元講師がオンライン英会話を25社以上受講して比較!➡

きっかけは英語でなんていう?会話で使える便利な表現を例文付きで7個紹介

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し、英検1級を一発で取得した、ライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

JIN

結論からいうと結構トリッキーなので複数覚えておく必要があります

この記事のまとめ

偏差値40の公立高校から猛勉強してイギリスの大学を卒業した筆者が、「きっかけ」として使える英語フレーズを徹底解説!

ニュアンスによって使い分けられる英語表現をわかりやすく7種類まとめてお伝えします。

英会話表現の幅を広げたい方に、とくに読んでほしい内容です。

「きっかけ」「~をきっかけに」日本語ではシンプルに表現できますが、英語の場合日本語ほどシンプルではありません。

細かいニュアンスごとに使う単語や表現が変化します。

似たような意味のニュアンスでもひとつの単語だけではなく複数知っておくと英語の幅が広がり、英語力アップするのも間違いありません。

私も昔は「意味が同じならひとつだけ覚えておけばいい」と思っていましたが、実際ネイティブはいろいろな単語でニュアンスを少し変えながら英会話をしています。

この記事を読むメリット
  • 明日から「きっかけ」と英語で言えるようになる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 「きっかけ」を英会話でニュアンスを理解した上で使い分けできるようになる
アオイちゃん

キッカケを聞きたいときは何て言えばいいの?

JIN

What made you~?が一番スタンダードな方法かな

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



「きっかけ」は英語でなんていう?英会話で超使える英語表現7選【例文付き】

それでは「きっかけ」として使える英語表現をニュアンス解説付きで見ていきましょう。

What made you~?

最初に紹介したいのは、シンプルに英会話で使える「What made you~?」です。

直訳すると「何があなたに~させたのですか?」ですが、意味的には「何がきっかけで~したのですか?」という風になります。

  • What made you think so?(何がきっかけでそう思ったのですか?)
  • What made you become an actor?(何がきっかけで俳優になったのですか?)
  • What made you come to Japan?(何がきっかけで日本に来たのですか?)

きっかけ系のフレーズではよく使われるのでぜひ覚えておきたい表現です。

エレナ先生

What made you become a doctor?(何がきっかけで医者になったのですか?)

It all started when~

こちらは「すべては~の時始まった」というニュアンスで、自分から経緯を説明する際に使えます。

先ほどの「What made you~?」の質問を、It all started when~で答えるのもいですね!

エレナ先生

It all started when I did work experience at a hospital.(すべては病院で職場体験をしたことから始まりました)

The reason why ○○ is ××

シンプルに「〇〇の理由は××です」というニュアンスで使えます。

理由が複数ある場合は「The reasons why ○○ are ××」という風に言い換えることも可能です。

That’s why~という似たような表現もあります。

エレナ先生

The reason why I became a doctor is because my father was a doctor.(医者になった理由は父が医者だったからです)

How did you~?

きっかけを聞きたいときにもっともシンプルに使えるのが「How did you~」です。

直訳すると「どのように~したのですか?」ですが、イメージ的には「何がきっかけで~したのですか?」というニュアンスにもなります。

しかし最初に紹介した「What made you~?」よりは「きっかけ」というニュアンスに置く比重は低くなります。

エレナ先生

How did you become a doctor?(何がきっかけで医者になったのですか?)

Trigger

Triggerという単語のイメージは「引き金を引く」です。

Trigger:銃などの引き金、きっかけ、引き金を引く、動作させる、引き起こす、もたらす

日本語でも「〇〇が引き金となった」というような言い回しできっかけを伝えることがありますが、Triggerを使えばそれと同じようなニュアンスできっかけを表せるのです。

英会話で使えたら少しだけオシャレです。

エレナ先生

A small argument can trigger a divorce.(1回のささいな喧嘩が離婚のきっかけとなる可能性はある)

Inspire

日本語でも「インスパイア」は使う言葉なのでイメージはつかみやすいかと思います。

Inspire:ひらめきを与える、引き起こす、呼び起こす

「〇〇にインスパイアされた結果××をした」というニュアンスできっかけを伝えたいときには最適です。

エレナ先生

A documentary film inspired me to come to Japan.(ドキュメンタリー映画に感化されて日本に来ることにしました)

Catalyst

結構難易度の高い単語ですが、「きっかけ」を名詞として表せる単語です。

Catalyst:触媒、きっかけ

堅い文章などで使われることがあります。

エレナ先生

This can be a catalyst for peace.(これは平和に向けたひとつのきっかけになるかもしれない)

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる