元講師がオンライン英会話を20社以上受講して比較!➡

IELTSスピーキングで沈黙は最悪の選択!決定的な理由と時間稼ぎフレーズを紹介

IELTSスピーキング フレーズ 時間稼ぎ 沈黙 スコアアップ

こんにちは、当時偏差値40の高校に通っていた18歳の頃に、3ヶ月でIELTSのスコアを4.5から6.5まで伸ばしイギリスの大学を卒業した、ライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

IELTS スコア
※高校3年生だった頃のスコア証明書です
JIN

IELTSではとにかくネイティブスピーカーっぽい面を存分に見せつけましょう

この記事のまとめ

IELTSを4か月の独学で4.5から6.5にあげ、イギリスの大学に入学して卒業した筆者がIELTSのスピーキングで沈黙が最悪な理由を徹底解説!

沈黙を回避するための時間稼ぎフレーズから、スピーキングスコアアップの小技や豆知識などをまとめてご紹介します。

IELTSのSpeakingがどうしても上がらない方はぜひ読んでほしい内容です。

  • IELTSスピーキングで黙ってしまう…どうすればいいんですか?
  • IELTS スピーキングでどうにかして時間を稼ぎたいです…
  • 緊張してスピーキング試験でスムーズに言葉が出てこないです…

今回はこのような質問にすべて解答します。

結論からいうと「流暢さ」が評価項目として明確に記載されているIELTSで「沈黙」という行動は考え得る中でもっとも避けるべき行動です。

IELTSでは「ネイティブっぽく」というのが重要視されています。

ネイティブレベルというわけではなく、あくまで自然かつスムーズに言葉が出てくるような状況です。

本記事ではイギリスの大学を卒業した筆者がそんな最悪の「沈黙」を避けるための考え方やフレーズをまとめて解説します。

この記事を読むメリット
  • 沈黙がどれほど致命的なのかわかる
  • 沈黙を避ける方法や考え方を理解できる
  • IELTSスピーキングで使えるフレーズ大量公開
アオイちゃん

ネイティブっぽく話すってどういうこと?

JIN

ネイティブと同じように喋るのはもちろんムリだよね、でも間合いとか相づちとかネイティブっぽいリズムや語彙みたいな感じだね

初受験の方はぜひIELTS対策完全ガイドからご覧ください

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



IELTSスピーキングでは絶対に沈黙すべきでない決定的な理由

IELTSスピーキング 沈黙

スピーキングに苦手意識をもつ日本人は多いです。

しかし、IELTSスピーキングでより高いスコアを得るためには、沈黙は避けなければなりません。

決定的な理由
  • IELTSでは「流暢さ」が非常に重要な評価ポイント
  • スムーズにそれっぽく話すだけでも評価は入る
  • 沈黙することが考えられる上でもっとも最悪な選択肢

要は自分では質問内容を理解していたとしても、黙り込んでしまったら「答えられない」「英語が出てこない」とみなされてしまいます。

ただ、ネイティブレベルで喋れなければいけないワケではありません。

いくつかのフレーズを使い慣れておくと、いかにもネイティブっぽく、それっぽく話しているように聞こえます。

スピーキングテストの評価ポイントをしっかりと抑えて対策をしておけば、より高いスコアを狙うことが可能。

ここからは、IELTSのスピーキングテストで、沈黙を作らずにスムーズに話しをすすめるためのコツとフレーズについてお話しをします。

JIN

評価ポイントや日常的に間違いなく使えるフレーズをご紹介しますので、しっかりと覚えて活用してみましょう!

ネイティブスピーカーは沈黙しない

みなさんが日本語で話している時はどうでしょうか?

ロボットと話しているように質問→答えだけのやりとりではないですよね。

日常会話の中で答えに困ったり、考えている時には「う~ん」「え~っと」「ん~そうですねぇ」などの言葉を使うことが多いと思いと思います。

人間ですからすぐに質問の答えがでてこないこともあるでしょう。

しかしネイティブスピーカーっぽく話すためには、そんな時でも沈黙をしてはいけません。

スピーキングテスト中に沈黙になると、自分でも「どうしよう」と焦ってしまい余計言葉が出てこなくなってしまいます。

JIN

単語力があまりない、流暢に話せる自信がないという人でも、沈黙をなくし自然に会話を繋げられることによりある程度評価されます

IELTSスピーキングテスト4つの評価基準

IELTSスピーキングでは、4つの評価ポイントを試験官がチェックしています。

この中にもある通り、”Fluency and coherence”は重要な評価ポイントのひとつです。

JIN

ここでは、たとえば 海外で多くの大学が求めている「スコア6~6.5」がどの程度かを説明します

評価項目内容
Fluency and coherence 
流暢さと一貫性
  • 繰り返し、言い直しをしたり、ためらうこともある
  • 一貫性を失うこともあるが、すすんで詳細に話す
  • さまざまな連結詞や対話標識を使用できるが、誤って使うこともある
Lexical resource 
語彙力
  • テーマについて詳細に説明できる幅広い語彙力がある
  • 不適切な場合でも意味を明確にすることができる
  • おおむね正しく言い換えができる
Grammatical range and accuracy 
文法力と正確さ
  • 柔軟性に欠けるが、簡単な構文と複雑な構文の両方を使用できる
  • 複雑な構文では間違いも多いが、理解にはほとんど支障がでない
Pronunciation 
発音
  • 幅広い発音の特性を使用できるが、コントロールが安定しないこともある
  • 特性を効果的に使用できる場合もあるが、一定していない
  • おおむね理解しやすいが、発音の間違いや不明瞭な音が混じる
IELTS公式サイトを基に作成

発音、文法、単語力はもちろんのこと、「止まらずにスムーズに会話ができる」という点にも意識をして練習をしましょう。

JIN

言い換えるなら安定感が必要です

沈黙ではなく正直な気持ちを英語で伝えよう

テスト中に緊張して、頭が真っ白になってしまった。

エレナ先生

I’m sorry. I am very nervous today and my mind just went blank.

ん~、そんなことあんまり考えたことがない。

リンジー先生

hmm….to be honest with you, I’ve never thought about that before.

説明するのが難しいなぁ、どうやって説明しようかなぁ。

ジェームズ先生

hmm…..It is difficult to explain that. How I can say…

こんなふうに思ったら、正直に気持ちを話してしまいましょう。

JIN

黙り込んでまったく評価されないより、英語で気持ちを表現できる点が評価されます

流れを意識する為に時には回答は作り出しても良い

IELTSスピーキングテストでは、質問数は多くありません。

しかし、トピックにはあまり普段考えたことがないようなものもあるために、中には想像や作り話しで回答を作り出す必要がある質問にもあたるでしょう。

そんな時は、回答の内容が「自分が本当に心からそう思っていなくてもよい」のです。

極端な例ですが、「タバコが健康におよぼす影響についてどう思いますか?」という質問をされたとします。

本当はタバコはやめた方がいいと思っていたとしても、普段の自分の考えとは異なる回答をしても問題ありません。

JIN

「体には悪いですが、ムリをしてやめなくてもよいと思います、なぜなら~」と理論的にスムーズに話しをすすめられるのであれば、自分が回答を作りやすい流れをつくればよいのです

IELTSスピーキング試験の時間稼ぎに使える便利フレーズ

IELTSスピーキング 時間稼ぎ フレーズ

では、IELTSスピーキングの評価基準のひとつ”Fluency and coherence”’の対話標識についてお話しをします。

対話標識とは、自然に会話をつなげて流れをつくり、理論的に組み立てるために使う言葉のことです。

これらの対話標識が使えるようになると、よりネイティブっぽいスムーズな話し方ができるようになります。

また、時間稼ぎができるだけでなく、沈黙を防げるのでテスト中の気持ちの余裕にもつながります。

JIN

次に使えるフレーズをご紹介しますので、ぜひIELTSスピーキングの練習で活用してみましょう

Well…/ Hmm…

「う~ん」「え~っと」「そうだな~」にあたります。文頭につけて、考える時によく使えるフレーズです。

スピーキング試験で答えがなかなか出てこない時に、時間稼ぎ使えます。

JIN

とても短く簡単なので、まずはこれから使っていきましょう

Oh

文頭につけて使い、「あ、そうだ」「そういえば」にあたり、考えが思いついた場合に使います。

(小学生が自分用の携帯電話をもつことについてどう思いますか?)

Well…..Oh, in my opinion having an own cell-phone has to be under parents supervision, because there are many risks that I can think of for young children. For example ~

((答えに悩む)えぇ~っと、そうだ、小学生が携帯電話をもつなら親の監視下である必要があると思います。なぜなら、小さな子どもにはたくさんのリスクがあると考えられるからです、たとえば ~)

JIN

このようにWell…でつないでいる間に答えを考え、その直後にOhで続けます

Hmmm how can I say it…?/ How should I say it?

「何て言ったらいいんだろう」という意味です。

自問自答する時やどうやって説明したらよいか迷った時に使えます。

Hmmmm how can I say it….? For example, ~.

JIN

なんて言ったらいいだろう…たとえば ~のように使うと、説明に困った時に例を出しながら話すと、伝わりやすいです

Let me see/ Let’s see…

「そうだなぁ」「少し考えてみよう」「どうだろう」という意味にあたります。

答えを考えている、何か調べたりする時、答えがいくつかあって選ぶために考えたいという時にも使えます。

JIN

IELTSスピーキングでは、「そうですね…」の意味で使うことが多いです

Just a moment,

「少し待ってください」の意味です。

Just a moment please, let me think what would be the best.(少し待ってください。何が一番いいか考えます)

I mean…

「その~」「私が言った意味は」「私が言おうとしたことは」などの時に使います。

直前に話したことが伝わりずらかったかな?と思った時に言いかえる際にも、I meanをつけてから話すと、会話の前後の繋がりがつきます。

That’s a good question. / That’s an interesting point.

直訳すると「いい質問ですね」という意味になり、日本語にすると少し上から目線な感じがするかもしれません。

しかし、英語で使う時は、「それはいいところをついてきたなぁ」「おもしろいことを聞かれたなぁ」という意味で使われます。

JIN

予期せぬ質問をされた時に、おどろきの表情と一緒に使ってみましょう

That’s a good question. (いい質問ですねぇ!)
I’ve never thought about it…, but….(今まで考えたことがありませんでした…しかし~)

このように続けると、沈黙にならずに時間も稼げる上に自然に会話を続けられます。

Did you mean….? / Are you asking me…?

質問の意味がいまいち分からなく、聞き返す時に使えるフレーズです。

「質問の意味はこういうことですか?」と自分の理解で聞き返し、質問をよりしっかりと理解した上で回答できます。

JIN

質問の内容があいまいで困った時は、恐れずに聞き返しましょう

【パートごとにまとめ】IELTSスピーキングテストで使える便利なフレーズ

IELTSスピーキング フレーズ おすすめ

IELTSスピーキングには、3つのパートごとに戦略を立てて準備をしましょう。

同じ意味でも複数の言い回しを覚えておくと、試験官にもアピールができます。

JIN

会話の中にこれらのフレーズを取り込むことは、スコアアップにつながりますので、どんどん使っていきましょう

パート1で使える便利フレーズ

パート1では、自分自身、家族、故郷など日常会話や身の回りに関することが多く聞かれます。

回答は2~3文の短いもので問題ありません。

理由や意見、詳細、将来の希望も付け加えることにより、表現力や語彙力をアピールできます。

現在や未来について話す時
  • I am currently working as~(私は現在~として働いています)
  • I am hoping to be~(~になりたいと思っています)
  • I am planning on~(~する予定です)
  • When I graduate from my university, I would like to work as a ~.(大学を卒業したら~として働きたいです)
過去について話す時
  • When I was younger(若い頃、子どもの頃)
  • I used to~(~をしていました)
  • Back in my school days,(学生の頃は)
聞き取れなかった時
  • Could you please say it again?(もう一度言っていただけませんか?)
  • I’m sorry I couldn’t catch what you just said.(申し訳ありません、聞き取れませんでした)
  • Would you mind repeating the question?(もう一度質問を繰り返して頂いてもよろしいですか?)

パート2で使える便利フレーズ

パート2は、与えられたトピックに1分間で何を話すか考えてメモをし、2分間は一方的に話しをし続ける必要があります。

試験で渡されるカードにトピックや含めるべきポイントの記載があるので、メモの時間で話しの流れを考えます。

  • 導入
  • 理由
  • 希望
  • まとめ

このように、話すポイントを含めた構成を作りメモをしましょう。

それでは、順番にフレーズを説明します。

導入に使えるフレーズ

まずは最初に何について話すのかや、意見を伝えましょう。

結論や要点を先に伝えることで、何について話をするのかが聞き手に伝わりやすくなります。

内容や結論に使えるフレーズ
  • I’m going to talk about~(これから~について話します)
  • I am going straight to the point.(さっそく本題に入ります)
  • To get straight to the point,(単刀直入にいうと…)
意見をいう時
  • In my opinion(私の意見では)
  • I feel that~(~と感じます)
  • I would say~(~だと思います、I thinkより控えめ)
  • I suppose~(~だと思います、I thinkより不確か)
  • In my case(私の場合)
  • From my point of view(私の見解では)
  • I personally think that~(個人的には~と思います)
  • Based on my experience(私の経験では)

理由に使えるフレーズ

  • Yes/ No, because….(はい/いいえ、なぜなら…)
  • The reason why~(~の理由は)
  • Due to~(~により)
  • Since~(~なので)
  • There are 3 reasons for that.(それには3つ理由があります)
  • One of the reasons that~ is…(~である理由のひとつは…)

例の説明に使えるフレーズ

  • For example,(たとえば )
  • For an instance,(たとえば )
  • This is one example that I can tell you.(これが今言える例のひとつです)

希望の説明に使えるフレーズ

  • I hope that~(~であることを願います)
  • I want~
  • I’m look forward to ~ing(~であることを楽しみにしています)

結論・まとめに使えるフレーズ

  • So, to sum up(では、まとめると)
  • To make a long story short,(手短に説明すると)
  • In conclusion(結論としては)
  • Anyway, to get to the point(何はともあれ、結論をいうと)
  • In short,(簡潔にいうと)
  • Let me summarize(まとめさせてください)
  • So, that’s why(なので、だからこそ)

パート3で使える便利フレーズ

パート3では、パート2のトピックをさらに掘り下げた質問をされます。

ディスカッション形式で自分の意見を述べます。

JIN

パート1、2でご紹介したフレーズももちろん使えますので、組み合わせて答えが単調にならないようにしましょう

ポジティブな意見をいう時のフレーズ

  • I really like~(~が本当に気に入っています)
  • I totally love to~(本当に~したいです)
  • I can’t wait to~(~が待ちきれません)
  • Luckily,(幸運なことに)
  • Fortunately,(幸運なことに)
  • I’d recommend~(~をオススメします)

ネガティブな意見をいう時のフレーズ

  • I don’t think~(私は~と思いません)
  • Unfortunately,(残念ながら)
  • I’m afraid to say(残念ながら)
  • I don’t really like to say this, but…(あまりこんなことは言いたくないのですが…)
  • Not really(そうでもないです)

傾向を伝えるフレーズ

  • It is likely that~(~になる可能性が高い)
  • It seems to me that~(私には~のように思える)

一度話したことを言い換えて説明するためのフレーズ

  • In other words(言い換えると)
  • I mean(つまり)
  • What I mean is(私が言いたかったのは)
  • What I’m trying to say is(私が言おうとしているのは)

2つの異なる意見を説明するフレーズ

  • On the other hand,(一方では)
  • however at the same time(しかし同時に)
  • but then(しかしそうはいっても)
  • whereas(ところが)

このようなフレーズを練習する機会がない…どうすればいい?

上記のような便利フレーズを知ったからと言ってスコアがアップするかと言えばまったくそうではありません。

言いたくはありませんがこれが現実です。

フレーズを適切に練習してこそネイティブっぽさを身につけられる

ただ今の時代、私がIELTSを勉強していた頃と比べるとかなり便利になりました、とくに安く手軽にIELTSをインターネット上で勉強できるという点では活用しない手はありません。

IELTS対策にオススメのオンライン英会話ランキング

IELTS オンライン英会話 スピーキング

IELTSというテストは、実践的なスピーキングやライティングが求められる、英検やTOEICとはまったく異なるテストです。

  • ライティングやスピーキングのアウトプット技能は練習に必ず相手が必要
  • ライティングはとくに添削やフィードバック以外の上達方法はほぼない
  • スピーキングは場数を踏んで慣れることが非常に大切

現代で最も手軽かつ安く、IELTSのスピーキングとライティングを同時に鍛えられるのがオンライン英会話なのは事実です。

そこでド素人からIELTSを猛勉強した経験があり、元オンライン英会話講師でもある私が、IELTS向けに特化してオンライン英会話ランキングを作りました。

スクロールできます
ランキング 1位 2位 3位4位5位
サービス名ELT英会話
ELT Shool of english logo
ベストティーチャー
Best teacher logo
スパトレ
Supatore logo
キャンブリー
Cambly logo
ユニバーサルスピーキング
Universal speaking logo
おすすめ度 (5.0) (4.5) (4.5) (4.0) (4.0)
無料体験レッスン1回レッスン1回7日間レッスン1回1000円相当
値段月額 14,300円~月額 16,500円(資格対策コース)月額 4,900円~月額 3,190円~月額 3,300円~
講師有資格イギリス人のみネイティブ含む世界50ヶ国以上非ネイティブネイティブのみフィリピン人、カナダ人、フィリピン人
IELTSの専門性
ポイントIELTS試験官が在籍!ライティング指導がイイ!安さを求めるならココ!ネイティブオンリーの人気オンライン英会話単発で使いやすいコイン制
サービス名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます

さらにサービスを選ぶ際に気をつけるべき点や、ランキング外のIELTSサービスを提供しているオンライン英会話については、コチラの記事で詳しく解説しています。

IELTS向けオンライン英会話完全ランキング記事はコチラ

ELT英会話は、今でも実際に継続受講しているので、少しだけ中身を紹介しておきますね!

結論、ここまで継続受講してきて、まったく後悔はありませんし、本会員になる前に見えなかったこともたくさん見えてきました。

私はIELTSと同じケンブリッジが主催する、ケンブリッジ英検CPEの合格を目指し、ケンブリッジ英検試験官のベテラン講師、ローラ先生にオーダーメイドカリキュラムの担任制(レッスン時間固定)で教えてもらっています。

ELT英会話 受講
ELT英会話をオススメすすめする理由
  • 資格持ちのイギリス人に直接担任として教えてもらえる
  • 的を絞った的確な指導で効率的に合格を目指せる
  • 私は今まで気にもしなかった細かいところまでしっかりと気づいて、正しい方向性で対策できるようになった
JIN

独学でやっていた時に気づけなかったことをたくさん気づかせて貰えたのが、結論もっとも大きなメリットです

自分ではまったく気にもしなかった基礎固めから解答テクニック、対策法まですべて教えてくれます。

ELT英会話-edmodo

レッスン外でもEdmodoという教育向けプラットフォームで、練習問題や読んでおくべき資料などを送ってくれますし、質問があればいつでもそこで回答してくれます。

ELT英会話 ケンブリッジ英検

宿題に関しても、私の生活に合わせて仕事が忙しいときは少な目、ガッツリやりたいときには多めに出してくれるのでタイムマネジメントも非常にやりやすいと感じます。

elt cambridge

ちなみに、資格対策の場合、スピーキングだけでなくライティング、リスニング、リーディングとオールインワンで総合対策。

リーディングテクニックやリスニングテクニック、すべて教えてもらっています

さらに、私も実際に利用しているということもあり、当サイト「ライフタイムラーナー」限定割引キャンペーンを実施しています!

当サイト限定割引!

私も実際に継続利用しているELT英会話では、「ライフタイムラーナーを見ました」と無料体験申し込み時にお伝えするだけで、当サイト読者様限定で初月20%割引を受けることができます!

割引条件

  1. 無料体験レッスンお申し込み時フォーム【その他ご要望】箇所に「ライフタイムラーナーを見ました」と入力
  2. 初月20%OFFはおひとり様に対して一度のみの対象
  3. ご入会後、最低2ヶ月ご利用の方限定
  4. 割引適用の場合、プラン変更はご入会から3ヶ月目以降より可能
  5. 月額プランのみ利用可能
  6. 割引を希望した場合でも、無料体験後の入会義務は一切ありません

\ 35年以上ロンドンで語学学校を運営 /

※無料体験にクレジットカード入力不要

当サイト限定割引の詳細はコチラ

ELT英会話の受講レビュー記事はコチラ

スクロールできます
ランキングサービス名値段無料体験オススメ度ひと言メモ
1位ELT英会話月額 14,300円~レッスン1回ロンドンの語学学校
2位ベストティーチャー月額 12,000円レッスン1回徹底したライティング指導
3位スパトレ月額 4,900円~7日間業界最安値
4位ステップフォワード月額 7,040円~レッスン1回マニラの語学学校
5位ユニバーサルスピーキング月額 3,300円~1000円相当コイン制
サービス名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる