TOEFL

【TOEFLリスニング特化】メモのコツからおすすめの教材・参考書まで大公開

2020年10月8日

TOEFL リスニング 教材

こんにちは、実はIELTSを受ける4ヶ月前にTOEFLを受けて大撃沈した経験があるライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

TOEFL スコア

 

※高校3年生だった頃のスコア証明書です

  • TOEFLのリスニングってどれくらい難しいんですか?
  • 効果的にTOEFLリスニングを解くコツなどはありますか?
  • 高得点を狙う為におすすめの参考書や問題集はありますか?

今回はこのような質問にすべて解答します。

実は私イギリスに行く前はアメリカやカナダに行こうと思っていたのでTOEFLは一回受けています。

結果はスコアを見て頂ければ分かる通り結構悲惨なものでしたが、その後4ヶ月猛勉強してIELTSと別のテストですが、TOEFL ibt換算で90点~100点ほどのスコアを実現してイギリスの大学へ行き卒業しました。

実際のところTOEFLはかなり特殊なテストで特化した勉強法や教材が不可欠だと言えます。

私も当時はなんとなくに勉強したつもりでしたが、結果を見ての通り大撃沈しています。

今回の記事ではTOEFLに一度完敗しながらも、最終的にはイギリスの大学を卒業した私が英語ができるようになった今だから分かるTOEFLリスニングの対策・勉強法・おすすめの参考書などを解説してきます。

この記事を読むメリット

  • 実際にTOEFLを受けた筆者の反省を踏まえた対策法を知る事ができる
  • 明日から自分で簡単に実践する事が可能
  • 目標スコアへ近づくことができる
ジェームズ先生
今日は私と一緒にTOEFLのリスニング対策について学んでいきましょう!
よろしくお願いします!
サヤカちゃん

TOEFLリスニングセクションの内容解説

まずは以下の表でTOEFLのテスト構成をザっと理解しましょう。

Part内容問題数配点
1. リーディング700語前後のアカデミックな長文読解(自然科学、社会科学、芸術など)3~4文章30点
2. リスニング会話と講義の2種類の問題で構成(大学での講義、学生と教授の会話など)2~3会話3~4講義30点
3. スピーキング【Independent Task】身近なトピックへの意見【Integrated Tasks】読み聞きした内容の要約4問30点
4. ライティング【Integrated Task】読み聞きした内容の要約【Independent Task】設問に対し自分の意見を書く2問30点

スポンサーリンク

TOEFLリスニング全体概要

簡単な概要

  • 全35問
  • パート1:10分
  • パート2:20分
  • パート3:30分
  • 主に4択問題
  • アカデミックなテストの為、大学での講義やキャンパス内での会話などが多い

問題内容

会話および講義の2種類の音声を聞き設問に答えます。

会話は大学のキャンパスを舞台にした会話が多く、講義内容は自然科学や歴史など多岐に渡ります。

なお、リスニング音声は一度しか放送されません。

試験中はメモを取りながら音声を聞くことが可能です。

問題数

2~3会話および3~4講義

配点

30点 (1問あたり1~2点)

難易度

ネイティブの自然な会話レベル

TOEFLリスニング各設問の概要

まずはTOEFLリスニングセクションの概要をザっと確認しておきましょう。

セクション問題形式問題数解答時間配点
リスニング会話・講義の2種類の問題で構成

(大学での講義、学生と教授の会話など)

2~3会話

および

3~4講義

41~57分30点

リスニングでは以下2種類の問題形式が出題されます。

会話問題

主に大学のキャンパスを舞台とした会話問題。学生同士のカジュアルな会話や講師とのやり取りなどが多い。日常会話表現や大学で使う単語が出題される。

  • 問題数:2~3題
  • 設問数:1題あたり5問
  • 会話の長さ:1題あたり約3分

講義問題

海外大学の講義を想定した問題形式。

テーマは自然科学や歴史、経済など多岐に渡り、使用される単語は専門的なものも多く、より的を絞った単語対策が必要となる。

  • 問題数:3~4題
  • 設問数:1題あたり6問
  • 講義の長さ:1題あたり約3~5分

ちなみに設問の形式は主に以下の3つです。最も多いのはベーシックな四択問題です。

設問形式内容
四択問題最も多い設問形式。普通の四択と同じ解答方法。
Yes/ Noの表完成問題会話や講義の内容を基にYes/ Noの表を完成させる。複数ポイント(2点)扱いになる問題もあり。
文章並べ替え問題与えられた4つの文章を会話や講義の内容を基に正しく並べ替える。

また、TOEFLリスニングテストを受ける前に覚えておくべき注意点は以下の3つです。

スポンサーリンク

リスニングセクションにおける3つの注意点

①音声は一度しか放送されない

TOEFLリスニングでは音声放送は一度きりです。

必要な情報は聞き逃さないように手中して取り組みましょう。

②メモを取りながら音声を聞いてOK

リスニング中は自由にメモを取ることが許されています。

特に内容が複雑な講義問題では上手なメモの取り方がポイントになってきます。

③ダミー問題に要注意!

TOEFLでは「ダミー問題」というものが出題されます。

これはTOEFLを運営するETSがデータ収集のために使っている問題で、採点対象にはなりません。

ただし、「受験者からはどれがダミー問題か分からない」ので全ての問題に全力投球する必要があります!

TOEFL各セクションの詳しい問題形式についてはTOEFL公式サイトでも確認できますので、受験前に一度はチェックしておくと良いでしょう。

TOEICテストのレベル・難易度

TOEFL
iBT
TOEIC英検IELTS
1209.0
1198.5
117-1188.0
109-116970-9907.5
100-108870-9701級7.0
90-99820-8706.5
80-89740-820準1級6.0
69-79600-7405.5
61-68550-6002級5.0
52-60500-5504.5
45-51450-490準2級4.0
33-44300-4403.5
29-32291-2993級3.0
20-28270-2902.5
12-19260-2694級2.0
100-2595級1.5

※この表は目安であり、実際の比較とズレがある場合もあります。

満点近くとる人は相当なレベルです、仮に今自分が受けてもそこまで取れる自信は正直ありません。

リーディング同様リスニングでも単語取得が最重要

TOEFL単語が必要なのはリーディングだけではない

TOEFLリーディングの記事で言った事とほぼ同じことを言います。

単語取得はTOEFL対策においてそれほど重要です!TOEFLの成功の半分以上はTOEFLで出題される専門単語の取得状況に大きく左右されます。

特にTOEFL初心者が高得点を目指すにおいては7割くらいは単語力にかかってると言っても良いです。

リーディングであろうがリスニングであろうがベースとなるのは単語力です。

ベースがもろければあなたの総合英語力を積み上げる事は出来ないのです。

こちらが全てにおいてバランスが取れた一番理想的な形で、豊富な単語力が他の英語力を支えている状態です。

こちらは単語力、すなわち基盤が薄く、ぐちゃぐちゃになっている様子です。

下手なイラストで申し訳ございませんが、リーディングやスピーキングだけに関わらず単語力が縁の下の力持ち、ベース、基盤…だと常に心に留めておいてください。

特殊なテストであるTOEFLではしっかりと専門単語を覚えよう

TOEFLは日常的な英語力を測るテストではありません。

世界中の多くの大学や教育機関が採用している事を見て分かるように、かなりアカデミックな能力が問われるテストなのです。

つまりTOEFLで登場するようなアカデミックな単語を習得する必要があり、TOEFLに対応した特別な単語集を用意する必要があります。

適当な単語帳を買っていては高得点を取る事は出来ません。

そこでまず必要なのがこちらのTOEFL用の単語帳です。

こちらが一番定番で間違いのない単語帳です。

ジェームズ先生
この単語集無しに高得点は不可能です、必ず手に入れるようにしましょう
そんなに大切なんですね!
サヤカちゃん

私がおすすめする効果的な単語の覚え方

私が英語の勉強をし始めた時からイギリスの大学を卒業するまでずっと一貫して続けてきた英単語の覚え方を紹介します。

他の方法も試したことはありますが今のところこの方法に勝るものはありません

例えば今「この単語帳の単語全部覚えてね!」と言われたら皆さんはどのように覚えますか?

  • 単語帳をそのまま使う?
  • ノートに書きだす?
  • 暗記ペンや暗記シートを使う?
  • とにかく読み込む?

残念ながら少なくともこの挙げた4つの方法で覚えている人はとっても損をしています、効率的ではありません。

やり続ければいずれは覚えられるかもしれませんが、効率的ではない為莫大な時間を単語学習に費やすことになります。

そしてこれらの方法で覚えた単語は覚えたと思っていたとしてもすぐに忘れます。皆さんも「暗記したはずなのに忘れた…出てこない…」なんて経験はありませんか?

私が推奨するのは単語カードや暗記アプリを使った覚え方です。

  • なぜこの方法をおすすめするのか
  • なぜ上記4つの覚え方がダメだと思うのか
  • 具体的な単語カードや暗記アプリの使い方・メリット

これらは以下の個別記事で紹介していますので、気になった方はぜひご覧ください。

さらに詳しく

ジェームズ先生
この覚え方は色々な面で理にかなっています、古臭い覚え方と思われる方も居るかもしれませんが、効果は絶大です
騙されたと思ってやってみます!
サヤカちゃん

TOEFLリスニングを効果的に解くためのコツ7選

正確に効果的なメモを取る

TOEFLリスニングでは適切なメモ取りが重要になります。

失敗するメモの書き方
全くメモを取らない
効いた単語や内容を全部書く

素早く、正確に要点を抜き取ってメモを取るスキルは必ず対策の段階で練習しておくべきです。

練習こそが唯一の上達方法ですが、いくつか役立つヒントを紹介します。

メモするべき内容
  • リスニングの要点・メインポイント
  • 主題の詳細
  • 記憶しづらい内容や会話
メモすべきでない内容
  • Theやa, anなどの細かい単語
  • 詳細内容と関係がない不要な表現
  • 完全な文章コピー

イメージ的には自分が本当に興味がある日本語のレクチャーや授業に参加する際にノートを取る感覚でTOEFLリスニングにも挑みましょう。

一方で学生時代に黒板を全部ノートを写していた人もいるかもしれません、そのようなノートの取り方は絶対にしないようにしましょう。

重要だと思われる内容を予測して先回りする

TOEFLリスニングの中には解答に全く必要ない情報と必要になる内容が混ざっています。

「重要だと思われる内容を予測してメモする」というスキルは効率的かつ効果的にリスニングで高得点を狙う際には非常に重要です。

解党に直結しがちな内容
  • 意見:I think, It is thought that, In theory
  • 否定:Not, Non, Disなど
  • 理由:Because, Since, As, Reason whyなど
  • 結果:As a result, Therefore, Thus, Consequentlyなど
  • 例:For exampleなど
  • 類似:Similarlyなど
  • 言い換え:In other wordsなど
  • 結論:In conclusionなど

以上の「シグナルワード」と呼ばれる英語の前後に来る情報をシンプルかつ高速にメモすると楽になります。

必ず問題集を解くときから練習を重ねて慣れましょう。

話し手のトーンに注目する

TOEFLリスニングは学校英語のリスニングよりも音源がリアルです。

TOEFLの問題では話し手の意見や態度を問う問題もあるので、ぜひ話し手のトーンにも気を配っておくとより効果的にリスニングをすることができます。

「喜怒哀楽」はトーンで掴みましょう。

考え込まずに必ず諦める

人間というのは分かりそうで分からない物があるとずっと深く考えてしまうようにできています。

「あーあれなんだっけ?頭のここまで出てきてるんだけどなぁ…」

皆さんの経験上このような状況から10秒以内に答えが出てきたことは何回くらいありますか?

恐らく0に近いのではないでしょうか。

リスニング中で10秒以内に出てこないような考え込みは完全に無駄としか言えません。

一旦考え込んでしまうとそれ以降のリスニングに響くからです。

次のリスニング音源が流されるまでに思い出す可能性はほぼありませんし、次の問題への準備がおろそかになりドミノ式に崩れて実力を出せなくなります。

モヤモヤ考えたくなる気持ちは痛いほど分かりますが、ここではバシッと諦めましょう!

訳しながら聴いたら手遅れ

「英語を喋ってる時って英語で考えるの?日本語で考えるの?

よく耳にする疑問です、私も英語が出来るようになるまでは日本で育った日本人が英語で考えられるわけないと思っていましたが、そんな私も今英語を使う時の思考回路は英語です。

日本語で考えて脳内で翻訳していてはリスニングに関わらず時間遅れになり、会話すら成立しないからです。

  1. 日本語で考えているとスピードが追いつかない
  2. 情報量が多すぎて頭がパンクする
  3. 脳内変換の過程で情報が抜ける、忘れる

日本語で考えていたらこんなデメリットがあります。

リスニングテストでスピードに追い付けないというのは致命傷です。

答え合わせを必ずしっかり行う

正しい答え合わせチェックリスト

  • なぜどのように間違えたのか
  • 答えはどこにあったのか
  • スクリプトを読んで知らない単語があるか確認→覚えなおし

 

せっかく問題集を使うなら上記すべてをチェックしながら時間をかけて答え合わせをしましょう。

〇×をつけているだけでは全く意味がありません。

同じ問題は最低2回行う

1周目を終えたら少し時間をおいてもう一度やり直しましょう。

2周目に入るころには1周目に分からなかった単語はも分かっているはずです。

そして2周目では1周目と比べて

  • 正解率は上がったか
  • リスニング内容の理解度は上がったか
  • 分からない単語は無くなっていたか

上記に注目をしてください。

99%の人が1周目より高い得点が取れているはずです。

1周目より低い人は先ほど紹介した答え合わせや分からなかった単語の取得を怠っている人です、プロセスを1つでも怠ってしまう人は伸びません、これははっきり自信を持って言えます。

続いて、TOEFLリスニング対策におすすめの参考書や教材をご紹介していきます!

TOEFLリスニング対策で使えるおすすめ問題集・教材・参考書

TOEFLのリスニングに特化したおすすめ問題集・教材・参考書

『TOEFLテストリスニング問題190』(旺文社)

TOEFLリスニングの参考書といえばまずはこちらを手に入れましょう。

全4章の構成で、TOEFLリスニングの基礎から実践問題まで全てが詰まっています

初心者の方は第1章および2章の問題概要や基礎学習からスタートすると良いでしょう。付属のWeb模試を使えば本番の解答形式の練習もバッチリ行えます!

おすすめポイント
  • TOEFLリスニングならまずはこれ!
  • 初心者でも使いやすい内容&難易度
  • 豊富な問題数で本番に慣れる!

『iBT対応 TOEFLテスト完全攻略リスニング』(アルク)

TOEIC関連書籍でも有名なロバート・ヒルキさんによるTOEFUリスニング参考書です。

メモの取り方やリスニングで注意すべき点などが分かりやすくまとめられています。

音声スピードは本番に比べるとやや遅い印象ですが、初心者でも無理なく練習できるレベルになっています!

おすすめポイント
  • リスニングに苦手意識がある人に◎
  • メモの取り方や解答のテクニックが満載
  • リスニングセクションへの取り組み方が分かる

『TOEFL iBT® TEST リスニングのエッセンス』(Z会編集部)

TOEFL iBT80~100点レベルを目指す中上級者にもおすすめできるのがこちらです。

リスニングの鍵となるノートテイキングおよび要旨把握の効果的な実践法などを分かりやすく紹介しています。

問題は会話および講義形式のものがそれぞれ収録されており、難易度も本番と比べて遜色ないです。

取り扱われている文章の内容も自然科学から歴史まで多種多様なので、専門的な単語力の強化にもピッタリの一冊です!

おすすめポイント
  • TOEFL80~100点を目指す上級者向け
  • リスニング攻略するためのノートの取り方を学ぶ
  • 模試形式の確認テストもたっぷり2回分!

市販の参考書であれば、リスニング対策はとりあえずこの三冊を押さえておけばOKです。

プラスでTOEFL専用の単語帳や公式問題集もしっかりとチェックしておきましょう!

次は意外と知らない人も多い!TOEFLリスニング対策にバッチリの教材やサイトをご紹介します!

『TED-Ed』

(公式サイトhttps://ed.ted.com/lessons?direction=desc&sort=featured-position)

著名人による演説で有名なTED Talksの教育系チャンネルがTED-Ed (TED Educationの略)です。

TOEFLでも頻出の自然科学や歴史、文化などに関する膨大な数のビデオを無料で視聴することが出来ます。

どのビデオも分かりやすいイラスト付きで話が展開されるので、背景知識がない人でも理解しやすくなっています。

TOEFL対策から総合的リスニング力の強化まで、個人的にとてもおすすめのサイトです!

おすすめポイント
  • 様々な分野の講義が無料で聴ける
  • 動画はイラスト付きで分かりやすい
  • TOEFL頻出分野の背景知識upに◎

ちなみに、公式サイトではより詳しいビデオの内容や理解度チェックの問題を解くことも出来ます。

登録は簡単かつ無料なのでぜひ活用してみて下さい!

TOEFL対策を実戦形式で行うことができるおすすめ問題集・教材

『The Official Guide to the TOEFL® Test』(ETS)

TOEICと同じくTOEFLでも、公式問題集を解く大切さは変わりません。

単語→熟語→練習問題をひと通り終えたら、本書で本番へのラストスパートをかけましょう!

TOEFLを運営するETSが出版している本書には、全パート収録の練習問題が4回分ついています。

リーディングはもちろんライティングの模範解答や、苦手な人が多いスピーキングの解答ポイントなど情報が満載です!

おすすめポイント
  • ETSによる公式問題集
  • 日本語版と英語版あり
  • 本番前の直前対策に◎

『Official TOEFL iBT Tests (Vol. 1-2)』 (ETS)

もっと多く公式の問題を解きたいのであればこちらの過去問集がおすすめです。

本書には実際に出題されたTOEFLの過去問が5回分収録されています。

Vol. 1と2で内容量は同じですが、収録問題は異なるので2冊買いもおすすめです。付属のDVD-ROMを使えば実際のテストと同じようにパソコン上で問題を解くことが可能です!

おすすめポイント
  • 実際の過去問が収録された公式問題集
  • DVD-ROMで本番の解答形式に慣れる
  • とにかく本番に近い過去問が解きたい人に

TOEFL単語を勉強するのにおすすめの単語帳・教材

『TOEFLテスト英単語3800』(旺文社)

TOEFLを受験すると決めたらまず手に入れたいのがこちらの単語帳です。

TOEFL頻出の単語がRank1~4のレベルごとにまとめられています。

重要単語は例文付きなうえ、付属のCDで発音を確認しリスニング対策にも活用できます。

別冊の冊子にはリーディングでよく出題される分野の英文がまとめられており、基礎的な背景知識と単語を一緒に覚えることが出来ます!

おすすめポイント
  • TOEFL単語帳ならこの一冊!
  • Rank1~4のレベル別で例文付き
  • 1日25単語から始められる手軽さも◎

『改訂新版 TOEFL TEST必須英単語5600』(ベレ出版)

「上記だけではもの足りない!」そんな人におすすめしたいのが本書です。

こちらでは中~上級向けまで含むTOEFL頻出の単語を分野別の英文で覚えることが出来ます。

付属のCDや挿し絵も活用し、聴覚・視覚・発話という多角的アプローチで単語を身につけられる構成になっています。

収録されている英文は多ジャンルかつ高品質のものばかりで、語彙力とリーディング力を同時に鍛えたい人にもおすすめです!

おすすめポイント
  • 上級者向けのTOEFL単語帳
  • 単調な単語帳だと飽きてしまう人に◎
  • リーディング力も同時にアップ!

『TOEFLテスト英熟語700』(旺文社)

リーディング対策で単語と同じくらい大切なのが熟語力です。

ついつい後回しにしてしまいがち…そんな英熟語も、本書なら10週間でバッチリ対策できます!

TOEFLで頻出の熟語および口語表現を厳選して700個収録しており、分かりやすい例文つきで学習がサクサクはかどります。

週の最後には習熟度チェックのクイズもついており楽しく勉強することが出来ます!

おすすめポイント
  • TOEFL英熟語ならこれ!
  • 確認クイズで習熟度も分かる
  • 付属CDで聞き流しにも便利

問題集や教材を使った効果的なTOEFLリスニング対策法

まずはTOEFLレベルの単語から覚える

物事は一つ一つこなしていかないと結果的に最終的な目標にはたどり着けないものです。

TOEFLの場合

  1. TOEFL単語の取得+初心者の場合は内容理解
  2. TOEFLリスニング問題集で特訓
  3. 公式問題集で追い込み

大まかですが、この順番がおすすめです。

単語に関しては実践練習に入る前に必ず紹介した単語集の5割、6割を覚えておくようにしてください、そうしないと満足に問題が解けないので、時間の無駄になります。

初心者は最初から公式問題集を解いてはダメ

TOEFLを勉強、対策するにおいてTOEFL公式から出ている問題集を買うのは必須です。

しかし初心者の場合にとってまだきちんとした段階を踏めていない為、最初から公式問題集に手を出すのは無理があります。

今の状態でTOEFLの問題を解いても解けません、すなわち時間の無駄になってしまいます。

まずは単語学習と並行してTOEFL問題を解く前に日本語で書かれたTOEFL入門書を読んでテスト内容や流れを把握しておきましょう。

リスニング問題集を使ってTOEFLリスニングの特訓をしよう

TOEFL単語をある程度覚えたらリスニング問題集を使ってTOEFLリスニングの特訓をしましょう。

ぜひ先ほど紹介した「リスニング解答のコツ」を意識しながら、この段階から本番を見据えて進めていくのが最も効果的です。

ここで効果的な問題集や公式問題集の使い方を紹介します。

答え合わせを絶対に答え合わせだけで終わらせない

答え合わせと言ってもただ丸付けしてるだけでは全く意味がありません。

必ず答え、解説と照らし合わせて

  • 「なぜ間違えたのか」
  • 「本当の答えは何だったのか」
  • 「答えはどこにあったのか」
  • 「どういう経緯でこの答えになったのか」

この4つを割り出すまでそこから動いてはいけません。

リスニングスクリプトに目を通しもう一度聞いてみる

答え合わせ中はTOEFLリスニングのスクリプト(原稿)に必ず目を通しながら答え合わせをしましょう。

自分が聞いて分からなかったところを文字で見る事で「どこで」「どのような」聞き間違い、もしくは聞き取れなかったのかを理解する事が出来ます。

鉄は熱いうちに打てと言いますが聞いたリスニングの内容をなんとなく覚えているうちに答え合わせをしてしまいましょう。

「どこで」「どのように」間違えたのかを調べ上げたら原稿内で自分が分からなかった単語を全て割り出し覚えて下さい。

分からなかった単語は全て先ほど紹介した単語カードに全て書き留め覚えるようにしましょう。

時間を空けて同じリスニング問題を最低2回はやる

問題集は必ず少なくとも2周はやってください。

2周目に入るころには1周目に分からなかった単語や聞き逃したところ、理解できなかった会話も1回目よりは必ず分かっているはずです。

そして2周目では1周目と比べて

  • 正解率は上がったか
  • 分からない単語は無くなっていたか
  • 音源の言っている事をより聴けるようになったか
  • 音源を理解する事が出来たか

以上に注目をしてください。

99%の人が1周目より高い得点が取れているはずです。

1周目より低い人は先ほど紹介した質の高い答え合わせや分からなかった単語の取得を怠っている人です、これまでに説明した工程を1つでも怠ってしまう人は伸びません。

2周やる事で得たいのはズバリ「成功体験」です。

ポイント

「自分でも単語が分かっていればこれだけの点数が取れる!」

「覚えた単語が実際に問題に出ても使えている!」

このようなな成功体験に気づく事は大切です。

モチベーションの向上という面だけではなく、勉強したことが間違っていないという自信を与えてくれます。

ほとんどの状況下で人間が大きく飛躍的に成長するのは「成功体験」もしくは「失敗体験」のどちらかです。

やれる人は3週目までやりましょう。

反復練習の努力が創り出す成功体験が成長には必要不可欠です。







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-TOEFL

© 2020 ライフタイムラーナー