単語・熟語辞典 英会話フレーズ

「きっかけ」は英語でなんて言う?英会話で超使える英語表現7選【例文付き】

2020年9月30日

きっかけ 英語

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

  • 「きっかけ」は英語で何て言いますか?
  • 「〇〇がきっかけで××になりました」と言いたいです
  • 最も適切な表現はどれですか?

「きっかけ」「~をきっかけに」日本語ではシンプルに表現できますが、英語の場合日本語ほどシンプルではありません。

細かいニュアンスごとに使う単語や表現が変化します。

似たような意味のニュアンスでも1つの単語だけではなく複数知っておくと英語の幅が広がり、英語力アップするのも間違いありません。

私も昔は「意味が同じなら自分が使うやつ1つだけ覚えておけばいい」と思っていましたが、実際ネイティブは色々な単語でニュアンスを少し変えながら英会話をしています。

自分が使わなくても、リスニングという観点で複数の単語を知っておくというのはメリットがあります!

今日の記事内容

  • 「きっかけ」を表す英語表現7選
  • 状況によって使い分けられる表現
  • 各ニュアンスの違いを例文付きで解説

この記事を読むメリット

  • 明日から「きっかけ」と英語で言えるようになる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 「きっかけ」を英会話でニュアンスを理解した上で使い分けできるようになる

「きっかけ」は英語でなんて言う?英会話で超使える英語表現7選【例文付き】

スポンサーリンク

What made you~?

まず最初に紹介したいのはシンプルに英会話で使うことができる「What made you~?」です。

直訳すると「何があなたに~させたのですか?」ですが、意味的には「何がきっかけで~したのですか?」という風になります。

簡単な例
  • What made you think so?(何がきっかけでそう思ったのですか?)
  • What made you become an actor?(何がきっかけで俳優になったのですか?)
  • What made you come to Japan?(何がきっかけで日本に来たのですか?)

きっかけ系のフレーズではよく使われるのでぜひ覚えておきたい表現です。

例文
エレナ先生
What made you become a doctor?(何がきっかけで医者になったのですか?)

It all started when~

こちらは「すべては~の時始まった」というニュアンスで自分から経緯を説明する際に使うことができます。

先ほどの「What made you~?」の質問をIt all started when~で答えるのも良いですね!

例文
エレナ先生
It all started when I did work experience at a hospital.(すべては病院で職場体験をしたことから始まりました)

スポンサーリンク

The reason why ○○ is ××

シンプルに「〇〇の理由は××です」というニュアンスで使うことができます。

理由が複数ある場合は「The reasons why ○○ are ××」という風に言い換えることも可能です。

That's why~という似たような表現もあります。

例文
エレナ先生
The reason why I became a doctor is because my father was a doctor.(医者になった理由は父が医者だったからです)

How did you~?

きっかけを聞きたいときに最もシンプルに使えるのが「How did you~」です。

直訳すると「どのように~したのですか?」ですが、イメージ的には「何がきっかけで~したのですか?」というニュアンスにもなります。

しかし最初に紹介した「What made you~?」よりは「きっかけ」というニュアンスに置く比重は低くなります。

例文
エレナ先生
How did you become a doctor?(何がきっかけで医者になったのですか?)

Trigger

Triggerという単語のイメージは「引き金を引く」です。

参考

Trigger:銃などの引き金、きっかけ、引き金を引く、動作させる、引き起こす、もたらす

日本語でも「〇〇が引き金となった」というような言い回しできっかけを伝えることがありますが、Triggerを使えばそれと同じようなニュアンスできっかけを表すことができるのです。

英会話で使えたらちょっとだけオシャレです。

例文
エレナ先生
A small argument can trigger a divorce.(1回のささいな喧嘩が離婚のきっかけとなる可能性はある)

Inspire

日本語でも「インスパイア」は使う言葉なのでイメージはつかみやすいかと思います。

参考

Inspire:ひらめきを与える、引き起こす、呼び起こす

「〇〇にインスパイアされた結果××をした」というニュアンスできっかけを伝えたいときには最適です。

例文
エレナ先生
A documentary film inspired me to come to Japan.(ドキュメンタリー映画に感化されて日本に来ることにしました)

Catalyst

結構難易度の高い単語ですが「きっかけ」を名詞としてしっかりと表すことができる単語です。

参考

Catalyst:触媒、きっかけ

堅い文章などで使われることがあります。

例文
エレナ先生
This can be a catalyst for peace.(これは平和に向けた1つのきっかけになるかもしれない)

今日の「きっかけ」のまとめ

今日のおさらい

  • What made you~?:何がきっかけで~したのですか?
  • It all started when~:すべては~の時始まった
  • The reason why〇〇 is ××:〇〇の理由は××です
  • How did you~?:何がきっかけで~だったのですか?
  • Trigger:引き起こす、もたらす
  • Inspire:ひらめきを与える
  • Catalyst:触媒、きっかけ







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-単語・熟語辞典, 英会話フレーズ

© 2020 ライフタイムラーナー