元講師がオンライン英会話を25社以上受講して比較!➡

IELTSとTOEICは何が違う?スコア換算表とともにキホンを徹底比較

こんにちは、IELTSは18歳の頃に6.5取得しイギリスの大学に行き、TOEICは930点を持っている、ライフタイムラーナー管理人のJIN( @ScratchhEnglish)です。

IELTS スコア
※高校3年生だった頃のスコア証明書です
JIN

結論、TOEICとIELTSはまったく性質の異なるテストです

この記事のまとめ

IELTSとTOEICを両方受験した経験をもつ筆者が、IELTSとTOEICの違いをさまざまな視点で徹底比較!

換算表を使った難易度比較やスコア目安、どんな人におすすめなのか、まったく異なる特徴などの違いを図解などを用いて解説します。

IELTSとTOEICの違いを知りたい方にはぜひ読んでほしい内容です。

結論からいうと、問題や出題単語のレベル自体はIELTSの方が高いです。

ただし、どちらのテストの方が優れているという話ではなく、受験する目的は180度と言っていいほど異なります。

一応私はIELTSもTOEICも実際に勉強して受験した経験がありますので、今回は図解や換算表などを使いながら徹底的に2つのテストを比較していきます。

この記事を読むメリット
  • TOEICとIELTSの違いがわかる
  • 自分にはどちらに合っているか理解できる
  • 両テストのスコア換算がわかる
アオイちゃん

私はなんとなく便利そうな英語の資格が欲しいのですが…

JIN

国内就職が最終目的なら現状TOEIC一択だね、ただ留学や英語力を付けたいというのが目的の場合は変わってくるよ

初受験の方はぜひIELTS対策完全ガイドからご覧ください

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



IELTSとTOEICの違いはナニ?基礎情報を徹底比較

TOEIC IELTS 比較表

IELTSとTOEICには試験内容、目的、受験料などさまざまな違いがあります。

基本的には国内で使うならTOEIC、海外で使うならIELTSと考えるとわかりやすい

TOEICには5種類の試験がありますが、通常国内でTOEICスコアを求められる場合は、TOEIC Listening & Reading Test(L&R)のスコアを指すことがほとんどです。

4技能のスコアを求められる場合は、追加でSpeaking&Writing Tests(S&W)を受けます。

IELTSアカデミック海外の大学進学や看護師、医師などの医療関係資格に使われる アカデミックな内容の英語の能力をはかる
IELTSジェネラル海外の永住権申請に使われる 日常会話や仕事に必要な英語の能力をはかる
TOEIC (L&R)日本国内の就職、転職、昇進、公務員試験で使われる リスニングとリーディングの能力をはかる
TOEIC (S&W)日本国内の就職、転職、昇進で使われる スピーキングとライティングの能力をはかる
TOEIC Speakingスピーキング能力をはかるテスト
TOEIC Bridge (L&R)TOEICが初心者用の簡易版TOEIC L&Rテスト
TOEIC Bridge (S&W)TOEICが初心者用の簡易版TOEIC S&Wテスト
JIN

試験内容や目的を知った上で、自分にあった方を選びましょう

関連記事:IELTSとはどんな英語テスト?目標の6.0以上のレベル・難易度を解説

IELTSとTOEICの試験概要

IELTSとTOEICの基本的な試験概要を公式サイトの情報をもとに比較してみました。

TOEICは5種類ありますが、一番使われるTOEIC(L&R)とTOEIC(S&W)について記載します。

IELTSTOEIC
運営団体ブリティッシュカウンシル
idp Education
ケンブリッジ大学英語検定機構
日本英語検定協会
(共同開催)
ETS
試験の種類アカデミックトレーニング
ジェネラルトレーニング
UKVI
TOEIC (L&R)
TOEIC (S&W)
その他3種類
受験料25,380円(ペーパー試験)
26,400円(コンピューター試験)
6,490円(L&R)
10,450円 (S&W)
試験時間2時間45分2時間(L&R)、
80分(S&W)
受験形式ペーパー試験
コンピューター試験 (CD IELTS)
マークシート (L&R)
コンピューター試験(S&W)
問題数リスニング 40問
リーディング 40問
ライティング 2タスク
スピーキング 3パート 
リスニング 100問
リーディング 100問
ライティング 8問(別テスト)
スピーキング 11問(別テスト)
テスト構成4技能
リスニング 40分
リーディング 60分
ライティング 60分
スピーキング 11~14分
2技能(マーク式)
リスニング 45分
リーディング 75分
ライティング 60分(別テスト)
スピーキング 20分(別テスト)
出題単語日常会話からアカデミックまで
専門用語もある
日常会話、ビジネス英語
実践で使える基礎単語でわかりやすい
スコア1-9.0 バンドスコア 0.5刻み
スコアは2年間有効
990点(L&R各495点)5点刻み
0~200点(S&W) 10点刻み

受験形式の違い

マークシートのTOEICに対し、IELTSはペーパー試験かコンピューター試験を選べます。

TOEICは基本的にはリスニングとリーディングのテストとなっていますが、IELTSは4技能全体をはかるテストです。

IELTSTOEIC
ペーパー試験かコンピューター試験が選べる
4技能の試験がある
スピーキングは面接型
マークシート
リスニングとリーディングのみ
スピーキングとライティングは別テストでコンピューター試験

IELTSは記述問題や選択式問題などがあり、スペルが間違っていたり答えがわからなければ加点はされません。

対してTOEICはマークシートのテストのため、「わからない問題はとりあえず答える」ことが可能です。

また、IELTSのスピーキングは対面式なのでより普段の会話のように進められますが、TOEICはパソコンに録音をする必要があります。

受験料の違い

  • IELTS: 25,380円
  • TOEIC: 6,490円

IELTSの受験料金は25,380円と安くはありません。

目標スコアを取るためには、少なくとも2・3回受けることが多いでしょう。

JIN

気軽に何度も受けられる値段ではないので、しっかり対策をして望みましょう

関連記事:【完全版】IELTSで初心者が6.0~6.5を目指すためのイチオシ勉強法まとめ

TOEICは通常6,490円の受験料が割引になる制度があり、1年後の同月から3ヶ月間は割引の5,846円で受けられます。

コツコツ勉強をして年に数回受けたい人にはうれしい制度ですね。

クレジットカード、コンビニ払い、楽天ペイも使えるので便利

問題数の違い

問題数に関しては、TOEICがリスニングとリーディングで各100問ずつ、IELTSは各40問です。

IELTSは出題される長文も長く、自分で答えを記述するような問題も多くあります。

JIN

数だけでみればTOEICの方が多いものの、IELTSの方が1問ずつに要する時間がかかります

テスト構成の違い

大きな違いは、IELTSが4技能をはかるテスト構成になっているのに対し、TOEICは基本的にはリスニングとリーディングの2技能の試験だというところです。

IELTSTOEIC
リスニング30分45分
リーディング60分75分
ライティング60分60分
スピーキング11~14分20分
IELTS
TOEIC
  • 4技能の試験、約2時時間45分
  • スピーキングは面接官と対面式
  • 基本的にはリスニングとリーディングの2技能、合計2時間
  • スピーキングやライティングは別途申し込みが必要でコンピュータ形式

出題単語の違い

IELTSとTOEICの出題単語は異なり、日本人にはIELTSの方が難しく感じるでしょう。

とくにIELTSのアカデミックモジュールは、大学の講義を理解しディスカッションができる高いれレベルの単語も含まれます。

日常会話より難易度の高い単語や、別の単語での言い換え、専門用語も対策が必要です。

JIN

逆にTOEICは日常会話レベルで使われる単語が多いために、IELTSよりわかりやすく身近に感じます

それではIELTSと英検ではどう違うの?

英検 IELTS 比較表

それでは、TOEICとともに国内の2大英語テストとして君臨している、英検とIELTSではどう違うのかと疑問に思った方も多いはずです。

こちらがIELTSと英検の基礎比較表です。

IELTS英検
運営団体ブリティッシュカウンシル
idp Education
ケンブリッジ大学英語検定機構
日本英語検定協会
(共同開催)
日本英語検定協会
試験の種類アカデミックトレーニング
ジェネラルトレーニング
UKVI
1級~5級まで
受験料25,380円(ペーパー試験)
26,400円(コンピュータ試験)
12,600円(1級
10,700円(準1級
9,700円(2級
9,200円(準2級
7,900円(3級
4,900円(4級
4,500円(5級
コンピューター試験は500円安い
試験時間2時間45分2時間20分(1級
2時間5分(準1級
1時間50分(2級
1時間45分(準2級
1時間20分(3級
1時間5分(4級
50分(5級
受験形式ペーパー試験
コンピューター試験 (CD IELTS)
ペーパー試験
コンピューター試験 (S-CBT)
問題数リスニング 40問
リーディング 40問
ライティング 2タスク
スピーキング 3パート 
級によって異なる
テスト構成4技能
リスニング 40分
リーディング 60分
ライティング 60分
スピーキング 11~14分
4技能 
リスニング 35分
リーディングライティング 100分  
スピーキング 約7分
(1級の場合)
出題単語日常会話からアカデミックまで
専門用語もある
難易度の高い単語や言い回しが多い
(1級の場合)
試験結果1-9.0 バンドスコア 0.5刻み
スコアは2年間有効
1級~5級まで 
合否判定 生涯有効

英検とIELTSの比較に関しては、別の記事で詳細に解説していますので、ご興味がありましたらぜひご覧ください。

関連記事:【英検×IELTS比較】IELTS経験のある英検1級ホルダーが両者の違いを解説

IELTSとTOEICどっちの方が簡単?難しい?

IELTS TOEIC 難易度比較

IELTSとTOEICを単純い比較すると、TOEICの方がシンプルで簡単です。

TOEICは日本国内で馴染みのある英語テストであり、多くの企業で採用されています。

テスト内容も日常会話からビジネスメールなどの内容が多く、マークシートなのでまぐれで当たることもあるかもしれません。

スコアアップのための情報や参考書も多くあるため、勉強しやすい

IELTSは日本国内で認知度はそれほど高くありませんが、海外ではとても認知されている試験です。

IELTS の方が単語の範囲、文章の難易度も高いですが、4技能の能力をしっかりとあげる勉強ができます。

TOEICは問題形式が決まっている

TOEICは問題の傾向が決まっているため、反復練習である程度慣れることもできます。

そして、リスニング問題なら「聞く」ことだけに集中し、選択から選んで回答するというシンプルなものです。

IELTSはリスニング問題でも聞くだけでなく、読んだりスペルミスのないように記述するといったような問題もあるためにより複雑な試験です。

TOEICは参考書や情報が豊富

TOEICはその需要や認知度から参考書や対策コースなども多くあります。

自分のレベルに合った勉強方法で目標を設定でき、スコアからの実力がわかりやすいのも特徴です。

JIN

英語がビギナーレベルの人にも取り掛かりやすいのは、断然TOEICです

IELTSは総合的な英語力が必要

TOEICの2技能に対し、IELTSは4技能の勉強が必須です。

大学留学などでIELTSのスコアを提出する場合、各技能のバンドスコアと4技能の平均スコア(オーバーオールバンドスコア)が求められます。

得意なリーディングにかたよってスコアを取っても、大学には通りません。

IELTSは日常会話レベルから大学の講義受講レベルまで幅広く、バランスが取れた英語力をあげるために対策が必要

IELTSとTOEIC使えるのはどっち?

TOEIC IELTS 使い道

IELTSとTOEICはどちらも英語力をはかるテストですが、利用目的が異なります。

国内で使うのであれば、認知度が高いTOEICの方が使いやすいですね。

海外で使うなら、TOEICはほとんど使えませんのでIELTSを受験しましょう。

それぞれのテストの使用目的とあわせて説明します。

IELTSの主な使用用途

IELTSはこのようなことに使われます。

海外の大学進学や移住を検討している人はIELTS受験も選択肢に入ってきます。

アカデミックモジュール: 海外の大学、大学院進学
ジェネラルトレーニングモジュール: オーストラリア、カナダ、ニュージーランド等の永住権申請

海外の大学進学は、バンドスコア6.0以上が目安となります。

JIN

大学での講義やディスカッションに参加するためにも、4技能をバランスよく上げることが求められます

TOEICの主な使用用途

TOEICスコアは日本国内で使われるもので、海外ではあまり認知されません。

  • 日本国内での就職、転職、社内での昇格、海外赴任の人事選考
  • 公務員試験に有利

就職で有利になるためには600点以上が履歴書に書ける点数の目安です。

外資系企業への就職や転職では750点以上、海外赴任は850点以上を目指しましょう。

また、公務員試験 総合職試験でTOEIC(L&R)が600点以上なら15点加算、730点以上なら25点加算される制度があります。

JIN

TOEICは就職にはかかせないものとなっていますよね

TOEICとIELTS大学生が勉強するならどっち?

大学生が受験するなら、TOEICの勉強した方をが就職に有利です。まずは600点を目指し、できれば700点以上あるとイイですね!

TOEICは傾向と対策をしっかりと行えば、スコアは必ずあがります。

JIN

大学2年生がおわるまでには、目標スコアを達成できると就職活動の時に焦らずにすみます

TOEICとIELTS社会人で勉強するならどっち?

社会人も、国内で公務員や外資系企業へ転職を目指しているのであればTOEICの方が資格としては役立ちます。

転職の場合は、700点~800点以上あると有利になります。

しかし、海外の大学院で勉強したい、海外移住をしたいという方はIELTSです。

JIN

その場合は、IELTS6.0~6.5以上を目指してみましょう

スコア換算で見るIELTSとTOEIC

文部科学省 CEFR ケンブリッジ英検 CPE 難易度 レベル
出典:各資格・検定試験とCEFRとの対照表|文部科学省

文部科学省の「各資格・検定試験とCEFRとの対照表」を見れば、TOEICとIELTSのスコア換算は丸わかりです。

世界的に認められているCEFR指標を基にしながら、IELTSとTOEICのスコア換算を見ていきましょう。

CEFRで見れば一目でわかる!世界基準で見るIELTSとTOEICのスコア

CEFR(セファール)というのは、ヨーロッパ全体で外国語学習者の習得状況を示す際に用いられるガイドラインです。

一番下はA1から最高レベルのC2まで区分化されています。

世界的においてTOEICはLR、SWの合算ではじめて完全なスコアとして考えられている

CEFRIELTSTOEIC
C28.5~9.0TOEICでは満点でも到達不可
C17.0~8.01845~1990(LRでおよそ950~満点)
B25.5~6.51560~1840(LRでおよそ800~900)
B14.0~5.01150~1555(LRでおよそ550~750)
A2換算不可625~1145(LRでおよそ300~550)
A1換算不可320~620(LRでおよそ150~300)
この表を見てわかること
  • TOEICは基本LRとSWの合算
  • TOEICの方がより下のレベルまで測れる
  • C2レベルはTOEICで満点を取ったとしても到達できない
  • TOEICの満点付近はIELTSの7.0~8.0レベル

世界や日本の平均はCEFRでどれくらいなのか

CEFRの数値を出されてもあまりピンとこない人も多いかもしれません、ここでCEFRの数値をわかりやすくするために世界各国や日本の平均を考察してみましょう。

スウェーデン発祥の語学を中心にした国際教育機関であるEF Education Firstが独自に算出した数値であるEPI/CEFR換算を見るととてもわかりやすいので紹介します。

CEFREF EPIスコア
Pre-A11-199
A1200-299
A2300-399
B1400-499
B2500-599
C1600-699
C2700-800
EF Education First EPI レポートを基に作成
EF Education First EPI CEFR 日本 平均

EF Education Firstの公式ではこのように結論付けられています。

この数値からわかること
  • 日本の平均英語力をCEFR換算で算出するとB1レベル
  • 世界1位のオランダはCEFR換算でC1レベル
  • ヨーロッパ平均B2レベル
  • アジア平均B1レベル
JIN

つまり日本人英語学習者の平均はIELTS換算で4.0~5.0、TOEIC換算で550~750くらいということです

【注意】必ずしも換算表通りの結果になる訳では無い

ここまでCEFRを基にスコア換算を紹介しましたが、IELTSとTOEICは内容が大幅に異なるテストなので、必ずしも換算表通りという訳にはいきません。

TOEIC満点だから必ずIELTSで7.0~8.0取れる訳では無い
IELTSで7.0~8.0だからTOEICで満点を取れる訳では無い

JIN

試験に特化した対策をしてこそ各テストで高得点が取れるのです、また2つのテスト間に優劣がある訳ではありません

IELTSとTOEICの対策方法・勉強方法

テスト形式や問題レベルが異なる以上、TOEICを受験するならTOEICに特化した勉強、IELTSならIELTSに特化した勉強が必須です。

これまで私はTOEICおよびIELTSの対策法記事をまとめて書いてきたので、ご興味ありましたら受験を考えているテストの記事をご覧ください。

JIN

参考になりそうな記事をピックアップして貼っておきます

初受験の方はぜひIELTS対策完全ガイドからご覧ください

Sponsored Links



IELTS対策にオススメのオンライン英会話ランキング

IELTS オンライン英会話 スピーキング

「自分ではどうしようもできない…」

そんな気持ちになることもありますよね、でも心配しないでください!IELTSで人の手を借りるというのは普通のことです。

実際のところ、ライティングとスピーキングに限ってはひとりでできないのは事実なのです。

なぜなら、間違いを直してもらわなければ、正解がいつまでもわからないから

この内容は音声でも解説しました

だからといって、高額な英会話スクールに通う必要はありません、今の時代インターネットで解決できます!

そこで、ド素人からIELTSを猛勉強した経験があり、元オンライン英会話講師でもある私が、IELTS向けに特化してオンライン英会話ランキングを作りました。

JIN

紹介する全サービスで私自身が実際に受講してレビューしていますし、全サービスライティング添削ありです!

スクロールできます
ランキング 1位 2位 3位4位5位
サービス名ELT英会話
ELT Shool of english logo
ベストティーチャー
Best teacher logo
スパトレ
Supatore logo
キャンブリー
Cambly logo
ユニバーサルスピーキング
Universal speaking logo
おすすめ度 (5.0) (4.5) (4.5) (4.0) (4.0)
無料体験レッスン1回レッスン1回7日間レッスン1回1000円相当
値段月額 14,300円~月額 16,500円(資格対策コース)月額 4,900円~月額 3,190円~月額 3,300円~
講師有資格イギリス人のみネイティブ含む世界50ヶ国以上非ネイティブネイティブのみフィリピン人、カナダ人、フィリピン人
IELTSの専門性
ポイントIELTS試験官が在籍!ライティング指導がイイ!安さを求めるならココ!ネイティブオンリーの人気オンライン英会話単発で使いやすいコイン制
サービス名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます

\ なんとIELTS試験官が多数在籍! /

※無料体験にクレジットカード入力不要

さらにサービスを選ぶ際に気をつけるべき点や、ランキング外のIELTSサービスを提供しているオンライン英会話については、コチラの記事で詳しく解説しています。

IELTS向けオンライン英会話完全ランキング記事はコチラ

ELT英会話は、今でも実際に継続受講しているので、少しだけ中身を紹介しておきますね!

結論、ここまで継続受講してきて、まったく後悔はありませんし、本会員になる前に見えなかったこともたくさん見えてきました。

私はIELTSと同じケンブリッジが主催する、ケンブリッジ英検CPEの合格を目指し、ケンブリッジ英検試験官のベテラン講師、ローラ先生にオーダーメイドカリキュラムの担任制(レッスン時間固定)で教えてもらっています。

ELT英会話 受講
ELT英会話をオススメすすめする理由
  • 資格持ちのイギリス人に直接担任として教えてもらえる
  • 的を絞った的確な指導で効率的に合格を目指せる
  • 私は今まで気にもしなかった細かいところまでしっかりと気づいて、正しい方向性で対策できるようになった
JIN

独学でやっていた時に気づけなかったことをたくさん気づかせて貰えたのが、結論もっとも大きなメリットです

自分ではまったく気にもしなかった基礎固めから解答テクニック、対策法まですべて教えてくれます。

ELT英会話-edmodo

レッスン外でもEdmodoという教育向けプラットフォームで、練習問題や読んでおくべき資料などを送ってくれますし、質問があればいつでもそこで回答してくれます。

ELT英会話 ケンブリッジ英検

宿題に関しても、私の生活に合わせて仕事が忙しいときは少な目、ガッツリやりたいときには多めに出してくれるのでタイムマネジメントも非常にやりやすいと感じます。

elt cambridge

ちなみに、資格対策の場合、スピーキングだけでなくライティング、リスニング、リーディングとオールインワンで総合対策。

リーディングテクニックやリスニングテクニック、すべて教えてもらっています

そして、私が実際に愛用していることもあり、オーナー様にムリを聞いてもらって、当サイト限定割引キャンペーン実施が決定しました!

当サイト限定割引!

私も実際に継続利用しているELT英会話では、「ライフタイムラーナーを見ました」と無料体験申し込み時にお伝えするだけで、当サイト読者様限定で初月20%割引を受けることができます!

割引条件

  1. 無料体験レッスンお申し込み時フォーム【その他ご要望】箇所に「ライフタイムラーナーを見ました」と入力
  2. 初月20%OFFはおひとり様に対して一度のみの対象
  3. ご入会後、最低2ヶ月ご利用の方限定
  4. 割引適用の場合、プラン変更はご入会から3ヶ月目以降より可能
  5. 月額プランのみ利用可能
  6. 割引を希望した場合でも、無料体験後の入会義務は一切ありません

キャンペーン終了時期は今のところ決まっていません、ご興味のある方は、ぜひ今すぐ無料体験レッスンだけでも受けてみてください!

\ わずか30秒で申し込み完了! /

※無料体験にクレジットカード入力不要

当サイト限定割引の詳細はコチラ

ELT英会話の受講レビュー記事はコチラ

スクロールできます
ランキングサービス名値段無料体験オススメ度ひと言メモ
1位ELT英会話月額 14,300円~レッスン1回ロンドンの語学学校
2位ベストティーチャー月額 12,000円レッスン1回徹底したライティング指導
3位スパトレ月額 4,900円~7日間業界最安値
4位キャンブリー月額 3,190円~レッスン1回ネイティブオンリー英会話
5位ユニバーサルスピーキング月額 3,300円~1000円相当コイン制
サービス名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます
よかったらシェアしてね!

人気記事:【2021年】元プロがオンライン英会話25社徹底比較|目的別ランキング形式で紹介

あなたにおすすめの記事

英語力の伸びに悩んでいる方へ

オンライン英会話、もう挑戦しましたか?

  • 英語を勉強しているけどアウトプットする機会がない…
  • 英会話スクールやコーチングは高すぎる…
  • オンライン英会話をやっているけど伸びをあまり感じられない…

オンライン英会話選びは自分の英語ニーズや英語レベルに合ったものを選ぶのがとても重要になります。合わないものを選べば伸びを感じられないのも当然です。

この度元オンライン英会話講師でもある私が自ら1年ほどかけて20社以上回り、分野別に徹底比較してランキングを作りました。

オンライン英会話の一歩を踏み出してみたいという方や苦戦しているという方はぜひ参考にしてみてください!総合1位に入れたサービスには私も実際に入会し、継続して続けています!

\ 元講師が全部受講して徹底比較! /

※無料体験できるもの満載です

ラーナーズナビ
-最適なサービスを無料でご提案-

ラーナーナビ

ラーナーズナビ(Learner's Navi)」は20社以上オンライン英会話を実際に受講して比較した元オンライン英会話講師の筆者が作った、最適なサービスを見つけるために役立つ無料ツールです。

タップして5つの質問に答えるだけでニーズに合った1社をご提案します!

\ 5つの質問に答えるだけ /

※登録なしに完全無料で使えます

この記事を書いた人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる