元講師がオンライン英会話を20社以上受講して比較!➡

「同時に」を表す英語はどう使い分ける?英会話や論文で使えるキホンの4選

同時に 英語 論文 英会話 使い分け

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し、英検1級を一発で取得した、ライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

JIN

結論をいうと英会話で「同時に」としてもっとも使われているのはAt the same timeです

この記事のまとめ

偏差値40の公立高校から猛勉強してイギリスの大学を卒業した筆者が、「同時に」として使える英語フレーズを徹底解説!

時間軸によって使い分けられる英語表現をわかりやすく4種類まとめてお伝えします。

英会話表現の幅を広げたい方に、とくに読んでほしい内容です。

最初から結論をいうと英会話で「同時に」としてもっとも使われているのはAt the same timeです。

しかし「結論はこれです、それでは」と言っても面白くないので、他にも「同時に」を表す英語を紹介していきます。

英会話で使う英語とライティングで使う英語は、異なります。

同じ意味とニュアンスを表したい時でもライティングでは極力堅めの単語を使うべきであり、カジュアルな熟語や口語表現は英会話に向いていると言えます。

つまりAt the same timeを論文のようなライティングで使うのはあまりよろしいとは言えません。

この記事を読むメリット
  • ライティングと英会話で使い分けれるようになる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 具体的な使い方や細かいニュアンスの違いがわかる
アオイちゃん

じゃあAt the same timeだけ覚えておけばいい?

JIN

自分が使う分にはいいけど、リスニングやライティングの為にいろいろ知っておくのは重要だよ

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



「同時に」は英語で何ていう?英会話と論文などで使い分けできる4選

それでは「同時に」として使える英語表現をニュアンス解説付きで紹介していきます。

英会話ではもっともよく使われる「At the same time」

「同時に」を英会話で表したい時に使えるのがこの「At the same time」です。

  • At:~で
  • The same:同じ
  • Time:時

つまり「同じ時に」となります。

また、タイミング以外でも先に述べたことに対して「それに加えて」「それと同時に」「~の反面~」という使い方もできます。

エレナ先生

He’s funny and serious at the same time.(彼はおもしろいと同時にシリアスでもあります)

堅いライティングで使えるのが「Simultaneously」

Simultaneous(同時に起こる)という形容詞の副詞形です。

At the same timeとは異なり、Simultaneouslyは時間的なタイミングに対する「同時に」しか表すことができません。

また、堅い単語なのでライティングなどにお勧めです。

エレナ先生

Two kinds of data were collected simultaneously.(2種類のデータが同時に収集された)

一斉にを表す「All at once」

「同時に」とは若干ニュアンスが異なるかもしれませんが、「一斉に」「一度に揃って」という意味合いで使える英語表現です。

At once:速やかに、同時に、至急に

エレナ先生

Don’t talk to me all at once!(みんな一斉に話しかけないで!)

応用版の「At the same moment」

こちらはAt the same timeの応用版です。

Time(時間)の部分がMoment(瞬間)に変わっているだけのものなので、日本語でいう

  • 同時に
  • 同じ瞬間に

これくらいの違いしかありません。

「瞬間」を強調したい時に使ってみてもいいかもしれません。

エレナ先生

I was there at the same moment!!(私も同じ瞬間にそこにいました!!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる