2級対策

【保存版】元講師が伝授する英検2級勉強方法+理想的な対策スケジュール大公開

2019年8月17日

英検2級 対策 勉強法 対策本 参考書

こんにちは、数多くの生徒たちに英検2級を指導して合格させ、そして自らも高校時代偏差値40から数カ月で英検2級に一発合格した英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証

  • 英検2級の勉強の仕方が分かりません
  • 何から手を付ければいいのか分かりません
  • いっその事理想の勉強スケジュール立ててください!

誰しもが一発で合格したいと思っているかと思いますが、実際とりあえずなんとなく問題集を買って解いてみるだけという方も多いです。

しかし適当に問題集を解いているだけでは効果がありません。

もちろん私も英語が全くできなかった頃はそのような経験が嫌な程あります。

「でもどうやって勉強、対策をしたらいいのか分からない」

今回はそんな悩みを持つ方々のために元英語講師の私が「効果的に合格に直結するような英検準2級おすすめ勉強法」を紹介、さらに私が理想だと思う3ヶ月の勉強スケジュールを大公開します!

今日の記事内容

  • 英検2級合格の為に単語学習が一番大事な理由
  • 単語対策におすすめの単語帳
  • おすすめの単語の覚え方
  • 問題集や過去問を使った対策勉強法
  • 元講師おすすめの3ヶ月学習計画を大公開

この記事を読むメリット

  • 必要な問題集や教材が分かる
  • 英検2級に合格するためにやるべき事を理解できる
  • 紹介するスケジュールをやり抜けば合格の確率大幅アップ
  • 実際に私が使ってきた英検の学習計画

本気で英検2級に一発合格を目指したい方はこちらの完全攻略ガイドからお読みください!

さらに詳しく

エリカ先生
英検専門のエリカです、今日は私と一緒に英検2級に一発合格するための勉強法を学んでいきましょう!
よろしくお願いします!
サヤカちゃん

英検2級で最も重要な対策は単語勉強

スポンサーリンク

単語学習を最優先にするべき理由

英検合格に不可欠な勉強ナンバーワンは単語学習です。

筆記試験もリスニング試験も、もっと言うならライティング試験も全て単語が絡んできます。

文法なども全ての試験で必要ですが、単語と比べると重要度が桁違いです。

筆記試験の中には単語だけに特化した語彙問題なんてと言うのものに20問も割り振られています。

語彙問題=単語の問題=勉強すれば解ける=勉強しなければ他の人に置いていかれると思っておいてください。

この語彙問題で点が取れなくては話になりません、英検2級の筆記試験は単語力で7~8割決まると言っても大げさな表現ではありません。

単語力が十分に無い場合起きる事
  • 筆記試験の語彙問題を解けない
  • 筆記試験のリーディングを読めない
  • リスニング試験のリスニングを聴けない

こんな状態で合格ラインまでもっていくのはほぼ不可能です。

単語をまず最初に取り掛からないと他の実践的な対策も満足に、そして効果的にこなすことができないのです。

英検2級合格を目指す勉強でやるべき3段階の必須勉強法

私が考える勉強法で不可欠な要素が3つあります。

  1. 単語取得
  2. 問題集で慣れる
  3. 過去問で追い込む

この3つの段階は前後不動です、この順番で無ければならないと私は考えます。

この順番である理由
  • 英検2級レベルの単語を十分に知らなければ問題集を解いても意味ないから
  • 問題集で問題慣れしておかないと過去問を解く効果が薄れるから
  • 過去問を解いておかないと本番に向けてしっかりと準備できないから

スポンサーリンク

英検2級の単語学習に不可欠なたった1冊

英検2級に受かるために単語力が一番重要だという事はこれまで他の記事でも口酸っぱく言ってきました。

まず単語の勉強をしないと話になりません。

私も英検1級まで取得しましたが、この本は合格するために無くてはならない存在だと胸を張って言えます。

むしろこの本なしで受かった人ってどうやって単語勉強したの?とすら思います。

もちろん自分が英検を受けた時は各級このパス単を使いました。

この本の凄いところは過去のデータが凄く分析されていて正確なところ、パス単で重要、頻出とされている単語は本番でもたくさん出てきます。

英検2級の単語勉強をするならこの本がナンバーワンです。

エリカ先生
英検学習においてこの単語帳は必須中の必須よ、必ず手に入れるようにしてね

2級単語をある程度覚えたら問題集もしくは過去問で実践

英検2級合格を目指す勉強法の順序

  1. パス単での単語学習
  2. 問題集で練習
  3. 過去問で追い込み

この順序が一番効果的です。

リーディング、リスニングの対策は単語力が一定レベル付いてから

先ほど言ったように単語の取得が最優先事項です、さっき紹介した単語帳の4割覚えるまではリーディングとリスニングの対策はしなくて大丈夫です。

最低でも4割分かるようになってから始めましょう。

エリカ先生
まず単語を知らないとリーディングやリスニングは解けないわ、モチベーションの低下にも繋がるから必ず単語から手を付けるように

元講師おすすめの過去問と問題集

英検2級 過去6回全問題集

英検だけでなくどんな試験でもそうですがやはり過去問を使って傾向や内容を掴んだり、スピード感に慣れる事は非常に大切です。

大学受験をする人はセンター試験の過去問を必ず事前に解きますよね?高校受験をする人は必ず事前に過去問を解きますよね?英検もそれと全く同じです。

問題集と過去問は別物と考えてください。

過去問を事前に解いておかないと本番で予期しないアクシデントが発生する確率も高まります。

そして過去問を事前にこなしておけば冷静にいつも通りの力を発揮できます。

7日間完成 英検2級予想問題ドリル

こちらは基本的に過去問に移る前に問題慣れするために使って欲しい教材です。

いきなり過去問をやっても多分上手くいきません、間違えだらけになる事が容易に想像できますし、そうなるとモチベーションも大幅に下がります。

なので過去問に移る前にはこのような問題ドリルを使って問題形式に慣れる事が重要です。

私が推奨する英検準2級用の教材3冊のセットがお得パックでネット販売されていることに気づきました!

ぜひ私の推奨する方法で、本を使って計画的に英検準2級合格を目指したいという方は3冊セットでご購入されるとよりお得です。


2020年版 【英検2級】 でる順パス単 + 7日間完成 予想問題ドリル + 過去6回全問題集 3冊セット

英検2級合格に向けた過去問や問題集を使った勉強の鉄則

答え合わせは必ずしっかりとやらなきゃ意味がない

過去問や問題集をせっかく買っても問題を解いて、丸付けをしてやった気になった終わりにしてはダメです。

せっかく買ったのにもったいない!

過去問を解くときは

  • 普通に解く
  • 丸付けをする
  • どこで、どうして、どんな経緯で間違えたのか、知らなかった単語を割り出す
  • どうすればよかったのかを考える、知らなかった単語は覚えなおす
  • 一定期間を空けてもう一度同じ問題の2週目をする

少なくともここまでやるべきです。

そうする事で知らなかった新しい事も過去問から学べますし、今後同じシチュエーションでどのように対処すればいいのか分かります。

隅から隅まで使うというのはこういう事で、無駄にしないようにしましょう。

時間を測って本番に備える

過去問をやる時には本番にタイマーを合わせて解いていくと本番でのペース配分などに慣れていく事ができます。

ペース配分が分からないと時間切れになって解けなかった問題があるなんてよくある事です。

【超実践】英検2級の合格を目指す為の3ヶ月学習スケジュールを大公開

英検2級合格を目指すための学習計画1ヶ月目

1ヶ月目はとにかく単語と熟語を覚えるのみ

最初から英検2級の問題集や過去問に手を出してはいけません。

なぜなら英検2級レベルの単語を満足に知らないうちに問題集をやろうとしてもどうせ解けないからです。

英検2級初受験の人なら恐らく単語力が足りていません、もし既に英検2級に余裕で受かるような単語力があるのであればもう一つ上の準1級を目指す事をおすすめします。

理解できないものをひたすらやるほど人間にとって苦痛なものはありません。

最悪の場合その時点で挫折して諦めてしまいます。

さらに英検2級レベルの単語量はほぼ一定で決まっており、終わりが無い訳ではありません。

【英検2級】必要な単語数は?元講師が小テスト・単語リスト付きで解説

まず単語を固めて問題集なり過去問なりをしっかりと解けるようになるのが一番先です。

私の中では英検の勉強で単語取得以外にまず手を付けるのはあり得ません。

スポーツでもなんでもどんなことでもまず基礎を固めてから実戦練習ですよね、足元をまず固めておかないと全体を見た時絶対に非効率的になってしまいます。

エリカ先生
英語学習において全体像を見た時に一番大切なのは単語なのよ!

英検2級学習プラン1ヶ月目で必要な本

まず英検2級レベルの単語力をつけるために単語学習をする際は必ず「単語帳」が必要になります。

ちなみに私が一貫しておすすめしている英検2級用の単語帳はこちらのでる順パス単です。

1ヶ月目に必要なのはこのたった1冊です。

最初から何冊もたくさん買う必要は無いのです、できるだけ無駄な道は私もおすすめしたくないので、このプラン内で紹介する本は全て必要最低限のものだけを紹介します。

元講師がおすすめする英検2級単語の覚え方

英検2級レベルとなると受験者の方はほとんど中学生以上になるでしょう。

中学生以上であれば私が英検1級取得し、累計15,000語を覚えた単語カードもしくは暗記アプリを使った単語学習を強くお勧めします。

ノートに書いたり、暗記シートを使ったり、単語帳をただ眺めているだけではだめです。

なぜそのような覚え方がダメな覚え方なのか、そして私がずっと実践してきて累計約15,000単語を覚えた英単語の覚え方はこちらの記事で紹介しています、ぜひ参考程度でもいいので見ていってください!

さらに詳しく

1ヶ月目は最低でも先ほど紹介した単語帳の4~5割程を覚えられるように頑張ろう

何度も言うようですが、このプラン最初の1ヶ月目は単語学習一本です。

目標を一本に絞っているからこそなんとか単語帳に載っている単語の4~5割は覚えられるように頑張りましょう。

「そんなの無理だよ」

そう思うかもしれませんが、英検2級を受けようとする方ならあの単語帳に載っている単語が全て見たことのない単語だけ何てことは絶対にありません。

なので4~5割の中には既に知っている単語も多数含まれているはずなのです。

4~5割と言うのは思ったより難しいものではないはずです。

英検2級合格を目指すための学習計画2ヶ月目

単語学習は継続しつつ実践により近づく

先ほどの学習計画に沿ってくれた方はこの時点で単語帳の4割~5割覚えてくれたことでしょう。

2ヶ月目の単語目標は「単語帳の7割覚える」です。

2ヶ月目では他の事もやりたいので、ペースを少し落とします。

しかし単語学習は必ず継続して、定期的に必ず今まで覚えた単語の復習もしましょう。

2ヶ月目で英検2級の内容を頭に叩き込んでおく

どんなテストや試験を受けるときも必ずまず

  • 何分のテストなのか
  • 何問のテストなのか
  • どんな問題が出題されるのか

敵を知らなければ倒すことはできません、戦略を練ることもできません。

英検も同じです。

2ヶ月目では必ず英検2級の問題内容をしっかりと頭に入れておきましょう。

これは合格を目指すために必要なステップです。

【英検2級内容】元講師が教える配点・試験時間・問題数など完全まとめ

私の書いた上の記事はかなり簡略的であり、全てを紹介しきれている訳では無いので、2ヶ月目に買いたい本の1つとしてこちらの参考書をおすすめします。

そうすればあなたが対峙する事になる英検2級と言う敵を知る事ができ、自分がどこで点を稼げそうなのか、どこが苦手でどこを重点的に対策するべきなのかなど役に立つ情報をたくさん得る事ができます。

2ヶ月目はこれだけです。

とにかく単語帳に載っている単語の7割を覚える事、そして対策教本を読破して英検2級の構造を徹底的知る事が目標です。

英検2級合格を目指すための学習計画3ヶ月目

単語学習は復習中心に

このプランに沿ってくれた方はこれまでにパス単の7割を覚えてくれたかと思います。

3ヶ月目も単語学習は続けますが、頑張って8割に届くくらい新しい単語を覚えつつも復習を中心に行いましょう。

単語はやらないとすぐに頭から抜けていくので復習は絶対に必須です。

予想問題集から始める

まずは過去問ではなく予想問題集からやっていきます。

その理由と言うのが、私も英検のみならず様々な英語テスト、資格試験を受けてきましたが、総じて共通するのは過去問よりも問題集の方が比較的易し目のレベルで作られている場合が多いという事です。

つまり本番の問題よりもレベルが少し設定されている場合が多いという事です。

対策として簡単な問題→難しい問題に移っていくべきなので、問題集から先に手を付けるという訳です。

レベルが易し目といっても構造は同じように作られているので過去問に入る前の良いウォームアップになります。

最後は過去問で締めくくる

問題集をしっかり終えたら次にやるべきなのは「過去問」です。

これだけは確実に言える事なのですが何かテストの対策をする上で過去問をやらないで挑むのはあり得ません。

実際の問題よりも易し目に作られている場合が多い問題集を終えたらちゃんと過去問に取り組んで本番に備えましょう。

しかし先ほども言いましたが、問題集や過去問を使った実践演習はただやみくもに解くだけで良いという訳ではありません。

絶対に問題集や過去問を解く際に気を付けなければならないことがありますのでおさらいしておきましょう。

過去問を解くときは必ず時間を計る

問題集をやる時はやらなくても良いですが、過去問を解くときは必ず時間を計って過去問を解きましょう。

きっちり時間を計る事で本番でもスムーズに時間切れになる確率を大幅に軽減できます。

過去問を解く過程で自分に最適な時間配分を見つけましょう。

同じ問題を2回はやる

少し退屈だと思うかもしれませんが同じ問題を2回は解いてみてください。

一度解いた問題は時間を空けてもう一度解いてみましょう。

それは1で最初に間違えたところを覚えなおして解けるようになっているのか自分を試すためです。

もしそこで2回同じ間違いをしてしまうようならば覚えが足らなかった証拠です、3回目の間違えを犯さないように必ず2回で覚えましょう。

答え合わせを必ずしっかりやろう

問題集や過去問を解いてから答え合わせをするとき〇×つけて終わっていませんか?

それでは勿体ないし意味がありません。

過去問や問題集には答えだけでなく解説も付いてくるし、リスニングの原稿だって付いてきます。

問題を間違えたのであれば

  • どの単語を知らなかったのか(聞き取れなかったのか)
  • どの部分で解答(聞き)間違いをしたのか
  • どこでどういう理由で間違えてしまったのか

最低でもこの3つはクリアにしておきましょう。

知らない単語が出てきたならその単語を覚えましょう、リスニングであれば解説と答えを読んだ後もう一度聴いてみましょう。

この質の高い答え合わせが出来ないのであれば過去問や問題集を買った意味がありません。

無駄にしない為にも必ずちゃんとしっかり答え合わせをして覚えなおしをしましょう。

エリカ先生
最後は正攻法の過去問で対策よ

本気で一発合格を狙う人にのみにおすすめの「英検ネットドリル」

本気で一発合格を狙っている方に私がおすすめしたいのがこのサイトでも至るところでおすすめしている旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ記事を読んでからご検討ください。

英検ネットドリルのメリット

  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能

本気の人だけにおすすめ

英検ネットドリル

安心の旺文社教材

効率的で身になる対策

便利なデジタル機能

9

機能

9

学習効率

6

値段

8

総合評価

今日のおさらい

  • まず英検2級用パス単を使っては単語学習一本
  • 勉強の順番は単語→問題集→過去問
  • 問題集や過去問の答え合わせはきっちりやる、やらなきゃ意味がない
  • 過去問を解くときは時間を測る







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-2級対策

© 2020 ライフタイムラーナー