元講師がオンライン英会話を25社以上受講して比較!➡

IELTSスピーキング対策にコツはある!スマートに6.0~6.5を狙う勉強法

こんにちは、当時偏差値40の高校に通っていた18歳の頃に、3ヶ月でIELTSのスコアを4.5から6.5まで伸ばしイギリスの大学を卒業した、ライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

IELTS スコア
※高校3年生だった頃のスコア証明書です
JIN

結論からいうとIELTSスピーキング対策の肝は「知識で固める」です

この記事のまとめ

IELTSを4か月の独学で4.5から6.5にあげ、イギリスの大学に入学して卒業した筆者がIELTSスピーキングを徹底解説!

問題概要から具体的な対策、テクニック、おすすめの参考書から、絶対的におすすめできるオンライン英会話まで、IELTSスピーキングで知りたい情報を網羅してご紹介します。

スピーキングに苦手意識がある人はぜひ読んでほしい内容です。

スピーキングに苦手意識を持っている人は多いのではないでしょうか?

その気持ち、痛いほどわかります…

  • スピーキングになると急にリスニングもできなくなる
  • 言いたいことが口から出てこない
  • 間違いを恐れてがんじがらめに…

でも心配しないでください、これはほとんどの人が通る道ですし、IELTSという試験のスピーキングに関しては対策すれば大丈夫です!

ただIELTSに特化した適切な対策をした場合に限ります。

「ただどう対策すればいいのかわからない…」

そんな方々のために、本記事ではIELTSの規定スコアを取って、イギリスの大学に行った私がIELTSスピーキング対策で知っておくべきことをまとめて解説します。

※この記事でいうIELTSはIELTSアカデミックモジュールを指します。

初受験の方はぜひIELTS対策完全ガイドからご覧ください

この記事を読むメリット
  • 実際にIELTSを受けてイギリスの大学を卒業した筆者の対策法を知ることができる
  • スピーキングテストで抑えるべきポイントがわかる
  • 話が得意な人でなくても自信を持ってスピーキング上達のコツを知れる
アオイちゃん

長々した話はいいから、まずIELTSスピーキング練習できるオススメオンライン英会話を教えてください!

JIN

せっかちだねー、じゃあまず比較表を貼っておくね!

スクロールできます
ランキング 1位 2位 3位
サービス名ELT英会話
ELT Shool of english logo
ベストティーチャー
Best teacher logo
スパトレ
Supatore logo
オススメ度 (5.0) (4.5) (4.5)
無料体験レッスン1回レッスン1回7日間
値段月額 14,300円~月額 16,500円(資格対策コース)月額 4,900円~
講師有資格イギリス人のみネイティブ含む世界50ヶ国以上非ネイティブ
IELTSの専門性
ポイントIELTS試験官が在籍!
当サイト限定割引あり!
ライティング指導がイイ!安さを求めるならココ!
サービス名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます
タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



アイエルツ(IELTS)スピーキング問題の試験時間・内容・特徴

IELTS speaking 問題

まずはIELTSスピーキングの概要と特徴を簡単に解説していきます。

IELTSスピーキングの特徴

セクション/大問問題内容
パート1自己紹介とインタビュー
パート2特定テーマについてスピーチ
パート3パート2のトピックに関する質疑応答
基礎情報
  • 試験時間:約13分(変動あり)
  • 対話式で柔軟性がある
  • 試験官は受験者の英語を見て試験を進める
  • 日常英会話に近いハイクオリティな試験

IELTSのスピーキング試験は以下のような順番で行われます。

パート1(4分から5分)- 日常的な内容

  • 名前、職業、年齢、趣味、家族など幅広い日常トピックから質問
  • 自己紹介

パート2(約3分)- 特定のトピックに関するスピーチ

  • 与えられたトピックでフリースピーチ
  • 1分間準備の時間が与えられ、2分間でスピーチ
  • 1分間の準備の際はメモを取ることが可能
  • ちなみに私が受けた時のトピックは「あなたの公共交通機関に対する意見」でした

パート3(約4分から5分)- スピーチに対する質疑応答+ディスカッション

  • パート2で行ったスピーチトピックに関する質疑応答
  • 試験官と質問者の間でディベート形式
JIN

対話以外でもひとりで喋り切るスピーチ力が重要です

アオイちゃん

1分喋り続けるなんて私できる??

パートごとに知っておきたい理想的な回答時間

IELTSスピーキングの試験時間はおおよそ決まっていますが、各質問に対する回答時間は考えておくと組み立てに役立ちます。

簡単な例
  • パート1はナチュラルかつシンプルに返答
  • パート2はトピックに沿っていれば、長くなっても問題ない
  • パート3は論理的かつ簡潔に意見をまとめる

IELTSスピーキングのパートごとにおける理想の回答時間やスコアアップを目指すヒントは別の記事でさらに詳しく解説しています。

関連記事:IELTSスピーキングの試験時間は何分?各パートの理想的な時間配分を知って攻略

スピーキングの採点基準

IELTSのスピーキングテストは試験官と1対1で行われます。

スピーキングテストでは、パート1~パート3まで3つのパートがあります。

  • 自分自身の学校や仕事に対して説明する
  • テーマに対して自分の考えをまとめて2分間話続ける
  • 質問に対して適切に答えたり会話を続けるなど

いかにネイティブのように自然に話しができ、適切な単語や構文が使えているか、発音の明瞭さなどが採点基準となっています。

関連記事:IELTSスピーキングで沈黙は最悪の選択!決定的な理由と時間稼ぎフレーズを紹介

具体的には以下の4つの項目を基準に採点がされます。

評価項目概要
流暢さと一貫性ためらい、繰り返し、途切れなどがあるか、対話標識や連結詞がどのくらい使えているか、理路整然と話がすすめられているか
語彙力テーマに対し適した豊富な単語や熟語が使えているか、意見をどの程度正確に伝えられているか
文法知識と正確さ簡単な構文以外にも難しい構文や言い回しが柔軟に使えるか、自然で適切な構文で話せるか
発音特性の発音やアクセントが正しくできているか、どのくらい幅広い発音ができるか

スピーキングの難易度・レベル

他のテストとは形式がまったく違う為、申し訳ございませんが単純な比較はできません。

しかし、フリースピーチがある分、他のテストと比べるとかなりのスピーキング力が必要だなと肌感覚では感じます。

JIN

IELTSのスピーキングは質という観点ではかなりハイクオリティな試験になっています

アオイちゃん

本質的な対話力が問われそうな内容!

関連記事:知っておくべきIELTSのスコア目安・換算|はじめての人が目標にすべきスコアは?

私が言葉で説明してもわかりづらいかと思います、それではスピーキング動画を見てスコア感をなんとなく感じ取ってみましょう。

こちらは、IELTSスピーキング 5.0はどれくらいのレベル感なのかを表している動画です。

そしてコチラがおおよそ6.0のレベル感。

そしてバンドスコア7.0。

バンドスコア8.0ともなると、かなりのレベルであることがわかります。

IELTSスピーキングとイギリス英語

日本で英語教育を受けた私たちは、基本的にアメリカ英語を学び、慣れ親しんできました。

しかし、IELTSは生まれがイギリスということもあり、イギリス英語が中心となっています。

だからといって、アメリカ英語のアクセントで減点されることはない

スピーキングに関しては「イギリス英語っぽくないとダメなの?」と思う方もいるかもしれませんが、まったく問題ありません。

JIN

ただし、試験官はイギリス人やオーストラリア人であることが多いので、なんとなくは理解しておくといいかもしれませんね

関連記事:アメリカ英語とは全然違う!意外と知らないイギリス英語の特徴&違い9選

関連記事:IELTSに向けてイギリス英語の勉強は必須?【結論:必須じゃない】

IELTSスピーキングに関するよくある質問

IELTSスピーキングの日本人平均は何点ですか?

IELTS公式サイトに公開されている2019年のデータでは、日本国籍ユーザーのスピーキング平均スコアは5.5点でした。

すぐに無口になってしまいます…どうすればいいですか?

基本的には知識で固めて、自信を持つしかありません。

語彙、文法、頻出トピックなど、事前に準備することで自信というのもは生まれてきます。

もちろんおしゃべりで話が上手い人は有利ですが、事前知識さえ固められれば自信をもって話すことができるようになります。

論理的にスピーキングをするにはどうすればいいですか?

セオリーとしては、結論→結論に至った理由→結論と理由をつなげる構成で話せば、ある程度、論理的にスピーキングできます。

とくに英語において、結論ファーストは重要なので、まず結論から話してみましょう。

サンプルアンサーの丸覚えはどう思いますか?

サンプルアンサーを理解して自分の知識にし、応用するという使い方はアリですが、丸覚えするだけなのはまったくメリットを感じません。

仮にうまくいったとしても、その後につながるような本質的な解決策ではないので、オススメはしません。

初心者がIELTS 6.0以上を目指すためにオススメするスピーキング対策法

IELTS スピーキング 初心者 勉強法

次に経験者の私がオススメしたいIELTSリスニングの対策方法を紹介します。

私が3ヶ月で4.5から6.5まで伸ばした勉強に対する考え方【音声解説付き】

今でも信じられないのですが、私は18歳のころ、3ヶ月でIELTSを4.5から6.5に伸ばしました。

勉強量はもちろん多かったのですが、それ以上に今重要だったと思うのが勉強と目標に対する考え方の部分です。

実際に勉強をはじめる前に目標設定や、スケジュール組みなどをやっておくのがオススメです

PDCA

昔からあるPDCAのフレームワークに沿って、効果的に勉強を改善しながら進められたのが最大の要因です。

当時のPDCAの回し方は音声でも解説しました

  1. Plan:計画
  2. Do:実行
  3. Check:評価
  4. Act:改善

簡単にいえば、上記の頭文字を取って、サイクルを回して改善を続けるというものです。

この記事ですべて紹介すると長くなってしまうので割愛しますが、私が当時行ったすべての行動、考え、目標設定の方法などはコチラの記事で解説しました。

関連記事:効果バツグン!英語学習でPDCAを回す方法を実際に爆上げさせた経験者が解説

基礎知識が足りないと感じる方は1冊日本語の教本を読もう

スピーキングだけでなく、IELTS全体として

  • どんな問題が出題されるのかわからない
  • なにが求められているのか理解できていない
  • 基礎情報もまだわかっていない

このような場合は、問題集や公式問題集に入る前に必ず日本語で書かれた教本、攻略本を1冊読破するのがオススメ。

アイエルツ(IELTS)に関する知っておくべき情報が網羅されており、演習問題も付いています。

オススメする理由は、攻略本に載っている演習問題は本番とまったく同じ形式で作られているものの、難易度が本番よりも低く設定されているから

ielts reading book

初心者でも解けるようなレベルで、本番さながらの形式を体験できるというのは初心者にとってメリットでしかないと考えます。

関連記事:知っておくべきIELTSのスコア目安・換算|はじめての人が目標にすべきスコアは?

アオイちゃん

ライティングがとくに苦手なんですけど、ライティング向けの参考書はありますか?

JIN

ライティングがとくに苦手!という方にはライティング専用の教本もあるのでオススメです

関連記事:IELTSとはどんな英語テスト?目標の6.0以上のレベル・難易度を解説

スピーキング上達のコツは英語表現の引き出しを増やすこと

スピーキングを上達させるためにネイティブと同じ思考回路を持っていたり、話し上手である必要はありません。

JIN

ここでは、17歳にはじめて英語を勉強しはじめた私が、英会話を上達させた思考回路を意識で英語で反応紹介します

ネイティブとは思考回路が違うことをまず理解

こちらの内容は一部ポッドキャストでも放送しました

スピーキングが得意になるためには「自分が話し上手な人でなければならない」と考えてしまう人が非常に多いです。

たとえば …
  • おしゃべり
  • オチをいつでもうまく作れる話し上手
  • 笑いを取るのが得意

必ずしもこのような才能がある人たちだけが上手になれる訳ではありません。

上記の要素はプラスに働きますが、話下手な人でもスピーキングを上達させることが出来ます。

私はイギリスの大学を卒業した今でも、完全に無意識に英語で反応することは出来ません、もちろんある程度無意識ですが完全ではないのです。

恐らく幼少期から2つの言語で育ってきた完璧なバイリンガルでなければ、完全無意識で返答するのはかなりタフというのが私の持論です。

JIN

そんな完璧なバイリンガルでない我々が、英語スピーキングを上達させるうえで「会話の引き出しを増やす」という概念が重要になります

アオイちゃん

何言ってるの?全然理解できないんだけど!

会話で引き出しを引くという思考回路

引き出しを増やす、と言ってもなかなかわかりづらいかと思います。

たとえば 私の英語での思考回路を少し説明すると「相手の言葉に対する返答を脳内の引き出から適切な表現を引っ張り出して使う」という感覚です。

SiriやAlexaなどの人工知能ロボットに似た感覚かもしれません。

「こう言われたらこう返す」というテンプレートが無数に存在しており、そこから適切な物を引き出します。

JIN

相手に何かを言われて「何を言おう…」なんて考えていると会話のスピードに付いていけずに、会話が成立しなくなってしまいます

アオイちゃん

たしかに普段スピードについていけない…

言い方を変えれば脳内タンスのは世界でもっともIELTSで高得点中身を増やす感覚です、みなさんも服を選ぶ際は時と場合に合わせて選びますよね。

英語も同じでスピーキングのテンプレートを持っていれば、持っているだけいろいろな状況に対処することが出来ます。

そして服があればあるだけ組み合わせを変えて独自性を出せるようになります。

まずは知識で固めよう、というのが私の持論です。

関連記事:IELTSスピーキングで沈黙は最悪の選択!決定的な理由と時間稼ぎフレーズを紹介

IELTS用の引き出しを増やせる1冊

今後英語を喋れるようになるためには、先ほど言ったように英会話で使われる無数のフレーズに慣れる必要があります。

しかし、今回対峙するのはIELTSです。

つまり、IELTSで活用できるフレーズを引き出しに入れる事がもっとも重要なステップとなります。

そこでオススメの1冊がこちら!

主な特徴
  • IELTSスピーキングで問われるような内容を把握
  • IELTSスピーキングで役立つ情報網羅
  • 豊富な使える例文
  • リスニングにも効果あり
  • 実践練習をする前に絶対にオススメしたい1冊
JIN

ぜひこの本に掲載されている「使える!」と思った例文を自分のモノにしてしまいましょう

アオイちゃん

引き出しに服入れまくります!

スピーキングは実践練習が必須

ここまでは自分ひとりでできる勉強法を紹介してきましたが、やはりスピーキングは実践練習が必須です。

ひとり言もある程度の効果はありますが、質問する側が居なければ成立しませんし、間違いを指摘してくれる人が居なければ大きな成長は見込めません。

スピーキングに関しては実戦で話して失敗しまくる!これに尽きます。

しかし、実際のところ、私はイギリスに行く前まで英語で話せるような知り合いはひとりもいませんでした。

でも心配はいりません、現代はとてもいい時代でインターネットとデバイスさえあれば、どこからでもネイティブとIELTSのスピーキング練習をすることが可能です。

JIN

元オンライン英会話講師でもある私が、IELTS対策にイチオシできるオンライン英会話ランキングトップ3を紹介します

アオイちゃん

元オンライン英会話講師なの?知らなかったー

【25社以上自ら受講】IELTS対策におすすめのオンライン英会話ランキング

「自分ではどうしようもできない…」

そんな気持ちになることもありますよね、でも心配しないでください!人の手を借りるというのは普通のことです。

実際のところ、ライティングとスピーキングに限ってはひとりでできないのは事実なのです。

なぜなら、間違いを直してもらわなければ、正解がいつまでもわからないから

この内容は音声でも解説しました

だからといって、高額な英会話スクールに通う必要はありません、今の時代インターネットで解決できます!

とりあえずどれがオススメ?

「とにかく今すぐオススメを知りたい!」という方へ!

私が25社受講した結果、入会し、ランキング1位に入れたサービスはELT英会話です。

\ 35年以上ロンドンで語学学校を運営 /

※無料体験にクレジットカード入力不要

ライティングとスピーキングでフィードバックをもらう重要性を、身に染みてヒシヒシ感じる私だからこそ、ここからはIELTS対策にオススメのオンライン英会話ランキングトップ3を紹介します。

JIN

紹介する全サービスで私自身が実際に受講してレビューしていますし、全サービスライティング添削ありです!

スクロールできます
ランキング 1位 2位 3位
サービス名ELT英会話
ELT Shool of english logo
ベストティーチャー
Best teacher logo
スパトレ
Supatore logo
オススメ度 (5.0) (4.5) (4.5)
無料体験レッスン1回レッスン1回7日間
値段月額 14,300円~月額 16,500円(資格対策コース)月額 4,900円~
講師有資格イギリス人のみネイティブ含む世界50ヶ国以上非ネイティブ
IELTSの専門性
ポイントIELTS試験官が在籍!
当サイト限定割引あり!
ライティング指導がイイ!安さを求めるならココ!
サービス名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます

1位:ELT英会話 |IELTS試験官から直接指導して貰える!

ELT英会話
内容・評価
概要IELTS試験官、元試験官も在籍するIELTS対策ならナンバーワンのオンライン英会話
オススメ度 (5.0)
オススメの対象全レベル
注目ポイントIELTS試験官、元試験官が教える超専門レッスン
期待できる効果点の取り方をもっとも熟知する試験官から学んで効率的に大幅スコアアップ
ELT英会話 IELTS 評価 チャート

隠してもしょうがないので言いますが、私自身、今もELT英会話さんでオンラインレッスンを受けています。

理由は明確で、IELTSを世界でもっとも熟知する、IELTS試験官、元試験官のイギリス人講師に「担任」として固定で教えら貰える唯一の場所だから。

ちなみにELT英会話は、ELT SCHOOL OF ENGLISHとして、ロンドンにて35年以上語学学校を運営してきた老舗組織です

ELT英会話 受講
私はELT英会話に入会して6ヶ月が経ちました!後悔ナシ!

ちなみに私は、ケンブリッジ英検対策用に入会しており、試験官のローラ先生という方にオーダーメイドカリキュラム、かつ担任制(レッスン時間・講師固定)で教えてもらっています。

最初は独学でやっていたのですが、自分だけではまったく気づかなかった基礎固めから解答テクニック、対策法まですべて教えてくれます。

ELT英会話-edmodo

質問回答や追加資料、課題、ライティング添削結果はEdmodoという教育向けプラットフォームで、共有してくれます。

結論、欠点があるとすれば、大手オンライン英会話サービスと比べると安くないという点と、ロンドン時間に合わせてレッスン受講可能時間が日本時間の17:00以降であるという点です。

プランレッスン頻度料金(月額)
月2回プラン隔週1回14,300円(税込)
月4回プラン週1回26,400円(税込)7.7%割引
月8回プラン週2回51,040円(税込)10.8%割引
月12回プラン週3回72,600円(税込)15.4%割引
(※価格は2021年6月現在)

ELT英会話を継続受講している私ですが、現段階では月2回プランを選択しています。

月2回プランを選んでいる理由
  • 出される宿題をしっかりこなしながらレッスンを受けられる頻度にしたいから
  • 頻繁にレッスンを受けなくても自習できる自信がある程度あるから
  • 自習の方向性を修正するという側面でもノウハウを持っている講師とのレッスンを利用したいから

今のところこの方式ではじめて良かったと思っています。

ELT英会話をオススメする理由
  • 資格持ちのイギリス人に直接担任として教えてもらえる
  • 的を絞った的確な指導で効率的に合格を目指せる
  • 私は今まで気にもしなかった細かいところまでしっかりと気づいて、正しい方向性で対策できるようになった
JIN

日本にいながらロンドンの語学学校から直接IELTSを教えてもらえるなんて凄い時代になりました

そして、私が実際に愛用していることもあり、オーナー様にムリを聞いてもらって、当サイト限定割引キャンペーン実施が決定しました!

当サイト限定割引!

私も実際に継続利用しているELT英会話では、「ライフタイムラーナーを見ました」と無料体験申し込み時にお伝えするだけで、当サイト読者様限定で初月20%割引を受けることができます!

割引条件

  1. 無料体験レッスンお申し込み時フォーム【その他ご要望】箇所に「ライフタイムラーナーを見ました」と入力
  2. 初月20%OFFはおひとり様に対して一度のみの対象
  3. ご入会後、最低2ヶ月ご利用の方限定
  4. 割引適用の場合、プラン変更はご入会から3ヶ月目以降より可能
  5. 月額プランのみ利用可能
  6. 割引を希望した場合でも、無料体験後の入会義務は一切ありません

キャンペーン終了時期は今のところ決まっていません、ご興味のある方は、ぜひ今すぐ無料体験レッスンだけでも受けてみてください!

\ わずか30秒で申し込み完了! /

※無料体験にクレジットカード入力不要

当サイト限定割引の詳細はコチラ

ELT英会話の受講レビュー記事はコチラ

2位:ベストティーチャー |徹底的なライティングレッスン

ベストティーチャー
内容・評価
概要IELTSライティングもガッツリ学べるSW網羅のオンライン英会話
オススメ度 (4.5)
オススメの対象全レベル
注目ポイントライティング添削が基礎となっている珍しい内容
期待できる効果ライティングからスピーキングまでしっかりとIELTS対策を行える
ベストティーチャー IELTS 評価 チャート

ELT英会話は値段が高すぎる…と感じる方にオススメなのが、ライティング添削が特徴のベストティーチャー です。

苦手な人が多いライティングをガッツリ鍛え上げることができます。

ここまでライティングに特化したオンライン英会話は他にない

関連記事:IELTSライティングにコツはある?カギとなる必須の対策法とおすすめ参考書

ベストティーチャー 無料体験9

ちなみに私もベストティーチャーではIELTSレッスンを体験しました。

ベストティーチャー 評判 評価 レビュー

このようにネイティブ講師の方とチャットのような形でやりとりをして、添削をしてもらえます。

JIN

同じライティングで5往復やり取りできるのでライティングの完成度はかなり上がります!

プラン名価格(月額)使用教材通常レッスン
TOEIC SWコース16,500円(税込)Jリサーチ出版 TOEIC対策シリーズ受け放題 (無制限)
TOEFL iBTコース16,500円(税込)旺文社TOEFL対策シリーズ受け放題 (無制限)
IELTSコース16,500円(税込)IDP監修オリジナル問題123問受け放題 (無制限)
英検®コース16,500円(税込)旺文社英検®対策シリーズ受け放題 (無制限)
※価格はすべて税込み表記

懸念点としては、レッスン受け放題であるものの、ライティングレッスンをクリアしないとスピーキングには進めないところ。

つまり、今日はスピーキングレッスンだけ受けたい!というのは不可能

ただ、半強制的にライティング添削をせざるを得ないので、自分にむちを打つという点はポジティブにも捉えられます。

\ 「書く」を徹底して上達させたいあなたに /

※無料体験にクレジットカード入力は不要

ベストティーチャーの受講レビュー記事はコチラ

3位:スパトレ |安さで選ぶならココで間違いない

スパトレ
内容・評価
概要激安でIELTS対策を行える業界最安値のオンライン英会話
オススメ度 (4.5)
オススメの対象初心者~中級者中心
注目ポイントライティング添削レッスンもある!
期待できる効果激安で負荷の高いIELTS対策を毎日行ってスコアアップ!
スパトレ IELTS 評価 チャート

ELT英会話、ベストティーチャーよりも、さらに安くIELTS対策をしたいのであればスパトレが最適解となります。

1位、2位よりは専門性が薄れ、講師も基本ネイティブではありませんが、安さはバツグン!

スパトレのIELTSレッスン
  • 市販教材(公式過去問含む)を使ったレッスン
  • スパトレ独自のIELTSスピーキングレッスン
  • アカデミックライティングレッスン

IELTS対策になくてはならない公式問題集を使って、毎日レッスンができるというのは単純に素晴らしすぎます。

さらにアカデミックライティングレッスンでは、宿題として書いたライティングを公開添削のような形で添削してもらえます。

プラン名スパトレプラン無制限プラン
価格(月額)4,900円6,380円
レッスン回数1日1回無制限
レッスン時間24時間/365日24時間/365日
使用教材5,000教材5,000教材
レッスン形態講師とのマンツーマン講師とのマンツーマン
※価格はすべて税込み表記

毎日受講できて月額4,900円…IELTS対策ではとくに恐ろしいほどのコスパです。

JIN

IELTS対策に安さを求めるのであれば、ココしかないと言い切れます

\ 業界最安値で成果にこだわるIELTS対策 /

※無料体験後の入会義務は一切ありません

スパトレの受講レビュー記事はコチラ

スクロールできます
ランキングサービス名値段無料体験オススメ度ひと言メモ
1位ELT英会話月額 14,300円~1回 40分(カウンセリング付)IELTS対策でこれ以上のオンライン英会話なし
2位ベストティーチャー月額 16,500円レッスン1回徹底したライティング指導
3位スパトレ月額 4,900円~7日間業界最安値、安さで選ぶならココ
サービス名をタップ(クリック)するとレビュー記事を確認できます

3位以降のIELTS対策にオススメできるオンライン英会話サービスや、選び方のキホンなどは別の記事で細かく解説しています。

IELTS向けオンライン英会話ランキング記事はコチラ

Sponsored Links



スピーキング問題をスマートに解く為の10個のコツ【勝てる戦略】

IELTS スピーキング コツ

最後に、IELTSのスピーキング問題を効果的かつ効率的に解くために、明日から使えるコツや戦略を10個紹介します。

アイエルツスピーキングの評価基準を確認

評価基準
  • 流暢さと一貫性(Fluency and Coherence)
  • 語彙力(Lexical Resource)
  • 文法の知識と正確さ(Grammatical Range and Accuracy)
  • 発音(Pronunciation)

評価基準はこのように公式に発表されているので、必ず対策中から意識しましょう。

関連記事:知っておくべきIELTSのスコア目安・換算|はじめての人が目標にすべきスコアは?

パート1は聞かれるトピックが限られている

IELTSスピーキングパート1の過去の出題問題を見てみると、リスクの方を気を「家族」「旅行」「スポーツ」「テレビや映画」「服」を中心とした約30個の他愛のない話トピックが中心です。

事前に答えを用意しておくことができる為、パート1は過去問や演習問題を徹底的に分析すれば勝てます。

JIN

スピーキング参考書ではこちらがオススメです

あいづちやつなぎ言葉を上手いタイミングで使う

会話がうまく成立しているかどうかで印象はガラッと変わります。

たとえば相づちもネイティブが相づちを打つタイミングで打つと「変な間」が生まれません。それ以外でもつなぎ言葉を散りばめることによって、気持ちのいい印象を与えることができます。

簡単な例
  • Let me think…
  • That’s a good point…
  • Let me think about that for a bit

すぐ答えが出ずに考えたい時はこのような表現を使って自然に考える時間を作りましょう。

JIN

ネイティブレベルである必要はまったくありませんが「ネイティブっぽい」という側面はかなり重要です

アオイちゃん

「ネイティブっぽい」かおもしろい!

関連記事:IELTSスピーキングで沈黙は最悪の選択!決定的な理由と時間稼ぎフレーズを紹介

答えの丸暗記はNG

たしかに先ほど「引き出しを増やそう」という話をしましたが、これはなんでも問題集に乗っている答えを丸写ししようという訳ではありません。

使えそうな要素を選定して抜き取って引き出しに入れましょうということです。

丸暗記は絶対しないようにしましょう。

JIN

そもそも仮に丸暗記していいスコアが取れたとしても、本質的な英語力ではないので、ハックしたからといってまったく役に立ちません

アオイちゃん

たしかに…なんのために受けてるの?ってなるわよね…

不慣れな難しいワードは使わない

「難しいワードを使いこなせたらスコアアップできるかも」と考えがちですが、事実である一方間違えた時のマイナスリスクを気を付けた方がいいです。

JIN

自信をもって使えるのであれば問題ありませんが、不慣れな難しいワードや発音がわからないものは避けましょう

アオイちゃん

自信を持って使える表現を使いこなせるようにします!

豊富な文法理解はポイントアップ

先ほど紹介しましたが、スピーキングの評価項目の中には文法理解も含まれています。

スピーキングで使える文法を増やして、豊富な文法を本番で使いこなしましょう。

JIN

文法は結構見落としがちです

発音は気をつける、でもアクセントは気にし過ぎない

発音を間違えた場合マイナスポイントですが、アクセント(訛り)は気にし過ぎないようにしましょう。

世界で使われている英語において、正解のアクセントはありません。

IELTSはイギリス系のテストだからアメリカンアクセントはダメ、そんなことは一切ありません。

どちらかというと評価項目にあるように「流暢さと一貫性」の方がよほど重要です。

JIN

発音に正解はありますがアクセントにはありません

自分の答えを広げよう

単調な1ワードアンサーではなく、自分の意見を広げるような形で回答するのがオススメです。

JIN

話を広げる形がオススメですが、脱線をし過ぎないようにも気を付けましょう

アオイちゃん

コミュ力もある程度必要なわけね!

とにかく話し続けることが重要

たしかに文法や発音は評価項目なのですが、失敗を恐れて言葉が少なくなったり、無口になってしまってはまったく意味がありません。

あくまで、自分のできる限りの知識を駆使して、しゃべり続けることは非常に大切です。

覚えておこう
  • 過度な文法ミスを気にしない
  • 10分ちょっとのテスト、異常なくらいハイテンションで喋り続ける
  • 完璧を求めすぎない、完璧などムリという前提で無口にならないように

IELTSスピーキングでもっとも最悪なシナリオは「無口」「沈黙」であることを、ぜひ覚えておいてください。

初受験の方はぜひIELTS対策完全ガイドからご覧ください

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる