3級概要

【英検3級レベル】気になる難易度・対象学年・TOEIC換算などを徹底解説

2019年3月15日

英検3級 レベル 難易度

こんにちは、数多くの子供たちに英検3級を指導して合格させてきた英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証

  • 「英検3級ってどれくらいのレベルですか?」
  • 「小学生でも受かる可能性はありますか?」
  • 「大人で英語をやり直したいのですが適切なレベルでしょうか?」

英語講師時代によく頂いていた質問です。

実は英検各級のレベルを知らずにとりあえず低すぎる級、または高すぎる級を受けてしまう方々はかなりいます。

非常にもったいないです。

挑戦するなら絶対に自分に合ったレベルの級を受けた方が身になりますし、お金を無駄にする事もありません。

結論から言ってしまうと英検3級のレベルは「中学卒業相当」つまり義務教育完了レベルの英語力が求められます。

しかし「中学卒業レベル」と一口に言ってもいまいちピンとこないと思いますので、今回の記事では英検3級のレベルをさらに深掘りして解説していきます。

私も実はかつて英検準1級を受けた時、レベルをイマイチ理解できておらず結局準1級を飛ばして1級を受けておけばよかったなと後悔した経験があります。

今日の記事内容

  • 英検3級のレベル・難易度解説
  • TOEIC換算
  • 受験をおすすめしたい層

この記事を読むメリット

  • 客観的かつ元講師の主観的に見る英検3級のレベルや難易度解説
  • 自分は英検3級が最適な級なのか知る事ができる
  • 合っていないレベルの受験にお金を無駄にする事がなくなる

本気で英検3級に一発合格を目指したい方はこちらの完全攻略ガイドからお読みください!

さらに詳しく

英検3級の難易度は中学卒業レベル

スポンサーリンク

英検3級のレベルに関する公式的見解

日本英語検定協会の公式は英検3級のレベルに関してこのように定めています

3級は、5級・4級で習得してきた基礎力の集大成の級で、レベルは中学卒業程度とされています。身近な英語を理解し、使用できることが求められます。この3級から面接試験が加わり、話す力が的確に測定されます。試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)と二次試験(面接形式のスピーキングテスト)に分かれています。

引用元:日本英語検定協会

さらにこう続けます

二次試験でスピーキングテスト。英語で考えを伝えましょう。
筆記試験の題材は、海外の文化など少し視野が広がります。
中学卒業段階の英語力の達成目標:3級(文部科学省)

引用元:日本英語検定協会

レベルとしては中学で学ぶ英語のまとめといったところでしょうか。

つまり英検3級に受かれば通常中学校で習う英語は大体バッチリ理解できていると言っていいでしょう。

そして英検5級、4級と大きく違うのがこの英検3級からスピーキングテスト(二次試験)が実施され、採点されて合否に影響するという所です。

インプットの英語能力だけでなくアウトプットの英語能力も英検3級から問われるんですね。

簡単なイメージ
  • 英検5級:中学1年レベル
  • 英検4級:中学2年レベル
  • 英検3級:中学3年レベル

TOEIC換算で見る英検3級のレベル

英語テストのレベルを測る指標として一つ「TOEIC換算」という指標があります。

大人の人からしてみるとこのTOEIC換算の方が分かりやすい場合があるかもしれません。

TOEIC換算での英検3級のレベルはズバリ「380点前後」です。

ただ正直英検3級レベルではTOEICをまともに解くことは難しいので本当に参考程度に見ておきましょう。

英検3級の受験をおすすめできる人とは

スポンサーリンク

中学3年生までに取得できれば高校受験に有利な点も

自分の中学時代を思い返してみると中学3年生で英検3級を受験していた子たちが多かった記憶があります(当時私は英語にこれっぽっちも興味がなかったので受けませんでしたが)

今思えば英検3級を取得しておくと高校受験に有利な点があるからなんですよね。

高校によっては英検3級を持っていることで内申点+入試点から加点される場合があります、要は持ってるに越したことは無いから受ける人が多いんです。

もちろんそのさじ加減は高校によって変わるので何とも言えないところですが、持ってるに越したことは無いというのは間違いありません。

英語が得意なら中学2年生でもチャレンジしてもいいのではないか

中学3年生が多く受験する英検3級ですが、もし英語が好き/得意であれば中学2年生からチャレンジしても良いでしょう。

英語の勉強は高校に行ってからも続きますし、先取りをする事は非常に大切です。

順調に先取りして勉強を進めていけば中学卒業までに英検準2級取得も全然夢ではありません。

英語が好きなら早いうちから高みを目指していくと今後非常に有益ですし幅が広がります!

英語をまたゼロから頑張ろうと思っている大人も

学生時代英語なんて全くできなかったしやる気も無かったけど大人になってからやっぱり英語を勉強したい、という方非常にたくさんいるのではないでしょうか?

  • 仕事関係で英語の勉強が必要になった
  • 活動の幅を広げるために英語をやり直したい
  • 趣味の為に英語を習得したい

などなど大人になってからもう一度英語をやり直したいと思うような理由はいくらでもありますよね。

そんな全くのゼロからもう一度英語をやろうと考えている方にも英検3級は良いスタートポイントです。

中学まではみんな卒業している訳で、得意不得意に関わらず少なくとも授業は受けていたはずです。なので復習も兼ねてまず中学英語の集大成である英検3級の勉強から始めてみるというのは全然アリです。

その代わりある程度ベースがある中でやり直したいという方にとって3級は簡単すぎるかなという印象です。

いずれにせよ英語やり直し勢に関しては実際に英検3級を受験しなくても、英検3級用の問題集や参考書で勉強をするだけでもスタートとしては良いでしょう。

本気で一発合格を狙う人にのみにおすすめの「英検ネットドリル」

本気で一発合格を狙っている方に私がおすすめしたいのがこのサイトでも至るところでおすすめしている旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ記事を読んでからご検討ください。

英検ネットドリルのメリット

  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能

本気の人だけにおすすめ

英検ネットドリル

安心の旺文社教材

効率的で身になる対策

便利なデジタル機能

9

機能

9

学習効率

6

値段

8

総合評価

今日のおさらい

  • 日本英語検定協会の公式によると英検3級のレベルは「中学レベルの英語の集大成」
  • TOEIC換算では380点前後だが、この指標を当てにしてはいけない
  • 先取りをしたい中学2年生、高校受験を控える中学3年生、英語をもう一度ゼロから始めたい大人などにおすすめできる







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-3級概要

© 2020 ライフタイムラーナー

\英検を指導した元英語講師がおすすめ/
あの旺文社の英検教材を追加機能と共にデジタルで使える!
レビュー記事はコチラ
\元英語講師がおすすめする英検教材/
レビュー記事はコチラ