡績工場を営む家庭に生まれ、当時としては珍しい貴族階級育ちではない首相でした。

 

オックスフォード大学で学んだ後、保守党で2度に渡って首相を務めてました。

 

縮れた赤毛がトレードマークで長身で美男だったとされています。

 

第28代:アーサー・ウェルズリー(Arthur Wellesley)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第27代:ウィリアム・ラム(William Lamb)

出典:Britannica

  • 生年月日:1779年3月15日
  • 出生地:イングランド、ロンドン
  • 所属政党:ホイッグ党→トーリー党→ホイッグ党
  • 議員初当選:1806年
  • 首相在任期間:1834年7月16日~1834年11月14日

 

ホイッグ党で政治キャリアを始めたのちにトーリー党に移り、その後ホイッグ党に出戻り。

 

政治キャリアの中で2回首相を務め、若手時代は妻キャロラインの不倫事件で有名に、1回目の首相任期はたった4ヶ月程度で終わってしまいました。

 

第26代:チャールズ・グレイ(Charles Grey)

出典:Britannica

  • 生年月日:1764年3月13日
  • 出生地:イングランド、ファラドン
  • 所属政党:ホイッグ党
  • 議員初当選:1786年
  • 首相在任期間:1830年11月22日~1834年7月16日

 

長年トーリー党に政権を取っていた中ホイッグ党に政権が戻った時の首相です。

 

地元の名家という素晴らしい家柄を持ち、ケンブリッジ大学で学びました。

 

4年近く首相の座を守り、選挙法改正など多くの改革を行った人物でもあります。

 

第25代:アーサー・ウェルズリー(Arthur Wellesley)

出典:National Portrait Gallery

  • 生年月日:1769年4月29日
  • 出生地:アイルランド、ダブリン
  • 所属政党:トーリー党
  • 議員初当選:1806年
  • 首相在任期間:1828年1月22日~1830年11月16日

 

アイルランドのダブリン出身で、ナポレオン戦争で大きな功績を上げた軍人としてもよく知られる人物です。

 

トーリー党所属の政治家として2度も首相を務めました。

 

各方面で非常に大きな影響力を持った人物です。

 

第24代:フレデリック・ロビンソン(Frederick Robinson)

出典:History of Government

  • 生年月日:1782年11月1日
  • 出生地:イングランド、ヨークシャー
  • 所属政党:トーリー党→ホイッグ党→保守党
  • 議員初当選:1806年
  • 首相在任期間:1827年8月31日~1828年1月21日

 

トーリー党の中では自由主義派の立ち位置におり、首相に就任するものの半年も経たずに総辞職に追い込まれる。

 

その後はトーリー党→ホイッグ党→ダービー派→保守党→ピール派と様々な党や派閥を渡り歩いた政治家です。

 

第23代:ジョージ・カニング(George Canning)

出典:BBC

  • 生年月日:1770年4月11日
  • 出生地:イングランド、ロンドン
  • 所属政党:トーリー党
  • 議員初当選:1793年
  • 首相在任期間:1827年4月10日~1827年8月8日

 

保守勢力のトーリー党所属だったものの保守的要素とリベラルな思想を併せ持っていた政治家でした。

 

首相を務めたのはたった4ヶ月のみ。

 

というのも首相就任から4ヶ月も経たないうちに病気で亡くなってしまったため。

 

オックスフォード大学卒です。

 

第22代:ロバート・バンクス・ジェンキンソン(Robert Banks Jenkinson)

出典:National Portrait Gallery

  • 生年月日:1770年6月7日
  • 出生地:イングランド、ロンドン
  • 所属政党:トーリー党
  • 議員初当選:1803年
  • 首相在任期間:1812年6月8日~1827年4月9日

 

トーリー党にて1812年から1827年という15年の長期政権を築いた人物です。

 

当初は保守的政策をとっていましたが、後期になるにつれて自由主義的な政策方針に転換し、最後は病により首相を辞任しました。

 

第21代:スペンサー・パーシヴァル(Spencer Perceval)

出典:History of Government

  • 生年月日:1762年11月1日
  • 出生地:イングランド、ロンドン
  • 所属政党:トーリー党
  • 議員初当選:1796年
  • 首相在任期間:1809年10月4日~1812年5月11日

 

多くの著名人を輩出してきたアイルランド貴族の一族出身で、ケンブリッジ大学卒業後法廷弁護士になったのちに議員になりました。

 

最後は政権に不満を持っていた人物に下院ロビーで撃たれて亡くなってしまう。

 

第20代:ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク(William Henry Cavendish-Bentinck)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第19代:ウィリアム・ウィンダム・グレンヴィル(William Wyndham Grenville)

出典:History of Government

  • 生年月日:1759年10月25日
  • 出生地:イングランド、バッキンガムシャー
  • 所属政党:ホイッグ党
  • 議員初当選:1782年
  • 首相在任期間:1806年2月11日~1807年3月31日

 

長い間トーリー党に政権を奪われていた中、久しぶりにホイッグ党が奪い返した時の首相です。

 

しかしたった1年と言う短期政権に終わり、その後またトーリー党に政権を奪われています。

 

第18代:ウィリアム・ピット(William Pitt)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第17代:ヘンリー・アディントン(Henry Addington)

出典:History of Government

  • 生年月日:1757年5月30日
  • 出生地:イングランド、ロンドン
  • 所属政党:トーリー党
  • 議員初当選:1784年
  • 首相在任期間:1801年3月14日~1804年5月10日

 

長期政権を築いた小ピットの後を任されたのがこの人(ヘンリーの後にはまた小ピットが復権)

 

小ピットとは幼少期からの仲であったものの、最終的にその小ピットの協力を得る事ができず失脚してしまいました。

 

この時代に86歳まで生きた長寿でもあります。

 

第16代:ウィリアム・ピット(William Pitt)

出典:BBC

  • 生年月日:1759年5月28日
  • 出生地:イングランド、ケント
  • 所属政党:トーリー党
  • 議員初当選:1781年
  • 首相在任期間:1783年12月19日~1801年3月14日

 

実の父親である第10代目の首相と同姓同名である事から10代目を大ピット、16代目を小ピットと呼んで区別している。

 

子供の頃に痛風になったり病弱な人であり、40代の若さで亡くなっています。

 

24歳と言うとんでもない若さで首相に就任し、1783年から1801年と言う非常に長い長期政権を築きました。

 

ゲームの主人公に出てきそうなカッコいい風貌ですね!

 

目次へ戻る

 

18世紀のイギリス歴代首相の一覧

 

ここからは18世紀の首相です!

 

 

目次へ戻る

 

第15代:ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク(William Henry Cavendish-Bentinck)

出典:University of Nottingham

  • 生年月日:1738年4月14日
  • 出生地:イングランド、バッキンガムシャー
  • 所属政党:ホイッグ党→トーリー党
  • 議員初当選:1761年
  • 首相在任期間:1783年4月2日~1783年12月19日

 

名前が長いこの人ですが、首相在任期間はたった8ヶ月ほどと非常に短命な首相でした。

 

短命で終わった第一次政権でしたが、20代目として再び首相となりその時は2年間維持する事ができました。

 

第14代:ウィリアム・ペティ(William Petty)

出典:History of Government

  • 生年月日:1737年5月2日
  • 出生地:アイルランド、ダブリン
  • 所属政党:ホイッグ党
  • 議員初当選:1760年
  • 首相在任期間:1782年7月4日~1783年4月2日

 

アイルランド貴族の家系を持ち、生まれはイングランドではなくアイルランドのダブリンです。

 

一年も持たずに首相から辞任をし、結構な短期政権に終わりました。

 

政治家になる前はイギリス陸軍に所属し、7年戦争では実際に従軍していました。

 

第13代:チャールズ・ワトソン=ウェントワース(Charles Watson-Wentworth)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第12代:フレデリック・ノース(Frederick North)

出典:History of Government

  • 生年月日:1732年4月13日
  • 出生地:ロンドン
  • 所属政党:トーリー党
  • 議員初当選:1754年
  • 首相在任期間:1770年1月28日~1782年3月22日

 

久しぶりにトーリー党がホイッグ党から政権を奪い、その後12年も首相を務め長期政権を築いたのがこの人。

 

しかし任期後半にはアメリカ独立戦争が勃発したためその対応に追われた。

 

結果的に対応が十分でない事が原因で辞職。

 

第11代:オーガスタス・フィッツロイ(Augustus FitzRoy)

出典:gov.uk

  • 生年月日:1735年9月28日
  • 出生地:サフォーク
  • 所属政党:ホイッグ党
  • 議員初当選:1756年
  • 首相在任期間:1768年10月14日~1770年1月28日

 

由緒ある家庭に生まれ、ケンブリッジ大学を卒業後に庶民院の議員となる。

 

1768年に首相に就任したが、1770年に閣僚の造反に遭い総辞職に追い込まれてしまいます。

 

性格は非常に生真面目だったとされ、周りから好かれるタイプでは無かったと言う。

 

第10代:ウィリアム・ピット(William Pitt)

出典:History Today

  • 生年月日:1708年11月15日
  • 出生地:ロンドン
  • 所属政党:ホイッグ党
  • 議員初当選:1735年
  • 首相在任期間:1766年7月30日~1768年10月14日

 

議員の息子として生まれ、イギリスだけでなくオランダでも教育を受ける。

 

政治家としては首相時代よりも自身が閣僚であった時代に起きた7年戦争時代の功績が評価されています。

 

また、彼の次男も後にイギリスの首相となり、後に同名の人物がイギリス首相になっているため、こちらのウィリアム・ピットは大ピットと呼ばれています。

 

第9代:チャールズ・ワトソン=ウェントワース(Charles Watson-Wentworth)

出典:History of Government

  • 生年月日:1730年5月13日
  • 出生地:ヨークシャー
  • 所属政党:ホイッグ党
  • 議員初当選:1751年
  • 首相在任期間:1765年7月13日~1766年7月30日

 

1765年に首相に就任するも、翌年1766年に国王であるジョージ3世との不仲などから更迭されてしまう。

 

1872年にはもう一度首相に返り咲き第2次政権を発足するも、たった4ヶ月で幕を閉じた。

 

第8代:ジョージ・グレンヴィル(George Grenville)

出典:National Trust Collections

  • 生年月日:1712年10月14日
  • 出生地:バッキンガムシャー
  • 所属政党:ホイッグ党
  • 議員初当選:1741年
  • 首相在任期間:1763年4月16日~1765年7月13日

 

一時政権を取ったトーリー党から政権を奪い返した時の8代目首相がこの人。

 

任期は2年ほどとあまり長くなく、非常に人気が無かったとされる首相でもあります。

 

「操り人形」などといった批判が相次いだ。

 

第7代:ジョン・ステュアート(John Stuart)

「John stewart uk prime minister」の画像検索結果

出典:History of Government

  • 生年月日:1713年5月25日
  • 出生地:エディンバラ、スコットランド
  • 所属政党:トーリー党
  • 議員初当選:1737年
  • 首相在任期間:1762年5月26日~1763年4月8日

 

スコットランド貴族の家系に生まれ、これまでずっとホイッグ党が握っていた政権を初めてトーリー党が奪った。

 

しかし人気は長く続かず1年を持たず退陣し政権はホイッグ党に戻っている。

 

また79歳まで生きた長寿でもある。

 

第6代:トマス・ペラム=ホールズ(Thomas Pelham-Holles)

 

複数回首相を務めたため下記参照

 

第5代:ウィリアム・キャヴェンディッシュ(William Cavendish)

出典:History of Government

  • 生年月日:1720年5月8日
  • 出生地:不明
  • 所属政党:ホイッグ党
  • 議員初当選:1741年
  • 首相在任期間:1756年11月16日~1757年6月25日

 

イギリス5代目の首相ですが、当時の実質的指導者はウィリアム・ピットだったと言われています。

 

第4代デヴォンシャー公爵でもあります。

 

在任期間は1年にも満たず、かなり短命な首相で、自身も44歳の若さで亡くなっています。

 

第4代:トマス・ペラム=ホールズ(Thomas Pelham-Holles)

出典:National Trust Collections

  • 生年月日:1693年7月21日
  • 出生地:ロンドン
  • 所属政党:ホイッグ党
  • 議員初当選:1712年
  • 首相在任期間:1754年3月16日~1756年11月16日

 

イギリス4代目首相は初代ニューカッスル公爵でもあります。

 

ちなみにこの人は2回首相の席についており、6代目もこの人が務めています。

 

ケンブリッジ大学出身で、1768年に75歳の長寿で亡くなりました。

 

第3代:ヘンリー・ぺラム(Henry Pelham)

出典:The Independent

  • 生年月日:1694年9月25日
  • 出生地:サセックス、ラトン
  • 所属政党:ホイッグ党
  • 議員初当選:1717年
  • 首相在任期間:1743年8月27日~1754年3月6日

 

在任中に亡くなってしまった2代目スペンサー・コンプトンの後を継いで1743年に首相に就任。

 

オックスフォード大学卒の秀才であり、結果的に成功かどうかは疑わしい結婚法を整備した事でも有名。

 

しかしぺラム氏も首相在任中の1754年に亡くなってしまう。

 

第2代:スペンサー・コンプトン(Spencer Compton)

出典:Art UK

  • 生年月日:1674年
  • 出生地:ウォーリックシャー州、コンプトン・ウィンエッツ
  • 所属政党:ホイッグ党
  • 議員初当選:1698年
  • 首相在任期間:1742年2月16日~1743年7月2日

 

初代ウィルミントン伯爵としても知られる彼は、1698年にホイッグ党から出馬して庶民院(House of Common)の議員になる。

 

1742年から1743年まで首相を務めました。

 

しかし首相在職中の1943年に死去した為在任期間はかなり短いものになっている。

 

第1代:サー・ロバート・ウォルポール(Sir Robert Walpole)

出典:History of government

  • 生年月日:1676年8月26日
  • 出生地:ノーウォーク州、ホートン
  • 所属政党:ホイッグ党
  • 議員初当選:1701年
  • 首相在任期間:1721年4月4日~1742年2月11日

 

近代的な意味(西暦1721年以降)で最初に首相を務めた人物です。

 

自由党、自由民主党の前身であるホイッグ党で議員キャリアを開始し、議院内閣制で政治を行った事から彼がイギリス第1代首相と考えられています。

おすすめの関連記事

英語の伸びに悩んでいる方へ

オンライン英会話もう挑戦しましたか?

  • 英語を勉強しているけどアウトプットする機会がない…
  • 英会話スクールやコーチングは高すぎる…
  • オンライン英会話をやっているけど伸びをあまり感じられない…

オンライン英会話選びは自分の英語ニーズや英語レベルに合ったものを選ぶのがとても重要になります。合わないものを選べば伸びを感じられないのも当然です。

この度元オンライン英会話講師でもある私が自ら1年ほどかけて20社以上回り、分野別に徹底比較してランキングを作りました。

オンライン英会話の一歩を踏み出してみたいという方や苦戦しているという方はぜひ参考にしてみてください!総合1位に入れたサービスには私も実際に入会し、継続して続けています!

詳細ランキング記事はコチラ

ELT英会話|ロンドンの語学学校が運営

35年以上英語の聖地ロンドンにて日系大手企業の駐在員を教えてきた語学学校がなんとオンライン英会話に参入!

個々のニーズに合わせた完全オーダーメイドレッスン、そして他社を凌駕する圧倒的な指導経験と資格持ちイギリス人のみで構成される講師陣によりロンドンの語学学校レベルのレッスンを日本から受けられます。

私は20社以上比較した結果、ELT英会話に入会してさらなる英語力向上を目指しています。

DMM英会話|業界最大手クラスのオンライン英会話

世界132ヶ国以上からの講師を抱え、非ネイティブプランでもネイティブプランでも毎日レッスン可能。

規模と実績では国内トップクラス、初心者から中上級者まで幅広いニーズに応える学習素材やレッスンプランを用意!

プラットフォームも使いやすいのでオンライン英会話初心者には特におすすめ!

EFイングリッシュライブ|世界最大の語学学校が運営

ネイティブ英会話のEF English Live

スウェーデン発、世界の数多くの都市で語学学校が構えるするEFが運営するオンライン英会話サービスです。

定額 8,190円で月38回のネイティブレッスンを受講できるというとんでもない価格設定。

1965年から語学業を営んできたノウハウをこの値段で体感できる、凄い時代になりました。

無料体験は7日間あるので試してみない方が損!

質問に答えるだけで最適なオンライン英会話を提案!

 

オンライン英会話診断

あなたに最も合うサービスはどれ?

5つ質問に答えるだけでオンライン英会話をピンポイントで提案します

どのタイプの講師に教えてもらいたいですか?

どのタイプの講師に教えてもらいたいですか?

どのタイプの講師に教えてもらいたいですか?

どのタイプの講師に教えてもらいたいですか?

どのタイプの講師に教えてもらいたいですか?

どのタイプの講師に教えてもらいたいですか?

どのタイプの講師に教えてもらいたいですか?

どのタイプの講師に教えてもらいたいですか?

どのタイプの講師に教えてもらいたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

レッスンはどれくらいの頻度で受けたいですか?

大手とベンチャーだったらどちらのサービスを使いたい?

大手とベンチャーだったらどちらのサービスを使いたい?

大手とベンチャーだったらどちらのサービスを使いたい?

大手とベンチャーだったらどちらのサービスを使いたい?

大手とベンチャーだったらどちらのサービスを使いたい?

大手とベンチャーだったらどちらのサービスを使いたい?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

大手とベンチャーだったらどちらのサービスを使いたい?

大手とベンチャーだったらどちらのサービスを使いたい?

大手とベンチャーだったらどちらのサービスを使いたい?

レッスン無制限と月額の安さどちらが魅力的?

どちらの側面を重視したい?

どちらの側面を重視したい?

どちらの側面を重視したい?

どちらの側面を重視したい?

どちらの側面を重視したい?

どちらの側面を重視したい?

強いて言うならどちらに魅力を感じる?

強いて言うならどちらに魅力を感じる?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

日本語サポートの無い海外サービスに挑戦したい?

日本語サポートの無い海外サービスに挑戦したい?

日本語サポートの無い海外サービスに挑戦したい?

レッスンの質と安さどちらが重要?

強いて言うならどちらに魅力を感じる?

強いて言うならどちらに魅力を感じる?

強いて言うならどちらに魅力を感じる?

強いて言うならどちらに魅力を感じる?

強いて言うならどちらに魅力を感じる?

強いて言うならどちらに魅力を感じる?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

どの試験を受験予定ですか?

診断結果

DMM英会話

公式サイト:https://eikaiwa.dmm.com/

 

ポイント

  • 365日24時間受講可能
  • 業界最大手クラスの大人気オンライン英会話
  • 世界132ヶ国以上の講師から選べる
  • 比較的始めやすいリーズナブルな価格
  • レッスン以外でも使える機能多数搭載

 

\業界No.1のレッスンを自ら体験/

DMM英会話無料体験はコチラ

※体験後自動的に課金される事はありません

 

DMM英会話の受講レビュー記事はコチラ

レビュー記事
DMM英会話 おすすめ 体験 評価 感想
DMM英会話はおすすめ?元プロが実際に体験したリアルな感想と評価を公開

続きを見る

 

もう一度診断する

診断結果

エイゴックス

公式サイト:https://eigox.jp/

 

ポイント

  • ネイティブ、非ネイティブ、日本人から講師選択可
  • 柔軟なレッスン頻度に対応
  • コイン制、毎日プラン選択可能
  • 日本に興味があるネイティブ講師が多い
  • 意外と知られていない穴場的存在

 

\毎日ネイティブプランは最安値クラス/

エイゴックス無料体験はコチラ

※無料体験にクレジットカード入力は不要

 

エイゴックスの受講レビュー記事はコチラ

レビュー記事
エイゴックス 評判 口コミ
エイゴックスの評判は良いの?元英語講師の私が実際に受けてみたレビュー・評価

続きを見る

 

もう一度診断する

診断結果

産経オンライン英会話Plus

公式サイト:https://human.sankei.co.jp/

 

ポイント

  • あの大手新聞社「産経グループ」が運営
  • 新聞社だからこそのニュース素材あり
  • 豊富な英検、TOEIC対策あり
  • コイン制で柔軟なレッスン頻度調整可能
  • 中国語のネイティブレッスンもあり

 

\あの産経グループが運営するオンライン英会話/

産経オンライン無料体験はコチラ

※無料体験にクレジットカード入力は不要

 

産経オンライン英会話Plusの受講レビュー記事はコチラ

レビュー記事
産経オンライン英会話Plus 口コミ 評判 評価 中国語 英語
産経オンライン英会話Plusの評価は?実際に体験して分かる唯一無二の武器

続きを見る

 

もう一度診断する

診断結果

QQ English

公式サイト:https://www.qqeng.com/

 

ポイント

  • フィリピンセブ島で人気の語学学校を運営
  • 講師を全員正社員として採用+TESOL資格取得
  • カランメソッド正式認定校
  • 独自のレッスンプラットフォーム
  • 初心者にピッタリの料金とレッスン内容

 

\講師は全員正社員+指導資格持ち/

QQ Englishの無料体験はコチラ

※無料体験にクレジットカード入力は不要

 

QQ Englishの受講レビュー記事はコチラ

レビュー記事
QQ English 評判 口コミ
オンライン英会話QQ Englishの評判はどう?実際に体験して分かった適切なレベル感

続きを見る

 

もう一度診断する

診断結果

レアジョブ英会話

公式サイト:https://www.rarejob.com/

 

ポイント

  • オンライン英会話企業唯一の上場企業
  • 幅広いレベルの教材
  • 初心者にも安心の設計
  • 独自のレッスンプラットフォーム
  • レッスン内容は完全に体系化

 

\国内最大級の老舗英会話/

レアジョブ無料体験はコチラ

※無料トライアル後自動的に課金されることはありません

 

レアジョブ英会話の受講レビュー記事はコチラ

レビュー記事
レアジョブ英会話 レベル
レアジョブ英会話はどのレベルが適切?実際に体験して分かったリアルな評価

続きを見る

 

もう一度診断する

診断結果

ステップフォワード

公式サイト:https://stepforward-learning.com/

 

ポイント

  • マニラの語学学校が運営
  • 自宅で学べる本格的な留学体験を実現
  • 資格対策も豊富かつしっかり対応
  • 完全オーダーメイドレッスン
  • フィリピン系では最高クラスの講師力

 

\実際の語学学校がオンラインで運営/

無料体験レッスンはコチラ

※無料体験にクレジットカード入力不要

 

ステップフォワードの受講レビュー記事はコチラ

レビュー記事
ステップフォワードオンライン英会話 レビュー 評判 口コミ 体験 感想
【イチオシ】ステップフォワードオンライン英会話を実際に受講してみた感想・レビュー

続きを見る

 

もう一度診断する

診断結果

ネイティブキャンプ

公式サイト:https://nativecamp.net/

 

ポイント

  • 定額でレッスン受け放題
  • 英検・TOEIC試験対策豊富
  • 様々なコースを搭載
  • 独自レッスンプラットフォーム
  • カランメソッド正式提携校

 

\定額で世界中の講師と英会話レッスン/

ネイティブキャンプ無料体験はコチラ

※無料体験後の入会義務は一切ありません

 

ネイティブキャンプの受講レビュー記事はコチラ

レビュー記事
ネイティブキャンプ 料金 安い レビュー 口コミ 評判
ネイティブキャンプの料金は本当に安い?実際に受講して分かった正しい使い方

続きを見る

 

もう一度診断する

診断結果

スパトレ

公式サイト:https://sptr.jp/

 

ポイント

  • 毎日プラン業界最安値
  • 宿題ありきで自習力もつく
  • 様々な学習プランを搭載
  • シンプルでわかりやすい
  • レッスンごとに評価が届く

 

\業界最安値で成果にこだわる英語環境/

スパトレ無料体験はコチラ

※無料体験後の入会義務は一切ありません

 

スパトレの受講レビュー記事はコチラ

レビュー記事
スパトレ SPTR 口コミ 評判 評価 レビュー
スパトレってどう?実際に1ヶ月受講した元講師が思うSPTRのリアルな感想

続きを見る

 

もう一度診断する

診断結果

ユニバーサルスピーキング

公式サイト:https://www.universal-speaking.com/

 

ポイント

  • IELTS、TOEFLに強い
  • 日本人、フィリピン人、カナダ人から講師選択
  • 海外留学向けのコースあり
  • ポイント制で柔軟なレッスン頻度
  • レッスン内容が動画で後から確認可能

 

\IELTSに強いユニバーサルスピーキング/

無料体験申し込みはコチラ

※無料体験時にクレジットカード入力不要

 

ユニバーサルスピーキングの受講レビュー記事はコチラ

レビュー記事
ユニバーサルスピーキング 口コミ 評判 評価 体験 レビュー
ユニバーサルスピーキングはIELTS対策におすすめ?実際に体験したレビュー

続きを見る

 

もう一度診断する

診断結果

ELT英会話

公式サイト:https://www.eltschool.jp/

 

ポイント

  • 20社以上比較した私が最終的に入会したサービス
  • ロンドンの語学学校が運営
  • 完全オーダーメイドレッスン
  • 35年以上ロンドンにて日本人駐在員を指導
  • 講師は全員資格持ちイギリス人

 

\わずか30秒で申し込み完了!/

ELT無料体験はコチラ

※無料体験にクレジットカード入力不要

 

ELT英会話の受講レビュー記事はコチラ

レビュー記事
ELT英会話 特徴
ELT英会話の評判は?実際に受講した私がIELTS対策で業界最高であると思う理由

続きを見る

 

もう一度診断する

診断結果

EFイングリッシュライブ

公式サイト:https://englishlive.ef.com

 

ポイント

  • スウェーデン発世界最大の語学学校が運営
  • 全講師資格持ちネイティブ
  • 超破格の月額定額プラン
  • 1ヶ月最大38回レッスン受講可能
  • 他社ではあり得ない豊富な自習教材

 

\世界最大の語学学校が運営/

EFの無料体験はコチラ

※無料体験後の入会義務は一切ありません

 

EFイングリッシュライブの受講レビュー記事はコチラ

レビュー記事
EFイングリッシュライブ 口コミ 評判 体験
EF English Liveの評判は悪い?実際に受講して分かった適切なレベル【口コミ付】

続きを見る

 

もう一度診断する

診断結果

ビズメイツ

公式サイト:https://www.bizmates.jp/

 

ポイント

  • ビジネス完全特化のオンライン英会話
  • 講師は全員社会人経験あり
  • 実際の仕事にも活用できるAssist Lesson
  • 自分の仕事分野に合った先生を探しやすい
  • 間違えはしっかり指摘してくれる

 

\専門ビジネス英語に特化!/

Bizmates無料体験はコチラ

※無料体験後に自動的に課金されることはありません

 

ビズメイツの受講レビュー記事はコチラ

レビュー記事
ビズメイツ 体験
ビズメイツの体験はどんな感じ?受講してみて分かったメリットとデメリット

続きを見る

 

もう一度診断する

診断結果

ベストティーチャー

公式サイト:https://www.best-teacher-inc.com/

 

ポイント

  • 資格対策は専用レッスンにおまかせ
  • ライティング指導は業界随一
  • 英検は1級までコースあり
  • IELTS、TOEFLレッスンも高評価
  • 書ける、話せるが両方身に付く

 

\ライティングも資格対策もお任せ/

ベストティーチャー無料体験はコチラ

※無料体験にクレジットカード入力は不要

 

ベストティーチャーの受講レビュー記事はコチラ

レビュー記事
ベストティーチャー 体験 評判 評価 口コミ レビュー4
ベストティーチャーは評判通り?実際に受講したから分かるリアルな評価

続きを見る

 

もう一度診断する

診断結果

italki

公式サイト:https://www.italki.com

 

ポイント

  • 香港発の言語学習プラットフォーム
  • 20言語以上のネイティブレッスン提供
  • 日系オンライン英会話にはいないような講師がたくさん
  • 実践により近い体験ができる
  • 講師によってレッスン単価変動

 

italkiの受講レビュー記事はコチラ

レビュー記事
italki 評判 口コミ メリット 使い方 講師 アプリ とは
italkiとはナニ?評判は良いの?元英語講師が実際に受講してみたリアルレビュー

続きを見る

 

\全世界500万人以上が24以上の言語を学習/

italkiトライアルはコチラ

※会員登録は無料でできます

 

もう一度診断する

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-イギリス文化

© 2021 ライフタイムラーナー