準2級対策

【英検準2級対策】元講師がおすすめしたい勉強方法と最低限必要な対策本3選

2019年6月17日

英検準2級 対策 勉強方法 対策本

こんにちは、数多くの子供たちに英検準2級を指導して合格させてきた英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証

  • 英検準2級に合格する為にはどんな勉強をしたらいいですか?
  • どんな対策本がおすすめですか?
  • 対策する上で気を付けるべき事は何ですか?

講師時代によく聞かれた質問です。

誰しもが一発で合格したいと思っているかと思いますが、実際とりあえずなんとなく問題集を買って解いてみるだけという方も多いです。

しかし適当に問題集を解いているだけでは効果がありません。

もちろん私も英語が全くできなかった頃はそのような経験が嫌な程あります。

「でもどうやって勉強、対策をしたらいいのか分からない」

今回はそんな悩みを持つ方々のために元英語講師の私が「効果的に合格に直結するような英検準2級おすすめ勉強法」を紹介していきます!

今日の記事内容

  • 英検準2級合格の為に単語学習が一番大事な理由
  • 単語対策におすすめの単語帳
  • おすすめの単語の覚え方
  • 問題集や過去問を使った対策勉強法

この記事を読むメリット

  • 英検準2級指導経験のある元講師が考える勉強方法
  • 必要な問題集や教材が分かる
  • 英検準2級の合格に近づける

本気で英検準2級に一発合格を目指したい方はこちらの完全攻略ガイドからお読みください!

さらに詳しく

エリカ先生
英検専門のエリカです、今日は私と一緒に英検準2級に一発合格するための勉強法を学んでいきましょう!
よろしくお願いします!
アオイちゃん
  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク

 

 

英検準2級の勉強で最優先すべきは単語学習

スポンサーリンク

英検では単語学習が一番重要

常々言っていますが、英検各級レベルの単語力が無いという事はその級に落ちるという事を意味していると真剣に思っています。

筆記試験もリスニング試験も、もっと言うならライティング試験も全て単語が絡んできます。

もちろん文法なども全ての試験で必要ですが、単語と比べると重要度が桁違いです、筆記試験の中には単語だけに特化した語彙問題なんて言うのもありますからね。

  • 英検準2級レベルの単語力がない=英検準2級に受からない
  • 英検準2級レベルの単語力がない=過去問も満足に解けない
  • 英検準2級レベルの単語力がない=英検準2級の実践的対策ができない

このような考えです。

つまり単語をまず最初に取り掛からないと他の実践的な対策も満足に、そして効果的にこなすことができないのです。

単語学習対策で使うべきたった1冊の本

私も英検1級まで取得しましたが、この本は合格するために無くてはならない存在だと胸を張って言えます。

むしろこの本なしで受かった人ってどうやって単語勉強したの?とすら思います。

この本の凄いところは過去のデータが凄く分析されていて正確なところ、パス単で重要、頻出とされている単語は本番でもたくさん出てきます。

英検準2級の単語勉強をするならこの本がナンバーワンです。

エリカ先生
英検学習においてこの単語帳は必須中の必須よ、必ず手に入れるようにしてくださいね

スポンサーリンク

英検準2級受験者におすすめの英単語の覚え方

英検準2級レベルとなると受験者の方はほとんど中学生か高校生以上になるでしょう。

中学生以上であれば私が英検1級取得し、累計15,000語を覚えた単語カードもしくは暗記アプリを使った単語学習を強くお勧めします。

ノートに書いたり、暗記シートを使ったり、単語帳をただ眺めているだけではだめです。

なぜそのような覚え方がダメな覚え方なのか、そして私がずっと実践してきて累計約15,000単語を覚えた英単語の覚え方はこちらの記事で紹介しています、ぜひ参考程度でもいいので見ていってください!

さらに詳しく

いつまで単語学習のみをするべきか

もちろん本番までずっと単語学習ばかりしていては英検準2級に合格できるとは言えません。

「英検準2級レベルの単語力がない=英検準2級に合格できない」ですが「英検準2級レベルの単語力がある≠英検準2級に合格できる」という図式ではありません。

英検準2級試験の傾向を掴んで、実戦形式のトレーニングを積むことも合格の為には必要です。

「どこまで単語学習のみを続けていくべきなのか」

私は単語学習の次は過去問の前に予想問題ドリルを解くことを推奨しています、ではドリルにはいつ行く事ができるのか?

ズバリ言うのであれば「最低でもパス単に載っている単語の5~6割覚えてから」です。

5割~6割なんて多すぎる!と思う方もいるかもしれませんが、パス単に載っている5割~6割というのはもう既にあなたが知っている単語も含まれているので、一から5割、6割まで覚えろ、という訳ではありません。

さらにパス単の最初の方のページはかなり基礎的な単語が載っているので、そこまで困難ではありません。

もっと詳しく合格までも道のり、学習プランを知りたい方の為に私が推奨する受験から逆算して3ヶ月スパンで合格を目指す3ヶ月計画をこちらの記事ですべて公開していますのでぜひ参考程度にご覧ください。

さらに詳しく

問題集もしくは過去問で実践練習を積む

単語学習→問題集→過去問が理想的

  1. パス単での単語学習
  2. 問題集で練習
  3. 過去問で追い込み

この順序が一番効果的です。

パス単を5割、6割終えた時点で次のステップである2に進む事ができます。

しかし、試験まで日にちがあまりない、思うように時間が取れない、という方は2を飛ばして3に飛んでも構いません(もちろんステップ2を踏んだに越したことはありませんが)

それはなぜかと言えば問題集での練習よりも過去問での学習の方が重要だからです。

いくら出題形式が似ていると言っても問題集の多くは実際の問題よりもレベルが易し目に作られているケースが多く、問題集で出来ても実際のテストではそれほど…という事もあるからです。

英検準2級におすすめの過去問と問題集

英検準2級 過去6回全問題集


英検だけでなくどんな試験でもそうですがやはり過去問を使って傾向や内容を掴んだり、スピード感に慣れる事は非常に大切です。

大学受験をする人はセンター試験の過去問を必ず事前に解きますよね?高校受験をする人は必ず事前に過去問を解きますよね?英検もそれと全く同じです。

問題集と過去問は別物と考えてください。

過去問を事前に解いておかないと本番で予期しないアクシデントが発生する確率も高まります。

そして過去問を事前にこなしておけば冷静にいつも通りの力を発揮できます。

こういう一発勝負のテストではそもそもいつも通りの能力を出せない場合も結構あるので、冷静にいつも通りこなすというのは非常に大切なのです。

過去問を解く際は必ず答え合わせをしっかりやって、解説を見ながら

  • どこで間違えたのか
  • なんで間違えたのか
  • どうすれば正解する事ができたのか
  • 分からなかった単語や熟語はあったのか

このような項目をチェックしてください、マルバツ付けているだけでは意味がありません。

エリカ先生
英検に限らず、資格テストというのは過去問の研究によって大きな勉強成果が得られます、とにかく過去問を研究しましょう

7日間完成 英検準2級予想問題ドリル

こちらは過去問に取り組む前にまず取り組んでみるべき英検準2級のドリルです。

つまりこれを過去問の前にやる事で、よりスムーズに無理なく実践に近い状況に持っていく事ができるのです。

そしてそして!最近気づいたのですが私が推奨する英検準2級用の教材3冊のセットがお得パックでネット販売されていることに気づきました!

ぜひ私の推奨する方法で、本を使って計画的に英検準2級合格を目指したいという方は3冊セットでご購入されるとよりお得です。


2020年版 【英検準2級】 でる順パス単 + 7日間完成 予想問題ドリル + 過去6回全問題集 3冊セット

英検準2級合格に向けた過去問や問題集を使った正しい勉強方法

答え合わせは必ずしっかりとやろう

過去問や問題集をせっかく買っても問題を解いて、丸付けをしてやった気になった終わりにしてはダメです。

せっかく買ったのにもったいない!

過去問を解くときは

  • 普通に解く
  • 丸付けをする
  • どこで、どうして、どんな経緯で間違えたのか、知らなかった単語を割り出す
  • どうすればよかったのかを考える、知らなかった単語は覚えなおす
  • 一定期間を空けてもう一度同じ問題の2週目をする

少なくともこれくらいするべきです。

そうする事で知らなかった新しい事も過去問から学べますし、今後同じシチュエーションでどのように対処すればいいのか分かります。

隅から隅まで使うというのはこういう事で、無駄にしないようにしましょう。

英検準2級合格を目指すために私がおすすめする教材や本を厳選してこちらの記事でまとめましたのでぜひどうぞ。

さらに詳しく

過去問を解くときは時間を測る

過去問をやる時には本番にタイマーを合わせて解いていくと本番でのペース配分などに慣れていく事ができます。

ペース配分が分からないと時間切れになって解けなかった問題があるなんてよくある事です。

英検準2級の各テスト時間や問題数はこちらの記事で紹介しています。

【英検準2級テスト内容】配点・問題の特徴・試験時間など元講師が解説

本番まで1週間でも何もやってない、どうする??

物事を先回しにしてしまいがちな人にとっては本番の1週間前に何もやっていない、どうしよう!?という状況に陥る可能性は否定できません。

実際にも私も学生時代はかなり物事を先回しにして忘れてしまいがちな人間だったからです。

そんな状況で勝手に諦めたり、自分を責めたり自己嫌悪には陥らないでください、まだ1週間あるのです、出来る事をやりましょう。

反省は必ずすべきです、でも反省すべき時は本番1週間前ではなく英検準2級の合否が出た後に猛省してください。

1週間でやれることはたくさんあります。

何もやらずに合格できる確率がその時点で5%なら1週間頑張ってそれを10%まで上げる努力をしましょう。

1週間前まで何もやらなかった人用に応急処置の方法を記事にしましたので、切羽詰まってる方は自己嫌悪に陥る前に必ず見てください。

さらに詳しく

本気で一発合格を狙う人にのみにおすすめの「英検ネットドリル」

本気で一発合格を狙っている方に私がおすすめしたいのがこのサイトでも至るところでおすすめしている旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ記事を読んでからご検討ください。

英検ネットドリルのメリット

  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能

本気の人だけにおすすめ

英検ネットドリル

安心の旺文社教材

効率的で身になる対策

便利なデジタル機能

9

機能

9

学習効率

6

値段

8

総合評価

今日のおさらい

  • まず英検準2級用パス単を5割、6割終えるまでは単語学習一本
  • その次に問題集、そして過去問で追い込み
  • 問題集や過去問の答え合わせはきっちりやる、やらなきゃ意味がない
  • 過去問を解くときは時間を測る







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-準2級対策

© 2020 ライフタイムラーナー