元講師がオンライン英会話を25社以上受講して比較!➡

難易度の高い英検1級リスニングはどう対策する?合格者がコツと勉強法を解説

こんにちは、かつて講師として英検を指導し、個人的には英検1級を一発取得した英検1級元英語講師のJIN( @ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証
JIN

1級のリスニングから新しい形式の問題が追加されています

この記事のまとめ

英検1級に一発合格をし、講師として英検を指導した経験をもつ筆者が、英検1級のリスニング試験を徹底解説!

英検1級が難しいと言われる理由と、実は筆記試験の対策はシンプルである理由、効果的な勉強法等まとめてご紹介します。

英検1級の合格を目指している方はぜひ読んでほしい内容です。

リスニングはリーディングと比べるとある程度センスや実力との関連度が高い分野です。苦手な人も多いのではないでしょうか?

しかし、コツさえ理解して対策をしっかり行えばセンスがある人に追いつき、追い越すことは可能

効果的な対策方法を知っているのと知らないのでは、テストの結果にも大きな差が生まれます。

実際私も英語講師になる前はそこまで特化した対策というのは意識していなかったのですが、経験を積むごとにその重要性が身に染みてわかります。

この記事を読むメリット
  • 実際に一発合格した筆者が考える対策法を実践できる
  • 各セクションの解き方のコツを知れる
  • 恐らく他のどこにも紹介されていないパート3、パート4に特化した私が考えた奇抜なアプローチを紹介
アオイちゃん

まずオススメの参考書や問題集を教えてください

JIN

わかりました、とりあえず表にまとめて貼っておきますね

スクロールできます
書籍名でる順パス単 英検1級
英検1級 参考書 おすすめ
英検1級 過去6回全問題集
英検1級 ライティング 教材
英検1級集中ゼミ
英検1級 参考書 おすすめ3
最短合格! 英検1級 リスニング問題 完全制覇
英検1級リスニング問題150
英検1級 参考書 おすすめ9
おすすめ (5.0) (5.0) (4.0) (4.0) (4.0)
値段・コスパ (5.0) (5.0) (4.0) (4.0) (4.0)
特徴・定番で間違いない単語帳
・対策に必須
・データを基に頻出単語を網羅
・実際の過去問6回分収録
・対策に必須
・定番の英検準1級問題集・ジャパンタイムズ出版のリスニング特化問題集
・旺文社出版のリスニング特化問題集
書籍名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます

本気で一発合格を目指している人向けの英検1級完全攻略ガイド

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



英検1級リスニング試験の構成内容

英検1級 リスニング 問題
会話内容確認聞いた会話情報と一致するものを選択10問
文の内容確認聞いた文の情報と一致するものを選択10問
Real-life形式の内容問題実生活で起こり得るリアルなリスニング内容と一致するものを選択5問
インタビュー形式の問題インタビューの内容に関する問題を解く2問
英検1級リスニング試験の概要

英検1級のリスニングに関する出題方法は35分で27問を解いていく形式です。

準1級からの変更点
  • 所要時間が30分→35分
  • 会話内容問題 12問→12問
  • 文の内容問題 12問→10問
  • インタビュー形式問題の追加
JIN

リスニングに関しては結構な変更点があります

英検1級の問題内容や問題数については別の記事で解説していますので、ご興味があればぜひご覧ください。

英検1級リスニング第1部「会話内容問題」の概要・問題例・解き方コツ

まずは1級のリスニング試験大問1の「会話内容問題」の解き方や問題内容を解説します。

パート1「会話内容問題」の問題例

例題

A: Hi, James. Have you already bought a new car that you were talking about last time I saw you?

B: No, I haven’t yet actually. I’m still thinking because I heard a rumor that new model will be out soon.

A: Oh really? But is that rumor confirmed though?

B: I don’t know, my colleague Paul told me about it.

A: The Paul, Paul? I’ve known him for a long time but he’s always talking nonsense! You know what I think? Just ignore what Paul said and go for it!

B: Yeah you’re probably right. I should have followed my instinct in the first place.

Question: What will James probably do after?

1: He will wait until the new model come out

2: He will ask Paul for some advise

3: He will buy the car that he’s been talking about

4: He will go for lunch with Paul

リスニング中の会話は登場人物2人で5回、6回会話の折り返しがある問題が多いです。

これまでの英検級と比べるとより会話らしく、不自然さが減っているイメージ。英会話が得意な人は大問1で高得点を取れます。

例題の内容
  • ジェームズが以前新しい車を買うことを考えていると言っていた
  • その新しい車の新モデルが発売されるという噂があるらしいと同僚のポールに聞いた
  • その噂が本当かどうかはわからない
  • ポールは大体適当なことを言っている
  • ポールのいうことは無視して買うべきだとジェームズに助言

結構な量のストーリー内容が盛り込まれています。

その上での質問文が「ジェームズはこの後何をするでしょうか?」という質問の選択肢が…

  1. 新モデルが発売されるまで待つ
  2. ポールに助言を求めに行く
  3. 以前から話していた新しい車を買う
  4. ポールと食事に行く
JIN

物語の流れを全体的に掴めていないと確信をもって答えの3には辿り着かないです

直近の英検1級過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認できます。

英検1級リスニングパート1「会話内容問題」の解き方

それでは大問1の解き方を見ていきましょう。

リスニングを通して流れに付いて行って全体像を理解できるか

英検1級のリスニングでは「重要キーワードを探す」と言ったやり方では通用しません。

基本的にはリスニング内容全体を理解していないと解けないからです。

必須ポイント
  • 最初から最後までリスニングに置いて行かれずについていく
  • 物語の前後関係を頭の中で同時進行で理解する
  • リスニング音源が終了した時には大まかなストーリーが頭の中で作られている

先ほど重要なキーワードを抜き出すような問題ではない、と言いましたが、逆を返せば物語全体の流れを大まかにでも掴んでいれば答えられるのです。

その代わり物語全体の中でどこかでも抜けていれば、正答が難しくなります。

JIN

ピンポイントで聞くのではなく、最初から最後まで物語を追うように聞きましょう

次の問題への準備は大切

ひとつの問題に考え込み過ぎてしまったり、気持ちが持ってかれていってしまっていると、その後に非常に大きな悪影響を及ぼし、ドミノ式に崩れていきます。

1級では一度崩れたら修正があまり効きません、リスニング中は必ず集中して次へ次への気持ちで準備していきましょう。

先ほど言ったように、英検1級のリスニングは物語の全体像がつかめていなければ解けません。

つまり頭から捻り出そうとする時間は完全にムダな時間です。

JIN

諦めは肝心です、全体の流れを理解できなくて解けないのであればすぐに諦めて次の問題への準備をしましょう

次の問題の選択肢を先読みする余裕を作る

まず大前提として「答えが分からず考え込んでも頭から出てくることは無い」ことを覚えておきましょう。

分からなくてグズグズ考え込むのは時間のムダでしかありません

わからないならわからないで割り切って消去法で選ぶ、そして選んだら次の放送が始まるまで次の問題の選択肢を先読みして、リスニングが始まる前からおおよその物語の概要を予想しましょう。

JIN

1級リスニングではこれくらいの余裕が欲しいですね

英検1級リスニング第2部「文章内容確認」の概要・問題例・解き方コツ

次に英検1級リスニング試験の大問2「文章内容問題」の解き方や問題内容を解説します。

英検1級リスニングテスト大問1との違い

まずは大問1と大問2の違いを見ていきましょう。

パート2は1リスニング=1問ではない

英検1級リスニングパート1とパート2の一番大きな違いは「1リスニング≠1問ではない」という点。

パート2に振り分けられる問題数は10問ですが、リスニングは5種類しかなく、ひとつのリスニングに2問振り分けられているから

リスニング一つひとつiiが長く、その長いリスニングの全体を理解し、その上で出題される2種類の問題に答えなければなりません。

JIN

難易度はパート2のが高いです

パート2は会話問題ではない

もうひとつの大きな違いが「リスニング内容は会話ではなく文章である」という点です。

パート1では人と人の会話内容が問題になっていましたが、パート2では読み上げられる文章の内容を理解する問題です。

筆記試験の長文問題のような内容が読み上げられ、それをリスニングするような形

JIN

会話ではない分こちらの面でもパート2の方が難しいと言えるでしょう

英検1級リスニングパート2の解き方と対策

それでは大問2の解き方や対策方法を見ていきましょう。

音声だけの講義やセミナーを聞いているイメージで解く

  • 講演会
  • レクチャー
  • 授業

このようなイベントに出席しているとしましょう。

この講演はプレゼンテーションや黒板、ホワイトボードは使われず、講演者の人が話すだけというタイプのものとします。

皆さんはどうやって内容を理解して内容を取り込みますか?

  • 出来るだけたくさんの内容をノートに書き留める
  • 内容の要点をノートに書き留める
  • ノートは取らずとにかく耳を傾けて集中する

大体この3パターンに分かれるのではないでしょうか?

先ほども言ったように英検1級の「文章内容問題」は短いレクチャー、講演の一部のようなものです。

つまり、聞いた内容を一番理解して覚えるのに自分が一番得意な方法で挑むべき

対策例
  • リスニングで聞いたものをとにかく書き留める
  • リスニング内容の要点を書き留める
  • リスニングにとにかく耳を傾けてノートは取らない

何でも自分に合うもので構いませんが、一番自分が内容を理解できて、後に出てくる問題を解けるような方法を使いましょう。

JIN

ただノートに書く場合は必ず英語で書く癖を付けましょう、いちいち日本語でメモを取っていては時間と労力のムダです

英検1級リスニング第3部「Real-life形式」の概要・問題例・解き方コツ

次に英検1級リスニングの大問3「Real-life形式問題」の解き方や問題内容を解説します。

パート3「Real-life形式」問題の特徴

「Real-life」という名前の通り、実生活の状況を想定したより想像力に富んだリスニング問題です。

簡単な流れを説明すると問題用紙に特定の状況(例:あなたは今~行きの飛行機に乗る為に~空港にいますなど)といった文章で記載されており、まずそれを読んで状況を頭の中で想像します。

ロールプレイングに近いものがあります

規定の時間(10秒)が過ぎたらその状況に関する音声が流れ、その後質問に対する正しい選択肢を選ぶという形です。

問われるスキル
  • リーディング
  • 状況想像力
  • リスニング

このようなスキルが一気に問われる問題と言ってもいいでしょう。

実際に英検1級で過去に出題された問題は日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認できます。

英検1級リスニングパート3「Real-life形式」問題の本番で気をつけること

それでは、Real-life形式問題を解く上で気を付けるべき点を紹介します。

最初の10秒以降は必ず状況を読み返さないこと

状況と質問を読む時間が最初に10秒間与えられますが、この10秒が終わってから読み返さないようにしましょう。

リスニングが始まっても心配になって読み返したくなってしまいがちですが、確実に逆効果

音声に集中できなくなったら元も子もありません。

JIN

必ず状況と質問文は10秒で読み終えること、そして音声が始まってから読み返さないことは鉄則です

リスニングは長期戦、気持ちが切れたら終わり

筆記試験では自分のペースで一息ついて少し休憩なんてことができますが、リスニングでは不可能。

一息ついたら置いて行かれます。

必ず気持ちを切らしたり緩めないように、常に次の1問1問に集中

JIN

重複しますが、分からなかった前の問題は割り切って切り捨てる、必ず集中は前に向けましょう

英検1級リスニング第4部「インタビュー形式」の概要・問題例・解き方コツ

最後に英検1級からはじめて導入される大問4「インタビュー形式問題」の解き方や問題内容を解説します。

英検1級リスニングパート4「インタビュー形式」の出題形式

英検1級リスニングパート4、インタビュー形式問題はまずインタビューの背景を説明する音声から始まります。

例題

This is an interview with Nathan Bowen, environment researcher at an university in London.

(こちらはロンドンにある大学で環境分野の研究をしている、ネイサン・ボーウェンさんとのインタビューです)

This is an interview with James Write, a script writer.

(こちらはスクリプトライターのジェームズ・ライトさんとのインタビューです)

This is an interview with Amy Cowell, who is a manager at one of the biggest environmental consulting companies in the UK.

(こちらはイギリス最大の環境コンサルティング会社のひとつでマネージャーを務める、エイミー・コーウェルさんとのインタビューです)

最初の序文では

  • 誰とのインタビューなのか
  • その人はどんな人なのか
  • 何をしている人なのか

このような情報を簡潔に説明。

この短い冒頭文が終わると長めのインタビューが始まります。

実際に英検1級で過去に出題された問題やスクリプトは日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認できます。

英検1級リスニングパート4「インタビュー形式」の解き方

それではインタビュー形式問題の解き方について見ていきましょう。

自分がメディアジャーナリストになった気分で聞いていこう

抽象的な表現になりますが

「自分が有名人、著名人にインタビューするメディアジャーナリストになった気分で聞く」

このリスニングを聞くとき自分は聞く側の視点(インタビュアー)でなければなりません。

インタビュー形式問題のリスニングは非常に長いです、一言一句集中していては(もしくはメモ取していては)付いていけなくなります。

長いリスニング問題で一度置いていかれたら致命的

だからこそ自分がメディアジャーナリストになった気分で、すべての情報を羅列してメモしながら聞くのではなく、インタビューの中の要点をしっかりと効果的にメモ書きする必要があります。

JIN

第3者の視点からリスナーとしてリスニング内容を聞くのではなく、自分はインタビュアー側だと考えながら強弱をつけてリスニング出来るとより効率的です

最後の問題だからこそこの試験一番の集中力を使い果たそう

英検1級(筆記、リスニング合わせて)の合計所要時間は135分間です。

2時間を超える長丁場ですが、このリスニングテストパート4、インタビュー形式問題がこの日最後の問題となります。

温存する必要がない最後の問題だからこそ、その日一番の集中力を使って完全燃焼しましょう。

「そんなこと分かっている」と思うかもしれませんが、いざこの状況になると気が抜けてしまったりしてしまうものです。

JIN

パート4が始まる前に必ず自分に「これが最後」と言い聞かせましょう

一発合格者おすすめの英検1級リスニングの対策方法・勉強法・参考書

英検1級 リスニング 勉強法

ここでは、英検1級リスニングの対策にオススメの勉強法や参考書などを紹介します。

私の試験勉強に対する考え方【音声解説付き】

今でも信じられないのですが、私は18歳のころ、3ヶ月でIELTSを4.5から6.5(英検でいうと準2級レベルから準1級~1級レベル)に伸ばしました。

勉強量はもちろん多かったのですが、それ以上に今重要だったと思うのが勉強と目標に対する考え方の部分です。

実際に勉強をはじめる前に目標設定や、スケジュール組みなどをやっておくのがオススメです

PDCA

昔からあるPDCAのフレームワークに沿って、効果的に勉強を改善しながら進められたのが最大の要因です。

当時のPDCAの回し方は音声でも解説しました

  1. Plan:計画
  2. Do:実行
  3. Check:評価
  4. Act:改善

簡単にいえば、上記の頭文字を取って、サイクルを回して改善を続けるというものです。

この記事ですべて紹介すると長くなってしまうので割愛しますが、私が当時行ったすべての行動、考え、目標設定の方法などはコチラの記事で解説しました。

まずは現在の実力と目標との差を実感する

まずやっておきたいのは、英検1級の過去問を1回解いてみることです。

1級以下の下位級では、初っ端から過去問をやる方法に触れていませんが、難しいテストであればあるほど、まず過去問を解いてみるべきです。

理由はシンプルで、現在地とゴールの距離を測るため

現在の立ち位置、現在の実力で解ける問題、解けない問題を理解しておくのは非常に重要です。

メリット
  • 合格との差が大きい→中期的に中間地点の目標も立てる
  • 意外と合格スコアとの乖離が少ない→苦手部分を克服 or 得意を伸ばすなど特化した戦略を立てる
  • まったく理解できない→まず基礎から固める必要がある

英検1級には、過去問があるので、まずは過去問を手に入れて自分の立ち位置を理解しましょう。

リスニングの特訓をしてリスニングがうまくなる訳では無い

リスニングの対策=リスニング力を鍛える

そう勘違いしている人も多いと思うのですが、もちろんリスニングで高得点を取るにはリスニング力(耳の力)も必要ですが、ベースとなるのは単語やフレーズなどの知識です。

いくら耳がいい人でも、会話中に出てくる単語や英会話フレーズを知らなければ聞こえません

JIN

リスニングに出てくる単語やフレーズをすでに文体で理解していてはじめて、リスニングでも聞いて理解できる可能性が出てくるのです

どうしてリスニングでも単語習得が重要なの?

リスニングと単語を結び付けて考えている人は意外と少ないかもしれませんが、リスニングにおいても単語力は非常に必要です。

語彙力と英語力の関係

薄っぺらい単語力の土台では、その上の4要素もガタガタになり、最終的な総合英語力もぐちゃぐちゃになってしまいます。

言語において単語を知っていなければ話しになりません。

JIN

英検でも私はまず単語力の底上げが第一優先だと考えています

英検1級のリスニング単語をまず理解する為にすべきこと

これまで英検1級レベルの単語取得にはパス単をオススメして来ました。

もちろんこの単語帳は必要です、しかし筆記試験での話です。

1級用のパス単に出てくるような高いレベルの単語はさすがにリスニングではあまり出てこないからです。

英検1級がとてつもなく難しいレベルだと思われている理由は筆記試験のパート1、語彙問題にあります

1級が難しいと思われる理由は語彙問題にある」の真意については、別の記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

筆記試験の語彙問題で出てくるような上級単語は、リスニングでは基本的に使われません

そんな語彙がリスニング中に使われていたらとてつもない難易度になってしまいます。

なので、英検1級リスニング用の語彙力、フレーズ力をつけるためにオススメなのが英検1級リスニング模擬試験の書籍を使うという方法です。

オススメの問題集はコチラです!

リスニング問題集を使った勉強方法
  • まず普通にリスニング問題を解く、解き終わったらスクリプトをすべて読む
  • スクリプト内で知らない単語やフレーズは、発音含めすべて調べ上げて覚えなおす
  • 同じ問題の2週目を行い、リスニング内容を完全に理解できたか試す
  • それでもわからないリスニングはもう一度スクリプトを見直して、時間を空けて3週目を行う

リスニングを理解する為の前提として

  • リスニングで出てくる単語やフレーズをそもそも知っている
  • その単語やフレーズの正しい発音を知っている、自分で発音できる
  • その単語やフレーズを耳で聞いても認識できる

この3段階が必須です。

この3つの内ひとつでも欠けている単語やフレーズは、例え目で見て理解できるものでも耳で聞いたらまったく理解ができないものと考えていいでしょう。

JIN

だからこそリスニングは2週も3週も耳で認識できるまで同じ問題をやるべきなのです

リスニング力と発音の関連性については、ミライズのトレーナーさんとのインタビューで語って頂きました。

多聴力と精聴力は日々の生活でカバーしよう

  • 精聴力:内容を正しく聴く力、丁寧に聴く力
  • 多聴力:異なる英語の英語リスニングにたくさん触れる

リーディングでは、多読力と精読力という話をしましたが、リスニングでも多聴と精聴は重要です。

リスニングというと、動画やリスニング教材を思い浮かべてしまうかもしれませんが、英検リスニングでは映像が流れないため、映像付きの素材を使うのはあまりオススメしません。

映像があるのとないのでは入ってくる情報量が格段に違う

音声だけの媒体では、やはりポッドキャストや英語のラジオが多聴には効果的でしょう。

さらに応用編としてオススメしたいのが、BBC Learning English、私の中では世の中にある無料英語教材の中で最高峰だと思っています。

英検に特化しているわけではありませんが、BBCが作ったポッドキャストも用意されています。

BBC Learning Englishについては、音声でも解説しました

BBC Learning Englishの詳細については、別の記事で解説しています。

有料でもいいから自分のためになる内容や好きな内容で多聴したい場合は、オーディオブックも非常にオススメできます。

私が一番オススメのオーディオブックサービス、Audibleについても別の記事で解説しています。

精聴力に関しては

  • シャドーイング
  • ディクテーション
  • 音読

このような学習法で高められます。

ディクテーション

ディクテーションは、音声を聞いた後に、音源を止めて自分が聞き取った文をそのまま文字起こしする、かなり有名なリスニング勉強法です。

言葉だけではわかりづらいかと思いますので、ディクテーションに関するわかりやすいオススメ動画を紹介しておきます。

リスニングにおいては、精聴力という面でディクテーションはかなり役立つものです。

リスニング精度の向上
聞き取れなかった箇所の明確化
苦手な単語やフレーズの割り出しなど

ディクテーションのやり方効果については個別の記事で解説しています、気になる方はぜひチェックしてみてください。

シャドーイング

シャドーイングは言葉通り、音声を聞きながら、その音源の陰になるように自分で声に出して発音する練習方法です。

最近ではとくに人気の勉強法ですよね。

こちらも、わかりやすい動画をまず参照していただければと思います。

効果
  • 英語の音に対する感度を向上
  • リスニング集中力のを高める
  • ネイティブスピーカーの音やスピードに慣れる

シャドーイングのやり方効果コツオススメ教材についても個別の記事で解説しています。

シャドーイングはわりと工数がかかるトレーニングなので、より簡素的に行いたい場合はリピーティングもオススメ!

パート3のReal-life問題に特化した対策法

パート3の問題では最初に今自分が置かれている架空の状況を読むために10秒間が与えられます。

Real-life形式の問題ではこの10秒間が勝負だといってもいい

一言一句しっかり理解して、頭の中で自分が今どこにいて、どんなことをしているのかなどを読みながらしっかりと状況を整理できなければなりません。

頭の中でその状況をいかにインプットして、想像できるかが重要な勝負になってきます。

最初の10秒で失敗してしまうと…
  • 状況がいまいち理解できない
  • 音声に集中できない

このような致命的な問題が発生します。

10秒で状況把握できる練習をしておく必要があるのです。

対策方法
  • 英文速読を特訓する
  • 過去問や問題集を使って特訓する

もちろん2つやったに越したことはありません、もし2つやる場合は英文速読→問題集→過去問がオススメです。

速読が苦手な方が精度を維持してスピードを上げる対策はたくさんあります。

単語力などは勉強すればするほどついてくるのでやるしか方法はないのですが、長文読解に関しては以上のようなコツを覚えると非常に楽になります。

またこのようなテクニックは英検を越えて一生使える英語スキルです。

英検1級対策に役立つどれかを選べ!と言われたら、速読スラッシュリーディングスキミングとスキャニングの3つを選びます

以前は書籍を紹介していましたが、この3つに関してはすべて記事を書きましたので、無料でイメージをつけられます。

ぜひ、リーディングや速読に苦手意識がある方は、以下の記事をご覧ください。

パート4のインタビュー問題に特化した対策法

インタビュー形式問題の対策では

  • インタビュー形式の英語に慣れて
  • インタビューがどのように英語では進んでいき
  • どのような表現が使われ
  • どのように聞けば自分の中で情報が整理できるのか

このような対策法であるべきです。

インタビューを毎日1個ずつでもいいから聞くことで、インタビュー内容を整理する力が培われます

YouTubeでインタビュー動画を探して音声だけで聞くのもいいのですが、一番オススメなのが月間英語学習雑誌の「イングリッシュジャーナル」です。

英語学習者向けの雑誌なのでスクリプトも揃っていますし、テレビインタビューのようにハプニングも無く聞きやすい解説も付いているため、英検1級インタビュー形式問題にうってつけと言えます。

JIN

コンテンツ自体も非常に面白く、私も昔毎月買っていました

最後はもちろん過去問で追い込む

受験するのは英検1級ですから、最後は必ず過去問を使って追い込みをかけましょう。

過去問での対策は避けられません

問題集もいいのですが、やはり最後は実際のレベルで問題を解くことが必要になります。

JIN

過去問集は筆記試験でも使うものなので、合格したいのであれば必要不可欠な教材です

どのようにプランを立てたらいいのかわからないという方の為に、私が推奨する英検1級合格を目指すための6ヶ月プランは全部公開していますので。

気になる方は、ぜひ参考までに以下からご覧ください。

英検1級リスニング対策におすすめの参考書・問題集まとめ

英検1級 リスニング 参考書・問題集
スクロールできます
書籍名でる順パス単 英検1級
英検1級 参考書 おすすめ
英検1級 過去6回全問題集
英検1級 ライティング 教材
英検1級集中ゼミ
英検1級 参考書 おすすめ3
最短合格! 英検1級 リスニング問題 完全制覇
英検1級リスニング問題150
英検1級 参考書 おすすめ9
おすすめ (5.0) (5.0) (4.0) (4.0) (4.0)
値段・コスパ (5.0) (5.0) (4.0) (4.0) (4.0)
特徴・定番で間違いない単語帳
・対策に必須
・データを基に頻出単語を網羅
・実際の過去問6回分収録
・対策に必須
・定番の英検準1級問題集・ジャパンタイムズ出版のリスニング特化問題集
・旺文社出版のリスニング特化問題集
書籍名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます

でる順パス単 英検1級

英検1級 参考書 おすすめ
内容・評価
概要過去のデータを基に英検1級頻出単語を完全網羅
オススメ度/重要度 (5.0)
料金/コスパ (5.0)
対象受験者全員
期待できる効果効果的に英検1級の頻出単語を取得して合格を目指す

英検1級の単語学習はこれです、自信を持って言えます。

いわゆる「ネイティブでも難しいと感じる英検1級単語」というのは筆記試験の中でも「語彙問題」でしか出題されません。

eiken 1 book

私が英検1級に合格した時はこのパス単の7割強を覚えて本番に挑みましたが、語彙問題は25問中24問に正解しました。

最重要レベルで必要な書籍です!

ポイント
  • 過去のデータを深く分析
  • 実際に出現する正確な頻出単語を掲載
  • 単語帳はこれ以外ありえない

英検1級 過去6回全問題集

英検1級 ライティング 教材
内容・評価
概要過去6回分の過去問を収録する問題集
オススメ度/重要度 (5.0)
料金/コスパ (5.0)
対象受験者全員
期待できる効果実際に過去に出された問題で対策をして合格に近づける

合格に必須の1冊です。

どんな試験でもそうですがやはり過去問を使って傾向や内容を掴んだり、スピード感に慣れるのは大切です。

大学受験をする人はセンター試験の過去問を必ず事前に解きますよね?高校受験をする人は必ず事前に過去問を解きますよね?英検もそれとまったく同じです。

eiken 1 book2

問題集と過去問は別物と考えてください。

JIN

過去問を事前に解いておかないと本番で予期しないアクシデントが発生する確率も高まります

ポイント
  • 過去問が対策でもっとも重要なピース
  • 安心の旺文社
  • 過去問なしに対策はあり得ない

他の出版社からも過去問集が出版されていますが、私は旺文社のものを一番オススメしています。

英検1級集中ゼミ

英検1級 参考書 おすすめ3
内容・評価
概要30日完成と大容量の予想問題集
オススメ度/重要度 (4.0)
料金/コスパ (4.0)
対象全受験者
期待できる効果大容量の英検1級総合問題集

対策ゼミは、30日間と大きなボリュームが特徴的。

基本的には過去問に取り掛かる前の、ウォームアップとして使うのが非常にオススメです。

eiken 1 book3

過去問・問題集の使い方や使うタイミングなどは以下の記事で紹介しています。

関連記事:独学でもできる!実際に合格した私が英検1級の勉強法全部見せます|6ヶ月学習計画

最短合格! 英検1級 リスニング問題 完全制覇

内容・評価
概要ジャパンタイムズ出版のリスニング特化問題集
オススメ度/重要度 (4.0)
料金/コスパ (4.0)
対象リスニングに特化して対策をしたい
期待できる効果1級のリスニング形式に慣れてスコアアップを狙う

まずオススメしたいリスニング問題集のひとつが、こちらの「最短合格! 英検1級 リスニング問題 完全制覇」です。

基本的にこれまで旺文社の問題集をオススメしてきましたが、1級のリスニング問題集に限ってはこちらの書籍もかなりオススメの内容です。

eiken 1 book6

一方紹介する2冊間で大きな違いはありませんので、好きな方を選んでいただいてまったく問題ありません。

英検1級リスニング問題150

英検1級 参考書 おすすめ9
内容・評価
概要旺文社出版のリスニング特化問題集
オススメ度/重要度 (4.0)
料金/コスパ (4.0)
対象リスニングに特化して対策をしたい
期待できる効果1級のリスニング形式に慣れてスコアアップを狙う

こちらも英検1級のリスニングに特化した問題集です。

重複なりますがこの2冊に大きな違いはないので、旺文社の問題集に慣れている人はこちらを使っていく方向でいいのかなと思います。

英検1級対策の全体でオススメの参考書や問題集は、別記事でまとめて紹介しています。

ぜひご覧ください!

本気で一発合格を目指している人向けの英検1級完全攻略ガイド

Sponsored Links



総合的に1級を対策できるオンライン英会話がない…どうすればいい?

ELT英会話

オンライン英会話で試験対策を行う人も多いかと思いますが、英検1級に限って言えば対策を提供しているオンライン英会話はほとんどありません。

1級レッスンがない理由
  • 受験者数が他の級より少なくニーズが小さいため
  • レベルが高く非ネイティブ講師の場合レッスンを行えない可能性があるため
  • 合格者が一握りなので教え方を知っている人が少ないため

実際準1級まで英検対策レッスンを提供していた大手オンライン英会話サービスもすべて準1級止まりで、1級レッスンを提供しているサービスはほぼありません。

そこで私がオススメしたいオンライン英会話は、「多くの子どもを英検1級に合格させた実績」がある完全オーダーメイド授業を行うネイティブオンライン英会話サービス、ELT英会話です。

ELT英会話 英検1級

ELT英会話は、今でも実際に継続受講しているので、少しだけ中身を紹介しておきますね!

ELT英会話をオススメすすめする理由
  • 資格持ちのイギリス人に直接担任として教えてもらえる
  • 的を絞った的確な指導で効率的に合格を目指せる
  • 私は今まで気にもしなかった細かいところまでしっかりと気づいて、正しい方向性で対策できるようになった

結論、ここまで継続受講してきて、まったく後悔はありませんし、本会員になる前に見えなかったこともたくさん見えてきました。

現在、ケンブリッジ英検CPEの合格を目指して、ケンブリッジ英検試験官のベテラン講師、ローラ先生にオーダーメイドカリキュラムの担任制(レッスン時間固定)で教えてもらっています。

ELT英会話 受講
JIN

独学でやっていた時に気づけなかったことをたくさん気づかせて貰えたのが、結論もっとも大きなメリットです

自分ではまったく気にもしなかった基礎固めから解答テクニック、対策法まですべて教えてくれます。

ELT英会話-edmodo

レッスン外でもEdmodoという教育向けプラットフォームで、練習問題や読んでおくべき資料などを送ってくれますし、質問があればいつでもそこで回答してくれます。

ELT英会話 ケンブリッジ英検

宿題に関しても、私の生活に合わせて仕事が忙しいときは少な目、ガッツリやりたいときには多めに出してくれるのでタイムマネジメントも非常にやりやすいと感じます。

elt cambridge

試験対策の場合、スピーキングだけでなくライティング、リスニング、リーディングとオールインワンで総合対策。

リーディングテクニックやリスニングテクニック、すべて教えてもらっています。

さらに、私が実際に利用しているということもあり、当サイト「ライフタイムラーナー」限定割引キャンペーンを実施しています!

当サイト限定割引!

私も実際に継続利用しているELT英会話では、「ライフタイムラーナーを見ました」と無料体験申し込み時にお伝えするだけで、当サイト読者様限定で初月20%割引を受けることができます!

割引条件

  1. 無料体験レッスンお申し込み時フォーム【その他ご要望】箇所に「ライフタイムラーナーを見ました」と入力
  2. 初月20%OFFはおひとり様に対して一度のみの対象
  3. ご入会後、最低2ヶ月ご利用の方限定
  4. 割引適用の場合、プラン変更はご入会から3ヶ月目以降より可能
  5. 月額プランのみ利用可能
  6. 割引を希望した場合でも、無料体験後の入会義務は一切ありません

\ 35年以上ロンドンで語学学校を運営 /

※無料体験にクレジットカード入力不要

当サイト限定割引の詳細はコチラ

ELT英会話の受講レビュー記事はコチラ

よかったらシェアしてね!

人気記事:【2021年】元プロがオンライン英会話25社徹底比較|目的別ランキング形式で紹介

あなたにおすすめの記事

英語力の伸びに悩んでいる方へ

オンライン英会話、もう挑戦しましたか?

  • 英語を勉強しているけどアウトプットする機会がない…
  • 英会話スクールやコーチングは高すぎる…
  • オンライン英会話をやっているけど伸びをあまり感じられない…

オンライン英会話選びは自分の英語ニーズや英語レベルに合ったものを選ぶのがとても重要になります。合わないものを選べば伸びを感じられないのも当然です。

この度元オンライン英会話講師でもある私が自ら1年ほどかけて20社以上回り、分野別に徹底比較してランキングを作りました。

オンライン英会話の一歩を踏み出してみたいという方や苦戦しているという方はぜひ参考にしてみてください!総合1位に入れたサービスには私も実際に入会し、継続して続けています!

\ 元講師が全部受講して徹底比較! /

※無料体験できるもの満載です

ラーナーズナビ
-最適なサービスを無料でご提案-

ラーナーナビ

ラーナーズナビ(Learner's Navi)」は20社以上オンライン英会話を実際に受講して比較した元オンライン英会話講師の筆者が作った、最適なサービスを見つけるために役立つ無料ツールです。

タップして5つの質問に答えるだけでニーズに合った1社をご提案します!

\ 5つの質問に答えるだけ /

※登録なしに完全無料で使えます

この記事を書いた人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる