元講師がオンライン英会話を20社以上受講して比較!➡

英検1級の長文対策はスピードで攻める!レベルの高い問題を解くコツを総ざらい

英検1級 長文 リーディング コツ 対策

こんにちは、かつて講師として英検を指導し、個人的には英検1級を一発取得した英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証
JIN

ひとつ結論をいうと、1級リーディングはしっかりと対策すればそこまで難しくありません

この記事のまとめ

英検1級に一発合格をし、講師として英検を指導した経験をもつ筆者が、英検1級の筆記試験を徹底解説!

英検1級が難しいと言われる理由と、実は筆記試験の対策はシンプルである理由、効果的な勉強法等まとめてご紹介。

英検1級の合格を目指している方に、ぜひ読んでほしい内容です。

筆記試験は才能や経験に依存する面が少ないので、リスニング試験よりも高得点を狙えます。これは長文読解でも同じで、コツを知っていれば誰でも伸ばすことが可能。

効果的な対策方法を知っているのと知らないのでは、テストの結果に大きな差が生まれます。

実際私も英語講師になる前はそこまで特化した対策というのは意識していなかったのですが、経験を積むごとにその重要性が身に染みてわかります。

この記事を読むメリット
  • 実際に英検1級を一発で合格した私が考える対策法や勉強法を知れる
  • 実際に自分で簡単に実践可能
  • なぜ英検1級が難しすぎると言われているのかというトリックを理解できる
アオイちゃん

まずオススメの参考書や問題集を教えてください

JIN

わかりました、とりあえず表にまとめて貼っておきますね

スクロールできます
書籍名でる順パス単 英検1級
英検1級 参考書 おすすめ
英検1級 過去6回全問題集
英検1級 ライティング 教材
英検1級集中ゼミ
英検1級 参考書 おすすめ3
英検1級 長文読解問題120
英検1級 参考書 おすすめ6
英検1級語彙・イディオム問題500
英検1級 参考書 おすすめ6
10 Days to Faster Reading
英文速読法4
SPEED READING: The Complete Blueprint To Speed Reading
英文速読法 書籍
Speed Reading: Learn How to Read and Understand Faster in Just 2 hours
英文速読法 書籍2
オススメ度 (5.0) (5.0) (4.0) (4.0) (3.0) (4.5) (4.0) (4.5)
値段・コスパ (5.0) (5.0) (4.0)(4.0) (4.0) (4.0) (5.0) (5.0)
特徴・定番で間違いない単語帳
・対策に必須
・データを基に頻出単語を網羅
・実際の過去問6回分収録
・対策に必須
・定番の英検準1級問題集・1級の長文問題に特化した問題集・大問1の語彙問題を徹底的にトレーニングできる問題集・10日間完成
・速読トレーニング掲載
・Kindle Unlimited読み放題対象
・スピードリーディングの基礎
・Kindle Unlimited読み放題対象
・短い本でサクッと読める
書籍名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます

本気で一発合格を目指している人向けの英検1級完全攻略ガイド

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



英検1級筆記試験がとても難しいと思われている理由

まずはなぜ英検1級がそれほどまでに難しいと思われているかのトリックを解説します。

結論語彙問題の出題単語が難しいから

英検1級がなぜこれほどまでに難しいと考えられるのかという問いの結論が「語彙問題」です。

このセクションで出てくる単語は普段生活していて見ないような単語が多いです。

実際に過去問をネイティブである私の妻に見せた時も「うーんこんな感じの意味かな?正確にはわからない」という単語もちょくちょくありました。

語彙問題単体で見た時はそれくらいのレベルです、超難しいです。

ただ、超難しい単語が出てくる語彙問題であっても、頻出単語は毎回わりと共通しています。

つまり単語単体がどんだけ難しかろうが事前に対策してしまえば大したこと無いんです。

現に私も英検1級の勉強をはじめる前に過去問を見た時最初の語彙はかなりヤバいな…と思いました、ほぼ当てずっぽうでしかムリと思ったほどです。

しかし英検1級用の単語帳で対策をしっかり進めた結果本番では語彙問題ほぼ満点でした。

JIN

「語彙問題で出てくる語彙は本当に難易度が高い、でもシンプルに攻略できる」というのが本音です

語彙問題以外はそこまで難しくない

  • リーディング
  • リスニング
  • ライティング
  • 二次試験:スピーキング

語彙問題以外だと4項目ありますが、リーディング、リスニングのレベルはとくに難しいとは感じません。

語彙問題で出てくる単語にはビックリするかもしれませんが、語彙問題で出てくるような単語がリーディングやリスニングで出てくるかと言ったらまったくそうではなくて、出てくる単語の多くは英検準1級レベルの単語ばかりなのです。

JIN

しかし、語彙問題の対策をし切れない人は確実に落ちます

英検1級筆記試験の構成内容

英検1級 リーディング 問題

英検1級の筆記試験は4つのパートに分けて構成されています。

下の級である英検準1級とまったく同じ構成ですが、所要時間が10分増えています。

ただし、一般的に言えば、以下のような時間配分が理想的です。

語彙問題15分
長文語句問題20分
長文内容問題35分
ライティング25分
見直し5分
英検1級筆記試験の時間配分例

ただし、1級単語を完璧に覚えている方であれば、語彙問題は問答無用ですぐ解けるので、後ろの長文問題やライティング問題に時間を使うなどの調節ができます。

JIN

基本的に、語彙問題は知っているか知っていないかの問題なので、ここに時間を使いすぎるのだけはオススメしません

関連記事:英検1級の配点は受験者にはわからない・自己採点も不可!その理由を解説

英検1級リーディング大問1「語彙問題」の概要・解き方・コツ

まずは最難関ともいえる大問1である「語彙問題」の解き方や問題内容を解説します。

語彙問題が難しいと思われている理由と対策は超簡単でシンプルな理由

先ほども少し触れましたが、まずはなぜ語彙問題がそこまで難しいと思われているのか、そして対策はシンプルでひとつの方法しかないという点を解説します。

極論知っているか知っていないかの問題

英検各級の語彙問題記事を書く際に常にこう言っています

「語彙問題はほとんど知っているか知っていないかの問題」

選択肢4つすべての意味を知っていれば難なく答えられますし、4つ中2つ、3つ知っていれば消去法で解くことができ、その逆にすべて知らない場合はあてずっぽう以外ほぼ不可能です。

英検1級はこれまでの級と比べても「知っているか知っていないか」という側面が非常に強いです。

JIN

出題単語を知っていれば難なく解けますし、知らなければ皆目見当もつかないという状況になります

どれだけ単語レベルが難しくても頻出単語は共通している

最初に「初見で見たら相当難しいレベル」と言いましたが、逆を言えば初見で無ければ非常に簡単に解けます。

いくら英検1級の語彙問題で出題される語彙が難しいと言っても頻出単語は共通しています。

つまり頻出単語をカバーしてしまえばオッケー!

私は英検1級一発で合格しましたが、勉強をはじめる前に語彙問題を解いてみた時ほとんどあてずっぽうしか解けず愕然としました。

見たことがない単語、予測すらできない単語は非常にたくさんありましたが、本番では25問中24問正解、ほぼ満点が取れました。

理由は簡単で、数カ月かけて英検1級用単語帳の頻出単語を覚えたからです、これ以外の対策法はありません。

どれだけレベルが難しい単語でも暗記作業の時間はこれまでと大して変わらないし、特別なことをする必要もない

JIN

英検1級の語彙問題に関しては作業量、覚えた数、努力の積み重ねが点数と必ず比例します

英検1級リーディング語彙問題の出題例

英検1級の語彙問題ではこのようなレベルの問題が出題されます

例題

As the crime rate has increased drastically for the past few years, the authority is trying to (    ) the condition around the area right now.

1: Repudiate 2: Perturb 3: Ameliorate 4: Waylay

ちなみに選択肢は

  1. 関与を否定する、拒絶する
  2. 動揺させる、混乱させる
  3. 改善する
  4. 待ち伏せする

英検1級をまだ勉強していない人がこのような選択肢を初見で見たら「とてつもないレベルだ」と思うのもおかしくありません。

しかし選択肢の意味さえ知っていれば簡単に解けますよね。

英検1級リーディング語彙問題の対策方法

もはやいうまでもありませんが、語彙問題の対策方法について解説します。

効果があると思う方法で英検1級頻出単語を覚える

英検1級を受けようと考えている多くの人は、過去の経験から自分に合った英単語の覚え方を持っているはずです、そのような方は何も方法を変える必要はありません。

これまで自分に効果があった方法で、英検1級用の単語帳を使って頻出単語をとにかく覚えましょう。

英検1級用の単語帳で唯一オススメしたいのはこちらのパス単です。

安心の旺文社英検書です、この1冊で十分で何冊も買う必要は一切ありません。

JIN

私はこの単語帳の7割強覚えて本番に挑み、25問中24問の正解率でした

まだ独自の英単語の覚え方を持っていない人向けのオススメ

すでに自分の中で確固たる英単語の覚え方を持っている人はそれを変えずにそのまま自分の得意で好きなやり方で覚えていきましょう。

しかし、まだしっくりくる覚え方を持っていない人にオススメの英単語の覚え方を紹介します。

私がずっと実践してきて累計約15,000単語を覚えた英単語の覚え方は以下の記事で紹介しています、ぜひ参考程度でもいいので見ていってください!

関連記事:【完全版】イギリスの大学を卒業した私がおすすめする英単語の覚え方

英単語学習については一部ポッドキャストでも放送しました

英検1級リーディング大問2「長文語句問題」の概要・解き方・コツ

次に英検1級リーディング大問2である「長文語句問題」の解き方や問題内容を解説します。

英検1級リーディングパート2「長文語句問題」の特徴

英検1級では2種類の長文問題に分かれている為、この2つの違いを知ることは非常に大切です。

2種類の長文における違い
  • 長文語句問題=長文内の空所に適切な文を選ぶ
  • 長文読解問題=長文全体の内容に関する質問に対して適切な答えを選ぶ

つまり長文語句問題は文法的にもある程度重点を置いており、長文内容問題はみなさんが良く知る長文読解問題です。

  • 長文語句問題=文法的要素がより大きい問題+ピンポイント(段落ごと)での問題
  • 長文内容問題=読解的要素がより大きい問題+リーディング全体の内容に関する問題

このような区別もできます。

語句問題では空所の前後関係理解が非常に重要である一方で、内容問題では長文全体の大まかな理解が必要になります。

JIN

どちらの方が易しく、どちらの方が難しい、ということでは無く、同じ長文問題でも求められているところが異なるのです

英検1級の長文語句問題で扱われる文章は2種類

英検1級の長文語句問題ではショートストーリーなどの短い文章が2種類用意されており、各長文3問ずつを解きます。

問われる能力
  • 単語力
  • 熟語力
  • 文法力
  • 前後関係の理解

以上が主に挙げられます。

直近の英検1級級過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認できます。

英検1級リーディングパート2「長文語句問題」の解き方

それでは長文語句問題の解き方を見ていきましょう。

各段落の空所の前後関係をしっかりと読み取る

長文語句問題のもうひとつの特徴として「段落ごとに問題がひとつ振り分けられている」という特徴があります。

つまり空所に合う文を選ぶ問題なので、その段落、さらにいえばその段落にある空所の前後関係さえ分かっていれば解けます。

JIN

前後関係が分かっていたらあとは文法含め4つの選択肢の意味が分かっているのかどうかです

長文語句問題では問題の先読みはしなくてもいい

長文読解では常に「問題の先読みをするべき」と常に言ってきましたが、長文語句問題では先読みの必要性はそこまで高くありません。

普通の長文読解問題とは異なり、長文語句問題では文章全体に対する設問では無く段落ごとの空所に適切な文を当てはめる問題だからです。

JIN

先に選択肢を見てもあまり効果は無いですし、どちらかというと時間のムダです

一気読みはオススメできない

先ほども言いましたが、英検1級の長文語句問題は各段落に割り振られています。

段落ごとに読んだ流れで解いていくようにしましょう。

たとえば 第1段落に割り振られた問題を解くために文章全体を最後まで読む必要は基本的に無いからです、答えはその段落に隠されていることがほとんどです。

物語を最初から最後まで一気に読んでから問題に移って、もう一回その段落を読み返していては時間のロスが発生し、効率的ではありません。

JIN

1段落目を読んだらすぐにその1段落目に出てくる問題を解いていくようにしましょう

一気読みをしない代わりに文章全体を読み終わったら見直し

一気読みをする必要はありませんが、1文章3問の問題を解いて、物語を最後まで読み、物語全体の知識がついたうえでもう一度設問と回答を見直しましょう。

「最初からしっかり読み返せ」という訳ではまったくありません、むしろ読み返しも厳禁です。

ストーリーをすべて読み終わったうえで、先に解答した問題で選んだ選択肢と物語全体の内容にズレがないか、矛盾がないかどうかササっと確認するということです。

考えすぎは時間のムダ

どのテストでも同じですが、考えすぎは結果的に時間のムダになる場合がほとんどです。「もう少しで頭から出てきそうなんだけど…」という考え方は基本的にしない方がいいでしょう。

最後に時間が余ったら戻ってこれます、一番最悪なのは頭から出てくるか出てこないかもわからない問題に時間を使って、結局最後の方にある正解する可能性があった問題に時間を使えなくなる状況です。

英検1級リーディング大問3「長文内容問題」の概要・解き方・コツ

最後に大問3である「長文内容問題」の解き方や問題内容を解説します。

英検1級の長文内容問題で扱われる内容は3種類

英検1級の長文内容問題は長文語句問題と同様基本的に3つの文章(大問3A, B, C)から構成。

所要時間が英検準1級と比べて10分増えたこともあり、英検準1級と比べると英検1級の長文内容はかなり濃く、長くなっています。

直近の英検1級過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認できます。

英検1級リーディングパート3「長文内容問題」の解き方

それでは長文内容問題の解き方を見ていきましょう。

本文を読みはじめる前に問題文に目を通すのは鉄則

長文読解を解く上でこのテクニックは必須です。

長文語句問題の記事ではこれとまったく逆のことを言いましたが、最初に解説した通り長文語句問題と長文内容問題は同じ「長文」が付いている問題でも求められていることが違います。

長文内容問題では物語の全体像を把握した上で設問に回答しなければなりません。

必ず問題の先読みをする必要があります。

基本的に全体像を把握しなければならないタイプの長文問題はまず問題文に目を通しておくべきです。

JIN

「しっかりと読め」ということではありません、あくまで「目を通す」ということです

問題文の中のキーワードを見つけ出す

問題文を先読みする際に必ずするべきなのは問題文の中で出てくるキーワードを抜き出すという所です。

キーワード例
  • 数字
  • 人物名
  • 名称
  • 時間
  • 値段

問題を解く上で重要なキーワードっぽいものを、本文を読む前に問題文から抜き出せば、初見で本文を読みはじめるよりもより進んだ状態で本文のリーディングに入れます。

問題文を先読みする際にキーワードを抜き出しておけば、本文でそのキーワードが出てきたときにすぐ対応できます。

JIN

問題文すべてに気を取られていては時間が余計にかかって意味が無いので、自分が重要だと思うキーワードは先読みの時点でいくつか押さえておきましょう

大問4のライティング問題に関してはコチラの個別記事で詳しく解説しています。

関連記事:英検1級ライティング対策のコツは添削しかない!その前にやるべき事とあわせて紹介

英検1級リーディング問題の対策法・勉強法

英検1級 リーディング 対策

次は英検1級リーディングの対策法について合格者である筆者が解説します。

私の試験勉強に対する考え方【音声解説付き】

今でも信じられないのですが、私は18歳のころ、3ヶ月でIELTSを4.5から6.5(英検でいうと準2級レベルから準1級~1級レベル)に伸ばしました。

勉強量はもちろん多かったのですが、それ以上に今重要だったと思うのが勉強と目標に対する考え方の部分です。

実際に勉強をはじめる前に目標設定や、スケジュール組みなどをやっておくのがオススメです

PDCA

昔からあるPDCAのフレームワークに沿って、効果的に勉強を改善しながら進められたのが最大の要因です。

当時のPDCAの回し方は音声でも解説しました

  1. Plan:計画
  2. Do:実行
  3. Check:評価
  4. Act:改善

簡単にいえば、上記の頭文字を取って、サイクルを回して改善を続けるというものです。

この記事ですべて紹介すると長くなってしまうので割愛しますが、私が当時行ったすべての行動、考え、目標設定の方法などはコチラの記事で解説しました。

関連記事:効果バツグン!英語学習でPDCAを回す方法を実際に爆上げさせた経験者が解説

まずは現在の実力と目標との差を実感する

まずやっておきたいのは、英検1級の過去問を1回解いてみることです。

1級以下の下位級では、初っ端から過去問をやる方法に触れていませんが、難しいテストであればあるほど、まず過去問を解いてみるべきです。

理由はシンプルで、現在地とゴールの距離を測るため

現在の立ち位置、現在の実力で解ける問題、解けない問題を理解しておくのは非常に重要です。

メリット
  • 合格との差が大きい→中期的に中間地点の目標も立てる
  • 意外と合格スコアとの乖離が少ない→苦手部分を克服 or 得意を伸ばすなど特化した戦略を立てる
  • まったく理解できない→まず基礎から固める必要がある

英検1級には、過去問があるので、まずは過去問を手に入れて自分の立ち位置を理解しましょう。

英検1級レベルの単語、熟語の習得

何度も何度も聞き飽きたかもしれませんが、これは言わずもがなです。

英検1級レベルの語彙力というベースがあってこそさらにアドバンスな対策を打てますし、問題を解く事ができます。

全要素で共通して必要な知識なので、まずこの部分の特訓からはじめましょう。

英検1級用の単語帳でオススメなのはこちらです。

安心の旺文社英検書です、この1冊で十分で何冊も買う必要は一切ありません。

JIN

私自身英検1級まで合格する過程でパス単以外の単語帳は使ったことがありません

文法に不安がある人は最低限のレベルを身に付けておく

過去問を解いてみて、リーディングがあまり読めなかったという場合、文法や構文知識が足りていない可能性が非常に高いです。

  • 単語の意味はなんとなくわかるけど、文章として理解できない→文法・構文力不足
  • 単語もわからないし、文章としても理解できない→語彙・文法・構文力不足

リーディングの文法には、さまざまな文法が使われています。

文法知識は読解力の助けになる

つまり、パッセージを読んでいる際にスラスラいかず、頭がこんがらがってしまったという場合は、英文法の勉強、再チェックが必須となります。

オススメの英文法テキストは「CEFRに基づく英文法」

CEFRのA1~B2レベルの文法を網羅し、問題を解いていくというテキストです。

文部科学省 CEFR ケンブリッジ英検 CPE 難易度 レベル
出典:各資格・検定試験とCEFRとの対照表|文部科学省

CEFR指標を見てみると、英検1級はB2~C1レベルなので、最低限の英文法知識をカバーできます。

ちなみに日本語書籍っぽいカバーですが、中身は洋書です

英検1級リーディングは多読、速読を重ねて上達しよう

英検1級まで来た方々はもうすでに一定以上の英語力があると言っていいでしょう。

語彙力の積み重ねの他に、ここから筆記試験で違いを生み出すのはリーディング慣れ(多読)とリーディングスピード(速読)です。

多読はもちろん速読も努力でカバーできます。

速読は読解能力が高くないとできないと考えている方もいるかもしれませんがそれは間違っています。

JIN

試験における速読というのはさらにシステマチックで、ポイントを押さえてトレーニングをすれば必ずできるようになります

速読は洋書を使ってトレーニング

英検1級の筆記試験には英文の多読、速読が効果的な対策になります。

日本語のものではなく、英語で書かれた洋書の「英文速読法テクニック書籍」を使いましょう。

英検1級を受けようと考えている人であれば必ず読めます、ここまでのレベルまで来たら英語の書籍や教材を使って鍛えましょう。

JIN

今回は「英語の速読」を鍛える為のオススメ洋書を3つ紹介します

スクロールできます
書籍名10 Days to Faster Reading
英文速読法4
SPEED READING: The Complete Blueprint To Speed Reading
英文速読法 書籍
Speed Reading: Learn How to Read and Understand Faster in Just 2 hours
英文速読法 書籍2
おすすめ (4.5) (4.0) (4.5)
値段・コスパ (4.0) (5.0) (5.0)
特徴・10日間完成
・速読トレーニング掲載
・Kindle Unlimited読み放題対象
・スピードリーディングの基礎
・Kindle Unlimited読み放題対象
・短い本でサクッと読める
書籍名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます

10 Days to Faster Reading

英文速読法4
内容・評価
概要英語のリーディングスピードを上げる為のトレーニングを掲載
オススメ度 (4.5)
料金・コスパ (4.0)
対象短期間で必要なテクニックを身に付けたい人
期待できる効果10日間と短期でテクニックや知識を取得

試験用の速読では無く、普段通常の洋書を読むときに適用できるトレーニングを提供する書籍です。

掲載内容の例
  • リーディングをする際の目の動き
  • 個々のワードではなくかたまりとして読む
  • ささやきや頭の中で読むのをやめる
  • 目的を持って読む
  • 内容によってリーディングスタイルを変える

英語ネイティブを対象にしており、かなりテクニカルな所まで踏み込んでいる書籍です!

JIN

さまざまな貴重な情報が載っていてとてもオススメかつ普通に興味深くおもしろいです

SPEED READING: The Complete Blueprint To Speed Reading

英文速読法 書籍
内容・評価
概要英語のリーディングスピードを上げる為の基礎知識・テクニックを掲載
オススメ度 (4.0) 
料金・コスパ (5.0) ※Kindle Unlimitedの読み放題対象
対象リーディングがとくに苦手な人
期待できる効果スピードリーディングの基礎知識を習得

先ほど紹介したもの同様、英文速読に関するヒントがたくさん載っている本ですが、1冊目よりやや易しめの内容となっています。

さらに電子書籍に抵抗が無い方であればKindle Unlimitedに加入して無料で読めます。

関連記事:Kindle Unlimitedは英語学習に100%活用すべき|洋書を読み漁ろう!

JIN

Kindle Unlimitedは私も日々愛用しています!

\ 和書・洋書200万冊以上読み放題 /

※無料体験はいつでもキャンセル可能

Speed Reading: Learn How to Read and Understand Faster in Just 2 hours

英文速読法 書籍2
内容・評価
概要段階を追って速読に関するヒントを紹介
オススメ度 (4.5) 
料金・コスパ (5.0) ※Kindle Unlimitedの読み放題対象
対象英文速読のテクニックをサクッと読みたい方
期待できる効果少し違った視点で速読テクニックを習得

最後に紹介するのはAmazonのSpeed Reading分野の中でベストセラーを獲得している鉄板の書籍。

アメリカ版のAmazon.comにてベストセラーを獲得している書籍なので、間違いないです。

長い本ではないので、サクッと読めるのが非常にオススメ。

先ほどの書籍同様、Kindle Unlimitedに加入すれば無料で読めます。

関連記事:Kindle Unlimitedは英語学習に100%活用すべき|洋書を読み漁ろう!

\ 和書・洋書200万冊以上読み放題 /

※無料体験はいつでもキャンセル可能

長文読解ではスキミングとスキャニングテクニックも使える

リーディングテクニックの「スキミングとスキャニング」を聞いたことがありますか?

これはネイティブが英語問題(彼らにとっては国語の問題)を解く際にも使うリーディングテクニックです。

JIN

私もイギリス在住時にこのテクニックを使った方がいいと教わり、たしかにかなり問題を解く効率が向上しました

アオイちゃん

聞いたことない!教えてください!

スキミングとスキャニングとは

まず動詞であるSkimとScanの意味を今一度確認してみましょう

  • Skim:すくい取る
  • Scan:精査する

この時点でイメージ少し湧いてきたのではないでしょうか?

スキミング:文章の要点だけをすくい取り、全体像を把握するテクニック
スキャニング:たくさんの文の中から探しているキーワード(内容、情報)をスキャンするテクニック

スキミングの具体的な使い方

このテクニックを英検1級に適用する方法としては、まず「見出しごと最初の段落だけを読む」という方法があります。

ほとんどの場合、英検1級リーディングでは最初の段落にその物語の概要、導入が載っていますので、そこである程度どんなことについて書かれているのか、という所をすくい取れるという訳です。

先にスキミングしてからスキャニング

英語だけでなく国語のテストなどを解く際に問題を先に読む派ですか?読まない派ですか?

英検の長文読解(長文内容問題)では必ず先に問題を読むべきだと私は思います。

ただし、問題を読むより先にスキミングをします、スキミングをすることによって物語、トピックの概要をつかむことが出来るからです。

その後に問題文を読んでスキャニングの作業に入ると、効率的に問題を解けるようになります。

アオイちゃん

英検ではどう活かせばいいですか?

JIN

まずは公式問題集を使ってこの方法が自分に合うかどうか試してみてください

スキャニング&スキミングテクニックを理解する為の1冊

残念ながら日本語の書籍で細かくこのテクニックについて踏み込んで解説している書籍はありません。さらに掘り下げてスキャニング、スキミングテクニックを知りたい方は洋書の参考書を読むことになります。

スキミング、スキャニングの理解をより深めたい方はこちらの書籍がオススメです!

とはいえ、結構値段が高いので、無料で概要を掴みたい方はコチラの動画がオススメ!(動画は英検ではなく、IELTSを例にしていますが、基本的な概要はわかります)

問題慣れするために問題集をこなす

語彙、文法、リーディングテクニックというのは野球でいう素振りのようなもので、本番前は実際に実践練習をこなしていく必要があります。

事前に実践慣れすることで、本番よりスムーズにムダなく解答を進められます。

オススメの問題集はこの2冊

より多くの実戦経験を積みたい方は、集中ゼミの方がオススメです。

JIN

ある程度英検1級レベルの単語と熟語を覚えた上で、問題集に入るとより効率的に英検1級合格への道を進めます

最後の追い込み対策は必ず英検1級の過去問で行う

ここでは、英検1級対策になぜ過去問が必須なのか、そして正しい使い方を紹介します。

過去問対策だけは絶対に外せない

受験するのは英検1級ですから、最後は必ず過去問を使って追い込みをかけましょう。

過去問での対策は避けられません。

問題集もいいのですが、実際レベルで問題を解くことは必須です。

JIN

過去問集は長文読解だけでなく他の筆記試験やリスニングでも使えるので、合格したいのであれば必要不可欠な教材です

過去問を解く際に必ず気を付けなければいけない注意点

過去問はただただ解いているだけでは何も意味がありません、ここでは過去問を解く際に最低限やっておきたい手順を解説します。

過去問を解くときは必ず時間を計る

問題集をやる時はやらなくてもいいですが、過去問を解くときは必ず時間を計って過去問を解きましょう。

きっちり時間を計ることで、本番でもスムーズに時間切れになる確率を大幅に軽減できます(英検1級筆記試験の所要時間は100分です)

JIN

過去問を解く過程で自分に最適な時間配分を見つけましょう

同じ問題は最低2回はやる

少し退屈だと思うかもしれませんが同じ問題を2回は解いてみてください。

一度解いた問題は時間を空けてもう一度解いてみましょう。

それは1回目に間違えたところを覚えなおして解けるようになっているのか自分を試すためです。

2回同じ間違いをしてしまうようならば覚えが足らなかった証拠です、3回目の間違えを犯さないように必ず2回で覚えましょう。

JIN

私が難易度の高い試験対策をする時は同じ問題を3-4回繰り返し解きます

答え合わせを必ずしっかりやろう

答え合わせを答え合わせだけで必ず終わらせないようにしましょう。

過去問や問題集には答えだけでなく解説も付いてきますし、リスニングの原稿だって付いてきます。

間違えた時に確認すべきこと
  • どの単語を知らなかったのか(聞き取れなかったのか)
  • どの部分で解答(聞き)間違いをしたのか
  • どういう経緯で間違えてしまったのか

最低でもこの3つはクリアにしておきましょう。

知らない単語が出てきたならその単語を覚えましょう、リスニングであれば解説と答えを読んだ後もう一度聴いてみましょう。

この質の高い答え合わせが出来ないのであれば、過去問や問題集を買った意味がありません。

JIN

対策は過去問にはじまり、過去問で終わります

英検1級合格を目指すためのおすすめ学習スケジュール公開

英検1級に一発合格した筆者がムリのない、6ヶ月スパンの学習計画で勉強プランを独自に設計しました。

どのような勉強をどのタイミングですればいいのかわからないという方は参考にしていただければと思います。

関連記事:独学でもできる!実際に合格した私が英検1級の勉強法全部見せます|6ヶ月学習計画

英検1級リーディング・筆記試験におすすめの参考書・問題集

英検1級 リーディング 参考書・問題集
スクロールできます
書籍名でる順パス単 英検1級
英検1級 参考書 おすすめ
英検1級 過去6回全問題集
英検1級 ライティング 教材
英検1級集中ゼミ
英検1級 参考書 おすすめ3
英検1級 長文読解問題120
英検1級 参考書 おすすめ6
英検1級語彙・イディオム問題500
英検1級 参考書 おすすめ6
10 Days to Faster Reading
英文速読法4
SPEED READING: The Complete Blueprint To Speed Reading
英文速読法 書籍
Speed Reading: Learn How to Read and Understand Faster in Just 2 hours
英文速読法 書籍2
オススメ度 (5.0) (5.0) (4.0) (4.0) (3.0) (4.5) (4.0) (4.5)
値段・コスパ (5.0) (5.0) (4.0)(4.0) (4.0) (4.0) (5.0) (5.0)
特徴・定番で間違いない単語帳
・対策に必須
・データを基に頻出単語を網羅
・実際の過去問6回分収録
・対策に必須
・定番の英検準1級問題集・1級の長文問題に特化した問題集・大問1の語彙問題を徹底的にトレーニングできる問題集・10日間完成
・速読トレーニング掲載
・Kindle Unlimited読み放題対象
・スピードリーディングの基礎
・Kindle Unlimited読み放題対象
・短い本でサクッと読める
書籍名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます

でる順パス単 英検1級

英検1級 参考書 おすすめ
内容・評価
概要過去のデータを基に英検1級頻出単語を完全網羅
オススメ度/重要度 (5.0)
料金/コスパ (5.0)
対象受験者全員
期待できる効果効果的に英検1級の頻出単語を取得して合格を目指す

英検1級の単語学習はこれです、自信を持って言えます。

いわゆる「ネイティブでも難しいと感じる英検1級単語」というのは筆記試験の中でも「語彙問題」でしか出題されません。

eiken 1 book

私が英検1級に合格した時はこのパス単の7割強を覚えて本番に挑みましたが、語彙問題は25問中24問に正解しました。

最重要レベルで必要な書籍です!

ポイント
  • 過去のデータを深く分析
  • 実際に出現する正確な頻出単語を掲載
  • 単語帳はこれ以外ありえない

英検1級 過去6回全問題集

英検1級 ライティング 教材
内容・評価
概要過去6回分の過去問を収録する問題集
オススメ度/重要度 (5.0)
料金/コスパ (5.0)
対象受験者全員
期待できる効果実際に過去に出された問題で対策をして合格に近づける

合格に必須の1冊です。

どんな試験でもそうですがやはり過去問を使って傾向や内容を掴んだり、スピード感に慣れるのは大切です。

大学受験をする人はセンター試験の過去問を必ず事前に解きますよね?高校受験をする人は必ず事前に過去問を解きますよね?英検もそれとまったく同じです。

eiken 1 book2

問題集と過去問は別物と考えてください。

JIN

過去問を事前に解いておかないと本番で予期しないアクシデントが発生する確率も高まります

ポイント
  • 過去問が対策でもっとも重要なピース
  • 安心の旺文社
  • 過去問なしに対策はあり得ない

他の出版社からも過去問集が出版されていますが、私は旺文社のものを一番オススメしています。

英検1級集中ゼミ

英検1級 参考書 おすすめ3
内容・評価
概要30日完成と大容量の予想問題集
オススメ度/重要度 (4.0)
料金/コスパ (4.0)
対象全受験者
期待できる効果大容量の英検1級総合問題集

対策ゼミは、30日間と大きなボリュームが特徴的。

基本的には過去問に取り掛かる前の、ウォームアップとして使うのが非常にオススメです。

eiken 1 book3

過去問・問題集の使い方や使うタイミングなどは以下の記事で紹介しています。

関連記事:独学でもできる!実際に合格した私が英検1級の勉強法全部見せます|6ヶ月学習計画

英検1級 長文読解問題120

英検1級 参考書 おすすめ6
内容・評価
概要1級長文問題特化の問題集
オススメ度/重要度 (4.0)
料金/コスパ (4.0)
対象1級レベルの長文読解問題を徹底的にトレーニングしたい
期待できる効果1級リーディングの感覚やレベルを掴んでスコアアップを目指す

長文読解の個別対策はこちらの書籍がオススメ。

語彙問題は単語学習でほとんどカバーできるので個別対策の必要性はあまりありませんが、長文はこのような問題集を使って個別対策するのもオススメです。

英検1級語彙・イディオム問題500

英検1級 参考書 おすすめ6
内容・評価
概要大問1の語彙問題に特化した問題集
オススメ度/重要度 (3.0)
料金/コスパ (4.0)
対象語彙問題の特訓をしたい
期待できる効果語彙問題の問題をたくさん解いて正答率アップを狙う

基本的に語彙問題は単語学習一本で乗り切れるのでこの書籍の重要度はそこまで高くありません。

しかし、徹底的に語彙問題の完成度を上げて満点を狙いたいという方にはオススメできます。

10 Days to Faster Reading

英文速読法4
内容・評価
概要英語のリーディングスピードを上げる為のトレーニングを掲載
オススメ度 (4.5)
料金・コスパ (4.0)
対象短期間で必要なテクニックを身に付けたい人
期待できる効果10日間と短期でテクニックや知識を取得

試験用の速読では無く、普段通常の洋書を読むときに適用できるトレーニングを提供する書籍です。

掲載内容の例
  • リーディングをする際の目の動き
  • 個々のワードではなくかたまりとして読む
  • ささやきや頭の中で読むのをやめる
  • 目的を持って読む
  • 内容によってリーディングスタイルを変える

英語ネイティブを対象にしており、かなりテクニカルな所まで踏み込んでいる書籍です!

JIN

さまざまな貴重な情報が載っていてとてもオススメかつ普通に興味深くおもしろいです

SPEED READING: The Complete Blueprint To Speed Reading

英文速読法 書籍
内容・評価
概要英語のリーディングスピードを上げる為の基礎知識・テクニックを掲載
オススメ度 (4.0) 
料金・コスパ (5.0) ※Kindle Unlimitedの読み放題対象
対象リーディングがとくに苦手な人
期待できる効果スピードリーディングの基礎知識を習得

先ほど紹介したもの同様、英文速読に関するヒントがたくさん載っている本ですが、1冊目よりやや易しめの内容となっています。

さらに電子書籍に抵抗が無い方であればKindle Unlimitedに加入して無料で読めます。

関連記事:Kindle Unlimitedは英語学習に100%活用すべき|洋書を読み漁ろう!

JIN

Kindle Unlimitedは私も日々愛用しています!

\ 和書・洋書200万冊以上読み放題 /

※無料体験はいつでもキャンセル可能

Speed Reading: Learn How to Read and Understand Faster in Just 2 hours

英文速読法 書籍2
内容・評価
概要段階を追って速読に関するヒントを紹介
オススメ度 (4.5) 
料金・コスパ (5.0) ※Kindle Unlimitedの読み放題対象
対象英文速読のテクニックをサクッと読みたい方
期待できる効果少し違った視点で速読テクニックを習得

最後に紹介するのはAmazonのSpeed Reading分野の中でベストセラーを獲得している鉄板の書籍。

アメリカ版のAmazon.comにてベストセラーを獲得している書籍なので、間違いないです。

長い本ではないので、サクッと読めるのが非常にオススメ。

先ほどの書籍同様、Kindle Unlimitedに加入すれば無料で読めます。

関連記事:Kindle Unlimitedは英語学習に100%活用すべき|洋書を読み漁ろう!

\ 和書・洋書200万冊以上読み放題 /

※無料体験はいつでもキャンセル可能

関連記事:英検1級の解決策!合格した私がおすすめしたいイチオシの参考書・問題集18選

本気で一発合格を目指している人向けの英検1級完全攻略ガイド

総合的に1級を対策できるオンライン英会話がない…どうすればいい?

ELT英会話

オンライン英会話で試験対策を行う人も多いかと思いますが、英検1級に限って言えば対策を提供しているオンライン英会話はほとんどありません。

1級レッスンがない理由
  • 受験者数が他の級より少なくニーズが小さいため
  • レベルが高く非ネイティブ講師の場合レッスンを行えない可能性があるため
  • 合格者が一握りなので教え方を知っている人が少ないため

実際準1級まで英検対策レッスンを提供していた大手オンライン英会話サービスもすべて準1級止まりで、1級レッスンを提供しているサービスはほぼありません。

そこで私がオススメしたいオンライン英会話は、「多くの子どもを英検1級に合格させた実績」がある完全オーダーメイド授業を行うネイティブオンライン英会話サービス、ELT英会話です。

ELT英会話 英検1級

ELT英会話は、今でも実際に継続受講しているので、少しだけ中身を紹介しておきますね!

ELT英会話をオススメすすめする理由
  • 資格持ちのイギリス人に直接担任として教えてもらえる
  • 的を絞った的確な指導で効率的に合格を目指せる
  • 私は今まで気にもしなかった細かいところまでしっかりと気づいて、正しい方向性で対策できるようになった

結論、ここまで継続受講してきて、まったく後悔はありませんし、本会員になる前に見えなかったこともたくさん見えてきました。

現在、ケンブリッジ英検CPEの合格を目指して、ケンブリッジ英検試験官のベテラン講師、ローラ先生にオーダーメイドカリキュラムの担任制(レッスン時間固定)で教えてもらっています。

ELT英会話 受講
JIN

独学でやっていた時に気づけなかったことをたくさん気づかせて貰えたのが、結論もっとも大きなメリットです

自分ではまったく気にもしなかった基礎固めから解答テクニック、対策法まですべて教えてくれます。

ELT英会話-edmodo

レッスン外でもEdmodoという教育向けプラットフォームで、練習問題や読んでおくべき資料などを送ってくれますし、質問があればいつでもそこで回答してくれます。

ELT英会話 ケンブリッジ英検

宿題に関しても、私の生活に合わせて仕事が忙しいときは少な目、ガッツリやりたいときには多めに出してくれるのでタイムマネジメントも非常にやりやすいと感じます。

elt cambridge

試験対策の場合、スピーキングだけでなくライティング、リスニング、リーディングとオールインワンで総合対策。

リーディングテクニックやリスニングテクニック、すべて教えてもらっています。

さらに、私が実際に利用しているということもあり、当サイト「ライフタイムラーナー」限定割引キャンペーンを実施しています!

当サイト限定割引!

私も実際に継続利用しているELT英会話では、「ライフタイムラーナーを見ました」と無料体験申し込み時にお伝えするだけで、当サイト読者様限定で初月20%割引を受けることができます!

割引条件

  1. 無料体験レッスンお申し込み時フォーム【その他ご要望】箇所に「ライフタイムラーナーを見ました」と入力
  2. 初月20%OFFはおひとり様に対して一度のみの対象
  3. ご入会後、最低2ヶ月ご利用の方限定
  4. 割引適用の場合、プラン変更はご入会から3ヶ月目以降より可能
  5. 月額プランのみ利用可能
  6. 割引を希望した場合でも、無料体験後の入会義務は一切ありません

\ 35年以上ロンドンで語学学校を運営 /

※無料体験にクレジットカード入力不要

当サイト限定割引の詳細はコチラ

ELT英会話の受講レビュー記事はコチラ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる