オンライン英会話

オンライン英会話の講師の質はバラバラ!後悔しない初心者向け完全ガイド

2020年9月11日

オンライン英会話 メリット デメリット 講師 質

 

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学を卒業した元オンライン英会話講師、ライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

 

悩みのタネ

  • オンライン英会話って安いけど効果あるんですか?
  • 何となく怪しい気がしてしょうがないです
  • おすすめのオンライン英会話はどこですか?

 

 

 

近年では対面より安い英会話トレーニングとして「オンライン英会話」がスタンダードになっています。

 

しかし今までオンライン英会話をやった事が無いという人にはちょと恐怖に感じる面もあるでしょう。

 

私が英語を勉強していた頃にこのようなサービスはほとんどありませんでしたが、結論から言うと非常に良いサービスだと思いますし、仮に今私が英語をやり直すとしたら必ずオンライン英会話に入ります。

しかし「格安」だからと言って一番安いものを選ぶのは非常に危険です。

 

本記事ではイギリスの大学を卒業した元オンライン英会話講師の筆者が「オンライン英会話」にフォーカスして初心者が気を付けるべき点や正しい使い方を徹底的に解説していきます。

 

この記事を読むメリット

  • 元オンライン英会話講師である筆者のリアルな視点で概要を掴める
  • オンライン英会話で失敗する確率が格段に下がる
  • どうすればオンライン英会話を使いかなせるのか理解できる

 

JIN
結論オンライン英会話はピンキリです

 

 

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク



英語学習のスタンダードになっているオンライン英会話とは

 

まずはオンライン英会話サービスとは何かを簡単に解説します。

 

 

従来の英会話スクールとは違う

 

これまで英語を習う、というと大手英会話スクールに駅前留学をしたり、英会話カフェに行ったりするのが主流でした。

 

しかし今の時代、オンライン英会話の参入により「英語を学ぶ」際に利用できる選択肢がかなり増えました。

 

オンライン英会話の特徴

  • インターネット上のテレビ通話
  • 音声通話
  • デジタル教材

 

JIN
このようなテクノロジーを利用して同じ空間にいなくても非ネイティブやネイティブの外国人から英語を直接学ぶ事ができるという新しいツールです

 

場所を取らないという利点

 

対面型の英会話スクールとは異なり場所を取らずに、講師も世界中から遠隔で呼び寄せる事ができる為、従来の対面型の英会話スクールよりも圧倒的に安価かつ時間を有効活用して英語を直接学ぶ事ができます。

 

JIN
「インターネットを通して場所や時間を問わずに直接英語を学ぶ」というのがオンライン英会話一番の特徴です

 

元オンライン英会話講師が思うオンライン英会話のデメリット

 

まずはオンライン英会話のデメリットから紹介していきます。

 

 

優良なものと粗悪なものの差が激しい

 

まず1つ目はクオリティがピンキリである点です。

 

私は「悪い方」のオンライン英会話で働いていました

 

オンライン英会話となれば、サービス提供側も対面よりも費用を押さえて運営する事ができます。

数もたくさん、国内企業はもちろん世界中でオンライン英会話が乱立しています。

 

その中で「優良」なオンライン英会話と「粗悪」なオンライン英会話の二つに分かれます。私が働いていたところは国内では割と大きいところでしたが、どちらかというと「悪い方」でした。

 

JIN
名前はもちろん出しませんが、講師の質がお世辞にも高いと言えないサービスも存在している事は知っておくべきだと考えます

 

どれを選んだらいいのか分からない

 

良い悪い振れ幅が大きいと言っても初心者の方はそもそもどれを選んだらいいのか分からないでしょう。

 

単純に「安いからダメ」「高いから素晴らしい」という訳でも無いので、始めるまでの判断が難しいのです。

 

JIN
このデメリットはレビュー記事や無料体験を行う事で自分に合ったオンライン英会話を選ぶことで解消する事が可能です

 

講師の質がピンキリ

 

2つ目は同じサービスでも講師の質がピンキリである点です。

 

ネイティブ・準ネイティブ・非ネイティブ・日本人バイリンガル・日本人…

 

オンライン英会話を提供する会社がピンキリなのと同時にオンライン英会話を教える講師の質もピンキリです。

 

教えられる人と同じ空間、地域にいる必要性が無く間口が広いので様々なタイプの講師が働いています。

 

簡単な例

  • 資格持ちネイティブ(アメリカ、イギリス、オーストラリア…など)
  • 資格なしネイティブ
  • 資格持ち準ネイティブ(フィリピンなど)
  • 資格なし準ネイティブ
  • 資格持ち非ネイティブ(ヨーロッパ諸国など)
  • 資格なし非ネイティブ
  • 資格持ち日本人
  • 資格なし日本人バイリンガル
  • 資格なし日本人

 

ざっと挙げてもこれくらいの種類の講師がオンライン英会話では働いています。

 

場所によっては割と誰でもなれてしまうのがオンライン英会話講師なんです。

 

確かに対面英会話スクールも「ネイティブなら誰だって良い」みたいな感じのスクールもありますが、オンライン英会話はそれよりもさらに質の幅が広いと言えます。

 

ネイティブが一番良いとは限らない

 

英語を教えてもらうならネイティブからが一番だと思われがちですが、一概には言えません。

 

こう考えてみたら分かりやすいと思います「あなた自身は日本語を外国人に上手く教えられる自信はありますか?」

私は多分無理です。

 

日本語は母国語なので知らぬ間に大した努力も考えもせずに身に付けたものです、日本語指導の資格が無い人であればどうやって教えたらいいのか分からないでしょう。

一方私の場合英語は自分で身に付けたものなので教える事ができます。

 

恐らく日本語を教えるよりも上手く教えられる自信はあります。

 

JIN
実際、オンライン英語講師時代ネイティブの人たちとも働いてレッスンをライブで見たり指導したこともありますが「これで大丈夫なの??」と思ったことは何度もあります

 

インターネット接続に左右される

 

当たり前の話ですが、オンライン英会話は100%インターネット接続に依存しています。

 

レッスン日当日にパソコンやインターネットの調子が悪かったらレッスンを受ける事ができません。

 

レッスン途中でインターネット接続が無くなったらそこで強制的に終了です、途中でインターネット接続が悪くなってラグが出てきたら相手の言ってることは理解できません。

難しいところです。

 

JIN
ただインターネット接続も年々進化しているので以前ほど大きな問題はないでしょう

 

学習プランがないようなオンライン英会話もある

 

数あるオンライン英会話の中には学習プランが存在しないようなところもたくさんあります。

「フリートーク」と言えば聞こえはいいですが、初心者や中級者であればフリートークだけで大幅に英語力を伸ばすのは不可能です。

 

オンライン英会話の中でも特に「学習プラン」や「カリキュラム」が選べるような優良オンライン英会話を選ぶことでこのデメリットは消す事ができます。

 

次の項目では元オンライン英会話講師の私が考えるオンライン英会話のリアルなメリットを紹介します。

 

元オンライン英会話講師が思うオンライン英会話のメリット

 

次はオンライン英会話のメリットを解説していきます。

 

 

一人ではできないアウトプットができるようになる

 

英語学習は意外と本気になって継続して頑張れば独学でもかなり網羅できます。

単語、文法、リーディング、リスニングなどは初心者、中級者のうちは独学でもしっかり考えながらやれば十分です。

 

唯一1人ではできないのがスピーキングのアウトプット、相手あってこそ成り立つものですし、独り言でやり過ごしても限界がありますし、何より正してくれる人がいなければ大幅な成長が見込めません。

 

これまでにも駅前留学なんかをすればアウトプットの機会がありましたが、マンツーマンレッスンを受けない限りはガッツリ話す事は出来ませんでしたしかなり高額でした。

 

しかし多くのオンライン英会話はそもそもマンツーマンの形式をとっており、安くアウトプットし倒す事ができます。

 

JIN
「英会話講師の質にバラツキがある」とデメリットの項目で紹介しましたが、安く英語をアウトプットできる環境を手に入れられることは間違いありません

 

様々な種類の英語に触れる事ができる

 

次は様々な英語に触れることができるという点です。

 

アメリカ英語とイギリス英語だけじゃない英語の世界

 

「英語」というと大体「アメリカ英語」や「イギリス英語」などのネイティブ英語だけが光を浴びますが、世界の共通語ともいえる英語はそれだけではありません。

フィリピンやインドなどの準ネイティブ英語や、国によって訛りも違います。

 

世界に出てしまえばネイティブ英語が全てではないんです。

 

JIN
そんな世界の英語を学べる事ができるのはオンライン英会話ならではのメリットです

 

対面の英会話スクール講師はほとんどネイティブ

 

大手の対面英会話スクールを見てみると、ほとんどがアメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダなど…の英語を母国語とするネイティブの人たちが講師をつとめています。

 

使い方例

  • 「自分はドイツ出張が多いからドイツ人の講師の方に頼んでみよう」
  • 「今度インドに旅行するからインド人の英語に慣れてみよう」
  • 「自分はイタリアに興味があるからイタリア人の人と話してみよう」

 

このような使い方ができたり、実際に現地の人から英語を勉強しながら興味のある場所の情報を直接聞く事だってできます。

オンライン英会話だからこそなせる業です。

 

自由度が非常に高い

 

次は自由度が高い点です。

 

時間の自由

 

まオンライン英会話は基本的に自宅で受講するものなので、わざわざ駅前に行って英会話スクールに通う必要が無くなります。

仕事終わりに英会話スクールに通っている人にとっては仕事後無駄な通学時間が省けます。

 

そして受講時間も自分で決める事ができる為、レッスン時間に縛られることもかなり緩和されます。

 

「時は金なり」タイプの人であればオンライン英会話の方が圧倒的に時間的効率が良くて合っているでしょう。

 

さらに大手のオンライン英会話講師たちは全世界にいて24時間受講可能なため、英会話スクールが普段閉まっている早朝や深夜にも受講可能なのもメリットです。

 

JIN
オンライン英会話で「朝活」なんていうのもできてしまいます

 

レッスン内容の自由

 

普通の対面英会話スクールに通う場合、自由度が高く高額なマンツーマンレッスン以外はカリキュラムは事前に決められています。

教科書やワークブックが用意されて週ごとに進めていく学校のようなものです。

 

しかしオンライン英会話はその部分での自由度も高いため、自分でそのレッスンですることをある程度決める事ができます。

 

簡単な例

  • フリートーク
  • ニュースを使ったレッスン
  • 英検、TOEFL、IELTSなどの試験に向けたレッスン

 

このように自分の好きなように幅広い使い方を出来るのが特徴です。

「自分が何をしたらいいのか分からない」という人にはあまり合っていませんが、自分が伸ばしたい、やりたいことが明確であったり、資格取得などの目標がある方にとっては対面英会話スクールよりも優れています。

 

教材が無料で使用できる場合がある

 

オンライン英会話スクールによりますが、自由度の高い大手オンライン英会話では教材を無料で使用する事ができます。

対面英会話スクールのほとんどでは教材を購入する事になるので天地の差です。

 

特に資格に向けて英語勉強をしているのであれば無料で教材を使えるのはありがたい限りですよね。

 

TOEFLとかIELTSなどの資格用テキスト、ワークブック、過去問は非常に高価であり、それが無料となればコスパは最高です。

 

資格に向けてオンライン英会話を探している人は

  • 資格用テキストがそろっているか
  • 資格用テキストは無料で使えるのか
  • 資格に精通した講師はいるのか

以上の3点を踏まえながら最適なオンライン英会話を探すのがおすすめです。

 

対面の英会話スクールと比べると費用が圧倒的に安い

 

最後に説明するのは圧倒的に料金が安い点です。

 

オンライン英会話一番のメリット

 

オンライン英会話に人が流れてきたのはやはり「お金」の部分が大きいです。

 

誰しもできる事なら画面を通してではなく対面で英語を教えてもらいたいと思うのが普通ですが、それを凌駕するくらいの値段差が存在しています。

 

対面英会話スクールとオンライン英会話の値段比較

 

大手オンライン英会話A社 大手駅前英会話スクールA社 大手マンツーマン英会話B社
グループレッスン なし 12か月133,056円(1時間当たり約3,300円) なし
マンツーマンレッスン 非ネイティブマンツーマン(1時間当たり約478円)、ネイティブマンツーマン(1時間当たり約1,264円) 8か月320,760円(1時間当たり約12,000円) 受講回数45回:350,000円(1時間当たり約11,500円)

 

JIN
比較にもならないくらい安いのがオンライン英会話のマンツーマンレッスンなのです

 

できる事なら対面が一番だが…

 

本音を言えば

  • 時間
  • 料金
  • 便利さ

上記全て度外視して対面とオンラインどちらが効果があるのか、と言われれば対面マンツーマンでやるのが一番です。

 

しかし、オンライン英会話には上記のような対面型では手に入れる事ができない大きなメリットがあります。

 

JIN
私も対面のが英語的には効果があると思っていますが、色々な側面をどちらかを選ぶのであれば迷わずオンライン英会話を選びます

 

オンライン英会話の効果を最大限に引き出すための方法

 

次は効果的にオンライン英会話を利用するコツを元講師の私が紹介します。

 

 

中学卒業レベルの英語力が無い場合はまずベース作りから

 

まずは一定のレベルは持っておくべきという点です。

 

何も知らないままオンライン英会話をやっても効果は薄い

 

まず一つ目は、オンライン英会話を始める前に「英語力が0に近い人」はまずオンライン英会話を始める前にある程度のベースを作っておきましょう。

「学生時代からずっと英語に触れてなかったけどまた学びたくなった」

 

そういう人もまずはこれまでに学校で習った英語の復習をしてからオンライン英会話にのぞむ方が確実に有益なものになります。

 

基準は最低でも中学卒業レベル

 

ある程度のベースと言っても曖昧なので、具体的な話をするのであれば、オンライン英会話を始めるまでに「中学卒業程度」の英語レベルはほしいところです。

英検で言うのであれば「英検3級」レベルですね。

 

JIN
「そのレベルに辿り着くまで何をすればいいのか分からない」という事であれば、試験自体は受けなくても良いので英検3級の勉強をまずしてみましょう

 

関連 【完全版】英検3級の対策法をギュッと凝縮!元講師の頭の中全部見せます

 

ただレッスンを受けるだけで英語力は伸びない

 

中級者以上でもオンライン英会話を始めてからレッスンを受講しているだけでは何の積み重ねもありません。

  1. 予習(独学)
  2. レッスン
  3. 復習(落とし込み)

このサイクルが回らなければ英語力の大きな成長は見込めません。

 

これができるかどうかで英語力が伸びる、伸びないが決まると言っても過言ではありません。

 

このサイクルをオンライン英会話で例えるのであれば

  1. 次のレッスン/トークで使える新しい表現や単語を事前に覚えておく
  2. レッスン内で自習で新しく覚えたものを使ってみる
  3. レッスン内で間違えた事や新しく学んだ事を整理して自分に落とし込む

受けるだけで英語力が伸びるような夢のようなツールではありません。

 

JIN
だからこそ並行して自分の学習時間を取らないと無駄になってしまいます、その辺も考慮しながら受講頻度を決めるのがおすすめです

 

しっかりとした目的や目標を持つ

 

まず自分の頭の中を整理してみましょう「なぜオンライン英会話を始めたのか?」

 

  • 資格に合格したい、スコアアップを目指したい
  • 仕事で英語を使いたい
  • 留学に行きたい
  • 外国人と喋れるようになりたい
  • 趣味で楽しくやりたい

 

それぞれ個々の理由があるはずで、その目的に向けたアプローチを取らなければなりません。

 

資格に合格したいのであれば資格サポートの充実したオンライン英会話でガッツリ教材を使ってやらなければならないですし、仕事で英語を使いたい人はビジネス英語を重視して講師選びやレッスン内容選びをする必要があるでしょう。

趣味でやってる人ならばどうしたら自分がもっと楽しい方法で英語を学べるのかを考えたるともっと有意義です。

 

その逆に資格に合格したいのにオンライン英会話でフリートークばっかりやっていてはだめですよね。

 

JIN
このような項目を頭に入れながら自分に合うオンライン英会話を選んでみましょう

 

誰に教えてもらうのが一番為になるのか考える

 

次は講師タイプの選び方についてです。

 

ネイティブ?非ネイティブ?日本人?

 

簡単な例

  • ガッツリネイティブから吸収したい→ネイティブ講師を売りにするオンライン英会話
  • 少し緩めに学びたい中級者→様々な国の講師から選べる大手オンライン英会話
  • アメリカ英語ではなくイギリス英語を学びたい→イギリス英語特化のオンライン英会話
  • 日本語を喋れない先生と話すのが不安な初心者→日本人バイリンガル講師がいるオンライン英会話

 

このように自分の能力や性格に合わせて最適にオンライン英会話を選びましょう。

 

講師やオンライン英会話を選ぶ際の基準一例

 

まずもう一度自分の目的を割り出しましょう、例えば資格に合格したい、スコアアップを目指したいという人が居たとしたらどんな講師に教えてもらうのが一番いいでしょうか?

 

資格に合格したいのであれば、私なら以下のような項目を優先します

  • ネイティブ(その資格の知識がある)
  • その資格を実際に英語学習者として過去に受けたことのある非ネイティブ

下手したら後者の方が色々な話を聞けて有益かもしれません。

 

資格に合格したり、スコアアップを目的としているのにそのテストの知識が無いフィリピン人やインド人などの準ネイティブとレッスンをしても効率が悪いですよね。

 

JIN
なんでもかんでもネイティブだから、準ネイティブだから、ではなく望んでいるニーズに合った講師を見つけるのも大切です

 

必ず無料体験を受けるようにしよう

 

オンライン英会話のほとんどは無料体験レッスンを提供しています。

初心者の方は絶対に無料体験レッスンを提供していないようなオンライン英会話には入るべきではありません、無料体験レッスンが無い時点でそのオンライン英会話はあきらめましょう。

 

無料体験のメリット

  • 自分でもやっていけそうか
  • 講師の行っている事や内容を理解できたか
  • 実際にやってみて楽しかったか

 

無料体験レッスンをしないとそのような事も把握できていないまま見切り発車になってしまいます。

私は英語上達の本質は「80%の継続性と20%知識」だと思っています。

 

JIN
まず自分がこれで継続して続けていけるだろうか、という事に一番気をかけて無料体験レッスンを受けましょう

 

甘い言葉や上手い文句には騙されないで

 

皆さん何かを売る仕事に就いている方は、自分の知識を駆使してあの手この手で商品やサービスを売っている事でしょう。

これは当たり前のことです。

 

しかしいざ自分が知識に乏しいフィールドに出て、購入する側になるとどうしても甘い言葉や上手い売り文句に心が傾いてしまいがちです。

 

初心者の方がオンライン英会話を選ぶ上で絶対にやってはいけないのは、甘い言葉に乗せられて「無料体験のない」オンライン英会話サービスの長期契約を結んでしまう事です。

 

JIN
必ず無料体験を自分で行ってから自分が継続できるかどうかを一番に考えて入会するかどうかを決めましょう

 

優良オンライン英会話を選ぶ為に気を付けるべき3つの事

 

最後に粗悪なオンライン英会話サービスに捕まらないためのアドバイスを元講師の私が3つ紹介します。

 

 

月額払いなのかどうなのかをチェック

 

オンライン英会話の場合月額払いのところが多いですが、それでも数カ月の契約期間、半年の契約期間という長い契約で一括前払いという場合もあります。

対面の英会話スクールは長期契約の方式が多いですよね。

 

全くの初心者で初めてのオンライン英会話を探しているのであれば、短期で解約できる月額払いのところを選ぶのが無難です。

 

JIN
半年契約のところに前払いで支払ってしまったけどやっぱり自分には合わないとなったら大変です

 

一番安いからという理由で絶対に選ばない

 

この選び方は最悪です、先ほど言ったようにオンライン英会話は対面型の英会話スクールよりも上下が激しくピンキリです。

 

「安いから」という理由で選んでしまうとハズレを引く可能性が極限に高まります。

この選び方は絶対に止めましょう。

 

ホームページがキレイかどうか

 

これは本当に裏技というか半ば偏見ですが、ちゃんとしている優良オンライン英会話のホームページはきれいで現代的で読みやすいものが多いです。

 

その逆に悪いオンライン英会話はホームページがなんだか古臭かったり、いかにも手がかかってなさそうだったりと思うものが多いです。

先ほども言ったように運営する側もオンライン英会話というのは低い投資で割と安く行う事ができます。

 

でもそういう片手間で適当にやっていたり、ハナから良いサービスを提供しようとしていないようなオンライン英会話はホームページを見れば大体分かります。

 

このアドバイスは偏見という部分も多少なりともあるので耳を傾けるだけで良いですが、ぜひオンライン英会話を始められる際はホームページにも気を配ってチェックしてみましょう。







おすすめの関連記事

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-オンライン英会話

© 2021 ライフタイムラーナー