単語・熟語辞典

「弱い」は英語で何て言う?様々な状況やニュアンスに合わせた7選

2020年7月8日

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

  • 「弱い」は英語で何て言いますか?
  • 「これは非常に繊細で脆いです」と言いたいです
  • 最も適切な表現はどれですか?

今日はもうここで結論言います。

「弱い」として最も一般的に使われている単語は「Weak」です。

学校でも習ったStrongの反対語ですね。

しかし「弱い」と一概に言っても色々なニュアンスがあると思うんです

  • 脆い=弱い
  • 繊細=弱い
  • 脆弱=弱い
  • 薄い=弱い
  • 音などが小さい=弱い

確かにWeakで表せるものも多いですが、別の単語を使った方がより具体的になるものがほとんどです。

今回の記事ではイギリスの大学を卒業した筆者が「弱い」というニュアンスでよく使われる英語を7個例文付きで解説していきます。

今日の記事内容

  • 「弱い」として使える英語表現7選
  • 状況によって使い分けられる表現
  • 各ニュアンスの違いを例文付きで解説

この記事を読むメリット

  • 明日から「弱い」と英語で言えるようになる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 「弱い」を英会話で使い分ける事ができるようになる

「弱い」は英語で何て言う?様々な状況やニュアンスに合わせた7選

スポンサーリンク

最もよく使われる「Weak」

最初にも言った通り、シンプルに「弱い」という事を表すときに使われるのはこのWeakです。

非常に広いニュアンスで使う事ができるので、最も使われている単語と言っても良いでしょう。

例文

エレナ先生
The signal is weak.(シグナルが弱いです)

壊れやすく脆いを表す「Fragile」

ただ単に弱いだけでなく、壊れやすく脆い事を表したい時に使われるのがこのFragileです。

例えば段ボールとかに「割れ物注意!」みたいなシールが貼ってあることあるじゃないですか、あれの英語版は「Fragile」が使われています。

また、物理的なもろさだけでなく物理的でない脆さも表す事ができます。

例文

エレナ先生
Can you put the "Fragile" sticker?(「こわれもの注意」のシールを貼ってくれますか?)

スポンサーリンク

繊細な事を表す「Delicate」

日本でもデリケートという言葉を使うので分かりやすいですね。

日本語のデリケートは「敏感」という意味合いで使われる事が多いのですが、「敏感」は英語ではSensitiveです。

メモ

Delicate:繊細な、精巧な、細かい、弱い、虚弱な、壊れやすい


例文

エレナ先生
This is a delicate object.(これは繊細な物体です)

脆い、虚弱を表す「Frail」

Fragile 程頻繁に使われる訳ではありませんが、Frailも「脆い」や「虚弱な」という意味を表す単語です。

ただFrailは物というよりは人を形容する方が多い気がします。

人に対して

  • 虚弱な
  • 華奢な
  • 弱い

といったような意味で使われます。

例文

エレナ先生
He looks frail.(彼はひ弱に見えます)

脆弱で傷つきやすい事を表す「Vulnerable」

日本語で「脆弱」と言うような場面で使われるのが「Vulnerable」です。

例えばパソコンのソフトウェアなんかでも安全性上の弱点を指す「脆弱」「脆弱性」が使われることがありますが、英語ではそれぞれVulnerable、Vulnerabilityとなります。

もちろんITの世界だけでなく、精神的な脆弱性もこの単語で表す事ができます。

例文

エレナ先生
I'm feeling vulnerable.(精神的に弱くなっていると感じています)

濃度が薄い、声がか細いなどを表す「Thin」

Thinというと「厚みが薄い」と言ったようなイメージを持っている人も多いと思いますが、実はThinには他にも重要な意味があります。

例えば

スープが水っぽくて濃度が薄い→Thin

力なくか細い声→Thin

例文

エレナ先生
I think the soup is too thin.(このスープはちょっと水っぽ過ぎる気がします)

声や音が小さい時にも使える「Small」

Smallは物理的に小さい事を表すときに使われる事が多いですが、音量が小さい時にも使えます。

例えば小声は「Small voice」という事もあります。

今回の「弱い」のまとめ

今日の記事では「弱い」というニュアンスを持つ様々な英語について紹介してきました。

今日のおさらい

  • Weak:最も広い用途でよく使われる「弱い」
  • Fragile :壊れやすい、脆い
  • Delicate:繊細な
  • Frail:虚弱な、きゃしゃな
  • Vulnerable:脆弱な
  • Thin:薄い(濃度)、か細い(声など)
  • Small:声や音が小さい







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-単語・熟語辞典

© 2020 ライフタイムラーナー