IELTS

【苦手克服】経験者が伝授するIELTSスピーキングのコツと効果的な対策方法

2017年12月12日

IELTS スピーキング コツ 参考書 オンライン 英会話

こんにちは、当時偏差値40の高校に通っていた18歳の頃に4ヶ月でIELTSのスコアを4.5から6.5まで伸ばしイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

IELTS スコア

※高校3年生だった頃のスコア証明書です

  • IELTSのスピーキングはどれくらい難しいですか?
  • スピーキング苦手過ぎます、考えるだけで嫌になっちゃいます
  • 高得点を狙う為におすすめの参考書や対策法はありますか?

今回はこのような質問にすべて解答します。

IELTSはまだそこまで認知されていない英語試験です、どうやって対策をしたらいいのか分からないというのは当然の悩みかと思います。

私も当時は今よりも情報が少なく、勉強法や教材の選び方にはかなり苦労しました。

実際無駄な事もしてしまったと今では自覚しています。

効果的な対策方法、解答のコツ、使える問題集や教材を知っているのと知らないのでは様々な側面で大きな差が生まれます。

イギリスの大学を卒業してIELTSを受験した当時とは英語力も比べられないくらい上達した今はその重要性が身に染みてわかります。

今回の記事では私自身得意な方だと思っているIELTSのスピーキングにフォーカスして様々な側面を深掘りして解説していきます。

※この記事で言うIELTSはIELTSアカデミックモジュールを指します、ジェネラルモジュールとの違いをまだ知らない人はぜひこちらの記事をご覧ください。

IELTSのアカデミックとジェネラルモジュールの違いは?難易度は違う?

この記事を読むメリット

  • 実際にIELTSを受けてイギリスの大学を卒業した筆者のおすすめを知る事ができる
  • 明日から自分で簡単に実践する事が可能
  • 目標スコアへ近づくことができる
リンジー先生
今日はIELTSスピーキングについて一緒に勉強していきましょう!
よろしくお願いします!
サヤカちゃん

アイエルツ(IELTS)スピーキング問題の特徴

まずはIELTSスピーキングの概要と特徴を簡単に解説していきます。

スポンサーリンク

IELTSスピーキングの特徴

問題概要

セクション/大問問題内容
パート1自己紹介とインタビュー
パート2特定テーマについてスピーチ
パート3パート2のトピックに関する質疑応答

知っておきたい主な特徴

  • 試験時間:約13分(変動あり)
  • 対話式でかなり柔軟性がある
  • 試験官は受験者の英語を見て試験を進める
  • 非常に英会話に近いハイクオリティな試験

より詳しいスピーキング内容

パート1(4分から5分)- 日常的な内容

  • 名前
  • 職業
  • 年齢
  • 趣味
  • 家族など幅広い日常トピックから質問
  • +自己紹介

パート2(約3分)- 特定のトピックに関するスピーチ

  • 与えられたトピックでフリースピーチ
  • 1分間準備の時間が与えられ2分間でスピーチ
  • 1分間の準備の際はメモを取る事が可能
  • ちなみに私が受けた時のトピックは「あなたの公共交通機関に対する意見」でした

パート3(約4分から5分)- パート2に行ったスピーチを基に質疑応答

  • パート2で出題された問題に関する質疑応答
  • 試験官と質問者の間でディベートになるように進行
  • 英語スピーチやディスカッションにおいてディベート能力はとても大切です

スポンサーリンク

スピーキングの難易度・レベル

他のテストとは形式が全く違う為、申し訳ございませんが単純な比較はできません

しかしフリースピーチがある分他のテストと比べるとかなりのスピーキング力が必要だなと肌感覚では感じます。

何度も言いますがIELTSのスピーキングは質という観点ではかなりハイクオリティな試験になっています。

リンジー先生
IELTSのスピーキングは小手先のテクニックでは難しいわよ
応用力が必要って事ですね!
サヤカちゃん

経験者がおすすめするIELTSスピーキング対策勉強方法

初心者はまず1冊日本語の教本を読もう

  • 始めてIELTSを受ける
  • まだ英語力があまりないと感じる
  • 1回受けたけどいいスコアが取れなかった

このような方々は問題集や過去問に入る前に必ず日本語で書かれた教本、攻略本を1冊読破される事を強く推奨します。

アイエルツ(IELTS)に関する知っておくべき情報が網羅されており、演習問題も付いています。

おすすめする理由としては、攻略本に載っている演習問題は本番と全く同じ形式で作られているものの、難易度が本番よりも低く設定されているからです。

初心者でも解けるようなレベルで本番さながらの形式を体験できるというのは初心者にとってメリットでしかないと考えます。

スピーキングが特に苦手!という方にはスピーキング専用の教本もあるのでおすすめです。

リンジー先生
まずは敵を知る事が重要よ!
IELTSという敵を倒したい!
サヤカちゃん

スピーキング上達のコツは英語表現の引き出しを増やす事

会話のキャッチボールが出来るかどうかが鍵

英語のスピーキングが得意になるためには「自分が話し上手な人でなければならない」と考えてしまう人が非常に多いです。

しかし英語を第二言語として学ぶ場合

  • おしゃべりであったり
  • オチをいつでも上手く作れる話し上手
  • 笑いを取るのが得意である人

このような才能がある人たちだけが上手になれる訳ではありません。

もちろん上記の要素はプラスに働きますが、話下手な人でもスピーキングを上達させる事が出来ます。

私はイギリスの大学を卒業した今でも完全に無意識で英語で反応する事は出来ません、もちろんある程度無意識ですが完全ではないのです。

恐らく幼少期から2つの言語で育ってきた完璧なバイリンガルでなければ完全無意識で返答するのはかなりタフなのではというのが私の持論です。

そんな完璧なバイリンガルでない我々がどのようにして英語スピーキングを上達させる事が出来るかというと「会話の引き出しを増やす」という事です。

会話で引き出しを引くという思考回路

引き出しを増やす、と言ってもなかなか分かりづらいかと思います。

例えば私の英語での思考回路を少し説明すると「相手の言葉に対する返答を脳内の引き出から適切な表現を引っ張り出して使う」という感覚です。

SiriやAlexaなどの人工知能ロボットに似た感覚かもしれません。

「こう言われたらこう返す」というテンプレートが無数に存在しており、そこから適切な物を引き出します。

相手に何かを言われて「何を言おう…」なんて考えていると会話のスピードに付いてずに会話が成立しなくなってしまいます。

言い方を変えれば脳内のタンスの中の中身を増やす感覚です、みなさんも服を選ぶ際は時と場合に合わせて選びますよね。

  • 今日はフォーマルな行事だからスーツで
  • クラブに行くから派手な格好をしよう
  • 海に行くから水着を持っていこう
  • スキーだから厚着をしなきゃなど

服は持っていれば持っているだけ細かい行事やイベントに対応できます。

英語も同じでスピーキングのテンプレートを持っていれば持っているだけ色々な状況に対処する事が出来ます。

そして服があればあるだけ組み合わせを変えてクリエイティブ性を出せますよね、英語もテンプレがあればあるだけ応用が利きテンプレだけで返すだけでなく組み合わせを変えて自分なりの言葉で応答する事が出来るようになります。

リンジー先生
とにかく使えるものは全て自分のモノにしましょう!
頑張って引き出しの中身増やします!
サヤカちゃん

IELTS用の引き出しを増やす事ができる1冊

今後英語を喋れるようになるためには、先ほど言ったように英会話で使われる無数のフレーズに慣れる必要があります。

しかし今回対峙するのはIELTSです。

つまりIELTSで活用できるフレーズを引き出しに入れる事が最も重要なステップとなります。

そこでおすすめの1冊がこちら!

主な特徴
  • IELTSスピーキングで問われるような内容を把握
  • IELTSスピーキングで役立つ情報網羅
  • 豊富な使える例文
  • リスニングにも効果あり
  • 実践練習をする前に絶対におすすめしたい1冊
リンジー先生
ぜひこの本に掲載されている「使える!」と思った例文を自分のモノにしてしまいましょう

スピーキングはやはり実践練習が必須

ここまでは自分1人でできる勉強法を紹介してきましたが、やはりスピーキングは実践練習が必須です。

独り言もある程度の効果はありますが、質問する側が居なければ成立しませんし間違いを直してくれる人が居なければ大きな成長は見込めません。

スピーキングに関しては話して実践経験を積む!これに尽きます。

しかし実際のところ私はイギリスに行く前まで英語で話せるような知り合いは一人もいませんでした。

でも心配はいりません、現代はとても良い時代でインターネットとデバイスさえあればどこからでもネイティブとIELTSのスピーキング練習をする事が可能です。

まずは比較的安くIELTSの対策に使えるオンライン英会話を3つ紹介します。

リンジー先生
スピーキングは本当に実践経験が大事よ
これを機にオンライン英会話始めてみようかなー
サヤカちゃん

DMM英会話



IELTS対策におすすめできる理由

  • 無料体験レッスンが付いてくる!続けるかどうかじっくり見極めることが出来る!
  • 入会費完全無料!
  • いつでも自分の時間でレッスンが可能!
  • 世界90カ国以上 6400人以上の講師とマンツーマンレッスンできる(ネイティブ講師を選ぶことが可能!)
  • 資格対策が充実、IELTS教材を無料で使用可能
  • 2020年オンライン英会話サービス評価・満足度調査にて16部門でトップの1位
  • 「東洋経済」「フォーブス」「週刊ダイヤモンド」「プレジデント」をはじめとする有名メディアにて掲載

実績と規模、そしてクオリティは他のオンライン英会話とかなり差をつけています。

リンジー先生
IELTS対策としては資格サポートが充実していることが一番です、勉強したい資格に特化した講師を選べばとても効果的な対策が可能になります

DMM英会話無料体験はコチラ

ユニバーサルスピーキング



IELTS対策におすすめできる理由

  • IELTS対策に特化した講師と無料体験レッスン可能
  • IELTS特化のIELTS対策コースがある
  • 無料体験時に日本人スタッフとカウンセリング可能
  • 1レッスン25分250円~
  • 受講数制限が無い為1日で詰め込む事も可能
  • 安心のマンツーマンレッスン

IELTS特化のコースがあるのが一番のおすすめポイントです。

正直なところ実績はDMM英会話の方が上ですが、IELTS特化という点はやはり嬉しいところですね。

ユニバーサルスピーキング無料体験はコチラ

キャンブリー


IELTS対策におすすめできる理由

  • 無料体験レッスンが付いてくる!続けるかどうかじっくり見極めることが出来る
  • ネイティブスピーカーの豊富さが一番の魅力
  • レッスン録画機能で何度も復習可能
  • 予約なしでもレッスン可能
  • IELTS対策コースあり
  • 実際の過去問を使ったスピーキング対策

最近さらに勢いを増しているキャンブリーですが、IELTSスピーキング対策にクオリティ(ネイティブスピーカーとIELTS対策に特化した対策)を求めるなら3つの中でもトップではないかと思います。

DMM英会話もユニバーサルスピーキングも素晴らしいのですが「ネイティブとの濃いIELTS対策」に括るならキャンブリーがおすすめ。

既にIELTS対策カリキュラムが整っているのが特におすすめのポイントです。

キャンブリー無料体験はコチラ

対面の英会話スクールで実践経験を積む

先ほどはIELTS対策におすすめのオンライン英会話を紹介しましたが、さらに高いクオリティでIELTS対策を行いたいのであれば「対面型英会話スクール」での対策が最も効果的です。

費用面ではオンライン英会話に圧倒的な軍配が上がりますが、クオリティ面ではやはり対面の方が効果的かつ効率的なのは間違いありません。

対面の英会話スクールを選ぶ際の注意点
  • IELTS対策コースがあるか
  • 入学金の有無
  • マンツーマンレッスンかどうか
  • グループレッスンであれば何人のグループなのか

少なくとも上記の項目はチェックしておきましょう。

それではIELTS対策で定評のある英会話スクールを3つ紹介していきます。

リンジー先生
対面はやはりやりやすいけど高額な点がオンライン英会話との違いね
コスパのオンラインと即効性の対面ってとこ?
サヤカちゃん

Plus One Point

IELTS対策におすすめできる理由

  • IELTSだけに特化した専門スクール
  • オーストラリア校、東京校の2校
  • オンライン校も最近開設
  • IDP公認リファーラルパートナー
  • 日本初のIELTSオンラインサロン開設

IELTS対策に対する熱量をとても感じるのがこちらのPlus One Pointです。

近年オンライン校も開校したとの事で、オーストラリアや東京に住んでいない人でも受講できるようになっています。

リンジー先生
「日本語でIELTSを学ぶ」「スピーキング以外も全体的にIELTSを対策」という点が他と異なる点であり、日本語でしっかりと落とし込みたいという方には合っているスクールになっています

Plus One Point無料相談はコチラ

バークレーハウス



IELTS対策におすすめできる理由

  • IELTS特化コースあり
  • 東京・市ヶ谷駅から徒歩2分に校舎
  • 45年以上の英語指導実績
  • 日本人講師またはネイティブ講師選択可能
  • オンライン・無料体験あり

かなり老舗の有名な英語スクールです。

IELTS対策を行っている校舎は東京の市ヶ谷にしかないので、周辺地域に住んでいる方はチャンスです!

リンジー先生
Zoomを使った非対面のオンラインレッスンも開始したとの事です

バークレーハウス無料体験はコチラ

シェーン英会話



IELTS対策におすすめできる理由

  • IELTS特化コースあり
  • 無料体験レッスンあり
  • イギリス系の英会話スクール
  • 全国にスクールあり

全国にスクールが散らばっている点がこれまでおすすめしたスクールとは異なります。

現在のスクール状況
  • 東京都23区:65校
  • 東京都23区外:19校
  • 神奈川県:36校
  • 埼玉県:31校
  • 千葉県:24校
  • 茨城県:2校
  • 愛知、静岡、岐阜:8校
  • 大阪、京都、兵庫:7校
  • 福岡県:7校

首都圏中心ではありますが、該当地域にお住まいの方は無料体験レッスンを行っているのでぜひその地の利を活かして足を運んでみてはいかがでしょうか?

リンジー先生
入会キャンペーンも随時開催中です

シェーン英会話無料体験はコチラ

アイエルツ(IELTS)スピーキング問題を解く10個のコツ【勝てる戦略】

アイエルツスピーキングの評価基準を確認

  • 流暢さと一貫性(Fluency and Coherence)
  • 語彙力(Lexical Resource)
  • 文法の知識と正確さ(Grammatical Range and Accuracy)
  • 発音(Pronunciation)

この決められた4つの評価基準を意識しながら対策を行っていきましょう。

パート1は聞かれるトピックが限られている

実はアイエルツのスピーキングパート1の過去の出題問題を見てみると「家族」「旅行」「スポーツ」「テレビや映画」「服」を中心とした約30個の他愛のない話トピックが中心です。

事前に答えを用意しておくことができる為、パート1は過去問や演習問題を徹底的に分析すれば勝てます。

リンジー先生
スピーキング参考書ではこちらがおすすめです

あいづちやつなぎ言葉を上手いタイミングで使う

会話が上手く成立しているかどうかで印象はガラッと変わります。

たとえば相づちもネイティブが相づちを打つタイミングで打つと「変な間」が生まれません。それ以外でもつなぎ言葉を散りばめることによって、気持ちのいい印象を与える事ができます。

例えばすぐ答えが出ずに考えたい時は

  • Let me think...
  • That's a good point...
  • Let me think about that for a bit

このような表現を使って自然に考える時間を作りましょう。

リンジー先生
こういう細かいところは経験がモノを言うわ!
実践経験積もう!
サヤカちゃん

答えの丸暗記はNG

確かに先ほど「引き出しを増やそう」という話をしましたが、これはなんでも問題集に乗っている答えを丸写ししようという訳ではありません。

使えそうな要素を選定して抜き取って引き出しに入れましょうという事です。

丸暗記は絶対しないようにしましょう。

丸暗記したテンプレは試験官に簡単にバレてしまいますし、応用が利かなくなります。

リンジー先生
IELTSのスピーキングは丸暗記で対応はできません

不慣れな難しいワードは使わない

「難しいワードを使いこなせたらスコアアップできるかも」と考えがちですが、事実である一方で間違えた時のマイナスリスクの方が気を付けた方が良いです。

リンジー先生
自信をもって使えるのであれば問題ありませんが、不慣れな難しいワードや発音が分からないものは避けましょう

豊富な文法理解はポイントアップ

先ほど紹介しましたが、スピーキングの評価項目は以下のとおりです。

  • 流暢さと一貫性(Fluency and Coherence)
  • 語彙力(Lexical Resource)
  • 文法の知識と正確さ(Grammatical Range and Accuracy)
  • 発音(Pronunciation)

文法理解は4つの内の1つなのでかなり重要です。

スピーキングで使える文法を増やして豊富な文法を本番で使いこなしましょう。

リンジー先生
文法は結構見落としがちなところね
確かに考えもしませんでした!
サヤカちゃん

発音は気を付ける、でもアクセントは気にし過ぎない

発音を間違えたら-ポイントですが、アクセント(訛り)は気にし過ぎないようにしましょう。

世界で使われている英語で正解のアクセントはありません。

IELTSはイギリス系のテストだからアメリカンアクセントはダメ、そんな事は一切ありません。

どちらかというと評価項目にあるように「流暢さと一貫性」の方がずっと重要です。

リンジー先生
正解の英語アクセントなんて世界に無いのよ
ネイティブといっても違うもんねー
サヤカちゃん

自分の答えを広げよう

単調な1ワードアンサーではなく、自分の意見を広げるような形で回答するのがおすすめです。

リンジー先生
話を広げる形がおすすめですが、脱線をし過ぎないようにも気を付けましょう

試験室に入る前は緊張するのではなくテンションを上げていこう

  • 「英語を話すのは恥ずかしい」
  • 「発音が変だったら恥ずかしい」
  • 「間違えたくない」

このような恐怖心を持っている人も多いでしょう。

しかし試験を始めるというのにガチガチに緊張していては全開のパフォーマンスを披露するのは難しいでしょう。

恐怖を伴うからこそ英語のスピーキングでは異常なくらいテンションを上げていった方が良いです。

  • 陽気に
  • フレンドリーに
  • ハキハキと

試験を受けられると最高ですね。

自分の意見をしっかり堂々と発言しよう

IELTSスピーキング試験では自分の意見を求められる場面がたくさんあります。

例えトピック知識に乏しかったとしても胸を張って堂々と自信を持って発言をしましょう。

「このトピック自信が無い…どうしよう…」

自然と声も小さくなり聞き取りにくい英語になってしまいます。

そんな事で力を発揮できないよりも知識が乏しいながらもはっきりと全力を尽くす方が絶対に終わった時の後悔は少ないと思いますよ!







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-IELTS

© 2020 ライフタイムラーナー