元講師がオンライン英会話を20社以上受講して比較!➡

IELTSを受ける意味はある?実際に受験する私が解説する3つのメリット

IELTS メリット

こんにちは、当時偏差値40の高校に通っていた18歳の頃に4ヶ月でIELTSのスコアを4.5から6.5まで伸ばしイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

IELTS スコア
※高校3年生だった頃のスコア証明書です
JIN

結論、IELTSは留学や移住の際に使える質の高いテストです

この記事のまとめ

IELTSを4か月の独学で4.5から6.5にあげ、イギリスの大学に入学して卒業した筆者がIELTSを受験するメリットや意義を徹底解説!

どんな場面で使えるのか、どんな国で重宝されるのかなど網羅してお伝えします。

IELTS初心者の方には特に読んでほしい内容になっています。

IELTSはまだそこまで認知されていない英語試験です、自分が受けるべきなのか分からないというのは当然の悩みかと思います。

日本国内では英検やTOEICの方が圧倒的に知名度がありますし、最初はIELTSが一体なんの意味があるのか、受けるメリットが何なのか分からないでしょう。

私も最初はそんな事を思っていた一人でした、今回は自分が受けた事があるからこそ分かるIELTSのメリットやデメリットを解説していきます。

この記事を読むメリット
  • IELTSで得られるメリットを理解できる
  • 自分に合っているのか判断する事ができる
  • 受ける意味があるのか分かる
アオイちゃん

TOEICじゃあだめなんですか?

JIN

国内ではTOEICや英検のが使えるけど、海外では英検とTOEICは一切役に立たないよ

初受験の方はぜひIELTS対策完全ガイドからご覧ください

タップできる目次
プロフィール背景画像
JIN
ライフタイムラーナー管理人
1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。
元英語講師、英検1級、TOEIC930点、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



アイエルツ(IELTS)を受ける意味とメリット

まずはIELTSを受験するメリットについて簡単に解説していきます。

イギリスやオーストラリアの留学要件にIELTSがある場合が多い

  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ…etc

上記のような留学先でIELTSスコアが必要になる場合があります。

特に主に上記の国で語学学校ではなく、短大、専門学校、大学、大学院などに留学する場合IELTSの最低スコア要件が設けられている場合がよくあります。

例えばIELTSのスコア要件が6.0であれば「6.0以上の英語力を証明できない場合入学できません」というものです。

語学以外の事を目的としている留学なので一定以上の英語力がないと入れないというのは割と当たり前の事ですね。

つまりIELTSを受ける人のほとんどは留学に向けてスコア獲得を目指しています。

また、IELTSはジェネラルモジュールとアカデミックモジュールに分かれており、アカデミックモジュールは先述のように留学関係、ジェネラルモジュールは移民の英語力審査にも使われています。

関連記事:IELTSとはどんな英語テスト?目標の6.0以上のレベル・難易度を解説

関連記事:IELTSのアカデミックとジェネラルにはどこに違いがある?難易度は違う?

単純にIELTSというテストの質が高い

IELTSというテストは非常に質の高い英語試験でもあります。

移民の英語力審査に使われていたり、現地の大学などの学校入学要件にあるという事を考えるとその質が垣間見えるでしょう。

例えば日本で有名な英検やTOEICは海外ではほとんど使えない資格です。

ここで私が強調しておきたいメリットは「IELTSに向けて勉強する事で大きく英語力を伸ばす事ができる」という側面です。

皆さんも重々承知かと思いますが、IELTSに受験するから英語力が伸びる訳ではなく、IELTSに向けて勉強するから英語力が伸びるのです。

アオイちゃん

英会話やってるだけじゃダメなの?

JIN

試験対策で英語を学ぶ一番のメリットはまんべんなくバランスよく英語能力を鍛えられる点ですね

この内容は一部ポッドキャストでも放送しました

関連記事:知っておくべきIELTSのスコア目安・換算|初めての人が目標にすべきスコアは?

自分の英語力の進歩を可視化できる

級制度を取っている英検、リーディングとリスニングのみが基本のTOEICで自分の英語力の進歩を測る人もいるかと思います。

IELTSで測れるスキル
  • リーディング
  • リスニング
  • ライティング
  • スピーキング

すべて平等に進歩を確認する事ができます(それぞれの分野で採点が別れている為)

また、英検と比べるとライティングとスピーキングはより実践的なものになっているので、より正確な実用的英語力を測る事ができるのです。

唯一の欠点を挙げるのであれば受験料が高額だという事でしょうか…

アオイちゃん

なるほど!ちゃんとライティングが学べるのはいいね!

JIN

英検のライティングよりも本格的なものになっているよ!

私がIELTSを受けた理由

私が個人的にIELTSを受けた理由はたった一つ

「イギリスの大学に行く為に必要だったから」

当時英語力も全然なかった私が漠然として夢見た海外の大学に行くという目標、そんな時留学エージェントさんの方に伺ったところ「IELTSで最悪6.0、6.5は無いと厳しい」と言われた為です。

当時IELTS4.5レベルしかなかった(TOEFL換算)中4ヶ月必死で勉強した結果6.5を取ってイギリスの大学へ行くための一歩を踏み出せました。

初受験の方はぜひIELTS対策完全ガイドからご覧ください

IELTS対策におすすめのオンライン英会話ランキング

IELTS オンライン英会話 スピーキング

IELTSというテストは実践的なスピーキングやライティングが求められる英検やTOEICとは全く異なるテストです。

  • ライティングやスピーキングのアウトプット技能は練習に必ず相手が必要
  • ライティングはとくに添削やフィードバック以外の上達方法はほぼない
  • スピーキングは場数を踏んで慣れることが非常に大切

現代で最も手軽かつ安く、IELTSのスピーキングとライティングを同時に鍛えられるのはオンライン英会話なのは事実です。

そこでド素人からIELTSを猛勉強した経験があり、元オンライン英会話講師でもある私がIELTS向けに特化してオンライン英会話ランキングを作りました。

ランキング 1位 2位 3位4位5位
サービス名ELT英会話
ELT Shool of english logo
ベストティーチャー
Best teacher logo
スパトレ
Supatore logo
ステップフォワード
Stepforward logo
ユニバーサルスピーキング
Universal speaking logo
おすすめ度 (5.0) (4.5) (4.5) (4.0) (4.0)
無料体験レッスン1回レッスン1回7日間レッスン1回1000円相当
値段月額 14,300円~月額 16,500円(資格対策コース)月額 4,900円~月額 7,040円~月額 3,300円~
講師有資格イギリス人のみネイティブ含む世界50ヶ国以上非ネイティブ非ネイティブフィリピン人、カナダ人、フィリピン人
IELTSの専門性
ポイントIELTS試験官が在籍!ライティング指導がイイ!安さを求めるならココ!マニラの語学学校が運営単発で使いやすいコイン制
サービス名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます

さらにサービスを選ぶ際に気を付けるべき点や、ランキング外のIELTSサービスを提供しているオンライン英会話についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

IELTS向けオンライン英会話完全ランキング記事はコチラ

ランキングサービス名値段無料体験おすすめ度ひと言メモ
1位ELT英会話月額 14,300円~レッスン1回ロンドンの語学学校
2位ベストティーチャー月額 12,000円レッスン1回徹底したライティング指導
3位スパトレ月額 4,900円~7日間業界最安値
4位ステップフォワード月額 7,040円~レッスン1回マニラの語学学校
5位ユニバーサルスピーキング月額 3,300円~1000円相当コイン制
サービス名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる