元講師がオンライン英会話を25社以上受講して比較!➡

100人に聞いた!初心者のオンライン英会話失敗談と回避するコツを元講師が解説

こんにちは、イギリスの大学を卒業した元オンライン英会話講師、ライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

JIN

結論からいうと、他人の失敗談をたくさん知ることで、自分のオンライン英会話学習は挫折や失敗の可能性が減ります!

この記事のまとめ

2社でオンライン英会話として勤め、28社以上オンライン英会話を比較した筆者が、「初心者によくある失敗」について徹底的に解説!

元講師として教えていた私の経験と100人を対象にした調査結果を基に失敗談をご紹介するとともに、解決策もしっかり提示します。

オンライン英会話をこれから受けようと思っている方に、とくに読んでほしい内容です。

「オンライン英会話をはじめたいけど失敗したくない!」

そう思うのは当然のことだと思います。

ただし、失敗を恐れて一歩踏み出せないのは、単純にもったいない!

そんな状況を打破するために、本記事では元講師である私の経験、そして利用者100人に聞いた失敗談や解決策をご紹介することで、1ミリでも一歩踏み出しやすい状況を作りたいと思います!

この記事を読むメリット
  • オンライン英会話2社で働いた元プロが解説
  • 利用者100名を対象に独自調査を行いました
  • この記事にすべてのよくある失敗が凝縮されています
アオイちゃん

でも、失敗が怖くて…どうすればこの気持ちはなくなりますか?

JIN

他の人の失敗を自分に活かせば、同じ失敗をする確率は低くなるよ!

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



100人の利用者に聞いた!はじめたばかりの頃に起こった失敗談まとめ

この記事を作成するうえで、講師側の私の意見だけを考慮するのは公平でないと思い、現在オンライン英会話を利用されている方100人にアンケートを取りました!

聞いた質問はたったひとつ、「はじめたての頃にどんな失敗に直面しましたか?」

JIN

私にとってもかなり意外な回答があり、今後選択するうえで非常に役に立つと思います!

まずは、失敗談を5つのカテゴリーに分けて、集計を取ると以下のようになりました!

オンライン英会話 初心者 失敗 アンケート
カテゴリー投票数
講師関連の失敗29票
頻度・モチベーションに関する失敗17票
レッスン内容に関する失敗17票
コミュニケーションに関する失敗15票
受講環境に関する失敗14票
慣れに関する失敗8票
ライフタイムラーナー独自調べ

カテゴリーはおおまかに分けたものですが、思った以上にいろいろな失敗談を聞けました。

JIN

それでは、各カテゴリー別に回答を抜粋して紹介します!

調査手法インターネットでのアンケート調査 (調査方法:CrowdWorks
調査対象者オンライン英会話利用者100人
対象者選定条件オンライン英会話を現在利用されている方

講師関連の失敗

講師関連でもっとも多かった失敗は

  • まったくかみ合わない講師に当たった
  • 英語を理解してもらえなかった
  • 日本語ではまったく質問ができない

上記の3つでした。

30代女性

日本人の先生を選べばよかったと思いました。
些細な質問、意思疎通をとるときに、日本人の先生だったらスムーズにいくだろうなと思うことが多々…海外の先生にもいいことはたくさんあると思いますが、自分的には日本人講師を選べば良かったなと…

20代男性

講師の先生があまり日本語が得意ではなく、自分が英語で表現できないことを日本語で説明しても理解してもらえないことがあり、気まずい空気が流れたことがありました。

20代女性

講師が日本語を話せなかったので、こちらがわからなそうな雰囲気を出してもずっと英語で説明されてしまい内容が理解ができなかったことです。

3人の回答を抜粋しましたが、「まずは日本人講師を選んでおけばよかった…」と後悔されている方は、意外にも結構います。

オンライン英会話自体だけでなく、英語も初心者なのであれば日本人講師からはじめるのは大アリ

ちなみに「日本語を理解してもらえないので困った」というのが、講師関連でもっとも多い回答でした。

30代男性

毎回空いている講師を選ぶという形式であったが、講師による会話スピード、発音のバラつきが大きく、自分のレベルにあった講師を選択するのが大変だった。

20代女性

英語レベルを気にせずに、ただ好印象な講師を選んでしまい、失敗しました。
私の英語レベルは初級であったにもかかわらず、選んだ講師が上級者向けで、レッスン中ほとんど講師の話す英語が理解できませんでした。

30代男性

自分の担当になった男性講師と合わなかった。
なんというか英語以外の部分で話し方やレッスンの進め方が雑に感じて、機械的にやられているなという印象。
何回かは我慢してそのまま続けていたが、そのことが理由で自分のモチベーションを下げるのも嫌だったので、サポートに連絡して講師を変えてもらった。

次いで多かった講師関連の失敗が、「どの講師を選べばいいのかわからなかった」「合わない講師に当たった」というもの。

この部分が心配な方は、レッスン講師を変えやすいサービスを選ぶというのもアリ!

JIN

講師関連の悩みは、以上の2つがほとんどの回答でした!

講師の幅が広いのは、オンライン英会話だからこそのメリットでもデメリットでもあります。

オンライン英会話のメリットやデメリットは、コチラの記事で完全にまとめています!

頻度・モチベーションに関する失敗

本記事を読んで頂いている皆様が、もっとも参考になるのではと思うのが、「頻度・モチベーションに関する失敗」です。

30代男性

最初は毎日レッスンするようにしていましたが、ハイペース過ぎて途中で疲れてしまい、やらなくなった。

20代男性

英会話での失敗は、気合を入れてはじめたので、毎日コースで登録しましたが、自分に甘え、時間を確保できず、費用がムダになってしまった。

30代女性

ひと月に何度でもレッスンが受け放題のプランにしたのですが、いつでもレッスンが受けられると思うと怠けてしまい、3回ほどしか受講しない月もあり、お金をムダにしました。もっと真面目にやるべきでした。

「毎日プラン」「受け放題」というと聞こえがいいですが、実は頻度が多すぎて逆に失敗だったという意見の方が圧倒的に多いです。

ちなみに、私がもっとも参考になると思った回答はコチラ!

30代男性

レッスンを受講したものの、レッスンを受けたことに満足してしまって、ほとんど予習・復習といった自助努力をしなかったので、英語力があまり上達しなかった。

後の項目でも紹介しますが、オンライン英会話は「予習・復習」がなければ成り立たず、レッスンに出席するだけで満足してしまうというのは、よくある最大級の失敗です。

解決策はシンプルで、予習復習できない間隔でプランを組まないこと!

30代女性

レッスン頻度が1週間に1度だったので、前の週にやったことを忘れて、また同じ繰り返しのようになってしまった。

20代女性

レッスンの頻度が少なく、直前に予約を入れようとしていたため、やる気が起きた日にしかしなくなってしまった。
オンラインだから授業感を感じることが少なく、だらけてしまった。

ただし、逆に頻度が少なすぎてもそれはそれで問題。

総括すると、レッスン頻度は少なすぎず、ムリしすぎずが一番!自分のスケジュールと照らし合わせながら考えてみよう!

レッスン内容に関する失敗

レッスン内容に関する失敗は

  • レッスンが難しすぎた(簡単すぎた)
  • フリートークを選んでしまった
  • 難易度がわからなかった

上記のような悩みがほとんどでした。

30代男性

自分の英語レベルに合わない講義を受けてしまい講師が何を言っているのかまったく理解できなかった

20代女性

完全初心者だったのにキャッチコピーだけ見て内容をよく読まず上級者向けのレッスンに申し込んでしまった。

30代女性

思ったより難しくてついていけなかった

「思ったより難しかった」「知らずに難しいものを選んでしまった」という失敗がある一方、簡単すぎるものを選んでしまったという悩みもあります。

20代女性

レッスンをセクション通り順に進めていたら基礎力の低レベルな部分しかつかなかった。
機転を利かせて飛ばし飛ばしで進めるべきだった。

20代女性

自分のレベルに合わせたレッスンを最初に選べず、できること、わかっていることを進めてしまい何も進歩しなかった。

すでにある程度の英語力がある方であれば、レッスンが簡単すぎたらレベルを飛ばすことも重要!

20代女性

フリートークで毎回毎回、お互いの自己紹介をするばかりで時間が経ってしまい英会話スキルを伸ばすまでに至らなかった。

20代男性

私が失敗だったなと思うことは、最初にフリートークを選んでしまったことです。
学生のころのような勉強形式になるのが嫌だったので、フリートークを選択していたのですが、慣れない画面越しに一対一で英語を話すのは、英語初心者にはハードルが高すぎました。

20代男性

はじめの授業でフリートークの授業をしてしまい沈黙が続いてしまった…

このように、なんとなくフリートークを選んでしまった失敗した!と思った方も多くいます。

基本的にフリートークは、中級者以上にオススメのレッスン形態になります

コミュニケーションに関する失敗

英語がまだあまりできないからこそ起こってしまうのが、やはりコミュニケーションの問題です。

20代女性

人見知りなので講師の方に慣れるまで緊張してしまってレッスン前が憂鬱でした。

20代女性

講師の方もとても優しく丁寧でわかりやすかったのですが、私があがり症でとても緊張してしまって、うまく会話できなかったことが失敗です。

40代女性

オンラインであっても緊張してしまい、なかなか話したい言葉が出て来ず、コミュニケーションが取れなかった。

「オンラインだから逆に緊張」「マンツーマンだから緊張」という声は、やはり根強くあります。

ただ、緊張に関しては、回数を重ねれば必ず慣れるので大丈夫です!

正直な話、私もオンラインで誰かと話す時は、オフラインで話すより緊張します

ただ、レッスンの緊張をほぐす方法はたくさんあります!

緊張のほぐし方を知りたい方は、私が100人のオンライン英会話ユーザーに緊張のほぐし方を聞いたコチラの記事がオススメ!

受講環境に関する失敗

想像以上に多かったのが、オンラインが故の受講環境に関する失敗談です。

意外と盲点なので、ぜひチェックしてみてください!

30代女性

音声がクリアではなく、目の前で聞いていないので、発音やイントネーションが難しかったです。

30代男性

実際にいかなくていいので楽なのですが、途中で回線がとぎれたりレッスン内容がわからなくなったときに修正しづらいところはあります。

20代男性

自分の通信環境が悪く、講師とのやりとりがうまく行かなかった。ある程度の通信環境はそろえてからはじめるべきだった。

受講環境に関する失敗談は、すべて「通信環境が悪い」「音声が聞こえにくい」のどちらかです。

自宅の通信環境が十分かどうかは、必ず無料体験レッスン時に確かめるべき!

「音声が聞こえにくい」「聞きとって貰えない」という悩みは、ヘッドセットを使用することで大幅に緩和する可能性があります。

悩んでいる場合は、導入を検討してもいいかもしれませんね!

JIN

また、講師側の通信環境も各社異なるので、サービス変更を検討するのもアリです!

慣れに関する失敗

「オンラインレッスン」に慣れていなかったが故の失敗談も、数は少ないながらも根強くありました。

30代男性

はじめたばかりの頃、予約時間を忘れてしまい、時間たってから入ったが、もう先生はいなくてとても残念な思いをしました。

40代女性

使い方を事前に確認せずレッスンに挑み、事前課題や当日に使う教材、スクリプトをきちんと準備せず探すのに時間がかかりレッスンがスムーズに進められなかった。

10代女性

最初使い方がいまいちよく分かっていなかったので、マイクをオフにしたまましゃべってしまいました。

これらは「慣れ」の問題なので、このような失敗は回数を重ねるごとに必ず解決します!

初心者が陥りがちなオンライン英会話に関する5つの失敗

オンライン英会話 初心者 よくある失敗

ここからは、元オンライン英会話講師である私が、講師側から見てありがちだと思う、オンライン英会話に関する失敗を5つ解説します!

自分の英語力よりも高いサービスを選んでしまった

オンライン英会話は、どこを選んでも同じという訳ではありません。

  • 日本人講師
  • 非ネイティブ講師(フィリピンや東欧など)
  • ネイティブ講師

講師タイプだけでも3つに分けられますし、フリートークからカランメソッドのようなメソッド型、資格対策コースまでレッスン内容も異なります。

もし、オンライン英会話初心者というだけでなく、英語自体も初心者なのであれば、適切なサービス選びは非常に重要。

極論、英語をはじめたばかりの方が、ネイティブとのフリートークをしても、やはり難しいものがあります。

オンライン英会話という括りの中でも適切なレベルを選ぶのは大切

JIN

また、自分の性格とも相談し、外国人講師とのレッスンが不安なのであれば、日本人講師、ガツガツ積極的に行ける方は外国人講師とピッタリのサービスを見つけてみましょう

オンライン英会話のレッスンだけで満足してしまっている

「オンライン英会話を受講しているけど、一向に伸びを感じられない」

このように悩んでいる方はいますでしょうか?

オンライン英会話はそれだけで完結する万能サービスではない

オンライン英会話というのは、いわゆる「練習試合」の位置づけです。

スポーツで例えるとわかりやすいのですが、練習試合ばかりやっていても上達はあまり見込めないですよね。

オンライン英会話のレッスンだけでは野球でいう素振り、キャッチボール、守備練習などの基礎練習が抜けている

英語上達のメカニズム
  • 新しい情報を身につけるインプット(自習)=日々の練習
  • インプットで覚えた新しいことを試す=練習試合
  • 実生活で学んだすべてを駆使して英語を使う=公式試合

オンライン英会話の「レッスン」だけでは、1段階目を飛ばして2段階目しか踏めていないことになります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる