1級概要

英検1級の配点は受験者には分からない・自己採点も不可!その理由を解説

2019年10月10日

英検1級 配点 問題数 試験時間

 

こんにちは、元英語講師として英検を指導し、個人的には英検1級を初受験で一発で取得したJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証

 

悩みのタネ

  • 英検1級の配点ってどうなっているんですか?
  • どの問題に多く点が配分されていますか?
  • 自己採点ってできるんですか?

 

今回はこのような質問にすべて解答します。

 

講師をしていた頃から級に限らず「英検で自己採点はできますか?」「どこが配点が高いですか?」と聞かれることがあります。

 

結論から言うと現在英検ではテスト終了後に受験者の解答が出そろってから配点を決めるので、各問題の配点などは受験者側が知ることはありません。

つまり自己採点をして合否を判断するのも不可能です。

 

今回の記事ではその代わりに事前に分かっている英検1級に関する内容、問題数や試験時間、そして特徴について簡潔に解説します。

 

この記事を読むメリット

  • 英検1級という敵の全体像を掴んで対策に活用できるようになる
  • 1級の問題数がどれくらいなのか分かる
  • 試験時間を知って時間配分を考えられる

 

JIN
今回の記事では英検1級の内容と構成について分かり易く解説していきます

 

本気で一発合格を目指している人向けの完全攻略ガイドはコチラ

完全ガイド記事
英検1級 対策
【保存版】英検1級対策に強い味方!合格者が知っておくべき情報を総まとめ

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク



【英検1級テスト内容】合格者が配点・試験時間・問題数など徹底解説

 

それでは英検1級の問題内容を確認していきましょう!

 

英検1級の筆記テストは過去最高の100分

 

語彙問題 文脈に合った正しい語句を4つ選択肢から選択 25問
長文語句問題 長文問題内にある空所の語句を埋める 6問
長文内容問題 長文の内容に関する質問に対する答えを選択肢から選択 10問
ライティング 質問に対する答えを英作文する 1問

 

合計42問を100分で解く計算なのが英検1級の筆記試験です。

 

問題数は実は英検準1級の問題数から変化はありません、その代わり所要時間が90分から100分に増えています。

 

単純計算をすれば1問1問に使う事ができる時間は増えています。

 

JIN
私が英検1級を実際に受けた時も、そこまで時間に追われるようなテストであったという記憶はありません

 

英検1級のリスニングテストは35分

 

会話内容確認 聞いた会話情報と一致するものを選択 10問
文の内容確認 聞いた文の情報と一致するものを選択 10問
Real-life形式の内容問題 実生活で起こり得るリアルなリスニング内容と一致するものを選択 5問
インタビュー形式の問題 インタビューの内容に関する問題を解く 2問

 

英検1級のリスニングに関する出題方法は35分で27問を解いていく形式です。

 

筆記試験とは異なり、英検準1級と比べると4点異なる点があります。

 

準1級からの変更点

  • 所要時間が30分→35分
  • 会話内容問題 12問→10問
  • 文の内容問題 12問→10問
  • インタビュー形式問題の追加

 

英検1級の一次試験は合計135分の69問

 

先ほどの内訳をつなぎ合わせるとこのようになります

 

筆記試験

語彙問題 文脈に合った正しい語句を4つ選択肢から選択 25問
長文語句問題 長文問題内にある空所の語句を埋める 6問
長文内容問題 長文の内容に関する質問に対する答えを選択肢から選択 10問
ライティング 質問に対する答えを英作文する 1問

 

リスニング試験

会話内容確認 聞いた会話情報と一致するものを選択 10問
文の内容確認 聞いた文の情報と一致するものを選択 10問
Real-life形式の内容問題 実生活で起こり得るリアルなリスニング内容と一致するものを選択 5問
インタビュー形式の問題 インタビューの内容に関する問題を解く 2問

 

※各問題の配点は毎回テストごとに変更されるため、中にいる人しか分かりません。

 

英検1級スピーキング二次試験面接

 

自由会話 面接官と日常会話 N/A
スピーチ 与えられた5つのトピックから1つ選び2分間のスピーチ 1問
質疑応答 スピーチ内容やトピックに関する質問に答える N/A

 

英検1級の二次試験は英検準1級の二次試験と大幅に変わっています。

 

決められた問題が大幅に減少したためより自由度が高く、対策がしづらく、英語スピーキングの地力がかなり試されるようになったと言っていいでしょう。

 

臨機応変に質問に回答するのはもちろん、与えられたトピック(社会的な時事問題など)に関する知識も今まで以上に必要になり、自分の意見を言語化(英語化)する能力も多く求められます。

 

決められた問題数はかなり減っており1問しかないのにもかかわらず英検準1級と比べると所要時間が7分→10分になっている事を考えるとどれだけ柔軟性が高いのか分かるでしょう。

 

JIN
これまで以上に英語をしっかりとスラスラと話す事ができる、質問に考えすぎずすぐに答えられる能力が必要です

 

 

本気で一発合格を目指している人向けの完全攻略ガイドはコチラ

完全ガイド記事
英検1級 対策
【保存版】英検1級対策に強い味方!合格者が知っておくべき情報を総まとめ

続きを見る

 

総合的に1級を対策できるオンライン英会話がない…どうすればいい?

 

オンライン英会話で試験対策を行う人も多いかと思いますが、英検1級に限って言えば対策を提供しているオンライン英会話はほとんどありません。

 

1級レッスンがない理由

  • 受験者数が他の級より少なくニーズが小さいため
  • レベルが高すぎて非ネイティブ講師の場合レッスンを行えない可能性があるため
  • 合格者が一握りなので教え方を知っている人が少ないため

 

実際準1級まで英検対策レッスンを提供していた大手オンライン英会話サービスもすべて準1級止まりで、1級レッスンを提供しているサービスはありません。

 

そこで私がおすすめしたいオンライン英会話は「数多くの子供を英検1級に合格させた実績」がある完全オーダーメイド授業を行うネイティブオンライン英会話サービスであるELT英会話です。

 

実際に私も受講した事がありますし、代表者の方ともお話をさせていただいた事もありますが、試験対策の内容とクオリティは他社を凌駕していると言っても差し支えないレベル。

 

実際に私がELT英会話を受講したレビュー記事

関連記事
ELT英会話 口コミ
ELT英会話の評判は?実際に受講した私がIELTS対策で業界最高であると思う理由

 

メリット
  • 英検1級の指導経験あり
  • 講師は全員ロンドン在住かつ有資格のイギリス人
  • 1レッスン50分・担任制
  • 語学学校として35年以上の歴史
  • 無料体験はたっぷり40分
デメリット
  • 他社と比較すると値段が高め
  • 24時間可能なレッスン体系ではない

 

質や内容を見れば値段設定は納得以上ですが、他のオンライン英会話と比較すると高めの設定なのは否めません。

 

無料体験時には日本人カウンセラーの方と今後の目標や苦手分野、課題など細かく相談ができるので、まずは無料体験をしてみる事を私はおすすめします。

 

特におすすめできる人

  • 英検1級の対策はもちろん自分だけに合ったレッスンを継続したい
  • 安心できる間違いのないイギリス人講師に教えてもらいたい
  • 苦手分野や課題を徹底的に矯正してほしい

 

英検1級対策におすすめのオンライン英会話

ELT英会話

全講師有資格イギリス人

元IELTS試験官在籍

35年以上の歴史

9
1級対策
10
レッスンの質
6
値段
10
総合評価







おすすめの関連記事

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-1級概要

© 2021 ライフタイムラーナー