単語・熟語辞典

「残念ながら」は英語で何て言う?残念な気持ちを伝える便利な表現6選

2020年3月27日

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

  • 「残念ながら」は英語で何て言いますか?
  • 「残念ながらそれはできません」と言いたいです
  • 最も適切な表現はどれですか?
  • 残念ながら
  • 申し訳ございませんが
  • せっかくですが
  • 惜しいですが
  • 悲しいですが

このような言い回しをしたい場面って結構ありますよね?

今回は、英語で「残念ながら」を意味する表現についてまとめました。

場合によっては相手への気遣いが求められる表現なので、状況に応じて細かなニュアンスまで使い分けられるようにいくつかのフレーズを覚えておきましょう!

今日の記事内容

  • 「残念ながら」として使える英語表現6選
  • 状況によって使い分けられる表現
  • 各ニュアンスの違いを例文付きで解説

この記事を読むメリット

  • 明日から「残念ながら」と英語で言えるようになる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 「残念ながら」を英会話で使い分ける事ができるようになる

「残念ながら」は英語で何て言う?よく使われる便利な表現6選

スポンサーリンク

Unfortunately

最もよく使われるのがこの表現です。

Unfortunatelyは「残念ながら」という意味の副詞で、この1単語で残念な気持ちや申し訳なさを表現できる大変便利な単語です。

基本的には文頭に置き、後ろに具体的に残念な内容を続けて文を作ります。

フォーマルすぎずカジュアルすぎず、ビジネスなどの場面でも使える絶対に覚えておきたい表現です!また、似たような意味を持つ単語として

  • Regretfully,
  • Sadly,

(※どちらも副詞なので、使い方はUnfortunatelyと同じです)

などもあるので、一緒に覚えておくと良いでしょう。

ポイント

Unfortunatelyはスペルが長くて覚えにくいですが、「un(否定の接頭辞)+fortunate(形容詞:幸運な)+ly (副詞の最後につく接尾辞)」という構成でできている単語です。

また、接頭辞のunをとるだけでfortunately(幸いにも、幸運にも)という全く反対の意味を表す単語にもなるので覚えておくと便利です!

例文

エレナ先生
Unfortunately, I can't do that(残念だけどそれはできないわ)

I’m sorry, but~

こちらはI’m sorryを使った表現です。

学校で習った通り「ごめんなさい」という意味で覚えている人も多いと思いますが、後ろに接続詞のbutを続けて「残念ながら…です」という意味で使うこともできます。

比較的カジュアルな表現なので、日常生活や親しい友人との会話で使われることが多いです。

似ている表現としては、

  • I’m sorry to tell you that…
  • I’m sorry to say that…

などもよく使われます。

どれも使われている単語自体はシンプルなので、何か良くない知らせなどを伝える時には自然と出てくるようにしておけると良いですね!

例文

エレナ先生
I'm sorry but I think you're wrong(ごめんだけどあなた間違ってると思うわ)

スポンサーリンク

I’m afraid (that)~

相手に好ましくない情報やネガティブな予想などを伝える時に使える表現です。

afraidという単語を聞くと「~を怖がる」という意味で覚えている人もいると思いますが、残念な気持ちを表す時にも使える便利な表現です。

注意点としては、後ろにbutを続けて「I’m afraid, but…」とするのは間違いです。後ろにはそのまま具体的に残念な内容を続けます(thatも会話では省略されることが多いです)

I’m sorryよりフォーマルな印象がありますが、友人や家族に対しても使えるので是非覚えておきましょう!

また、I’m afraidを使った表現として

  • I’m afraid so. (残念だけど、そうだと思うよ。)→相手の意見に同意する時
  • I’m afraid not. (残念だけど、違うと思うよ)→相手の意見に反対する時

この2つも覚えておくと、使えるシチュエーションがグッと広がります!

例文

エレナ先生
I can't do that I'm afraid(残念だけどそれはできないわ)

I hate to tell you this, but~

残念な気持ちを、hateという単語を使って表すこともできます。

hateは動詞で「~をひどく嫌う、~することを嫌がる」という意味があります。

「あなたにこの事を伝えるのは気乗りしませんが…」というニュアンスです。

上記のものに比べると日常生活での使用頻度は高くありませんが、ネイティブが使った時などにすぐ意味を理解できると会話がスムーズに進みます!

また、hateを使った別の表現として

  • I hate to say this, but…
  • I hate to tell you this, but…
  • I hate to inform you, but…

この3つも同じ意味のフレーズとして覚えておきましょう!

例文

エレナ先生
I hate to tell you this, but I don't really like the way you eat(本当は言いたくないんだけどあなたの食べ方好きじゃないわ)

We regret to inform you that~

こちらは比較的フォーマルな表現です。

企業が不採用通知を送る際など、ビジネスの場でも多く使われます。

regretは動詞で「後悔する」という意味でよく使いますが、ここではもう1つの意味の「残念に思う」というニュアンスで使用しています。

regret to doで「doすることを残念に思う」となり、この場合はdoの部分がinform(通達する、知らせる)なので、「あなたにこの事をお知らせするのを大変残念に思いますが…」という意味になります。

日本語で言うと「誠に残念ながら、今回は…」という表現に匹敵します。

日常生活ではあまり見かけない表現ですが、仕事で英語を使う機会がある人は覚えておくと良いでしょう!

例文

エレナ先生
We regret to inform you that we will decline your proposition(申し訳ございませんが、今回の提案はお断りさせていただきます)

I’d love to, but~

友達から誘いを受けたけれど、予定があって断らないといけない…そんな時にはこちらの表現を使いましょう!

I’d love toは「~したい!」という気持ちを表し、「ぜひそうしたい気持ちはあるよ!」と相手に伝えることが出来ます。

先に相手の提案に興味があるという姿勢を伝えてから断ることで、相手も嫌な気持ちにならずあなたの都合を理解してくれます。似たような表現としては、

  • I’m sorry, but…
  • I wish I could, but…

などがあります。

どれも断るだけではなく、必ず後ろに「断る理由」を付け加えられると丁寧ですよ!

例文

エレナ先生
I'd love to, but I can't come today(行きたいんだけど今日は行けないわ)







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-単語・熟語辞典

© 2020 ライフタイムラーナー