IELTS

IELTSスピーキング対策にコツはある!スマートに6.0~6.5を狙う勉強法

2017年12月12日

 

こんにちは、当時偏差値40の高校に通っていた18歳の頃に4ヶ月でIELTSのスコアを4.5から6.5まで伸ばしイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

IELTS スコア

※高校3年生だった頃のスコア証明書です

 

悩みのタネ

  • IELTSスピーキングをちゃんと対策したいです、おすすめのオンライン英会話を教えてください
  • スピーキングはどのような基準で採点されているのかイマイチ分かりません
  • スピーキングになると急に聞き取れなくなります…どうすればいいですか?

 

今回はこのような質問にすべて解答します。

スピーキングに苦手意識を持っている人は多いのではないでしょうか?

 

その気持ち、痛いほど分かります…

  • スピーキングになると急にリスニングもできなくなる
  • 言いたいことが口から出てこない
  • 間違いを恐れてがんじがらめに…

 

でも心配しないでください、これはほとんどの人が通る道ですし、IELTSという試験のスピーキングに関しては対策すれば大丈夫です!

ただIELTSに特化した適切な対策をした場合に限ります。

 

「ただどう対策すればいいのか分からない…」

 

そんな方々のために今回の記事ではIELTSの規定スコアを取ってイギリスの大学に行った私がIELTSスピーキング対策で知っておくべきことをまとめて解説します。

 

※この記事で言うIELTSはIELTSアカデミックモジュールを指します、ジェネラルモジュールとの違いをまだ知らない人はぜひこちらの記事をご覧ください。

IELTSのアカデミックとジェネラルにはどこに違いがある?難易度は違う?

 

この記事を読むメリット

  • 実際にIELTSを受けてイギリスの大学を卒業した筆者の対策法を知る事ができる
  • スピーキングテストで抑えるべきポイントが分かる
  • 話が得意な人でなくても自信を持ってスピーキングを上達するコツを知れる

 

JIN
結論から言うとIELTSスピーキング対策の肝は「知識で固める」です

 

 

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク



アイエルツ(IELTS)スピーキング問題の試験時間・内容・特徴

IELTS スピーキング 問題

まずはIELTSスピーキングの概要と特徴を簡単に解説していきます。

 

IELTSスピーキングの特徴

 

セクション/大問 問題内容
パート1 自己紹介とインタビュー
パート2 特定テーマについてスピーチ
パート3 パート2のトピックに関する質疑応答

 

知っておきたい主な特徴

  • 試験時間:約13分(変動あり)
  • 対話式で柔軟性がある
  • 試験官は受験者の英語を見て試験を進める
  • 非常に英会話に近いハイクオリティな試験

 

IELTSのスピーキング試験は以下のような順番で行われます。

 

パート1(4分から5分)- 日常的な内容

 

  • 名前、職業、年齢、趣味、家族など幅広い日常トピックから質問
  • 自己紹介

 

パート2(約3分)- 特定のトピックに関するスピーチ

 

  • 与えられたトピックでフリースピーチ
  • 1分間準備の時間が与えられ、2分間でスピーチ
  • 1分間の準備の際はメモを取る事が可能
  • ちなみに私が受けた時のトピックは「あなたの公共交通機関に対する意見」でした

 

パート3(約4分から5分)- スピーチに対する質疑応答+ディスカッション

 

  • パート2で行ったスピーチトピックに関する質疑応答
  • 試験官と質問者の間でディベート形式で進行

 

JIN
対話以外でも一人で喋り切るスピーチ力が重要です

 

スピーキングの難易度・レベル

 

他のテストとは形式が全く違う為、申し訳ございませんが単純な比較はできません。

しかしフリースピーチがある分他のテストと比べるとかなりのスピーキング力が必要だなと肌感覚では感じます。

 

JIN
何度も言いますがIELTSのスピーキングは質という観点ではかなりハイクオリティな試験になっています

 

目次へ戻る

 

イギリスの大学を卒業した私がおすすめするIELTSスピーキング対策法

IELTS スピーキング 対策

 

次に経験者の私がおすすめしたいIELTSリスニングの対策方法を紹介します。

 

 

初心者はまず1冊日本語の教本を読もう

 

  • 初めてIELTSを受ける
  • まだ英語力があまりないと感じる
  • 1回受けたけどいいスコアが取れなかった

 

このような方々は問題集や過去問に入る前に必ず日本語で書かれた教本、攻略本を1冊読破される事を強く推奨します。

 

 

アイエルツ(IELTS)に関する知っておくべき情報が網羅されており、演習問題も付いています。

 

おすすめする理由としては、攻略本に載っている演習問題は本番と全く同じ形式で作られているものの、難易度が本番よりも低く設定されているからです。

初心者でも解けるようなレベルで本番さながらの形式を体験できるというのは初心者にとってメリットでしかないと考えます。

 

スピーキングが特に苦手!という方にはスピーキング専用の教本もあるのでおすすめです。

 

 

 

JIN
まずはIELTSという敵を熟知しましょう

 

スピーキング上達のコツは英語表現の引き出しを増やす事

 

スピーキングを上達させるためにネイティブと同じ思考回路を持っていたり、話し上手である必要はありません。

 

JIN
ここでは17歳に初めて英語を勉強し始めた私が英会話を上達させた思考回路を紹介します

 

ネイティブとは思考回路が違うことをまず理解

 

スピーキングが得意になるためには「自分が話し上手な人でなければならない」と考えてしまう人が非常に多いです。

 

  • おしゃべり
  • オチをいつでも上手く作れる話し上手
  • 笑いを取るのが得意

 

必ずしもこのような才能がある人たちだけが上手になれる訳ではありません。

上記の要素はプラスに働きますが、話下手な人でもスピーキングを上達させる事が出来ます。

 

私はイギリスの大学を卒業した今でも完全に無意識で英語で反応する事は出来ません、もちろんある程度無意識ですが完全ではないのです。

 

恐らく幼少期から2つの言語で育ってきた完璧なバイリンガルでなければ完全無意識で返答するのはかなりタフなのではというのが私の持論です。

 

JIN
そんな完璧なバイリンガルでない我々がどのようにして英語スピーキングを上達させる事が出来るかというと「会話の引き出しを増やす」という事です

 

会話で引き出しを引くという思考回路

 

引き出しを増やす、と言ってもなかなか分かりづらいかと思います。

 

例えば私の英語での思考回路を少し説明すると「相手の言葉に対する返答を脳内の引き出から適切な表現を引っ張り出して使う」という感覚です。

SiriやAlexaなどの人工知能ロボットに似た感覚かもしれません。

 

「こう言われたらこう返す」というテンプレートが無数に存在しており、そこから適切な物を引き出します。

 

JIN
相手に何かを言われて「何を言おう…」なんて考えていると会話のスピードに付いてずに会話が成立しなくなってしまいます

 

言い方を変えれば脳内のタンスの中の中身を増やす感覚です、みなさんも服を選ぶ際は時と場合に合わせて選びますよね。

英語も同じでスピーキングのテンプレートを持っていれば持っているだけ色々な状況に対処する事が出来ます。

 

そして服があればあるだけ組み合わせを変えて独自性を出せるようになります。

 

まずは知識で固めようというのが私の持論です。

 

JIN
この話は以前私が運営するポッドキャストで詳しく話しました!

 

 

IELTS用の引き出しを増やす事ができる1冊

 

今後英語を喋れるようになるためには、先ほど言ったように英会話で使われる無数のフレーズに慣れる必要があります。

 

しかし今回対峙するのはIELTSです。

つまりIELTSで活用できるフレーズを引き出しに入れる事が最も重要なステップとなります。

 

そこでおすすめの1冊がこちら!

 

 

主な特徴

  • IELTSスピーキングで問われるような内容を把握
  • IELTSスピーキングで役立つ情報網羅
  • 豊富な使える例文リスニングにも効果あり
  • 実践練習をする前に絶対におすすめしたい1冊

 

JIN
ぜひこの本に掲載されている「使える!」と思った例文を自分のモノにしてしまいましょう

 

 

スピーキングは実践練習が必須

 

ここまでは自分1人でできる勉強法を紹介してきましたが、やはりスピーキングは実践練習が必須です。

 

独り言もある程度の効果はありますが、質問する側が居なければ成立しませんし間違いを指摘してくれる人が居なければ大きな成長は見込めません。

スピーキングに関しては実戦で話して失敗しまくる!これに尽きます。

 

しかし実際のところ私はイギリスに行く前まで英語で話せるような知り合いは一人もいませんでした。

 

でも心配はいりません、現代はとても良い時代でインターネットとデバイスさえあればどこからでもネイティブとIELTSのスピーキング練習をする事が可能です。

 

JIN
ここで元オンライン英会話講師でもある私がIELTS対策にイチオシできるオンライン英会話ランキングトップ3を紹介します

 

【目からウロコ】お財布にやさしい最高のIELTSスピーキング対策はオンライン英会話

 

ここからは元オンライン英会話講師でもある私がIELTS対策にイチオシできるオンライン英会話ランキングトップ3+αを紹介します。

 

JIN
紹介する全サービスで私自身が実際に受講してレビューしています!

 

おすすめ度 値段 無料体験 特徴
ELT英会話

IELTS オンライン英会話 3

 

(5.0)

 

 

(3.5)

 

 

(4.5)

 

  • 元IELTS試験官在籍
  • イギリス人講師のみ
  • ロンドンにて35年の歴史
DMM英会話

 

(4.5)

 

 

(5.0)

 

 

(4.5)

 

  • 国内ナンバーワンオンライン英会話
  • リーズナブルな価格
  • 時間を問わずレッスン
キャンブリー

 

(4.5)

 

 

(4.0)

 

 

(3.0)

 

  • ワンタップで即時レッスン
  • ネイティブ講師のみ
  • IELTS対策コースあり
スパトレ

スパトレ ロゴ

 

(4.0)

 

 

(5.0)

 

 

(5.0)

 

  • 業界最安値
  • IELTS対策レッスンあり
  • 無料体験7日間

 

ELT英会話

 

内容・評価
概要 有資格のイギリス人講師のみ、元IELTS試験官も在籍のIELTS指導のプロ
おすすめ度 (5.0)
料金 月額 13,000円~
対象 中級者~上級者
期待できる効果 オーダーメイドレッスンで苦手を克服して大幅スコアアップ

 

JIN
IELTS対策の質で選ぶのであれば、私の知る限りELT英会話以上のオンライン英会話は存在しないと断言できます

 

メリット
  • 世界で一番IELTSの点の取り方を知っている試験官在籍
  • 講師は全員ロンドン在住かつ有資格のイギリス人
  • 1レッスン50分・担任制
  • 語学学校として35年以上の歴史
  • 無料体験はたっぷり40分
デメリット
  • 他と比較すると値段が高め
  • 本当の初心者には難しい
  • 24時間可能なレッスン体系ではない

 

現・元IELTS試験官が在籍している、かつ日本人サポートが充実したオンライン英会話は私が知る限りELT英会話以外にはありません。

 

実際に私もレッスンを受講しました。

一方で質や内容を見れば値段設定は納得以上ですが、他のオンライン英会話と比較すると高めの設定なのは否めません。

 

無料体験時には日本人カウンセラーの方と今後の目標や苦手分野、課題など細かく相談ができるので、まずは無料体験をしてみる事を私はおすすめします。

 

特におすすめできる人

  • 質にこだわってIELTSのスコアを効率的に大幅アップを狙っている
  • 安心できる間違いのないイギリス人講師に教えてもらいたい
  • 苦手分野や課題を徹底的に矯正してほしい

 

ちなみに代表者の方とは独占インタビューを行ったのですが、インタビューをした後に迷いなく私は入会をしました。

 

JIN
そんな私の心を1時間で動かしたインタビュー記事はこちらです

 

ELT英会話インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事
ELT英会話 独占インタビュー
代表者に聞く!ELT英会話が持つ唯一無二の強みとその起源|独占インタビュー

続きを見る

 

IELTS対策におすすめのオンライン英会話1位

ELT英会話

全講師有資格イギリス人

元IELTS試験官在籍

35年以上の歴史

10
IELTS対策
10
レッスンの質
6
値段
10
総合評価

 

私が実際に受講したレビュー記事はコチラ

関連記事
ELT英会話 評判 口コミ レビュー 評価
ELT英会話の評判は?実際に受講した私がIELTS対策で業界最高であると思う理由

 

DMM英会話

 

 

内容・評価
概要 24時間受講可能な国内トップのオンライン英会話サービス
おすすめ度 (4.5)
料金 月額 6,480円~
対象 初心者~中級者
期待できる効果 毎日コツコツ安くIELTSレッスンを行いスコアアップを狙う

 

JIN
初心者~中級者には特にDMM英会話はおすすめできます

 

メリット
  • 365日24時間いつでも自分の時間で毎日受講可能
  • 世界132カ国以上の講師(ネイティブを含める)を自分で選べる
  • IELTSレッスンあり
  • 他社と比べても安い価格設定
  • 他の類似サービスとは一線を画す圧倒的な実績と受賞歴
  • 2回無料体験レッスンが可能
デメリット
  • 講師のレベルにバラツキがある
  • 一番安いプランは非ネイティブプラン
  • 規模が大きいため人気講師や週末の予約が取りにくい

 

IELTS対策の質で選ぶのであれば先ほど紹介したELT英会話で間違いありませんが、初心者の方や値段を押さえたいという方におすすめできるのがDMM英会話になります。

 

非ネイティブコースであればかなり安く実戦経験を積めますし、何より毎日いつでも受講できるのが魅力です。

 

特におすすめできる人

  • 始めたばかりでまだ右も左も分からない初心者
  • コツコツとIELTSの勉強を毎日習慣化したい
  • レッスンの質も大事だけど値段も安くないと困る

 

IELTS対策におすすめのオンライン英会話2位

DMM英会話

24時間365日受講可能

比較的安いレッスンプラン

IELTSレッスンあり

6
IELTS対策
7
レッスンの質
9
値段
8
総合評価

 

私が実際に受講したレビュー記事はコチラ

関連記事
DMM英会話 おすすめ 体験 評価 感想
DMM英会話はおすすめ?元プロが実際に体験したリアルな感想と評価を公開

 

キャンブリー



 

内容・評価
概要 ネイティブ講師オンリーの大手オンライン英会話サービス
おすすめ度 (4.5)
料金 レッスン頻度により大幅に変動 ※要レビュー記事参照
対象 中級者
期待できる効果 ネイティブ講師と共にIELTSの対策を毎日行ってスコアアップを狙う

 

JIN
イメージ的には1位のELT英会話と2位のDMM英会話の中間の立ち位置です

 

メリット
  • 講師が全員ネイティブ
  • 24時間いつでもレッスン可能
  • 予約なしで即レッスン開始できる
  • 自動録画機能で簡単に復習ができる
  • IELTS対策カリキュラムあり
デメリット
  • 初心者にはハードルが高い
  • 他社大手サービスと比べるとやや値段が高い
  • 無料トライアルが短め

 

ネイティブと気軽に毎日レッスンをしたいユーザーにはキャンブリーがおすすめです。

 

IELTS対策カリキュラムを備えたコースも完備されているので、スピーキング強化にはもってこい!

 

無料体験レッスンがたった15分なのが少し残念ではあります。

 

特におすすめできる人

  • ネイティブレッスンは必須事項
  • 気軽にいつでもレッスンをしたい
  • ネイティブから貪欲にスキルを盗みたい

 

IELTS対策におすすめのオンライン英会話3位

キャンブリー

ネイティブ講師のみ

IELTSコースあり

24時間365日レッスン可能

8
IELTS対策
7
レッスンの質
7
値段
7
総合評価

 

私が実際に受講したレビュー記事はコチラ

関連記事
Cambly キャンブリー 値段 価格 レビュー 口コミ 評判 評価
Camblyの値段はいくら?評判のオンライン英会話を実際に体験してみた

 

【番外編】スパトレ

 

内容・評価
概要 業界最安値!月額2,980円~毎日レッスン受講可能のオンライン英会話
おすすめ度/重要度 (4.0)
料金/コスパ 月額 2,980円~
対象 初心者~中級者 ※やる気がある人に限る
期待できる効果 毎日IELTSのレッスンやライティングレッスンを受けてスコアアップを狙う

 

JIN
とにかく安くIELTS対策という事であればスパトレがおすすめです

 

メリット
  • 業界最安値の破格設定
  • IELTSレッスンあり
  • アカデミックライティングレッスンあり
  • シンプルで分かりやすい構成
  • レッスンごとに講師から評価
デメリット
  • 自習と宿題ありきのレッスン構成
  • 宿題が結構多い
  • 講師の国籍にやや偏りあり

 

2019年に始まったかなり新しいオンライン英会話ですが、業界最安値の破格設定で様々なレッスンを提供しています。

 

「安くIELTS対策をオンラインで」という事であれば一番おすすめできます。

 

実際に私も1ヶ月受講してみましたが、IELTS対策やアカデミックライティングレッスンは値段にしてはかなりクオリティが高いと実感しました!

 

JIN
宿題が多くちょっとスパルタな異質のオンライン英会話です!

 

IELTS対策におすすめのオンライン英会話【番外編】

スパトレ(SPTR)

業界最安値の破格設定

IELTSレッスンあり

自習力がつく

7
IELTS対策
6
レッスンの質
10
値段
7
総合評価

 

私が実際に受講したレビュー記事はコチラ

関連記事
スパトレ SPTR 口コミ 評判 評価 レビュー
スパトレってどう?実際に1ヶ月受講した元講師が思うSPTRのリアルな感想

 

目次へ戻る

 

スピーキング問題をスマートに解く為の10個のコツ【勝てる戦略】

IELTS スピーキング コツ

 

最後にIELTSのスピーキング問題を効果的かつ効率的に解くために明日から使えるコツや戦略を10個紹介します。

 

 

アイエルツスピーキングの評価基準を確認

 

  • 流暢さと一貫性(Fluency and Coherence)
  • 語彙力(Lexical Resource)
  • 文法の知識と正確さ(Grammatical Range and Accuracy)
  • 発音(Pronunciation)

 

評価基準はこのように公式に発表されているので、必ず対策中から意識しましょう。

 

パート1は聞かれるトピックが限られている

 

実はアイエルツのスピーキングパート1の過去の出題問題を見てみると「家族」「旅行」「スポーツ」「テレビや映画」「服」を中心とした約30個の他愛のない話トピックが中心です。

 

事前に答えを用意しておくことができる為、パート1は過去問や演習問題を徹底的に分析すれば勝てます。

 

JIN
スピーキング参考書ではこちらがおすすめです

 

 

あいづちやつなぎ言葉を上手いタイミングで使う

 

会話が上手く成立しているかどうかで印象はガラッと変わります。

たとえば相づちもネイティブが相づちを打つタイミングで打つと「変な間」が生まれません。それ以外でもつなぎ言葉を散りばめることによって、気持ちのいい印象を与える事ができます。

 

簡単な例

  • Let me think...
  • That's a good point...
  • Let me think about that for a bit

 

すぐ答えが出ずに考えたい時はこのような表現を使って自然に考える時間を作りましょう。

 

JIN
こういう細かいところは実践経験を積むことで手に入ります

 

答えの丸暗記はNG

 

確かに先ほど「引き出しを増やそう」という話をしましたが、これはなんでも問題集に乗っている答えを丸写ししようという訳ではありません。

 

使えそうな要素を選定して抜き取って引き出しに入れましょうという事です。

丸暗記は絶対しないようにしましょう。

 

JIN
丸暗記したテンプレは試験官に簡単にバレてしまいますし、応用が利かなくなります

 

不慣れな難しいワードは使わない

 

「難しいワードを使いこなせたらスコアアップできるかも」と考えがちですが、事実である一方間違えた時のマイナスリスクの方を気を付けた方が良いです。

 

JIN
自信をもって使えるのであれば問題ありませんが、不慣れな難しいワードや発音が分からないものは避けましょう

 

豊富な文法理解はポイントアップ

 

先ほど紹介しましたが、スピーキングの評価項目の中には文法理解も含まれています。

 

スピーキングで使える文法を増やして豊富な文法を本番で使いこなしましょう。

 

JIN
文法は結構見落としがちです

 

発音は気を付ける、でもアクセントは気にし過ぎない

 

発音を間違えた場合マイナスポイントですが、アクセント(訛り)は気にし過ぎないようにしましょう。

 

世界で使われている英語で正解のアクセントはありません。

IELTSはイギリス系のテストだからアメリカンアクセントはダメ、そんな事は一切ありません。

 

どちらかというと評価項目にあるように「流暢さと一貫性」の方がよほど重要です。

 

JIN
正解の英語アクセントなんて世界にありません

 

自分の答えを広げよう

 

単調な1ワードアンサーではなく、自分の意見を広げるような形で回答するのがおすすめです。

 

JIN
話を広げる形がおすすめですが、脱線をし過ぎないようにも気を付けましょう

 

試験室に入る前は緊張するのではなくテンションを上げていこう

 

試験を始めるというのにガチガチに緊張していては全開のパフォーマンスを披露するのは難しいです。

 

恐怖を伴うからこそ英語のスピーキングでは異常なくらいテンションを上げて挑みましょう!







おすすめの関連記事

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-IELTS

© 2021 ライフタイムラーナー