元講師がオンライン英会話を25社以上受講して比較!➡

オンライン英会話が怖い?恥ずかしい?元講師が解決策を9個提示します

こんにちは、イギリスの大学を卒業した元オンライン英会話講師、ライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

JIN

結論、最初のうちは怖く感じたり、恥ずかしく感じたりするのは普通のことです!今回は怖さを和らげるための解決策を解説します

この記事のまとめ

2社でオンライン英会話として勤めた筆者が、オンライン英会話の怖さや恥ずかしさを払拭するための方法を提案!

意外と忘れがちな大切なことや、元講師だからこその経験を基に、さまざまな側面から解決策をご提案させていただきます。

オンライン英会話に怖さや恥ずかしさを感じている方に、とくに読んでほしい内容です。

近年では対面より安い英会話トレーニングとして「オンライン英会話」がスタンダードになっています。

しかし、今までオンライン英会話をやったことが無いという人には、怖さや恥ずかしさを感じる側面もあるのです。

会議同様、実際対面よりもオンラインの方が緊張しがち!

ただし「怖さ」や「恥ずかしさ」には、オンラインという側面だけでなく、さまざまな側面が組み合わさって起こるものです。

本記事では、元オンライン英会話講師の私が、そのすべての要素を塗りつぶす形で、解決策をご提案します!

この記事を読むメリット
  • 自分がなぜ恥ずかしいと思ってしまうのかわかる
  • 元講師が経験を基に解決策を複数提示
  • 今後は楽しみながらオンライン英会話を受講できるようになる
アオイちゃん

でもさ、恥ずかしいとか怖いって気持ち、性格だからどうしようもないんじゃない?

JIN

たしかに、性格によるところは大きいよ!でも、英語が喋れる誰もがみんな最初からガツガツ行けていたかというとそうじゃない!コツと解決策を掴めば大丈夫!

25社以上比較したオンライン英会話ランキング完全版から見たい方はコチラ

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



オンライン英会話で恥ずかしい・怖いと思ってしまう3つの主な原因

まず理解しておきたいのは、 はじめのうち緊張しない人の方が圧倒的に少ないです。

これは、以前行ったオンライン英会話利用者100人を対象にした独自調査でも明らかになっています。

オンライン英会話 緊張 アンケート
度合い投票数
とても緊張した38票
少し緊張した53票
どちらでもない1票
あまり緊張しなかった6票
まったく緊張しなかった2票
ライフタイムラーナー独自調べ
調査手法インターネットでのアンケート調査 (調査方法:CrowdWorks
調査対象者オンライン英会話利用者100人
対象者選定条件現在オンライン英会話を利用されている方

つまり「なんで自分だけが…」と思わないようにしましょう!誰しも最初は恥ずかしい気持ちや、怖い気持ちをもっています。

ここからは、「恥ずかしい」「怖い」という気持ちを持ってしまう原因を探っていきましょう。

解決策よりも先に原因を見つける方が重要!

JIN

自分がどのタイプに当てはまるか、考えながら読んでみましょう!

自分の英語が合っているかどうか気にしてしまっている

「羞恥心」や「恐怖心」を駆り立てる大きな原因のひとつは

  • 自分の英語合ってるかな…
  • 間違えて理解されなかったらどうしよう…
  • 変なことを言って怒られたらどうしよう…

このような、考えからきています。

完ぺきな英語を求めてしまってはそこから動けなくなる!

間違いのない完ぺきを求めたい気持ちはすごくわかります、しかし100%間違えのない英語を喋ることは不可能なのです。

だって、私たちも母国語である日本語を100%完ぺきに話せていますか?日本語でも間違えて恥をかく場面というのはあるはず、それが第二言語の英語となればなおさらです。

完ぺきを目指す考えは必要、ただし会話中はその考えを捨てる

私はなにも「別にフィーリングで伝わればオッケーオッケー」なんていうつもりは一切ないです。

日々の自習で必ず完ぺきを目指す勉強を怠らないのは変わりません。

自習の時点から「間違っていても伝わればいいよね」という考えはただの怠慢でしかない

自習のうちは、間違いを減らすために完ぺきを求めながら勉強するのは重要ですが、実際の会話になった時はその考えをすべて捨てなければなりません。

JIN

説明が難しいのですが、完ぺきを目指す努力は日々しながら、実践の場では完ぺきを求めすぎないといった感じです

オンラインという環境

私は個人的に、対面よりもオンラインの方が「恥ずかしい」「怖い」という気持ちを感じがちだと思っています。

これはオンライン英会話に限らず、日本語のミーティングなどでもそう感じるのです。

生身の人間と直接触れ合わないオンラインや電話は緊張しがち

これに対する解決策は、慣れるしかありません。

皆さんも、はじめて会社で電話を取ったとき、はじめてSkypeやFace Timeを使ってみたとき、子どもの頃はじめて電話を使ったときなど、最初は緊張したはず。

しかし、回数を重ねるごとにどんどん慣れていきますよね!

JIN

オンライン英会話に関しても同じで、基本的には回数を重ねれば緊張に関しては解消されます

元々恥ずかしがり屋な性格

やはり、元々日本語でも恥ずかしがり屋な性格である方は、オンライン英会話でも「恥ずかしい」「怖い」という気持ちを抱えがちです。

でも、「恥ずかしがり屋は英会話に向かない!」ということは一切ありません。

性格に応じて学習アプローチを変えていけばいいだけ

詳しくは後で解説しますが、たとえば「知識で固める」というアプローチは、とくにこのような性格の方には合っています。

「知識で固める」の真意に関しては、音声で解説しています、この記事を読みながら音声でも聞きたい方は、以下から再生できます!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる