イギリス イギリス生活情報 旅行関係 海外旅行役立ち情報

【持ち物リスト】イギリス旅行に持って行きたい持ち物一覧【夏冬網羅】

こんにちは、パッキングは大体前日に始める自身は適当なJIN(@ScratchhEnglish)です。

本当にパッキングだけは苦手で後回し後回しにした結果最終的に

「パスポートとカードさえあればオッケーでしょ」

という結論に落ち着いてしまいます(笑)

そんな僕にとっても将来的な備忘録となるように今回はイギリスに5年住んだ僕が

「イギリス旅行に持って行くと嬉しい持ち物チェックリストを作ります。

これまでの人生でイギリスの春夏秋冬は一応5回分過ごしたことになり、この間は初めて居住者としてではなくイギリスを訪れて気づいたこともかなりあったので忘れないうちにメモしておきます。

ぜひ今後イギリス旅行へ行かれる方は参考にしていただければ幸いです。

こんな方におすすめ

  • これからイギリス旅行に行く予定
  • これからイギリス留学に行く予定
  • イギリスへの旅行に興味がある

今回の記事内容

  • イギリス旅行用の完全持ち物リスト
  • 絶対に必要!イギリス旅行でマストな持ち物
  • 最悪どうにかなるけど忘れたくない持ち物
  • イギリス旅行へ持って行くと便利な持ち物
  • 夏にイギリスへ行く場合持って行きたい持ち物(衣服含む)
  • 冬にイギリスへ行く場合持って行きたい持ち物(衣服含む)

イギリス旅行用の完全持ち物リスト

まず結論から書きますね、リストだけとしてこの記事を使いたいという方はぜひどうぞ!

各々グッズがなぜ必要だと思うのか、などはリストの下で説明していきます。

絶対に忘れてはいけないイギリス旅行でマストな持ち物リスト

  • パスポート・ビザ
  • クレジットカード(持っている方のみ)
  • 海外用ポケットWifi

最悪どうにかなるけど忘れたくない持ち物

  • スマートフォン
  • 少額の現金と財布
  • 航空券およびEチケット
  • 海外旅行保険(またはクレジットカード)
  • 変換プラグ(グローバルモデル推奨)
  • 日程表(ツアーで行く場合)

イギリス旅行へ持って行くと便利な持ち物

  • ネックピロー(首枕)
  • ホットアイマスク
  • 電子書籍
  • 折り畳み傘またはレインコート
  • 歩きやすい機能性の高い靴
  • リュックサック(バックパック)
  • モバイルバッテリー

絶対に必要!イギリス旅行でマストな持ち物

スポンサーリンク

パスポートおよびビザ(該当する場合)

言うまでもありませんが、忘れたら出国できません!

イギリス旅行のみならず海外旅行で忘れてはいけない持ち物ナンバーワンです。

ココに注意

パスポートの有効期限は必ず事前にチェック!

クレジットカード(持っている方のみ)

例え現金を忘れてもカードさえあればなんとかなるでしょう。

クレジットカードを持っている人は必ず忘れないようにチェックしましょう。

また、多くのクレジットカードには海外保険が付帯しているので、逆に持っていない人は作って行った方がいいかもしれません(海外旅行保険が付帯しているかどうかは作る前にしっかりチェック!)

スポンサーリンク

海外用ポケットWiFi

公共WiFiが日本より普及しているとはいえ完全に何も無しでは今の時代困る人も多いでしょう。

特に知らない土地ではスマホマップが最高に使えます。

普段お使いの回線契約でスマホをそのままイギリスで使ってしまうとプランにもよりますがとてつもない金額を請求される可能性もあります。

ぜひ海外用ポケットWifiをレンタルして快適かつスムーズにイギリス旅行を楽しみましょう!

僕はこの間イギリスに行った時は「グローバルWiFi」という海外WiFiレンタルサービスを利用しました。

グローバルWiFiのメリットとしては

  • 200以上の国と地域で利用可能(もちろんイギリスも)
  • パケット定額制
  • 年中無休カスタマーサービス
  • 無制限プランあり
  • 自分のニーズにあったプランを多くの選択肢から選択可能
  • ポケットWifiなので複数人でシェアして使える
  • 日本全国の空港で受け取りおよび返却可能(ここが一番のポイント)

ココがポイント

ネットで申し込んで出国前に空港で受け取って、帰国時に空港で返却できるから煩わしさがゼロ!

詳しくはコチラ

最悪どうにかなるけど忘れたくない持ち物

スマートフォン

10年前ならこんな優先順位が高くなかったのに今となってはほぼ必需品と言った立ち位置です。

スマホが無いと

  • Eチケット(航空券)はどうする?
  • 別でカメラを持って行かない場合写真が撮れない
  • いざと言う時のスマホマップが使えない
  • SNSをやっている人はリアルタイムで近況をアップできない
  • 調べ物ができない
  • Apple Payなどイギリスでも使える便利機能が使えない
  • イギリス旅行に便利なアプリが使えない

などなどの問題が発生します。

とはいえいつでもどこでもスマートフォンを持ち歩いている現代人がスマートフォンを忘れる事は無いかと思いますが、灯台下暗しですよ!

ココに注意

イギリス旅行中は必ずモバイルデータ通信設定をオフにしておくこと

少額の現金および財布

支払いはできる限りカードで行った方がいいです。

キャッシュレス社会のイギリスとは言えカードが使えない店舗やサービスが本当に稀にあります。

そのような状況に備える、そして心に余裕を作る為に少額の現金を持って行きましょう。

現地で両替すればいいので、持って行く現金は日本円でも可です。

ココがポイント

両替手数料を考えると現金両替よりもクレジットカードの為替レートの方がお得かつ余りが出ない

航空券およびEチケット

持って行くべきものですが、最悪無くても今時パスポートさえあれば航空券を空港で発行してもらえます。

しかし忘れないようにするのももちろん大切!

海外旅行保険

事前に海外旅行保険に加入して行く方は証明を持って行きましょう。

また、クレジットカードに海外旅行保険が付帯している場合が結構あるので、クレジットカードを既にお持ちの方はお持ちのクレジットカードの海外旅行保険の有無や内容を確認してみてください。

ココに注意

既にクレジットカードをお持ちの場合はそのカードに海外旅行保険が自動付帯されているか事前にチェック

変換プラグ

イギリスへ行く際に必ず必要と言っても過言ではありません。

日本のコンセントとイギリスのコンセントの形状は異なる為(イギリスがBF、日本がAタイプ)、変換プラグ無しでは電化製品(充電器など)が使えません。

少なくとも一つは持って行きたい超重要なアイテムでしょう。

おすすめはイギリスだけでなく世界のコンセントの形状に合わせられるグローバルタイプで、このようなグローバルタイプを購入すれば今後別の国に行くときにも使えるので損する事がありません。

日程表

ツアーでイギリスへ旅行される方は、ツアー会社から配布された日程表も忘れないようにしたいですね。

イギリス旅行へ持って行くと便利な持ち物

ネックピロー

僕はもうネックピローなしで長距離の飛行機に乗る事ができません。

機内での快適度が格段に上がります、機内での睡眠がより気持ちよくなります。

ネックピローのメリット

  • 機内快適度が段違いに上がる→現地到着後1日目を無駄にしない
  • 有りと無しでは機内での睡眠クオリティが全然違う→しっかりと機内で寝る事が出来る
  • リュックサックに付ける事が出来る→カバン内の荷物を増やさない

今時は従来のネックピローに加えて人間工学に基づいた最新モデルも登場しているのでぜひ1つは事前に手に入れておきたいものです。

ホットアイマスク

普通のアイマスクでも良いんですが、ホットアイマスクの方が数段快適度が上がります。

薬局に売っている使い捨てのでも十分です。

僕は普段の生活でも電動のホットアイマスクを使っていますが、電動のホットアイマスクも非常におすすめできます!

電子書籍

機内で読書をしたい方は紙媒体の読書から電子書籍への移行をおすすめしたいです。

というのも本を持って行く(空港で買う)とやはりかさばってしまい、スペースも取ってしまうので効率が良くありません。

電子書籍であればスマホ、またはタブレットの中に何冊でも持ち歩くことが出来る為そのような問題がすべて解決されます。

事前に読みたい本をダウンロードしておけば読む際にインターネット接続は不要です。

また、僕はいかなる時でも本を読むと眠くなります。

それを逆手に取って利用してみたところ見事にハマってすぐに機内で眠りにつけるように…

本がもし楽しくてのめり込んでしまえば時間は速く過ぎますし、あまり楽しくなくても眠くなるため、これは完全にウィンウィンシチュエーションなんです。

また個人的にお勧めしたいのがAmazonが運営するKindle Unlimitedです。

Kindle Unlimitedが提供する無料体験を使えば僕みたいに大して本に興味のない人は無料で100万冊を超えるタイトルからいくらでも選んで読む事ができます(事前ダウンロード必須)

Kindle Unlimitedに関しては別の記事で入会方法、解約方法など詳しく解説しているのでご覧ください。

ココがポイント

ガイドブックも重いので持って行きたい方は電子書籍で持って行こう

折り畳み傘または防水ジャケット

「雨の国」といってもおかしくないイギリスは年中いつでも雨が降る可能性があります。

1週間滞在すれば必ず複数日で雨が降っているはずです。

しかしここで注意しておきたいのが、イギリスの雨は日本の雨の日のようにザーザー降るようなものではなく、細かい雨がシトシト降る場合がほとんどです。

なので

  • 細雨でも気になる方はコンパクトな折り畳み傘
  • 細雨なら多少大丈夫という方はレインコート

を持って行く事をおすすめします。

歩きやすい機能性の高いシューズ

「イギリス」

「旅行」

となるとファッションに気を使い過ぎて過度なオシャレをしてしまいがちですが、少なくとも快適に歩ける機能的な靴を1ペアは持って行きましょう。

どのような旅行の仕方でも普段以上の徒歩はなかなか避けられないかと思います。

極端な話ヒールしか持っていかないというのは危険だと思います。

ここはグッと気持ちを抑えてイギリス旅行中におしゃれな服を買って帰国してから日本でファッションを楽しみましょう!

リュックサック(バックパック)

靴と同じように歩きやすいカバンを持って行くのも重要です。

できる限り大きすぎず、軽量で歩きやすいリュックサックやバックパックを散策用に持って行きましょう!

防水ならなお良し!

モバイルバッテリー

日本でモバイルバッテリーを充電してから持って行くと、スマートフォンなどの充電切れを心配する必要が無くなるのでおすすめです。

いざと言う時にとても役に立ちます!

軽量のものが特におすすめ。

水筒

イギリスは日本のようにそこら中に自動販売機がある訳ではありません。

飲み物も大型のスーパーマーケットに行かない限りは割高なので、ぜひ水筒を持って行って水なりお茶なりをホテルで入れて持って行くと色々な面で無駄が省けます!

日用品・トイレトリー

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • 香水
  • 美容液など

この辺をどうしても普段使っているものを持って行きたいという方は小分けにして持って行く事ができますが、液体物の機内持ち込みには厳しいルールがあるので事前に確認しておかないと没収されるので注意。

逆に日本から持って行った方がいいものとして

  • 歯ブラシ
  • 歯磨き粉

が挙げられます。

多くのホテルでは日本のように毎日歯ブラシや歯磨き粉などアメニティを置いておいてくれるわけではありません。

実際僕もこの間ヒースロー空港の空港ホテルに泊まった際にアメニティが有料である事に気づきました。

歯ブラシや歯磨き粉はぜひ日本でトラベル用のものを用意しておくと便利です。

また男性の方であれば髭剃り、女性の方であればメイク道具などは普段使っているものを持って行くべきでしょう。

ココに注意

アメニティが有料のホテルは結構イギリスでは多い

夏のイギリス旅行に適切な持ち物と服装【イギリスの夏は実際暑い】

イギリス夏の平均気温

意外とイギリスは寒い国だと思われがちですが、実際そこまで寒い国でもありません。

実際僕が5年住んだ中で日本の冬のが寒いなと思った年もありますし、イギリスの夏は暑い日は暑い、エアコンが全ての場所に完備されていない分寝れない程暑い日も何に何度かありました。

さらに体感ですが晴れの日は直射日光は日本の太陽よりも暑い感じがありました。

イギリスの夏の平均気温(2015年~2019年の記録)

  • 6月:約15℃
  • 7月:約17.5℃
  • 8月:約16.5℃

一見暑くないように思えますが、日本と異なりイギリスの夏の夜が暑くなることはなかなか珍しい事なんです。

日中30℃超えても夜には落ち着きます。

しかし日中に関しては2019年7月にケンブリッジで過去最高の38.7℃が記録されています(出典:The Guardian

つまりイギリスの夏も日中は暑いんです。

ただ急に寒くなる日もあり「基本は暑いけど寒暖差が激しい」というのがイギリスの夏でしょうか。

さらに夜に落ち着くとはいえ真夏はエアコンが無いと非常に寝苦しい日もあります。

ココに注意

イギリスの真夏は普通に暑い

イギリス夏の平均雨量

夏のイギリス(ロンドン)の平均雨量は

  • 6月:43㎜
  • 7月:41㎜
  • 8月:48㎜

雨が多いとはいえイギリスの夏は他の季節と比べれば比較的雨の少ない時期と言えます。

東京都の平均降水量を見てみると

  • 6月:167㎜
  • 7月:153㎜
  • 8月:168㎜

あれ?日本のが降水量多くない?と思いますが、日本の場合雨の日はドカッと一気に降る一方でイギリスはシトシトと頻繁に降るので無理ありません。

つまりしっかりした頑丈な大きな傘などはイギリスの夏旅行では必要ないという事です。

夏のイギリス旅行に適切な服装は?

イギリス人は太陽が出れば季節関わらずTシャツでうろうろしている人がたくさんいるのでイギリス人の服装を見習ってはいけません。

しかし夏のイギリスに持って行くべき服としては

  • 半袖Tシャツ
  • 春、夏用スカート/ドレス
  • ショーツ
  • 薄いジャケット/セーター
  • サンダル
  • サングラス
  • 帽子

と言ったところでしょう。

なぜ薄いジャケットやセーターも必要かと言うと夜に冷え込む日もあるからです。

ココに注意

イギリスは夏でも夜は少し冷え込む

冬のイギリス旅行に適切な持ち物と服装【イギリスの冬は普通に寒い】

イギリス冬の平均気温

イギリスの冬は例外なく寒いです。

確かに日本の冬よりましかも、同等くらいと思った年は何回かありました。

とはいえイギリスの冬が暖かいという事はありません。

イギリスの冬の平均気温(2015年~2019年の記録)

  • 12月:約7℃
  • 1月:約5℃
  • 2月:約5℃

この記録を見てもそこまで日本の冬と変わらないかな、という印象ですよね。

イギリス冬の平均雨量

冬のイギリス(ロンドン)の平均雨量は

  • 12月:53㎜
  • 7月:52㎜
  • 8月:39㎜

夏のところでも話しましたが、イギリスの雨は日本のようにドッサリ一気に降るのではなく、シトシト頻繁に降るのが傾向です。

ココがポイント

数年に1回イギリスの冬は非常に冷え込み雪が積もる

冬のイギリス旅行に適切な服装は?

先ほどのイギリス冬の平均気温を見ても分かるように、基本的には日本の冬と寒さはさほど変わりません。

つまり持って行くべき服は普段日本の冬に着ている服であると言えるでしょう。

  • 暖かいコート
  • 手袋
  • ハット
  • マフラー
  • セーターやフリース

ヒートテックなども下着としておすすめです!

さらに詳しく

イギリス旅行に最適な服装とは?【元在住者が季節別にアドバイス】

イギリス旅行に役立つちょっとしたヒント

イギリス旅行中に試してほしいおすすめのイギリス料理

「イギリス料理はマズい」

これは世界中での共通認識のようですが、イギリス料理の中にも美味しいものはたくさんあります。

僕の個人的なおすすめは

  • フィッシュアンドチップス
  • ローストディナー
  • ポークパイ
  • スコッチエッグ

また、イギリス料理と言う括り以外でも

  • ハンバーガー
  • ステーキ

なども非常に美味しいです。

より詳しい美味しいイギリス料理はこちらの記事で紹介しています。

ココがポイント

イギリス料理も評判のいいレストランやパブに行けば美味しい!

みんな気になるイギリスの紅茶文化とは?

イギリス旅行で紅茶を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?

イギリスの紅茶文化はこちらの記事で詳しくまとめましたので、興味がある人はぜひご覧ください!

さらに詳しく

ロンドン以外でイギリスの地域はどんな所がある?

イギリスには

  1. グレーターロンドン
  2. イーストオブイングランド
  3. イーストミッドランド
  4. ウェストミッドランド
  5. サウスイーストイングランド
  6. サウスウエストイングランド
  7. ノースイーストイングランド
  8. ノースウエストイングランド
  9. ヨークシャーアンドザハンパー
  10. ウェールズ
  11. 北アイルランド
  12. スコットランド

といった12の地域に分かれています。

ロンドン以外で言うと個人的には

  • サウスイーストイングランド
  • サウスウエストイングランド
  • ノースウエストイングランド
  • スコットランド

がおすすめです。

より詳しいイギリスの地域に関してはこちらで紹介しています。

イギリス旅行の定番観光地は?

イギリス旅行の定番観光地としては

  • バッキンガム宮殿
  • ロンドン塔
  • 大英博物館
  • ウエストミンスター寺院
  • タワーブリッジ
  • ビッグベン
  • コッツウォルズ
  • ストーンヘンジ
  • セブンシスターズ
  • ローマンバス

などがあります。

イギリス旅行の定番観光地についてはこちらで紹介しています。

ハリーポッターファンにおすすめ

イギリスと言えばハリーポッターと言う人もいるかもしれません。

イギリス国内には映画ハリーポッターのロケが行われた場所がたくさんあります。

イギリス国内にあるハリーポッターのロケ地はこちらで詳しく紹介しているので興味がある方はぜひご覧ください。

イギリスという国はどんな国?イギリス人にはどんな特徴がある?

皆さんはイギリスという国やイギリス人に対してどんなイメージを持っているでしょうか?

こちらの記事でイギリスという国やイギリス人の性格、特徴、トリビアを紹介しています、気になる方はぜひ!

イギリス旅行におすすめのロンドンホテルや面白い奇抜なホテル

海外旅行に行くという事はどこかに泊まる必要があります。

皆さんはホテルにどんなこだわりがありますか?

以下の記事ではロンドンでおすすめのホテル、そしてイギリス国内にある面白い奇抜なホテルを紹介しています!

ロンドン旅行に向けておすすめしたいガイドブック

「地球の歩き方」が一番有名なガイドブックかと思いますが、ロンドン用のガイドブックは他にもたくさんあります。

  • 趣味に特化したもの
  • 性別に特化したもの
  • エリアに特化したもの

こちらではロンドン旅行でおすすめのガイドブックを紹介しています。

イギリスの祝日はいつある?

日本は祝日大国と言われるほど祝日が多い国で、イギリスの祝日は日本の祝日よりも少ないです。

イギリスにある祝日はこちらの記事にまとめました。

イギリス旅行で使える簡単な旅行英会話

イギリスの言語はもちろん英語、簡単なフレーズでもいいので覚えていくとイギリス旅行が何倍もスムーズにはかどります。

イギリス旅行でありがちなシチュエーションで使える英会話フレーズをまとめたので、ぜひイギリス旅行に行く予定だけどあまり英語が得意ではないという方はチェックしてみてください!

イギリス旅行に行くついでにもう1ヶ国どうですか?

イギリスは地理的に他のヨーロッパ諸国と非常に近い関係にあります。

フランスとは電車で繋がっていますし、飛行機を使えば格安で日帰り旅行も可能です。

感覚的には東京から大阪、名古屋から大阪、名古屋から東京くらいの感覚でヨーロッパの別の国に行けてしまいます。

どんな国に行けるかはこちらで紹介しています。







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-イギリス, イギリス生活情報, 旅行関係, 海外旅行役立ち情報

Copyright© ライフタイムラーナー , 2020 All Rights Reserved.