元講師がオンライン英会話を25社以上受講して比較!➡

誰にでもできる!英検2級イチオシ勉強法+元講師が考えた学習計画を大公開

こんにちは、数多くの生徒たちに英検2級を指導して合格させ、そして自らも高校時代偏差値40から数カ月で英検2級に一発合格した、英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です

英検1級 合格証
JIN

結論まずは英検2級レベルの単語力が自分にあるか考えるところからはじめましょう!

この記事のまとめ

英語講師として数多くの生徒に英検準2級を教え、高校時代は偏差値40から数ヶ月で英検2級を取得した筆者が2級合格を目指す為の対策を徹底解説!

英検学習の考え方から、実際に私が独自に作成した学習スケジュールを無料で公開します。

英検2級の合格を目指している人はぜひ読んでほしい内容です。

英検2級対策に何をすればいいのかわからない、そんな人も多いのではないでしょうか?

実際私もはじめて2級を受けてみた高校生の頃、何をしたらいいのか一切わかりませんでした。

しかし、今思うと適当に問題集を解いているだけでは全然効果がありません。

これは高校を卒業してから猛勉強してイギリスの大学に行って、英語講師としての経験を積んだ今だからこそ言えることです。

「でもどうやって勉強、対策をしたらいいのかわからない」

今回はそんな悩みをもつ方々のために元英語講師の私が「効果的に合格に直結するような英検準2級オススメ勉強法」と「誰でもできる勉強スケジュール」を公開します!

この記事を読むメリット
  • 合格に直結するような勉強法を知ることができる
  • 優先順位や勉強する順番を理解して効果的に取り組める
  • 紹介するスケジュールをやり抜けば合格の確率大幅アップ
アオイちゃん

おおまかに一体どんなスケジュールなんですか?

JIN

優先順位をしっかりつけて着実に進める学習計画です

本気で一発合格を目指している人向けの英検2級完全攻略ガイド

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



英検2級でまずもっとも重要な対策は単語勉強で間違いない

まずは英検2級の対策で単語学習を最優先に行うべき理由を解説します。

単語学習を最優先にするべき理由

英検合格に不可欠な勉強ナンバーワンは単語学習です。

筆記試験もリスニング試験も、もっというならライティング試験もすべて単語が絡んできます。

語彙力と英語力の関係

筆記試験の中には単語だけに特化した語彙問題というのものに20問も割り振られています。

語彙問題=単語の問題=勉強すれば解ける=勉強しなければ他の人に置いていかれると思っておいてください。

JIN

英検2級の筆記試験は単語力で7~8割決まると言っても大げさな表現ではありません

英検2級合格を目指す勉強でやるべき3段階の必須勉強法

必須の勉強順序
  1. 単語取得
  2. 問題集で慣れる
  3. 過去問で追い込む

この3つの段階は前後不動です、この順番で無ければならないと私は考えます。

この順番でなければならない理由
  • 英検2級レベルの単語を十分に知らなければ問題集を解いても意味ないため
  • 問題集で問題慣れしておかないと過去問を解く効果が薄れるため
  • 過去問を解いておかないと本番に向けてしっかりと準備できないため

英検2級の単語学習に不可欠なたった1冊

私も英検1級まで取得しましたが、この本は合格するために無くてはならない存在だと胸を張って言えます。

むしろこの本なしで受かった人ってどうやって単語勉強したの?とすら思います。

この本の凄いところは過去のデータが凄く分析されていて正確なところ、パス単で重要、頻出とされている単語は本番でもたくさん出てきます。

JIN

英検2級の単語勉強をするならこの本がナンバーワンです

2級レベルの単語をある程度覚えたら問題集もしくは過去問で実践

次は単語学習を終えた後にすべき勉強を紹介します。

英検2級合格を目指す勉強法の順序

  1. パス単での単語学習
  2. 問題集で練習
  3. 過去問で追い込み

この順序が一番効果的です。

リーディング、リスニングの対策は単語力が一定レベル付いてから

先ほど言ったように単語の取得が最優先事項です、さっき紹介した単語帳の4割覚えるまではリーディングとリスニングの対策はしなくて大丈夫です。

最低でも4割わかるようになってからはじめましょう。

JIN

まず単語を知らないとリーディングやリスニングは満足に解けません、モチベーションの低下にもつながるので単語から手をつけるのがオススメです

元講師おすすめの過去問と問題集

ここでは、英検2級の対策にオススメの問題集と過去問を紹介します。

英検2級 過去6回全問題集

英検2級 過去問 2021年
内容・評価
概要過去6回分の過去問を収録する問題集
オススメ度/重要度 (5.0)
料金/コスパ (5.0)
対象受験者全員
期待できる効果実際に過去に出された問題で対策をして合格に近づける

こちらも合格には必須の1冊です。

どんな試験でもそうですがやはり過去問を使って傾向や内容を掴んだり、スピード感に慣れるのは非常に大切です。

大学受験をする人はセンター試験の過去問を必ず事前に解きますよね?高校受験をする人は必ず事前に過去問を解きますよね?英検もそれとまったく同じです。

問題集と過去問は別物と考えてください。

JIN

過去問を事前に解いておかないと本番で予期しないアクシデントが発生する確率も高まります

ポイント
  • 過去問が対策でもっとも重要なピース
  • 安心の旺文社
  • 過去問なしに対策はあり得ない

7日間完成 英検2級予想問題ドリル

英検2級 おすすめ 教材3
内容・評価
概要定番の7日間で完成できる英検2級問題集
オススメ度/重要度 (4.0)
料金/コスパ (4.5)
対象全受験者
期待できる効果より多くの実践問題を解いて合格を狙う

こちらは過去問の前に使って欲しい教材です。

いきなり過去問をやっても多分うまくいきません、間違えだらけになることが容易に想像できますし、そうなるとモチベーションも大幅に下がります。

なので過去問に移る前にはこのような問題ドリルを使って、問題形式に慣れることが重要です。

ポイント
  • 過去問に入る前の慣れに最適
  • 7日間完成でコンパクト
  • 安心の旺文社

予想問題ドリルは7日間完成のドリルですが、もう少しボリュームのある問題集が欲しいという方は、こちらの「集中ゼミ」もオススメ!

そして私が推奨する3冊のセットがお得にネット販売されていることに最近気づきました!

ぜひ私の推奨する方法で、本を使って計画的に英検2級合格を目指したいという方は3冊セットでご購入されるとよりお得です。

関連記事:英検2級の教材は苦手分野で選ぶ!今おすすめしたいイチオシ参考書・問題集7選

英検2級合格に向けた過去問や問題集を使った勉強の鉄則

ここでは問題集や過去問を解く際に絶対に気を付けなければならない点を解説します。

問題集・過去問の正しい使い方

答え合わせは必ずしっかりとやる

過去問や問題集をせっかく買っても問題を解いて、丸付けをしてやった気になった終わりにしてはダメです。

せっかく買ったのにもったいない!

答え合わせチェックポイント
  • 普通に解く丸付けをする
  • どこで、どうして、どんな経緯で間違えたのか、知らなかった単語を割り出す
  • どうすればよかったのかを考える、知らなかった単語は覚えなおす
  • 一定期間を空けてもう一度同じ問題の2週目をする

少なくともここまでやるべきです。

そうすることで知らなかった新しいことも過去問から学べますし、今後同じシチュエーションでどのように対処すればいいのかわかります。

JIN

隅から隅まで使うというのはこういうことで、ムダにしないようにしましょう

時間を測って本番に備える

過去問をやる時には本番にタイマーを合わせて解いていくと、本番でのペース配分などに慣れることができます。

自分に合ったペース配分がわからないと時間切れになる確率が大幅に高まります。

【超実践的】英検2級の合格を目指す為の3ヶ月学習スケジュールを大公開

ここでは元講師の私が独自に考案した英検2級合格を目指すための3ヵ月対策スケジュールを公開します。

英検2級合格を目指すための学習計画1ヶ月目

まず1ヶ月目にやるべきことなどを詳しく解説します。

1ヶ月目はとにかく単語と熟語を覚えるのみ

最初から英検2級の問題集や過去問に手を出してはいけません。

なぜなら英検2級レベルの単語を満足に知らないうちに問題集をやろうとしても満足に解けないからです。

英検2級初受験の人なら恐らく単語力が足りていません、もしすでに英検2級に余裕で受かるような単語力があるのであれば、もうひとつ上の準1級を目指すのをオススメします。

理解できないものをひたすらやるほど人間にとって苦痛なものはありません。

最悪の場合その時点で挫折して諦めてしまいます。

さらに英検2級レベルの単語量はほぼ一定で決まっており、終わりが無い訳ではありません。

関連記事:【単語リスト付き】元講師が実践した英検2級の単語の覚え方を小テスト付きで解説

私の中では英検の勉強で単語取得以外にまず手をつけるのはあり得ません。

JIN

足元をまず固めておかないと全体を見た時絶対に非効率的になってしまいます

英検2級学習プラン1ヶ月目で必要な本

まず英検2級レベルの単語力をつけるために単語学習をする際は必ず「単語帳」が必要になります。

私が一貫してオススメしている英検2級用の単語帳は、こちらのでる順パス単です。

1ヶ月目に必要なのはこのたった1冊です。

最初から何冊もたくさん買う必要は無いのです。

JIN

できるだけムダなものはオススメしたくないので、このプラン内で紹介する本はすべて必要最低限のものだけを紹介します

元講師がオススメする英検2級単語の覚え方

英検2級受験者の方であれば私が英検1級取得し、累計15,000語を覚えた単語カードもしくは暗記アプリを使った単語学習を強くお勧めします。

ノートに書いたり、暗記シートを使ったり、単語帳をただ眺めているだけではだめです。

私がずっと実践してきて累計約15,000単語を覚えた英単語の覚え方は以下の記事で紹介しています、ぜひ参考程度でもいいので見ていってください!

関連記事:【完全版】イギリスの大学を卒業した私がおすすめする英単語の覚え方

1ヶ月目は最低でも先ほど紹介した単語帳の4~5割程を覚えられるように頑張ろう

何度もいうようですが、このプラン最初の1ヶ月目は単語学習一本です。

目標を一本に絞っているからこそ、単語帳に載っている単語の4~5割は覚えられるように頑張りましょう。

「そんなのムリだよ」

そう思うかもしれませんが、英検2級を受けようとする方なら、単語帳に載っている単語すべて知らないという状況は100%あり得ません。

JIN

4~5割の中にはすでに知っている単語も多数含まれているはずなのです

英検2級合格を目指すための学習計画2ヶ月目

次に2ヶ月目にすべきことを詳しく解説していきます。

単語学習は継続しつつ実践により近づく

2ヶ月目の単語目標は「単語帳の7割覚える」です。

2ヶ月目では他のこともやりたいので、ペースを少し落とします。

JIN

しかし単語学習は必ず継続して、定期的に必ず今まで覚えた単語の復習もしましょう

2ヶ月目で英検2級の内容を頭に叩き込んでおく

知っておくべきこと
  • 何分のテストなのか
  • 何問のテストなのか
  • どんな問題が出題されるのか

敵を知らなければ倒すことはできません、戦略を練ることもできません。

英検も同じです。

2ヶ月目では必ず英検2級の問題内容をしっかりと頭に入れておきましょう。

関連記事:【3分でわかる】英検2級の試験時間は何分?元講師が問題数や特徴とともに解説

私の書いた上の記事はかなり簡略的であり、すべてを紹介しきれている訳では無いので、2ヶ月目に買いたい本のひとつとしてこちらの参考書をオススメします。

そうすれば対峙する英検2級という敵を知り、どこで点を稼げそうなのか、どこが苦手でどこを重点的に対策するべきなのかなど役に立つ情報を得ることができます。

2ヶ月目はこれだけです。

単語帳に載っている単語の7割を覚えること、そして対策教本を読破して英検2級の構造を徹底的知ることが目標です。

英検2級合格を目指すための学習計画3ヶ月目

最後に3ヶ月目にやるべきことを詳しく解説します。

単語学習は復習中心に

このプランに沿ってくれた方はこれまでにパス単の7割を覚えてくれたかと思います。

3ヶ月目も単語学習は続けますが、頑張って8割に届くくらい新しい単語を覚えつつも復習を中心に行いましょう。

JIN

単語はやらないとすぐに頭から抜けていくので復習は絶対に必須です

予想問題集からはじめる

まずは過去問ではなく予想問題集からやっていきます。

その理由というのが、過去問よりも問題集の方が比較的易し目のレベルで作られている場合があるのです。

つまり、本番の問題よりもレベルが低く設定されていることもあります。

対策として簡単な問題→難しい問題に移っていくのがセオリーなので、問題集から先に手をつけるという訳です。

JIN

レベルが易し目といっても、構造は同じように作られているので、過去問に入る前のいいウォームアップになります

最後は過去問で締めくくる

問題集をしっかり終えたら次にやるべきなのは「過去問」です。

テストの対策をする上で過去問をやらないで挑むのはあり得ません。

問題集を終えたらちゃんと過去問に取り組んで本番に備えましょう。

しかし先ほども言いましたが、問題集や過去問を使った実践演習はただやみくもに解くだけでいいという訳ではありません。

絶対に問題集や過去問を解く際に気を付けなければならないことがありますのでおさらいしておきましょう。

過去問を解くときは必ず時間を計る

問題集をやる時はやらなくてもいいですが、過去問を解くときは必ず時間を計って過去問を解きましょう。

きっちり時間を計ることで、本番でもスムーズに時間切れになる確率を大幅に軽減できます。

JIN

過去問を解く過程で自分に最適な時間配分を見つけましょう

同じ問題を2回はやる

少し退屈だと思うかもしれませんが同じ問題を2回は解いてみてください。

一度解いた問題は時間を空けてもう一度解いてみましょう。

それは1で最初に間違えたところを覚えなおして解けるようになっているのか自分を試すためです。

JIN

もしそこで2回同じ間違いをしてしまうようならば覚えが足らなかった証拠です、3回目の間違えを犯さないように必ず2回で覚えましょう

答え合わせを必ずしっかりやろう

問題集や過去問を解いてから答え合わせをするとき〇×つけて終わっていませんか?

それでは勿体ないし意味がありません。

過去問や問題集には答えだけでなく解説も付いてくるし、リスニングの原稿だって付いてきます。

チェックポイント
  • どの単語を知らなかったのか(聞き取れなかったのか)
  • どの部分で解答(聞き)間違いをしたのか
  • どこでどういう理由で間違えてしまったのか

最低でもこの3つはクリアにしておきましょう。

知らない単語が出てきたならその単語を覚えましょう、リスニングであれば解説と答えを読んだ後もう一度聴いてみましょう。

JIN

ムダにしない為にも必ずちゃんとしっかり答え合わせをして覚えなおしをしましょう

本気で一発合格を目指している人向けの英検2級完全攻略ガイド

Sponsored Links



本気で一発合格を狙う人にのみにオススメの「英検ネットドリル」

本気で一発合格を狙っている方に私がオススメしたいのが、このサイトでも至るところでオススメしている旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

英検ネットドリルのメリット
  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能
  • でる順パス単
  • 過去問集
  • 7日間完成予想問題ドリル

お馴染みの旺文社書籍を、デジタルだからこその機能とともに利用できます。

このようにパス単掲載単語を、簡単に音声付きで覚えられるのが素晴らしい!

各書籍に理解度チェックテストがあるので、勉強の組み立てがやりやすいですね!

二次試験対策は、バーチャル試験官と対策できます。

デメリットなどに関しては、実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ読んでからご検討ください。

英検ネットドリルを実際に使用したレビュー記事はコチラ

\ 定番の旺文社英検書をデジタルで活用! /

※無料体験後の購入義務は一切ありませんn

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる