4級リスニング対策

【英検4級リスニング問題】元講師おすすめの対策とコツをまとめて解説

2019年3月11日

英検4級 リスニング まとめ

こんにちは、数多くの子供たちに英検4級を指導して合格させてきた英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証

  • 英検4級リスニングで高得点を取るにはどうすればいいですか?
  • どうすればリスニング能力を上げる事ができますか?
  • 効果的に解く戦略や対策方法はありますか?

英語講師時代によく聞かれた質問です。

リスニングは筆記に比べると、よりテクニックや地力と関連しています。

つまり英検4級のリスニング問題をこなして対策する!というだけでなく、英語リスニングそのものに対して実力を蓄えていく必要も少なからずあります。

また、大問1~3の内容と解き方を理解する事で詳細に対策して挑む事ができるようになります。

とはいえ私もかつてはそこまで詳しく対策をするなんて事は思いもしませんでした。

でも講師を経験してやっとわかった事ですが、細かい対策は重要です。ライバルのほとんどはここまで細かく見ている人はかなり少ないのでチャンスです。

今回の記事では、英検4級のリスニング試験にしっかりと試験前に対策して挑む事ができるように、英語講師として数多くの子供たちに英検4級を教えた経験と自ら英検1級まで合格したリアルな知識を活かして解説していきます!

今日の記事内容

  • 英検4級リスニング試験の構問題成内容と問題例
  • 各セクションの解き方
  • 解説英語リスニングを高める3つの考え方

この記事を読むメリット

  • 実際に英検4級を指導した元講師が考える対策法や勉強法を知る事ができる
  • 英検1級を持っている筆者の考える英検の攻略方法を知る事ができる
  • 実際に自分で簡単に実践する事ができる

本気で英検4級に一発合格を目指したい方はこちらの完全攻略ガイドからお読みください!

さらに詳しく

英検4級リスニング試験の問題数・内容・試験時間

英検4級のリスニング試験は3つのパートに分けて構成されています。

  1. 会話応答文:10問
  2. 会話内容確認:10問
  3. 文章内容確認:10問

各リスニングは2回再生されるため、受験者にとって割とやさしい構造となっています。

しかしリスニングは集中力が切れてしまったらそこで終わりなので、しっかりと対策をしてリスニング力を上げてから集中が切れないように本番に挑むことが大切です。

さらに詳しく

英検4級リスニング第1部「会話応答文」の解き方

スポンサーリンク

大問1の出題パターン

例えば問題としてはこのようなものがあります

A: How was your winter vaccation?

B: It was great. I went to Tokyo.

A: Sounds good. How long did you stay there?

B:

1, I went to Disneyland.

2, Tokyo was great.

3, For a week.

もちろんリスニングですのでこれが全て音源で流されます。

要は「会話応答文」というのは文字通り最後の言葉に応答する正しい会話の選択肢を選ぶ問題です。

直近の実際の英検4級過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認する事ができます。

英検4級リスニング会話応答文問題の解き方

英検4級リスニング会話応答文問題で非常に大切なのは「瞬発力」です。

問題のスクリプトを見れば分かりますが、リスニングの内容自体はさほど難しくはありません。

ただ、そんなシンプルな簡単な問題を一瞬で解けるかどうかはまた別の話です。

ここでいう瞬発力というのも「会話応答文」というだけあって最後の文に応答する当たり前のものを選べばいいだけなのですが、その選択を即座に行わなければ頭がこんがらがってしまったり、頭が真っ白になってしまいます。

3つの選択肢のうち正解以外の選択肢は基本的に的外れなものなので、いかに当たり前の応答を素早くできるかがカギになってくるでしょう。

考えすぎていてはスピードが追い付かないので、フィーリングで答えられるようになれば第1部は大丈夫でしょう。

英検4級リスニング第1部のもっと詳しい解き方や対策、そしてリスニング力を上げるためのマル秘情報第1回はこちらの記事で紹介していますので気になる方はぜひどうぞ。

さらに詳しく

英検4級リスニング第2部「会話内容確認」の解き方

スポンサーリンク

「会話内容確認問題」の出題パターン

第2部ではこのような形式で問題が出されます

A: I went to baseball practice yesterday.

B: Oh really? Me too.

A: How long did you practice yesterday, John?

B: My practice was 3 hours.

Question: How long did John practice baseball yesterday?

1, One hour

2, Two hours

3, Three hours

4, Four hours

※赤文字は音声で再生されます

第1部は会話の流れの最後に応答する正しい選択肢を選ぶ問題でしたが、第2部では求められていることが違います。

「会話内容確認」

という名前があるようにリスニングで聞いた会話の内容を理解する事が求められるのが第2部のリスニングなのです。

直近の実際の英検4級過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認する事ができます。

英検4級リスニング会話内容確認問題の解き方

会話内容確認問題で一番大切なのは

「リスニング内のキーワードをしっかりと捉える事ができるか」

です。

基本的に以下のような情報がキーワードとしてありがちなものです。

  • 数字
  • 人物名
  • 名称
  • 時間
  • 値段

そしてこのような情報を問う問題が多いのです。

とにかく第2部のリスニングでは以上のようなキーワードを聞き逃さずに頭に入れておく事ができるか、にかかっています。

英検4級リスニング第2部で

  • 「気が抜けない理由」
  • 「絶対にしなければならない事」
  • 「効果的な対策方法」

などのもっと詳しい解き方や対策、そしてリスニング力を上げるためのマル秘情報第2回はこちらの記事で紹介していますので気になる方はぜひどうぞ。

もっと詳しく

英検4級リスニング大問3「文章内容確認問題」の解き方

「文章内容確認問題」の出題パターン

英検4級リスニング第3部ではこのような形式で問題が出されます

My daughter’s birthday is next Monday. She likes drawing so I want to buy her color pens and a sketch book for her.

Q: What does the man want to buy for her daughter’s birthday?

1, pens and paper

2, pencils and a sketch book

3, a sketch book

4, color pens and a sketch book

※赤文字は音声で再生されます

第2部の会話内容確認問題と似ているような気がしますが、聞いている内容が全く異なります。

2人間での会話内容を理解して問題に答えるのが第2部のリスニング問題であった一方で、第3部の問題は1人の人の文章が音声化されてその内容をくみ取るようなものです。

なので会話のように会話フレーズが出てくるわけでも無く、文章はどちらかというと日記や独り言のようなものが多いです。

しかしそれだけでなく、デパートや空港などの案内放送が問題として使われる場合もあります。

第2部と第3部の大きな違いは登場人物が複数か単数か、というところでしょう。

直近の実際の英検4級過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認する事ができます。

英検4級リスニング文章確認問題の解き方

第3部では特定のアクションを「誰が」起こしたか、という質問が聞かれる場合がよくあります。

例えば

My brother game me a video game yesterday. I was very happy. I played the video game for 2 hours.

なんていう文章があったとします。

こういう文章で

Who gave the girl a video game?

誰がこの女の子にビデオゲームを与えましたか?

みたいな問題が出題される場合が非常に多いです。

選択肢としては

  1. Her mother did
  2. Her father did
  3. Her brother did
  4. Her sister did

こんな感じでしょうか。

なので解き方としては第2部と重複しますが、キーワードを逃さない事です。

もう一度キーワードになりやすいものをおさらいしましょう。

  • 数字
  • 人物名
  • 名称
  • 時間
  • 値段
  • 名詞

英検4級リスニング第3部のもっと詳しい解き方や対策、そしてリスニング力を上げるためのマル秘情報第3回はこちらの記事で紹介していますので気になる方はぜひどうぞ。

さらに詳しく

本気で一発合格を狙う人にのみにおすすめの「英検ネットドリル」

本気で一発合格を狙っている方に私がおすすめしたいのがこのサイトでも至るところでおすすめしている旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ記事を読んでからご検討ください。

英検ネットドリルのメリット

  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能

本気の人だけにおすすめ

英検ネットドリル

安心の旺文社教材

効率的で身になる対策

便利なデジタル機能

9

機能

9

学習効率

6

値段

8

総合評価

今日のおさらい

  • 英検4級のリスニングは10問、10問、10問の構成
  • 大問1に必要なのは瞬発力
  • 大問2に必要なのはキーワードを逃さない力
  • 大問3に必要なのは誰が何をしたのかを理解する力







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-4級リスニング対策

© 2020 ライフタイムラーナー

\英検を指導した元英語講師がおすすめ/
あの旺文社の英検教材を追加機能と共にデジタルで使える!
レビュー記事はコチラ
\元英語講師がおすすめする英検教材/
レビュー記事はコチラ